雑誌モノクロ絶賛のドライヤー イオニティ EH-NE69買った!口コミは

ドライヤー

パナソニック「イオニティ EH-NE69」を1ヶ月使ってみた『tomatoさん』(28歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

パナソニック ヘアドライヤー 「イオニティ EH-NE69」を購入しようと思ったきっかけ

↑動画です(読み込みに時間がかかる場合があります)

結婚を機に、2人暮らしを始めました。そのため、冷蔵庫、テレビ、電子レンジ、掃除機など、ひとそろい購入することになりました。そのときにドライヤーも新調することにしました。

1番重視したのは「風量」です。私が8年間使っていたものは、パナソニックのナノケアシリーズです。

4年間ずつ2台使いました。パナソニック独自のナノイーケアに惹かれたからです。

最初に使ったドライヤーを4年後に買い換えたのは、スカルプケアが気になったからです。

温風と冷風が交互に出たり、スカルプモードだと温風より少し低めの温度の風が出たりと、大変満足していました。

まだその2代目ドライヤーを使い続ける、という選択肢もあったのですが、今回買い換えようと思ったきっかけは、「風量」です。ナノケアは髪質改善に特化していますが、最近ロングヘアになった私は「風量」が必要になりました。

他の方の「イオニティ」レビュー

イオニティ | LIBLOOM
「イオニティ」の記事一覧です。

 

パナソニック「イオニティ EH-NE69」を知ったきっかけは?

最近、雑誌やTV番組でも高機能美容家電の特集が多く、ドライヤーの特集は欠かさず読み、勉強していました。

また、インターネットでAmazon、Yahooショッピング、楽天、ジャパネットタカタなどで口コミを熱心に読み漁りました。

ある程度の情報を仕入れたうえで電機店に足を運び、実際に商品を見比べ、大前提の「風量」ということはもちろん、「お手頃価格」というところに惹かれ、最有力候補として、私たちはパナソニックのイオニティを考えていました。

ヘアドライヤーを買う際に重要視したポイントとは?

私がヘアドライヤーを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

1.風量

なんと、1.9 m3/分です。今まで使っていたパナソニックのナノケアのものより大風量です。最近、胸下まで伸びた私のロングヘアも、きっと早く乾くことだろう、と思って購入しました。

2.価格

今までパナソニックのナノケアを2台購入しましたが、いずれも1万~1万5千円ほどだったと思います。

それに比べて、こちらのイオニティは、なんと約5千円です!1/3の価格なのに、風量はお安いイオニティの方が多いわけです。もうこれは、イオニティにしようと俄然思いました。

3.温冷ツインフロー

乾かすときに、真ん中から温風が広く放出され、両脇から冷風が出ます。この3つに分かれた風の放出の工夫に驚きました。

温風のあとに冷風が出るので、髪が艶々になりそうだと思いました。

購入に迷ったヘアドライヤーは?

購入に迷ったヘアドライヤーは、パナソニック「EH-NA99 ナノケア」です。

同じ会社のイオニティの上位互換と思われる、パナソニックのナノケアとの間で、最後まで悩みました。

今まで8年間もナノケアシリーズを使っていて特に不満はありませんでした。

イオニティと比べて、価格は約3倍なのだから、やっぱりパナソニックとしてはナノケアの方がおすすめなのだろうな、というのも分かりました。

髪質改善のためのナノイーはもちろん、UV機能もあるようでした。

ただ、風量の差が大きいということが分かりました。

ナノケアは1.3 m3/分ですが、イオニティは1.9 m3/分!今回は、ロングヘアになってしまった私が、髪を乾かす時間を短縮したい、というのを最も重視していました。

そのため、今まで使っていたナノケアの下位互換である、イオニティを思い切って購入しました。

ナノケアのレビューはこちら

髪が傷まないヘアドライヤー「Panasonic ナノケア EH-NA97」買った!
今回は髪が傷まないように「Panasonic ナノケア EH-NA97」というドライヤーを購入し、1年以上も愛用しているkuyukaさんに実際の使用感や特徴などをインタビューしました。 ナノケアといえば、毎年毎年モデルチェンジを繰り返...

パナソニック「イオニティ EH-NE69」の特徴、性能

  • 本体サイズ:高さ22.5×幅21.2×奥行9.2 cm(速乾ノズル含む)
  • 国内専用品(100V対応)
  • 電源:AC100V 50-60Hz
  • 消費電力:1200 W( ターボ/ホット時)
  • 風量:1.9㎥/分(ターボ時・ノズル装着なしの時)
  • 本体重量(kg):0.53

■イオニティは風量が1.9 m3/分です。

この数字は、他の会社の家庭用のドライヤーと比較しても、トップクラスの数字です。ロングヘアの私には欠かせない、最も必要としていたイオニティの性能です。

■イオニティは温冷ツインフローがあります。

これは、乾かすときに、真ん中から温風が広く放出され、両脇から冷風が出ます。温風モードですが、冷風も同時に出るように作られているわけです。

そのため、ドライモードやターボ機能の際に、ナノケアのように温度が高くありません。ナノケアのように、高温の風で乾かすと、早く乾きますが、その分髪の毛が傷んでしまいます。

イオニティは、温度ではなく、風量で髪を乾かす、という優れたドライヤーです。

■マイナスイオンを熱から守る、外付けイオン吹き出し口があります。

温風とマイナスイオンの吹き出し口を分けることで、マイナスイオンに含まれる水分を温風の熱から守ってくれるようです。おかげで、髪の毛が艶々になります。

パナソニック「イオニティ EH-NE69」のメリット

購入して1ヶ月ほど経ちました。毎日使用しています。

期待していた、風量に驚きです。私の胸下まで伸びた髪も、15分くらいで乾かすことができます。

ちなみに、以前使っていたナノケアでは、20分以上かかっていましたので、手も疲れるし、髪もその分傷んでいたように思います。

また、時間短縮にもなるので、毎朝の支度時や、毎晩の入浴後などで、大いに活躍してくれています。

イオニティのドライ時の温度ですが、やはりナノケアよりも温度が低いのが使用していてわかります。

ナノケアのようなスカルプモードはないですが、通常のドライモードの温度が低いのは助かります。

やっぱり髪の傷む速度が違いますから。特に毛先は顕著です。今までのナノケアは、髪質改善にはいいのでしょうが、少ない風量の高い温度で乾かす仕様でした。

今のナノケアシリーズの一番新しいものもそのスタンスです。

もちろん、スカルプモードはついていますので、低めの温風は出ますが。低めの温度の大風量でパワフルに早く乾かしたい!という方には、イオニティを強くおすすめします。

パナソニック「イオニティ EH-NE69」のデメリット

■改善していただきたいのは、重さです。

ロングヘアの女性にとって、ほぼ同じ角度で、長時間ドライヤーを掲げているのは疲れます。

もう少し軽量化できると、さらに使い勝手がいいと思います。また、最近は、ダイソンのドライヤーも人気が高いです。

今までのドライヤーの形状とは全く違うため、軽量化できているのではないでしょうか。今の一般的なドライヤーの形状のままですと、これ以上の軽量化は難しいのではないか、と素人ながら思っております。

そのため、画期的な形状になると、いいと思います。

■ドライヤーのお手入れを、もう少し楽にできるとうれしいです。

写真にもありますが、どうしてもほこりがこびりつきます。こちらを、細かいブラシのようなもの(付属品ではありません)で取り除いたり、掃除機で吸い出したりするのですが、きれいにするのに手間と時間がかかります。

掃除機のごみがたまる部分のように、ワンタッチでほこりをごみ箱に捨てられるようになると、手も汚れませんしうれしいです。

パナソニック「イオニティ EH-NE69」の総合評価

総合評価としては、☆5つです。

とにかく「風量」が欲しかった私の願いをかなえてくれたのが、このイオニティです。ビジュアル面でも大変気に入っています。お部屋や洗面所に置いておくのにもおしゃれで気に入っています。

ただ、カラーバリエーションがもう少しあると、老若男女、広く愛されるようになると思います。また、価格の面でも大変助かりました。

まさか、5千円ほどで、これほどの風量のドライヤーが手に入るとは夢にも思っておりませんでした。オンラインショップや電機店などでいろいろと探しましたが、私が見た中ではAmazonが一番安かったです。

パナソニック「イオニティ EH-NE69」の口コミ・評判は?

パナソニック「イオニティ EH-NE69」のネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 雑誌MONOQLOでも大絶賛されていたのがきっかけで、購入しました。9立方メートルの大風量、髪のツヤ、5000円ちょいの強烈なコスパ、このテストするモノ批評誌MONOQLOの記事にあった記載は、購入した私の印象とピタリと一致します。「即買い決定」というレベルです。
  • 髪が傷んでも良いから超高温で乾かしたいという目的を持っている方や、そもそもドライヤーを用いて洗濯物などを乾かしたいといった方には、こちらのドライヤーは向きませんが、髪を乾かすという目的で見れば、温度が低いということだけでいえばデメリットにはなりません。
  • 雑誌MONOQLOの実機テストの結果では、この商品は、乾かす時間がむしろ最速の部類に入ります。4万円もするダイソンのドライヤー「Dyson Supersonic」も低温大風量という特徴がありますが、このイオニティも、大風量で髪は速やかに乾きます。
  • 5000円というのは、高機能ドライヤー中では最安価格帯です。文句なしの高性能で、最安価格帯。雑誌と同じ評価で恐縮ですが「即買い」という評価です。
  • 髪の水分不足によるウネリが減ったので、満足です。

悪い感想や要望などの口コミ

  • ターボ時にサイドから冷たい風が出てくるので、そこも冷たいor温かいを選べればいいのにって思います。
  • 外気温度が低いと「TURBO」でも温い風が出ます。髪に優しいドアイヤーですが、真冬は少し寒さを感じます。
  • 風量は十分ありますが、高音のキーンという音がとても気になります。ドア1枚隔てて聞きますが結構気になるんです。

パナソニック「イオニティ EH-NE69」の購入を考えている人へアドバイス

どの面が1番譲れないか、ということを考えて購入するのが大切だということを学びました。

価格なのか、ビジュアルなのか、軽さなのか、風量なのか、稼働音なのか……など。どれも兼ね備えたドライヤーは今のところ家庭用ではありませんので、何を1番重要視して商品を選ぶのか、を明確にして商品を選んでください。

私が1番譲れなかったのが風量でした。私のように、ロングヘアーの女性にはぜひ使っていただきたいです。今回学んだことは、「価格が高いものほどあらゆる面で優れているとは限らない」ということです。

自分がそのドライヤーに1番求めているものを備えたドライヤーを使ってみてください。私の場合は、風量を1番に考えました。

そして、たどり着いた答えが、3倍も価格が高いナノケアではなく、イオニティだったということです。

コメント