簡単便利なガスランタンおすすめランキング10選メインランタン&テーブルにも大活躍◎

ガスランタン ランタン

流行りのグランピングやキャンプなど、アウトドアに欠かせないランタン。キャンプではランタンは色々なところで活躍します。全体を照らすメインランタンをはじめとして、テント内、人が囲むテーブルです。

メインランタン&テーブルに断然おすすめなのが、幻想的な雰囲気を演出してくれる「ガスランタン」です。初心者でも簡単に楽に扱えるところも魅力です。

ガスランタンは形状も様々なので、どんなガスランタンを選んでいいのか分からない方も多いでしょう。今回はガスランタンのおすすめランキングを紹介します。

アウトドアの人気ブランドのガスランタンから、売れ筋のものまで幅広く紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
  1. キャンプの夜は雰囲気演出に欠かせないランタン
    1. ランタンの種類
    2. アウトドアでのランタンの使い道
  2. 明かりがおしゃれ雰囲気◎ガスランタンについて
    1. ガスランタンのメリットとデメリット
  3. ガスランタン選びのポイント
    1. 明るさ
    2. ガスの種類
      1. OD缶
      2. CB缶
    3. 燃焼時間
  4. メインで使える<ガスランタン>おすすめランキング5選
    1. 5位★キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テラパワーガスランタン UF-2
    2. 良い口コミ・悪い口コミ
    3. 4位★EPI(イーピーアイ) MBランタンオート L-2010
    4. 良い口コミ・悪い口コミ
    5. 3位★キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) UF-8
    6. 良い口コミ・悪い口コミ
    7. 2位★スノーピーク(snow peak) ギガパワーランタン天オート GL100A
    8. 良い口コミ・悪い口コミ
    9. 1位★Coleman(コールマン) 2500ノーススター
    10. 良い口コミ・悪い口コミ
  5. メインランタンにおすすめのガスランタン比較表
  6. テーブルで使える<ガスランタン>おすすめランキング5選
    1. 5位★ユニフレーム フォールディングガスランタン UL-X クリア 620106
    2. 良い口コミ・悪い口コミ
    3. 4位★プリムス(PRIMUS) 2245 ランタン
    4. 良い口コミ・悪い口コミ
    5. 3位★スノーピーク(snow peak) ガスランタン リトルランプ ノクターン
    6. 良い口コミ・悪い口コミ
    7. 2位★コールマン ランタン フロンティア PZランタン 203536
    8. 良い口コミ・悪い口コミ
    9. 1位★ コールマン(Coleman) ルミエールランタン
    10. 良い口コミ・悪い口コミ
  7. テーブルランタンにおすすめのガスランタン比較表
  8. ランタン/Amazon・楽天売れ筋ランキング
  9. キャンプのテーブルランタンには簡単&便利なガスランタンを♪

キャンプの夜は雰囲気演出に欠かせないランタン

キャンプに欠かせない明かりのランタン。実用面ではもちろんですが、非日常的な空間を更に素敵な雰囲気に演出してくれるおしゃれなランタンだと、より気分が盛り上がります。

アウトドア初心者でよくわからない方は、夜の照明で使うランタンは場所ごとに考えて用意しておくといいでしょう。

▼詳しいランタンの記事はこちら

ランタン
「ランタン」の記事一覧です。

ランタンの種類

アウトドアで使うランタンには次の様な種類があり、それぞれ明るさが異なります。

アウトドアで使うランタンの種類
  • ガソリンランタン
  • 灯油ランタン
  • LEDランタン
  • ガスランタン

アウトドアでのランタンの使い道

ランタンを使う場所によって、明かりに求める役割は異なり、必要な明るさも変わります。ランタンを使う場所、用途、ランタンの種類の適応表を作成してみました。

メインランタン 全体を照らす ガソリンランタン、ガスランタン/(サブ:灯油ランタン)
テント内ランタン 就寝時に使う LEDランタン
テーブルランタン 人が集まるところに使う ガスランタン、灯油ランタン

▼燃料系ランタンの詳しい記事はこちらをどうぞ

キャンプにおすすめ!本格的ランタンのランキング11選★燃料タイプは雰囲気満点で実用的◎
ここ近年人気のアウトドア。キャンプデビューしたいけれど、何を揃えたらいいの?と悩んでいる方はいませんか。 そんな方はまずはランタンを選んでみるのがおすすめ。ランタンはキャンプの必需品であるとともに、気分を盛り上げてくれるアイテムの一つ...

▼LEDランタンの詳しい記事はこちらをどうぞ

LEDランタンおすすめランキング11選★テント内&室内&災害時にも大活躍
アウトドアがここ数年非常に人気です。アウトドアグッズとして必要なものの一つに「ランタン」が挙げられます。 ランタンといえばキャンプのイメージが強いですが、意外にも様々な場で活用されているって知っていますか。 ランタンは種類もいろ...
アドバイザー
アウトドア初心者には、手軽に使えるガスランタンをおすすめします。雰囲気第一優先なら、ガスランタン!です。

明かりがおしゃれ雰囲気◎ガスランタンについて

アウトドアで使うランタンにはそれぞれのおすすめポイントがあります。

ガスランタンのメリット・デメリットをみてみましょう。

ガスランタンのメリットとデメリット

メリット
  • おしゃれ度◎雰囲気◎
  • カートリッジで簡単装着
  • 簡単操作
  • マントル使用のものは光量が大きい

 

デメリット
  • ランニングコストが高い(OD缶)
  • 燃焼時間が短い
  • 光量が不安定(CB缶:寒い季節や場所では光量が弱い)
  • テント内使用NG
アドバイザー
ガスランタンのメリット・デメリットでもわかるように、アウトドアの夜を雰囲気良く照らし、扱いが簡単ですが、コスト面を考えて、燃料缶と燃焼時間のチェックは必須です。
libloomのiyo
ガスランタン選びのポイントもしっかりチェックするといいですね。

ガスランタン選びのポイント

銀座焚人倶楽部さん(@ginzatakinchu)がシェアした投稿

アウトドア初心者でも気軽に扱えるランタンは、LEDランタンとガスランタンです。

ここでは見た目もおしゃれで雰囲気のあるガスランタンに注目してみました。

ガスランタンは、明るさによって、メインランタンとしても使えるものがあります。

他にテーブルランタンとしても重宝します。何よりその炎の雰囲気がよく、アウトドアの夜をおしゃれな空間にしてくれます。

明るさ

ガスランタンはメインランタンと、テーブルランタンとしてキャンプなどで使うことが出来ます。
ガスランタンの明るさの表示はサイトや、メーカーによって違いがあります。
ルクス(Lx)、ルーメン(lm)、キャンドルパワー(cp)、ワット(w)相当などと書かれています。
ルクスは、発光されている明かりが、周りの壁や地面に当たっている明るさがどれくらいかを表す単位です。
アドバイザー
ガスランタンをメインランタンとして使う場合は、300Lx以上、1000~1500lm、ワットだと、100~150wを目安にするといいでしょう。(*注意:ソロキャンプと複数のキャンプでも必要とする明るさも変わります。)

ガスの種類

老雪猿さん(@tak1222hoshi)がシェアした投稿

ガスランタンは、OD缶とCB缶の種類があります。それぞれ、メリット・デメリットもあり、特徴も変わります。

燃料のタイプでガスランタンを選ぶこともいいでしょう。

アドバイザー
見た目が燃料缶丸出しを避けたい方は、おしゃれな使い方として、カバーを使うとおしゃれ感も増して◎。カバー使いは、とても人気です。
libloomのiyo
いいですね~!こんな使い方もしてるんですね。

OD缶

kaneko_244さん(@kaneko_244)がシェアした投稿

基本的にアウトドア向けの仕様になっているので、ガスの比率は低気温でも安定的に使えるように調整されています。

CB缶

ダッツンさん(@datsunmines2)がシェアした投稿

CB缶は、アウトドアに特化したものではありませんが、自宅でガスコンロにも使えるものです。

寒い季節にアウトドアで使う様なガスの比率にはなっていないので、そのような季節での使用の際は、不安定になります。

普通の季節で使うには問題ありません。

メリットとしては、余った場合には、家庭でガスコンロに使うことも出来ることと、価格も安いです。

燃焼時間

アウトドアでランタンを使うときは、燃焼時間がどれくらいもつのかもチェックポイントです。

夜、日か落ち始めたころから、就寝時または、明け方まで使えるのが、ベストです。

ここでは、このようなポイントから、メインランタンとテーブルランタンとしてそれぞれのおすすめ出来るガスランタンをランキングで紹介します。

メインで使える<ガスランタン>おすすめランキング5選

5位★キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テラパワーガスランタン UF-2

明るいガスランタンとして「キャプテンスタッグ UF-2」を6位におすすめします。

280w相当の大光量でキャンプなどのメインランタンと活躍してくれますが、OD缶で約3時間~説明書では7~8時間の燃焼時間ということで、予備の燃料の用意が安心です。

 

おすすめポイント
  • 280w相当の大光量

 

サイズ 外径20.0×高さ23.0cm(使用時ガスランタンのみ)
ケース収納時:(約)幅21.5×奥行き17.5×高さ28.0cm
重量 約)1.5kg

 

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • すごく明るいです。メインランタンとしていいと思います。

悪い口コミ

  • とても明るくていいのですが、雰囲気を楽しむならもう少し柔らかな明かりの方がいいです。

 

4位★EPI(イーピーアイ) MBランタンオート L-2010

4位におすすめするのは「EPI(イーピーアイ) MBランタンオート L-2010」です。ソロキャンプのメインランタンとしても、テーブルランタンとしても大活躍してくれる明るさです。

燃焼時間も満足いくコスパ◎ガスランタンです。

EPI(イーピーアイ)という、メーカーですが、 イギリスのストックポート発祥で安全性の高いアウトドア用ガスストーブやランタン作りで始まっています。

1994年から、日本での生産がスタートしていて知られるところとなったようです。

おすすめポイント
  • ワンマントル使用で明るさ◎
  • 海外発祥メーカーで現在、日本生産

 

サイズ 使用時:14.1H×10.4cm
ケース収納時:15.0H×10.9D×10.7cm
重量 265g

 

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 明るくてテーブル全体をの明かりとしてとてもいいです。マントル使用ですが、簡単に取り付けられます。
  • 2~3人のキャンプで半径1〜3mの範囲で照らせるので十分なランタンです。

悪い口コミ

  • 初心者にはマントルのランタンはわかりづらいです。

 

3位★キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) UF-8

3位におすすめするのは「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) UF-8」です。

マントル使用ガスランタンで、着火も簡単で、数人のメインランタンからテーブルランタンとおすすめです。

おすすめポイント
  • マントル使用で光量◎

 

サイズ (約)幅13.0×奥行12.0×高さ21.5cm
収納サイズ:(約)外径14.3×高さ22.5cm
重量 970g(ガスランタンのみ720g)

 

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • とてもシンプル操作で初心者でも使い勝手もいいガスランタンです。
  • すりガラスの明かりがとても雰囲気がよくて気に入っています。

悪い口コミ

  • 音が少々気になるかなという感じです。

 

2位★スノーピーク(snow peak) ギガパワーランタン天オート GL100A

2位におすすめするのは、アウトドアといえば、スノーピークと人気の「スノーピーク(snow peak) ギガパワーランタン天オート GL100A」です。

こちらは、ソロキャンプのメインランタンとしておすすめです。コンパクトサイズで、80w相当の明かりということで、十分活躍してくれます。

4~5人のキャンプではサブランタンとしても使えます。

おすすめポイント
  • コンパクトサイズ
  • マントル使用

 

サイズ 57×57×95mm
収納サイズ:6.2×6.5×10.3cm
重量 135g

 

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 小さく手持ち運びに便利なのでバイクのツーリングでソロキャンプに最適です。
  • 着火も含めて操作も簡単なのでおすすめです。

悪い口コミ

  • 着火にはコツがいるので初心者には、慣れるまで面倒です。

1位★Coleman(コールマン) 2500ノーススター

ガスランタン:メインランタンとして1位でおすすめするのは「Coleman(コールマン) 2500ノーススター」です。

マントルを使うタイプなので、空焚きも必要作業になりますが、長く使うガスランタンとして慣れれば大活躍間違いなしの製品です。

光量も約1,543ルーメンなので、4~5人のキャンプでも十分、メインとして使えます。

 

おすすめポイント
  • メインランタンに十分な光量
  • マントル使用

 

サイズ 14.5×26.0(h)cm
重量 約1.3kg

 

良い口コミ・悪い口コミ

たー⛺🔥🎣😂さん(@taan1234)がシェアした投稿

良い口コミ

  • 安定した明るさで問題なく使えました。
  • 明るいのですが、離れるともう少し、光量が欲しい思うので、家族で使うキャンプでは、もう一つ欲しいです。

悪い口コミ

  • 期待していたほどの明るさはなかったです。

 

メインランタンにおすすめのガスランタン比較表

 

名称 明るさ ガス消費量 連続点灯時間 マントル使用 判定
キャプテンスタッグ
UF-2
1150LX
(280w相当)
100g/h 約3時間
EPI
L-2010 285 A748
400LX
(約 200w相当)
80g/h 200分
キャプテンスタッグ
UF-8
800LX
(測定値50cm)
120g/h
スノーピーク
GL100A 2000-750J
80w相当 35g/h
コールマン
2500ノーススター
約320cp/
200w相当/
約1543lm
約4~8時間(470g缶使用時)

アドバイザー
基本的に、メインランタンとして利用できる光量と口コミの良さでおすすめランキングを出してます。メインランタンとして使うガスランタンは、ある程度の光量がポイントです。
libloomのiyo
なるほど~。そして、メインランタンとして使う人数でも必要な光量も変わってくるということですね。

テーブルで使える<ガスランタン>おすすめランキング5選

 

5位★ユニフレーム フォールディングガスランタン UL-X クリア 620106

CB缶でお手軽に使える「ユニフレーム フォールディングガスランタン UL-X クリア 620106」を5位におすすめします。

スタイリッシュなデザインでマントルに灯る明かりも人気です。

おすすめポイント
  • ワンマントルの明かり
  • コンパクトサイズ

 

サイズ 約13.5×12.0×35.5cm
収納時:約1.35×12.0×21.0cm
重量 約1.4kg

 

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • CB缶で簡単に使えて明るさもテーブルランタンとして満足です。コスパ面でおすすめです。
  • ノーマル缶を使っての燃焼時間が4時間前後あるので、明るさも十分です。
  • カセットボンベ式なのでコンロと同じ燃料として使えるところが便利です。

悪い口コミ

  • 暗いです。ノズル詰まりが原因とのことで修理も必要になりました。

 

4位★プリムス(PRIMUS) 2245 ランタン

メイン用としても使え人気の、「プリムス(PRIMUS) 2245 ランタン」を4位におすすめします。

アウトドアでは定番的存在のOD缶タイプガスランタンで、燃焼時間8時間と、一泊である程度の時間に使えるとしては◎

おすすめポイント
  • マントル使用で明るさ◎
  • 圧電点火装置付

 

サイズ 8.3×8.3×12.7cm
重量 200g

 

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 明るさはテーブルランタンとして柔らかで雰囲気のある明かりです。

悪い口コミ

  • 天板が熱くなるので、小さなお子さんとのキャンプでは注意が必要です。
  • 初心者にはマントルランタンは難しかったです。

 

 

3位★スノーピーク(snow peak) ガスランタン リトルランプ ノクターン

ガスランタンもスノーピーク(snow peak)ブランドは人気です。

3位におすすめするのは、「スノーピーク(snow peak) ガスランタン リトルランプ ノクターン」です。

500gのガス缶で約71時間連続燃焼とコンパクトでコスパ面で人気のガスランタンです。

ここのランキングの1位でおすすめしている「 コールマン(Coleman) ルミエールランタン」と比較して購入する人も多い様です。

おすすめポイント
  • スムーズ着火
  • ガス消費量も少な

 

サイズ 4.2×4.0×10.5(h)cm
重量 102g

 

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 実用的な明るさより、雰囲気重視で選ぶにはとてもいいです。
  • 炎の雰囲気に癒されます。
  • ソロキャンプでもOK,複数のキャンプでも2~3個テーブルに用意して使いたいです。

悪い口コミ

  • 炎があまり安定していません。

 

2位★コールマン ランタン フロンティア PZランタン 203536

アウトドアグッズでは、大人気のコールマンです。ランタンでもいろいろな種類が出ていて、ガスランタンでもこちら「コールマン ランタン フロンティア PZランタン 203536」を2位におすすめします。

LPガス使用でマントルの炎が80w相当とテーブルランタンとしては十分な明るさです。

グローブが擦りガラスにあっていて、明かりの雰囲気も優しげで人気です。

おすすめポイント
  • マントルの明かり
  • 擦りガラスのグローブ

 

サイズ 約幅10×奥行7.5×高さ13cm
重量 約200g

 

良い口コミ・悪い口コミ

seijiさん(@seiji.510)がシェアした投稿

良い口コミ

  • 思っていたよりも光量があります。ソロキャンプでは十分な明かりです。
  • 明かりの調整もしやすく、夫婦二人でのキャンプでとてもよかったです。

悪い口コミ

  • ガス音は大きくて気になります。

 

1位★ コールマン(Coleman) ルミエールランタン

この明かりに魅了されるファンの多い「コールマン(Coleman) ルミエールランタン」を1位でおすすめします。

燃焼時間は、230g缶使用時で約28~38時間と十分な時間使えるガスランタンです。

ガス缶におしゃれなカバーを使えばより、おしゃれ度も増します。

おすすめポイント
  • 長時間連続使用可能
  • おしゃれで雰囲気満点

 

サイズ 約直径7.3×6×18.3(h)cm
重量 約210g

 

良い口コミ・悪い口コミ

daikichi446さん(@daikichi446)がシェアした投稿

良い口コミ

  • ソロキャンプや、恋人とのキャンプの雰囲気作りにおすすめのガスラランタンです。
  • OD缶カバーをしておしゃれに使えます。その時の気分でカバーを変えてカスタマイズしてもいいです。
  • ワンタッチ出来る点火・調節・消火がとてもラクでいいです。

悪い口コミ

  • とても割れやすいので持ち運びには注意が必要です。
  • 光量の大きさは求められないです。

 

テーブルランタンにおすすめのガスランタン比較表

 

名称 明るさ ガス消費量 連続点灯時間 マントル使用 判定
ユニフレーム
UL-X クリア 620106
210w~240w相当 4~5時間
プリムス
2245
約370ルクス 30g/h 約8時間
スノーピーク
ノクターン
約71時間時間
(500gのガス缶使用時)
×
コールマン
フロンティア PZランタン 203536
約108cp/80w/273lm
(レギュラーガス使用時)
約6~12時間(230g缶使用時)
コールマン
ルミエールランタン
約6~8g/h 約28~38時間
(230g缶使用時)時間
×

アドバイザー
テーブルラタンを選ぶ時に、実用的なものを選ぶか、雰囲気作りにするかで選ぶポイントも変わってきます。

燃焼時間の長さもポイントとすると、いいですね。明るさを求めるなら、いくつかのガスランタンを使う事もおすすめします。

libloomのiyo
せっかくのキャンプで雰囲気を楽しむというのも醍醐味ですよね。炎で癒されながらの夜も素敵です。

ガスランタンって扱いも難しくなく、おすすめですね。

ランタン/Amazon・楽天売れ筋ランキング

その他のランタン売れ筋ランキングはこちら

キャンプのテーブルランタンには簡単&便利なガスランタンを♪

おすすめのガスランタンをランキングでご紹介しましたが、いかがでしたか。

アウトドアで使うランタンは使う場所やシーンで求める光量が変わります。

ガスランタンは、メインランタンとしても、テーブルランタンとしても使えるので、購入を検討される方は是非、おすすめランニングを参考にしてみてください。

▼詳しいランタンの記事はこちら

ランタン
「ランタン」の記事一覧です。
ランタン
スポンサーリンク
■この記事の担当
iyo
iyo

libloomのiyoです。おしゃれなもの・かっこいいもの、そして何より、話題になっている人気のものがあると知ると、調べたくなります。

大学生の娘がいるので、若い人の感覚にも触れながら、「知りたい人へ」「知りたい事を」「購入者目線」で徹底調査をモットーに情報入手していきます。

iyoをフォローする
iyoをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM