新生児 大量のミルク吐き戻し防止・対策に「パイル地おねしょシート」を使ってみたら洗濯や片付けも楽♪

おねしょシート

コモライフ パイル地おねしょシートを2ヶ月ほど使ってみた『松本沙野加さん』(29歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

コモライフ パイル地おねしょシートを購入しようと思ったきっかけ

子どもが産まれて新生児のときにミルクの吐き戻しに悩みました。滝のように勢いよく大量に吐いてしまうので布団が汚れてしまい、なにかいい策はないかと友達に相談したところおねしょシーツがいいよと教えてもらったのですぐに購入することに決めました。

おねしょシーツならミルクの吐き戻しで布団が汚れるのを防ぐだけでなく、大きくなってからも使えるので長く使えて無駄がないと思いました。最初は枕元だけ予防できればいいと思い、小さいシーツを購入しようと思っていましたが、先のことを考えると小さいものよりも大きいもののほうが布団全体を守れるのでせっかく買うなら大きいものにしようとこちらの購入を決めました。

コモライフ パイル地おねしょシートを知ったきっかけは?

楽天で検索をしてレビューの件数が多く、内容も良かったのと、値段がお手頃だったので目にとまりました。

おねしょシートを買う際に重要視したポイントとは?

私がおねしょシートを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

1.洗濯機で丸洗いできること

これは一番重要です。子育てで忙しいので、楽にお手入れできるのは大切です。

2.値段

夏はすぐ乾くので問題ないですが、梅雨時期や冬に洗濯して乾かないと困るので洗い替えも購入しようと考えていたので一枚があまり高くないものを探していました。

3.機能

いくら安くてもおねしょシーツとして、防水機能がしっかりしていないと買う意味がありません。こちらは裏地がポリウレタンコーティングされており、しっかりと防水してくれそうだったので魅力を感じました。

購入に迷ったおねしょシートは?

購入に迷ったおねしょシートは以下の商品です。

おむつ替えシート

一番は価格です。最初は安いものでなんでもいいと思っていましたが、安いもので洗濯したらすぐに防水しなくなってしまった話しを聞いたのでそれでは買っても無駄になってしまうし、困るのでしっかりと防水機能が長くもつものがいいと思いました。

丈夫そうで、なるべく価格が安いものをと思いました。また、使いやすさもとても重要です。子どもは寝相が悪いので気づかないうちにずれてしまい、布団が汚れてしまっては意味がないのでしっかりと布団に固定できるものがいいと思いました。

あとは、大きさです。赤ちゃんのうちだけでなくある程度大きくなっても使えそうなサイズ感が欲しかったので大きめのこちらがいいと思いました。

ネットでの購入の際はレビューを見て、実際に使っている人の感想を見てから購入しています。

コモライフ パイル地おねしょシートの特徴、性能

サイズ 100×210cm
カラー クリーム
素材・材質 表:ポリエステル65%、綿35%
裏:ポリウレタンコーティング
販売元 コモライフ(株)
製造国 中国

・生地がしっかりしている。表地はパイル素材(ポリエステル65%、綿35%)で触り心地がいい。

裏地は水分をしっかりガードし、防水してくれるポリウレタンコーティング。布団をしっかり守ってくれる。

・お手入れが楽。洗濯機で丸洗い可能。(ネット使用)・選べるサイズ。こども用(85×180cm)、シングル用(100×210cm)、ダブル用(138×210)、シングルベッド用ボックスタイプ(100×200×30)。

・シングル用のこだわりポイントは頭側差し込みポケット付き。寝相を気にせず、朝までぐっすり眠れる。

足側ゴム付き。洗濯時の着脱が楽に行える。ダブル用のこだわりポイントは上下にズレ防止ゴム付き。布団からズレないのと、洗濯時の着脱が楽に行える。ベッド用ボックスタイプのこだわりポイントは裏側全面ゴムでぴったりフィット。厚みはゆったり。

コモライフ パイル地おねしょシートのメリット

購入してから約2ヶ月たちます。毎日使っていて洗濯はネットに入れて2回ほどしました。脱水は洗濯機が壊れる可能性があるので駄目と書いてありましたが、自己責任でシーツに包んだままネットに入れて脱水までしてしまいましたが、特に問題なかったです。

ミルクの吐き戻しだけでなく、新生児が終わって乳幼児になってから急に寝汗がすごく増えたので寝汗予防にもなっています。シーツは毎朝びっしょりですが、布団まで染みることなく済んでいるのでとても助かっています。主人も寝汗がすごい人なので、こどもだけでなく主人の布団にも使っています。布団を干す回数が減らせたので購入してよかったです。

表地が気持ちいいので一枚でも使えそうですが、我が家ではおねしょシーツの上にさらに普段使っていたシーツを被せて使っています。なので、普段の洗濯はシーツのみです。毎回洗濯して生地が傷んでしまうと困るのでおねしょシーツはあまり洗濯していません。今のところ特に問題なく快適に使えています。

コモライフ パイル地おねしょシートのデメリット

少し気になる点は、布団にかぶせるポケットが小さく感じます。寝ていてズレることはないのですが、朝布団を畳むときに布団から抜けてしまうときがあるので、もう少しポケットが深い作りだと助かります。

また、洗濯して干すときに水がぼたぼたと垂れます。脱水できないものなので洗濯機の中で手で絞ってから出さないと干すときに自分が濡れてしまう恐れがあります。

コモライフ パイル地おねしょシートの総合評価

結果的には購入してよかったです。購入してすぐに大量のミルクの吐き戻しはなくなったのですが、今は寝汗で布団が湿ってしまうのを防いでくれているので。これからおねしょや、こどもが体調悪くなって布団を汚してしまうことがあると思うので、これからも活躍してくれるはずです。

また、我が家は猫を飼っていて以前布団に粗相をされてしまったことがあるので粗相での汚れ予防にもなります。布団を買い換えると重かったり、値段も安くないのでおねしょシーツなら軽いし、お値段もお手頃で買い替えもしやすいと思いました。

コモライフ パイル地おねしょシートの口コミ・評判は?

コモライフ パイル地おねしょシートのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 猫が掛け布団におしっこをするので購入。掛け布団に安全ピンで固定して、おしっこはされましたが、中まで染み込まず布団は無事です!
  • 子供のおねしょ対策に購入。上からシーツをかければ違和感はないです。
  • 7回ほど洗濯しましたが下には未だ染み込んではいません。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 確かにおねしょした時点では染み込みませんが、時間がたつと染みます。
  • トレードオフの機能ですが、汗は蒸れますね。
  • 染みませんが、黄色の色は付きますね。

コモライフ パイル地おねしょシートの購入を考えている人へアドバイス

小さいこどもや、たくさんこどもがいる場合、忙しいのとやることも多いので出来るだけ楽に早く家事を済ませたいものです。おねしょシーツを使用してから家事がだいぶ楽になりました。

夜中眠い中、汚れてしまった布団の処理もしなくて済むのでとても助かっています。おねしょ予防だけでなく、赤ちゃんや寝汗のすごい大人の使用にもおすすめしたいです。赤ちゃんから老人まで幅広く使えるとても優秀な物です。我が家ではとても重宝しています。

おねしょシート
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM