カンブリア宮殿でバカ売れのバルミューダ トースター K01E買った!

トースター

2017年10/19に放送された「カンブリア宮殿」でバルミューダの社長である寺尾玄さんがゲストで紹介されました。

2017年10月19日 放送 バルミューダ 社長 寺尾 玄 (てらお げん)氏 |カンブリア宮殿: テレビ東京
バルミューダ 社長 寺尾 玄(てらお げん)氏 今、家電が革新的な進化を遂げている。その中でも注目を集めるメーカーが『バルミューダ』という、東京・武蔵野市に本社を構える家電メーカーだ。社員わずか69人の会社ながら、自然な風を再現する扇風機や、食パ

社員69人という会社ながら、革新的家電を開発し、それがきっかけで、バルミューダの「The Toaster」は爆発的に売れました。

今回、バルミューダ「The Toaster K01E」を1年間使ってる本村さんに実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

実際に1年使っているからこその良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

バルミューダ スチームオーブントースター 「The Toaster K01E」を購入しようと思ったきっかけ

結婚して4年、我が家は主人が一人暮らしをしていた時から使い続けている無名メーカーの格安オーブントースターを7年近く使っていました。

特に壊れたわけではなかったのですが、雑誌を読んでいて普通の食パンやクロワッサン、更には冷凍したパンがとても美味しく焼ける高級トースターの存在を知りました。

何でも芸能人も使っているとか、、、

我が家は朝はパン派なので、スーパーで買う普通の食パンで美味しいトーストが焼けるなら、トースターの値段が高くても朝から美味しい朝ごはんを食べたい!と思い購入したくなりました。

また雑誌やネットで口コミを調べれると、やっぱりトーストが格段に美味しくなるという口コミばかりだったので、それも決め手になりました。

バルミューダ「The Toaster K01E」を知ったきっかけは?

雑誌の主婦が選ぶ優秀な家電特集の様な記事を読んだ事がきっかけで、知りました。

ちょうどオーブントースターの買い替えを検討していたので、記事をじっくりと読んだ気がします。

トースターを買う際に重要視したポイントとは?

私がトースターを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

1.機能

値段が高いのは承知の上でしたが、本当に美味しいトーストが焼けるのか?冷凍のパンが外はさっくり、中はもっちり焼けるのか?トーストに特化した商品なので、一番重要視しました。

2.デザイン

他のメーカーのオーブントースターに比べてオシャレさはダントツだと思いました。

当時、キッチン周りをシンプルにしたくインテリアを揃え始めていたので希望通りのデザインも気に入りました。

3.サイズ

以前使っていたオーブントースターを置いていた場所にそのまま置く為、サイズもしっかり確認して購入しました。

購入に迷ったトースターは?

購入に迷ったトースターは、以下の2つです。

シロカ オーブントースター

SHARP ヘルシオグリエ

シロカのトースターとSHARPのヘルシオグリエとで迷っていたのですが、まずは機能を比較しました。

シロカのトースターも美味しくトーストを焼く事に特化していて、デザインもオシャレで価格も同じくらい、更には一度に焼ける量が多く非常に悩みました。

口コミや雑誌の特集(バルミューダとシロカの比較記事)を立ち読みしたりしましたが、最後は高級トースターの火付け役のバルミューダに決めました。

ヘルシオグリエはトーストの他にもお惣菜などの温め直しにも優れていて、油がしっかり落ちてさっくり仕上がる所はとても魅力的で悩みましたが、値段が確か当時1万円以上高い事もありましたし、やはり美味しいトーストが食べたい!という希望からバルミューダに決めました。

バルミューダ「The Toaster K01E」の特徴、性能

トーストを焼くにしてもパンの種類によって選ぶモードが異なります。パンに最適な焼き上がりにするためにモードをちゃんと選ぶ事が大切です。

1. トーストモード

食パンの他、ベーグルやイングリッシュマフィンなど

2. チーズトーストモード

ピザトーストやフルーツを乗せたトーストなど

3. フランスパンモード

フランスパンの他、ロールパンやあんぱんなど表面は焦がさず中に火を通したいもの

4. クロワッサンモード

トースト以外では、クロワッサンの他、デニッシュ、アップルパイなど

5. クラシックモード も170、200、230°Cと3段階あります。

クッキーの温め直しや、グラタン、お餅、ピザ、もちろんコロッケ、唐揚げなどの温め直しにも使えます。

バルミューダ「The Toaster K01E」のメリット

使って約1年経ちます。

↑焼きたてにバターを塗ったトースト

↑いまいち伝わりにくいですが、中はモッチモチです!

良かった点はやはりトーストが格段に美味しく焼けるようになりました。

私はもともと朝はパン派でほぼ毎日パンを食べていましたが、コンビニの菓子パンや惣菜パンを食べる日もありましたが、今はほぼ毎日食パンのトーストか、イングリッシュマフィンを食べています。

菓子パンよりもカロリーも低いですし、糖分も大幅に抑えらてている気がします。

主人は時間が無いと朝食を抜く日が多かったですが、週に2?3日は朝食を食べていくようになりました。朝食を抜いて、コーヒーだけ飲む生活だったので、身体の為にも良かったです。

以前のトーストでもパンを焼いて食べていましたが、冷凍したパンやカレーパンやデニッシュ、クロワッサンなどのさっくりした食感が美味しさのポイントのパンは温め直してもべっちゃっとしてしまい、トースターでの温め直しはこんなかんじかぁと思っていましたが、その考えが良い意味で覆りました。

他にもグラタンやドリアをよく作りますが、電子レンジ一体型のオーブンよりも美味しく仕上がる気がします。

バルミューダ「The Toaster K01E」のデメリット

トーストの焼き上がりにはとても満足していますが、揚げ物などの温め直しはあまり満足出来ていません。もっとさっくりと仕上がるかと思いましたが、意外とべっちょりしてしまいました。

お弁当を作る日が多く、スーパーで売っているパックの唐揚げやチキンナゲットをよく入れるのですが、以前のトースターの方がサクッと仕上がった気がします。

天ぷらやコロッケも同様にもう少しサクッと仕上がってくれたら良かったです。

また、トーストする際に水を入れてスチームを出して焼くのですが、(だからサクッとモチっと仕上がるのですが。)水を入れる部分が汚れやすいです。毎日の事なので水のカルキ??汚れがつきやすい様に思います。

同様にスチームが出る部分の汚れも気になってきました。もっとこまめにお手入れをすればよかったと少し後悔しています。

他には各パンを焼く時間が以前のトースターよりも長い気がします。

目安時間ですが、食パン→3分 ベーグル→4分 イングリッシュマフィン→3分 フランスパン→4分 ロールパン→4分 冷凍してあるパンだと更にプラス2~3分かかります。急いでいる時などはもう少し早く焼けて欲しいと思ってしまいます。

バルミューダ「The Toaster K01E」の総合評価

トースターにしては高額でしたが、購入して1年使って結果とても満足しています。

美味しいトーストが食べれる様になった事はもちろん、コンビニで惣菜パンや菓子パンを買う頻度が減り、安売りしている食パンで満足できるので、わずかではありますが節約になっている気もします。

トースト以外にももちろん使えますし、デザインも家電、家電しておらず、おしゃれなキッチン作りを目指していた私にとってはバッチリでした。

キッチンがリビングから丸見えなので、他の家電は極力見えない様に配置をしていますが、トースターは見えてもよいかな??と思ってリビングから丸見えの場所に置いてしまっています。

また説明書の他に簡単なレシピ本が付いてきました。

これから子供が大きくなり、お昼ご飯にパンを出す時に、トーストだけだと栄養バランスが気になりますが、レシピ本には具沢山トーストが載っていたので作ってみようと思います。

バルミューダ「The Toaster K01E」の口コミ・評判は?

バルミューダ「The Toaster K01E」のネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 地元スーパーの賞味期限切れ間近の食パンをデパートのお高いパンよりも美味しく食べることができます。
  • パンが焼けるまでの「カッチ、カッチ、カッチ…」というリレースイッチの音が何とも心地よいです。
  • モチモチに焼ける、と喜んでいます。冷凍パンでも美味しく温められることが重宝しています。
  • 高級なパンよりも低価格のパンの方が他のトースターとの差がよくわかります
  • うたい文句『外はパリッと中はフンワリ』以上にトーストが美味しく焼けます。
  • スーパーで売っている普通のパンが、本当に美味しくなりました。周りはサクサクで、中はモチモチ。毎朝、パンを頂くのが楽しみです。

悪い感想や要望などの口コミ

  • レビューなどにもあるようにメンテナンスが面倒なのは確か。
  • メンテナンス以前にパンくずトレイとボイラーカバーの位置関係を最初に知らせるようにしておかないと知らないままスチームトースターとして使用しているうちにボイラートレイーが焦げたり、入れ直しの際にパンくずトレイを曲げてしまったりする可能性がある。
  • もう少し高さがあればよいと思います。ロールパンを焼くと上が焦げます。

バルミューダ「The Toaster K01E」の購入を考えている人へアドバイス

やはりパンを食べる頻度が重要だと思います。また1度に食パン2枚しか焼けません。

他のメーカーで4枚焼けるトースターも出ていると思いますので、ご家族の人数が多い方、一度に沢山焼きたい方はご注意下さい。

焼き上がりにも他のトースターよりも少し時間がかかります。

また、デメリットにも記載しましたが、お惣菜の温め直しは恐らくシャープのヘルシオグリエの方が向いていると思います。

ですが、何と言っても安いパン、冷凍したパンがさっくり、もっちり仕上がりますので感動してもらえると思います。

デザインはおしゃれなので、オープンキッチンの方やレトロな雰囲気にもぴったりなので、家電家電していないトースターを探している方にもおすすめ出来ます。

▼その他の「バルミューダ」のレビューはこちら

バルミューダ | LIBLOOM
「バルミューダ」の記事一覧です。

▼最新版おしゃれオーブントースターおすすめランキング10選★選ぶ6つのポイント

最新版おしゃれオーブントースターおすすめランキング10選★選ぶ6つのポイント
一家に一台はトースターがあるのではないでしょうか?ご存知の通り、トーストを焼くための調理家電です。 今、さまざまな調理家電でトレンドなのが「おしゃれなデザイン」です。 キッチンだけではなく、部屋に置きたくなるデザイン、まるでイン...

▼おしゃれポップアップトースターおすすめ10選★クラシカルデザインが人気

おしゃれポップアップトースターおすすめ10選★クラシカルデザインが人気
朝って時間がないことが多いので、慌ただしくバタバタ支度をして、朝食を…と忙しいですよね。 そんな時は気分があがるおしゃれなトースターを使って、元気よく出かけませんか。 食パンを焼く最低限の機能のみのシンプル設計で、おしゃれデザイ...