離乳食のお粥の作り置きに◎ミキサー<容量別>おすすめ10選★冷凍保存の下ごしらえに簡単便利

ハンドブレンダー ミキサー

赤ちゃんの成長はとても早いもので5か月くらいから離乳食もスタート準備に入ります。離乳食は、赤ちゃんが食べる練習を始めることで、食への関心、または、消化機能の発達や味覚形成にとても深く関わってきます。

そんな赤ちゃんの食への関心と発育に大事な離乳食で初めに作るのは、お粥。お粥は多めに作って、冷凍保存しておけます。

そんな離乳食のお粥作りにおすすめなのがミキサーです。

ミキサー1台あれば、離乳食の手間の軽減に大活躍します。ミキサーといってもいろいろな価格帯、製品が各メーカーより、登場しています。

ここでは、離乳食スタートで作ることになるお粥作りにおすすめのミキサーをご紹介します。

スポンサーリンク
  1. 離乳食スタート★お粥作りにはミキサーを
  2. ミキサーで作るお粥の種類
    1. 離乳食スタート:「重湯」
    2. 離乳食初期:5~6か月ごろ「10倍がゆ」
    3. 離乳食中期:7~8カ月ごろ「7倍がゆ」
    4. 離乳食後期:9~11カ月「5倍がゆ」
    5. 離乳食完了期:12~18カ月「3倍がゆ」~「軟飯」
  3. 離乳食作りに活躍するミキサー選びのポイント
    1. 1.容量
    2. 2.切り替えスイッチ
    3. 3.掃除のしやすさ
    4. 4.価格
    5. 5.離乳食以外でも使える
  4. 離乳食作りにおすすめ<ミキサー>比較表
  5. 離乳食作りにおすすめミキサー<容量600ml以下>3選
    1. イワタニ クラッシュミルサー IFM-C20G
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    2. ティファール ミキサー 「ミニマルチ」 ルビーレッド BL126G71
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    3. イワタニ サイレントミルサー IFM-S30G
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
  6. 離乳食作りにおすすめミキサー<容量1000ml前後>3選
    1. Tiger(タイガー) SKS-G700-V
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    2. SURPEER ボトル付き ボトルブレンダー
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    3. Panasonic (パナソニック)ファイバーミキサー MX-X301
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
      2. 「Panasonic ファイバーミキサー MX-X301」のレビュー記事はこちらをどうぞ
  7. 離乳食の保存容器も大事「おすすめ保存容器」
    1. Joseph Joseph 保存容器 ダイヤルベビー 10ピースセット
    2. Joseph Joseph 保存容器 ダイヤルベビー 5ピースセット
  8. ミキサー/Amazon・楽天の売れ筋ランキング
  9. 離乳食のお粥作りに簡単便利にミキサーの活用を

離乳食スタート★お粥作りにはミキサーを

子育て中のお母さんに訪れる、「離乳食作りの日」。食べるということだけではなく、脳の成長や味覚形成、あごの成長にとても大きくかかわる赤ちゃんの食事のスタートですが、お母さんも大変になってきますね。

初めてのお子さんだと、特にお母さんは頑張りすぎてしまうこともあるかもしれません。

そんなお母さんの離乳食作りの負担の軽減に役立つものとしておすすめするのが「ミキサー」です。

ミキサー一台あれば、離乳食のスタートはお粥からです。鍋で作ると、火にかけている鍋のそばを離れられない、そんな時の赤ちゃんが泣く…お母さんのストレスが大きくなるというのは誰にでも訪れる時期です。

もし。ミキサーがあったら…電源ONにしてお粥を作っている間に赤ちゃんのおむつもかえられます。

泣いている赤ちゃんをゆっくりあやすことも出来ます。離乳食作りにミキサーを上手に使って、時短と、心の余裕を得ましょう。

ベビー用品アドバイザー:アキさん
子育ては、子供の成長に合わせて、お母さんもしなければいけないことが増えてきます。なんとか、時間を上手に使って、お母さんの負担の軽減を考えていけたらいいですよね。

libloomスタッフ:iyo
私も経験があります。娘が赤ちゃんの時に、離乳食のお粥を鍋で作っていると、泣いて呼ばれたり…そのたびに火を消してそばに行っていましたね。
家電アドバイザー:ケンさん
今、ミキサーは様々な年代の方に人気でいろいろな使われ方をしていますよ!

離乳食に向いているミキサーもあるので僕もアドバイスしちゃいます!

▼ミキサーの詳しい記事はこちらをどうぞ

LIBLOOM

ミキサーで作るお粥の種類

一口でお粥といっても、離乳食スタート時から進んでいく段階でその種類も変わってきます。

ベビー用品アドバイザー:アキさん
離乳食スタートでまず、作ることになる「お粥」。そのお粥も硬さによって呼び方の変わり、種類があります。

赤ちゃんの月齢とお粥の種類の目安を知っておきましょう。

離乳食スタート:「重湯」

 

View this post on Instagram

 

Tsukasa Kotaniさん(@tsukasa_kotani)がシェアした投稿

重湯はお粥の汁という感じです。お粥を作るときの上澄みでとっておくといいでしょう。離乳食スタートで、赤ちゃんがお母さんの母乳やミルク以外の初めての「味」は、重湯からがいいでしょう。

離乳食初期:5~6か月ごろ「10倍がゆ」

 

View this post on Instagram

 

miiiu (みゆ)さん(@mini.miiiu)がシェアした投稿

いよいよ、離乳食が本格的にスタートするのが大体、生後5~6か月ごろです。10倍がゆはほとんど、粒のない、または赤ちゃんの口に入れても違和感のない粒の柔らかさにしたお粥です。

ベビー用品アドバイザー:アキさん
離乳食スタート時は、そんなに量を食べないのが普通です。ミルク以外の味慣らしという感じで始まります。

離乳食中期:7~8カ月ごろ「7倍がゆ」

 

View this post on Instagram

 

Yui Tommさん(@yui_tomm)がシェアした投稿

10倍がゆに慣れてきて、赤ちゃんも口にするようになったら、次は生後7~8カ月ごろを目安に「7倍がゆ」になります。

7倍がゆはお米の粒は柔らかく、少し、形があり、上澄みも多めです。この頃には野菜などペイスト状にしたものも与えられるようになります。

ベビー用品アドバイザー:アキさん
赤ちゃんによっては、お粥の味に慣れないうちは舌で押し返して、飲み込まずに出してしまったり、よく食べてくれるようになる赤ちゃんがいたりと個人差も出てきます。ゆっくりすすめていくのがポイントです。

離乳食後期:9~11カ月「5倍がゆ」

 

View this post on Instagram

 

Yasuyo.Iさん(@yasuyo_lovelydays)がシェアした投稿

離乳食がスタートして、赤ちゃんも9~11カ月ごとになると、お粥の味にも慣れてきて、舌で出してくることなく、飲み込んでくれるようになります。

それまで上澄みも多めでとろとろのお粥だったのが、5倍がゆで、上澄みが少なくなり、柔らかい舌と上あごですりつぶして食べられる硬さになります。

この頃にはペイスト状から口の中でも形を感じられるみじん切り程度のものも与えられるようになります。

ベビー用品アドバイザー:アキさん
この頃になると、赤ちゃんも食べてくれる量も増えるので、離乳食の冷凍保存の量も増えてきますね。

離乳食完了期:12~18カ月「3倍がゆ」~「軟飯」

 

View this post on Instagram

 

nanaさん(@ukas11)がシェアした投稿

一般的に1才を目どに離乳準備を進めるお母さんも多くなります。それと比例して、赤ちゃんはお粥にもすっかり慣れて、食欲も増してくることでしょう。

ベビー用品アドバイザー:アキさん
7倍がゆ~軟飯になってくると、お母さんの離乳食準備が忙しくなりますね。そんなころから、おすすめしたいのが、離乳食作りに大活躍の「ミキサー」なんです。

ミキサーで作ったお粥やほかの離乳食も冷凍保存して、お母さんも離乳食を楽に進めていきましょう。

冷凍保存した場合、出来るだけ早く食べきるのが好ましいですが、冷凍保存では1週間を目安にし、色やにおいを確認して、不安な場合は、保存期間内であっても、抵抗力の弱い赤ちゃんが食べるものなので廃棄しましょう。

それでは、離乳食に活躍するミキサー選びのポイントをみてみましょう。

離乳食作りに活躍するミキサー選びのポイント

離乳食作りのミキサー選びの5つのポイント
  • 容量
  • 切り替えスイッチ
  • 掃除のしやすさ
  • 価格
  • 離乳食以外でも使える
ベビー用品アドバイザー:アキさん
「離乳食作りのミキサー選びの5つのポイント」 をこの様なことを挙げてみました。具体的にみてみましょう。

1.容量

赤ちゃんの離乳食はお粥をはじめ、冷凍保存をしておくこともおすすめします。

ただ、赤ちゃんの離乳食スタート時期では、赤ちゃんはまだ離乳食をよく食べるという時期ではないので、離乳食初期の段階では、あまり多く冷凍保存しないのがいいでしょう。

ミキサーの容量で分けると、離乳食専用で、離乳食初期のころだと、容量の小さめの600ml前後で十分です。

また、後期になると赤ちゃんの食も増えてくる赤ちゃんもいるのでそれ以上の容量のもの、または1000mlのミキサーだと、離乳食以外としても使えるのでおすすめです。

ミキサーを離乳食と兼用で使う場合は、肉や魚のナマモノの素材は避けた方がいいでしょう。

使った場合は、いつも以上に衛生面で気を付け、煮沸消毒なども行うようにすることをおすすめします。

出来れば離乳食専用のミキサーを用意するのが好ましいでしょう。

ベビー用品アドバイザー:アキさん
赤ちゃんが使うものは衛生面をしっかりお母さんが管理することが大事ですね。

2.切り替えスイッチ

離乳食作りのミキサーとしては、高速と低速などの切り替えモードがあるものがおすすめです。

素材によっては、ミキサーで仕上げる硬さの調整もしやすいです。

3.掃除のしやすさ

離乳食に最適なミキサーは掃除がしやすいもの、出来れば分分離して洗えるものが望ましいです。

分離出来ると鍋にお湯を沸かして、煮沸消毒もしやすいです。

4.価格

ミキサーの価格帯は高いものが、機能の性能も上がり、大容量になってきます。

お手頃価格のものでも、離乳食作りに最適なものも多いです。

5.離乳食以外でも使える

離乳食専用として使っていたものも、離乳食終了後も家庭の中で重宝して使えるミキサーだとより、いいですね。

ベビー用品アドバイザー:アキさん
ここでは、消費電力(パワー)についてミキサー選びのポイントに入れていませんが、離乳食作りにミキサーのパワーってどうなのかな…。
家電アドバイザー:ケンさん
離乳食作りのミキサーの消費電力(パワー)って、お粥を作ったり、野菜をペイスト上にしたりしますよね。

だったら、そんなに大きなパワーがなくても十分ですね。容量の小さめのミキサーでも家庭で作る角氷数個なら、200wくらいで砕くことが出来ますからね。

それでは、離乳食作りにおすすめするミキサー、まずは10選を比較表でご覧下さい。

離乳食作りにおすすめ<ミキサー>比較表

 

名称 サイズ 重量 消費電力 容量 スイッチ切り替え 分離掃除 カッター 判定
オスター
アーバンブレンダーミキサー
34.9×15.0×15.0cm 2.38kg 350w 800ml × 記載なし
レコルト
RSB-2
幅10×奥行10×高さ29cm 約750g 125w 300ml ステンレス
ブラウン
JM3018
幅130×奥行135×高さ330mm 1.2kg 240w 600ml ステンレススチール
イワタニ
IFM-C20G
幅約10.6×奥行13.1×高さ27.3cm 約1.4kg 210w 260cc ステンレス
ティファール
BL126G71
135×135×330mm 1.2kg 300w ステンレス
イワタニ
サイレントミルサー S30G
幅11.4×高さ27.4cm 約1.75kg 210w 大:260cc
小:75cc
新開発4枚刃カッター
テスコム TM8100 1000ml 180w 高さ366×幅150×奥行183mm 約2.4kg 180w 1000ml 大型波刃チタン
タイガー
SKS-G700-V Tiger
幅20.2×奥行16.6×高さ36.4cm 約3.5kg 250w ミキサー700ml
ミル200ml
お茶ミル20ml
6枚刃、波形チタンコート
SURPEER
JP-XN-HB
37×17.5×24cm 1.6kg 350w 1200ml ステンレス製4枚刃
パナソニック
MX-X301
高さ37.2×幅20.3×奥行21.4cm 2.9kg 255w 1,000ml ブラックハードチタンコート ファイバーカッター

ベビー用品アドバイザー:アキさん
離乳食作りのためにここで選んだどのミキサーもおすすめ出来るものですが、「容量1000ml前後」と「容量600ml以下]で分けてみました。機能や人気度的にはどうでしょうね、ケンさん!
家電アドバイザー:ケンさん
離乳食作りで機能的には申し分ないものばかりだと思うよ。なかなか人気のミキサーが登場しているね!1000ml以上のミキサーではおしゃれなデザインで選ぶか、安心・信頼のメーカーで選ぶかで分かれる流れがあるね。

離乳食作り以外の面でもスムージ―や日頃の料理でも使えるので口コミのいいのは、パナソニック!タイガーが国内メーカーとしておすすめ!

600ml以下のミキサーでは、ハンドブレンダーで人気のブラウンが、ミキサーとしてもおすすめかな。

ちょっと注目したいのは、【SURPEER JP-XN-HB】と【イワタニサイレントミルサー S30G】!機能に注目してみてください!

libloomスタッフ:iyo
なるほど~。離乳食のお粥だけじゃなくて重宝しそうですよね。

ここから、離乳食作りのミキサーの容量600ml以下と1000ml前後のものでおすすめを厳選します!

離乳食作りにおすすめミキサー<容量600ml以下>3選

離乳食初期のころの離乳食の作り置きに小ぶりの600ml以下のミキサーの容量はとても便利です。 離乳食スタート時は赤ちゃんはまだミルクと併用になりますから、作り置きもそんなに多い量にはならないことから、600ml以下の容量が重宝するという声も多数聞かれます。

イワタニ クラッシュミルサー IFM-C20G

「イワタニ クラッシュミルサー IFM-C20G」は、食品に触れる部分は分離して、そのまま煮沸消毒が出来るので、衛生面でも赤ちゃんが食べる離乳食作りではおすすめ出来ます。

おすすめポイント
  • 分離掃除可能
  • 煮沸消毒◎

 

サイズ 幅約10.6㎝×奥行13.1×27.3cm
本体重量 約1.5kg
参考価格 ¥ 6,050

*表示している参考価格は2018年10月3日現在のAmazonの価格を参考にしています。価格は変動することがありますので、予めご了承ください。

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 4つのパーツを分離して掃除出来るので扱いも割と楽です。
  • 一人分としてとても重宝するサイズです。
  • 小さいのにナッツなどの粉砕も◎です。
  • ドレッシング作りに活用しています。重さが結構あるなと思いましたが、使っていくうちに安定感がある感じでとてもいいです。
  • 回転しているときの音が驚くほど心地いい感じの静かさです。

悪い口コミ

  • モーター音が大きい感じがします。量を多めに入れると蓋が緩んで中のものがあふれてしまいました。

ティファール ミキサー 「ミニマルチ」 ルビーレッド BL126G71

電気ケトルで人気のティファールのミキサー、「ミニマルチ BL126G71」も離乳食作りには容量、使い勝手ともにおすすめです。 300wのパワフルさで離乳食が終わったら、自由にいろいろ活躍します。氷の粉砕も◎

おすすめポイント
  • 速・低速の2段階スピード切替
  • 300wのパワー
  • 横幅約13cmのコンパクトさ

 

サイズ 135×135×330mm
本体重量 1.2㎏
参考価格 ¥ 12,800

*表示している参考価格は2018年10月3日現在のAmazonの価格を参考にしています。価格は変動することがありますので、予めご了承ください。

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 離乳食作りやドレッシング作りに最適です。コンパクトで収納も問題なく出来て、いつでもさっと取り出せて使えるところがいいです。
  • 一人用のスムージー作りにちょうどいい容量です。

悪い口コミ

  • 当然ながら、多めの量、大き目の材料はスムーズな粉砕が出来ません。柔らかいものならOKでしょう。
  • 氷が上手に粉砕出来ません。

イワタニ サイレントミルサー IFM-S30G

 

2017年7月に発売されている低音設計のミル・ミキサーがこちら「イワタニ サイレントミルサー IFM-S30G」です。 従来タイプで約65dBから約55dBに設計されています。(特許出願中とのことです)。 ミキサーの音が気になる方、そして、何より赤ちゃんがいるご家庭での使用に最適としておすすめします。

おすすめポイント
  • 低騒音設計

 

サイズ 幅11.4×高さ27.4cm
本体重量 約1.75kg
参考価格 ¥16,800

*表示している参考価格は2018年10月3日現在のAmazonの価格を参考にしています。価格は変動することがありますので、予めご了承ください。

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • コーヒーミルとして使っていますが、他のミルに比べて静かです。
  • コンパクトで使い勝手がいいです。

悪い口コミ

  • 思っていたよりも音はします。
家電アドバイザー:ケンさん
離乳食作りにおすすめミキサーの容量600ml以下を3選、厳選してみました。

ミキサーの音って結構、しますよね。気になる人は気になるところですが、「イワタニ サイレントミルサー IFM-S30G」は、数あるミキサーの中では他にない「音」に関しての機能を備えている点で離乳食といえば、赤ちゃん、赤ちゃんといえばよく寝るというイメージから、赤ちゃんが寝ている時こそ、お母さんはいろいろお仕事が出来るというもの、イワタニのサイレントを試してみませんか。

 

離乳食作りにおすすめミキサー<容量1000ml前後>3選

離乳食作りにおすすめするミキサーで容量が大きめ1000ml前後のミキサーは、離乳食初期にもいいですが、赤ちゃんの食がすすむ中期の作り置きの量が増えるころあたりから便利に使えるでしょう。

Tiger(タイガー) SKS-G700-V

1000ml以上の容量のミキサーでまず、おすすめなのが「Tiger(タイガー) SKS-G700-V」です。

家電メーカーとしても安心・信頼ということと、離乳食作りにこの700mlという容量が大きすぎず、小さすぎないとして重宝するでしょう。

ミキサーのほかにミル:200mL/お茶ミル:20mLもあるので、作り置きなどの量によっても使分けできます。

おすすめポイント
  • ミル付
  • 分離掃除可能

 

サイズ 幅20.2×奥行16.6×高さ36.4cm
本体重量 約3.5kg
参考価格 ¥6,220

*表示している参考価格は2018年10月3日現在のAmazonの価格を参考にしています。価格は変動することがありますので、予めご了承ください。

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 使うときに蓋をしかっり閉めないとミキサー自体が作動しないので安全面で満足です。
  • お手頃価格なのに十分な機能で満足です。
  • パワーがあるのでムラなくペイストやポタージュなどが出来ます。
  • バナナジュース、離乳食作りと大活躍してくれて、とても楽になりました。

悪い口コミ

  • 振動音が結構、大きいです。

 

SURPEER ボトル付き ボトルブレンダー

「SURPEER ボトル付き ボトルブレンダー」を離乳食作りのミキサーとしておすすめするその理由は、「健康的なTritan食品級素材カップ」という点です。

Tritan樹脂は、化学物質を一切使用していない安全なプラスチックです。その素材級の「SURPEER ボトル付き ボトルブレンダー」は赤ちゃんが口にする離乳食作りに最適です。

おすすめポイント
  • 健康的なTritan食品級素材カップ
  • 低速と高速の二つモード
  • 分離掃除可能

 

サイズ 37×17.5×24cm
本体重量 1.6kg
参考価格 ¥3,950

*表示している参考価格は2018年10月3日現在のAmazonの価格を参考にしています。価格は変動することがありますので、予めご了承ください。

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • とにかく、スムージー作りも早いです!本体の底の吸盤が強力で力いっぱい抑えなくても使えるので便利です。
  • ボトルが2つついていて、スムージーを作ってそのまま付属のボトルに移してグラスとしても使えます。
  • 安いのに期待以上のミキサーです。

悪い口コミ
現時点で投稿されている悪い口コミはありません。

Panasonic (パナソニック)ファイバーミキサー MX-X301

口コミよし、人気の「パナソニック ミキサー  MX-X301」を離乳食作りにおすすめする1000ml以上のミキサーの1位におすすめします。

使い勝手の良さ、安心メーカーのパナソニックということでも人気です。

内ふた(チェイサーカップ)の新採用とパナソニック独自のブラックハードチタンコート ファイバーカッターで様々な食感のスムージも◎、離乳食初期~完了期までのお粥の種類にも対応してくれるミキサーです。

おすすめポイント
  • 簡単に材料の投入可能のアレンジホール
  • 水の調整ができる「内ふた(チェイサーカップ)」新採用

 

サイズ 高さ37.2×幅20.3×奥行21.4cm
本体重量 2.9kg
参考価格 ¥ 7,809

*表示している参考価格は2018年10月3日現在のAmazonの価格を参考にしています。価格は変動することがありますので、予めご了承ください。

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 他のメーカーのものと比べると、氷を入れたときの音が全然違いました。Panasonicのこちらのミキサーは我慢できない音ではありません。

悪い口コミ

  • 刃は取り外し可能ですが、ガラス容器と樹脂部は取り外せません。

「Panasonic ファイバーミキサー MX-X301」のレビュー記事はこちらをどうぞ

「Panasonic ファイバーミキサー MX-X301」を実際に購入して活用している方を取材した記事です。

購入を検討されている方はこちらを参考にしてみてください。

Panasonic ファイバーミキサー MX-X301の口コミ・レビュー|離乳食にも。評価、評判は?
Panasonic ファイバーミキサー MX-X301を半年使ってみた『tomomiさん』(29歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。 ...

家電アドバイザー:ケンさん
離乳食作りにおすすめミキサーの容量1000ml前後の厳選の中では、根強い人気の安定のパナソニックファイバーミキサーが、もう一つ「SURPEER ボトル付き ボトルブレンダー」に注目しておすすめします。

ミキサーではほかにあまり聞かない、Tritan食品級素材というのが、特に赤ちゃんの離乳食作りには素晴らしく向いているのではないかな。

ベビー用品アドバイザー:アキさん
折角、赤ちゃんのための離乳食作りのミキサー選びですもんね。赤ちゃんにも優しい素材のものがあるなんて!これはおすすめですね♪

離乳食の保存容器も大事「おすすめ保存容器」

View this post on Instagram

ikkunさん(@mogumoguikkun)がシェアした投稿

離乳食を冷凍保存するときの容器も必要です。赤ちゃんの食べ物を保存するものなので衛生面を一番に考えた保存容器をおすすめします。

離乳食保存容器としておすすめするポイントはこちら。

離乳食保存容器のおすすめ5つのポイント
  • 取り出しやすい小分けタイプ
  • 衛生的な個別タイプ
  • 一回分の容量を考えられた保存容器
  • 蓋つき
  • 電子レンジ利用可能
ベビー用品アドバイザー:アキさん
冷凍保存に最適な保存容器を用意しましょう。

こちらもちゃんと衛生面を考えたものを♪

Joseph Joseph 保存容器 ダイヤルベビー 10ピースセット

 

 

Joseph Joseph 保存容器 ダイヤルベビー 5ピースセット

「Joseph Joseph 保存容器 ダイヤルベビー 5ピースセット」は、離乳食の後期におすすめする「9~12か月の赤ちゃんの離乳食保存用」とすて、小分けの中の容器も10ピースセットの者よりも大きくなっています。

 

ミキサー/Amazon・楽天の売れ筋ランキング

その他のミキサー売れ筋ランキングはこちら

離乳食のお粥作りに簡単便利にミキサーの活用を

いかがですか。そろそろ、赤ちゃんの離乳食準備を…と考えているお母さんたち!

一所懸命、赤ちゃんのために離乳食を考えて、作るのも大変なものがありますが、お母さんにおすすめするのは、どうやって負担を軽くして、時間になって、簡単に出来るか…、

お粥だって侮るなかれ♪ミキサー一つで赤ちゃんの離乳食の進み具合によっての適したお粥を作ることが出来ます。

一週間に一回、作って冷凍保存しましょう。これが無理なくできれば、離乳食作りも楽しくなってきます。

離乳食作りは下ごしらえが大事です。そのお助けアイテムにミキサーがやっぱりおすすめです。

▼その他のミキサーの詳しい記事はこちらを参考にしてみてください。

LIBLOOM
ミキサー
スポンサーリンク
■この記事の担当
iyo
iyo

libloomのiyoです。おしゃれなもの・かっこいいもの、そして何より、話題になっている人気のものがあると知ると、調べたくなります。

大学生の娘がいるので、若い人の感覚にも触れながら、「知りたい人へ」「知りたい事を」「購入者目線」で徹底調査をモットーに情報入手していきます。

iyoをフォローする
iyoをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM