野田琺瑯 ホワイトシリーズ 持ち手付きストッカー 密閉蓋付 MSM-12Kの口コミ・レビュー|使い方は味噌容器に。

ストッカー

野田琺瑯 ホワイトシリーズ 持ち手付きストッカー MSM-12Kを2ヶ月ほど使ってみた『kyoroさん』(28歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

野田琺瑯 ホワイトシリーズ 持ち手付きストッカー 角型 Lサイズ 密閉蓋付 MSM-12Kを購入しようと思ったきっかけは?

今まで味噌は販売されている容器のまま冷蔵庫へ入れていたのですが、なんとなく衛生的に心配になったのと、子供が生まれるのを機に食を見直していた際に、お味噌もこだわりたいなと思った時にパウチに入った美味しいお味噌を入れる容器が必要になったので探してこちらを購入しました。

また、姉が琺瑯の容器にお味噌を保存していると聞いて、自分もそうしようと思ったのもきっかけです。使っていたお味噌がなくなりそうなタイミングで購入を決めました。

野田琺瑯 ホワイトシリーズ 持ち手付きストッカー MSM-12Kをどのようにして知りましたか?

もともとこちらのメーカーは知っていたのですが、姉も同じところのを使っていたのでそれがきっかけです。また、楽天などのネットショップや雑貨店などで見て知りました。検索する際には、「琺瑯」「密閉」「味噌保存」のキーワードで検索しました。

味噌容器を買う際に重要視したポイントとは?

私が味噌容器を購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

1.機能

きちんと密閉出来て、衛生的なところに惹かれました。琺瑯は臭いや色移りがしにくいことを知り、違う味噌にしても風味が混ざらないのではと思いました。また、蓋にはキチンと栓が付いていて密閉できるので、安心でした。

2.デザイン

シンプルなデザインで、持ち手も付いていてサッと冷蔵庫から取り出しやすいところがポイントでした。市販のままの味噌の容器は中が見えてしまって、残量がわかるのはいいのですが、なんとなく冷蔵庫内が雑多に見える気がしました。白い容器に入れることで冷蔵庫の中も片付いた気がします。

3.価格

プラスチックよりも高価ですが、ずっと使えることを考えたら金額的にもちょうど良かったです。

購入に迷った味噌容器は?

購入に迷った味噌容器は以下の商品です。

THE OLDE FARMHOUSE みそポット

 富士ホーロー 角型みそポット N-KP

似たようなものはたくさんありましたが、密閉できる蓋が付いていたことと、持ち手が付いていたことが一番の決め手になりました。他のものは透明のプラスチックの蓋だったり、持ち手がなかったこともあり価格は安かったのですがやはりどちらも兼ねている琺瑯の容器であることがポイントになりました。

また、100円ショップにもプラスチック製のものがあり、SNSではよく見かけました。シンプルでもちろん安いことは魅力的でしたが、ずっと大事に使いたかったので価格は最優先にせず、機能がキチンとした製品を選びたいと思いました。

野田琺瑯 ホワイトシリーズ 持ち手付きストッカー MSM-12Kの特徴

メーカー型番:WSM-12K
サイズ:本体/幅17.4×奥行12.8×高さ12cm
本体重量:435g
本体:ホーロー 蓋:ポリブチレンテレフタレート、シリコーンゴム
原産国:日本
容量:1.06L

容器は琺瑯製、蓋はプラスチックで密閉できる栓が付いているシンプルなお味噌の容器です。

持ち手が付いているので、お料理中でもサッと冷蔵庫から取り出せます。

琺瑯製なので匂いや色も移らず衛生的なのもポイントです。また、お味噌の容器として以外でも、琺瑯なのでお鍋にかけることもできます。

サイズ的には1〜2人分のスープを作るのに丁度いいくらいなので、最後は残ったお味噌でお味噌汁を作るのもいいかもしれません。

密閉の精度ですが、栓をすれば蓋を持ち上げても簡単には取れないくらいしっかりしています。販売されているものの中には同じ型で蓋が普通の透明なプラスチックのものもあるようですが、密閉できるもののほうがおすすめです。

野田琺瑯 ホワイトシリーズ 持ち手付きストッカー MSM-12Kのメリット

購入したのは2ヶ月ほど前です。

今までスーパーで売っている、プラスチックの容器に入った安いお味噌を使っていましたが、食を見直すために少しこだわりの袋に入ったお味噌を購入し、こちらの容器に移しました。

袋を輪ゴムやクリップで挟むよりも衛生的ですし、容器には持ち手が付いているので必要な時にサッと取り出せて便利でした。

また、白くてシンプルなデザインで、琺瑯製なのでこれからも飽きずに長い間大切に使えそうです。匂いや色も移らず、お味噌を買い換えたときも詰め替えが便利でした。

まだお鍋代わりには使ったことがありませんが、琺瑯の良さをうまく活用してみたいと思います。

野田琺瑯 ホワイトシリーズ 持ち手付きストッカー MSM-12Kのデメリット

私は袋に入ったお味噌を入れるために購入しましたが、お味噌を買い換えた際にプラスチックのパック入りのものを買って見たら、パックのままでは入りませんでした。

100円ショップで見た、容器のままスポッと入れられるものよりは少し小ぶりなようですので、移し変えるのが面倒、パックのまま入れたいという方にはオススメできません。

また、やはり琺瑯製なので値段は安いわけではありません。

野田琺瑯 ホワイトシリーズ 持ち手付きストッカー MSM-12Kの総合評価

個人的に評価すれば、10点満点中9点です。お味噌を専用の容器に入れただけで、なんだかお料理も楽しくなり、お味噌を使った料理が増えました。

実際に密閉容器に入れたことで保存状態がどのくらい上がったかは分からないのですが、容器に移し替えても風味が劣らず、密閉のフタでも栓を緩めれば簡単に開くので、もともとの袋のままやプラスチックパックのままよりもお味噌を出しやすいと思います。

持ち手も便利ですし、いつか火にかけてスープ作りにも使ってみようかと思います。

1点マイナスしたのは、プラスチックパックのまま入れることができないので、手間がかかることを考えてのマイナスです。今のところ袋入りのお味噌を買っているので不便さは感じませんが、そのまま入れられたらもっと便利だなと感じました。

持ち手のところのスペース分が、もしかしたら邪魔に思う方もいるかもしれませんが、サッと取り出せるので手が滑って落としてしまう、なんてこともなくなりました。

野田琺瑯 ホワイトシリーズ 持ち手付きストッカー MSM-12Kの口コミ・評判は?

野田琺瑯 ホワイトシリーズ 持ち手付きストッカー MSM-12Kのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 親も数十年愛用している野田琺瑯を私も欲しくなり購入。煮干し、椎茸とお湯で冷蔵庫に入れておくと、みそ汁のだしはとても簡単にできる。一生ものです。
  • 質の良さに愛着を感じずにはいられない。蓋も上のゴムパッキンを押すだけで真空になる。ニオイ移りもないし、フォルムも素敵すぎる。
  • 味噌入れに購入しました。冷蔵庫の奥に入っていても持ち手があるので超便利。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 市販されている味噌の容器ごと入れたかったけど、サイズが入らなかった。
  • 若干重いですね。

SNSの反響は?

インスタでも野田琺瑯 ホワイトシリーズを使っている方の投稿が目立ちますね。

maomamaさん(@maomama06241102)がシェアした投稿

野田琺瑯ホワイトシリーズ。姉からのプレゼント。

ri-caさん(@rika.mimu)がシェアした投稿

これでお汁物を沸かして、そのまま冷蔵庫で保管できる。

江戸農園さん(@edoichigo)がシェアした投稿

麦味噌を丸ごとストックする為にお買い上げ。

野田琺瑯 ホワイトシリーズ 持ち手付きストッカー MSM-12Kの購入を考えている人へアドバイス

この商品をおススメしたいのは、お味噌料理をよくする方です。また、自家製のお味噌を作っている方にも丁度いいと思います。私自身もそうなのですが、安いプラスチック容器はたくさんありますが、長く使える容器を使えば消耗品にならず、色や匂い移りもないのでそのようなこだわりがある人にもおススメです。

逆に、パックのお味噌のまま保存したい人や、わざわざ移し変えるのが手間な方にはおススメできません。実際に使ってみて、お味噌の使い勝手も上がり、キチンと密閉できるので安心感が持てました。道具を変えるだけでお料理が楽しくなることもあると思うので、材料や道具を見直したい方には参考にしていただけたら嬉しいです。

  • kyoroさん』(28歳/女性)のその他のレビューはこちら
kyoro | LIBLOOM
「kyoro」の記事一覧です。
ストッカー
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM