パナソニック コードレススティック掃除機 パワーコードレス MC-VGS8000の口コミ・レビュー|評判は?

コードレス掃除機

パナソニック パワーコードレス MC-VGS8000を4ヶ月ほど使ってみた『はなさん』(54歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

パナソニック(Panasonic) コードレススティック掃除機 パワーコードレス MC-VGS8000を購入しようと思ったきっかけは?

吸引力の高いものが欲しかったんです!8年前に現在の家に引っ越しましたが、この家は全てがダークな色調のフローリングで、とにかく埃や汚れが目立ってしまうんです。

以前使用していたものは、マキタ コードレスハンディクリーナーでした。(購入先は通販のディノスやカタログハウスです。型番不明、オフホワイト)もともとの性分が面倒くさがりの私には手軽に使えるコードレスクリーナーが好みに合っており、歴代マキタを購入し続けていました。

しかし、手軽に使える利点の一方で、吸引力に物足りなさを感じていました。例えば米粒位の大きさのものは吸い込めない位の吸引力なので、手で拾っていました。床は、掃除機をかけた直後にも関わらず素足で歩くと足裏に埃が付着するような感触でした。

結局、掃除機をかけた後で床にはクイックルワイパーを、又、カーペットはコロコロを掛ける2度手間が生じてしまっていました。これまでの家は床が白い塩化ビニールでしたので、汚れが目立たず、それなりに満足していましたし、特に大きく気にすることもありませんでした。

しかし、現在の家ではとにかく埃や汚れが目立つので掃除の2度手間が掛かりすぎてしまう。そこで、吸引力の高いものが欲しい!と強く感じ、壊れてもいないのに買い替えを決意しました。

パナソニック パワーコードレス MC-VGS8000をどのようにして知りましたか?

日頃、CMでダイソンを見かける機会が多くあり、ダイソンの中で選ぼうと考えていました。そんな時、TV番組でたまたまコードレスクリーナーを比較する番組を見かけました。コードレスなだけではなく、手間が省ける機能が沢山ついているのが魅力で最有力候補に挙がりました。

コードレスクリーナーを買う際に重要視したポイントとは?

私がコードレスクリーナーを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の2つです。

1.吸引力と機能性

吸引力の高さと欲しい機能が搭載されているかです。

2.使いやすさとデザイン性

使用頻度の高いものですので、重量も含めての使いやすさや持ち運びのしやすさを重視しました。又、自宅マンションには収納スペースがない為、リビングにそのまま置いても違和感のないデザイン性であることも大切でした。

購入に迷ったコードレスクリーナーは?

検討の対象は、吸引力が売りのダイソンとTV番組で見かけたパナソニックの2社でした。

Dyson Cyclone V8

Dyson Cyclone V10

パナソニック パワーコードレス MC-VGS6000-R

ヨドバシカメラ、ヤマダ電機でダイソンとパナソニックの全タイプを実際に手に取ってみて、重さや吸引力、機能性、充電時間に対しての使用時間(コスパ)、ヘッドの滑りの良さを比較しました。

その結果、ダイソンとパナソニックで大体同じくらいの価格帯のものに候補が絞られてきました。重さや、音、吸引力、充電時間に対しての使用可能時間はダイソンもパナソニックもほぼ同じ感触でした。

その中で最終的に決め手となったのは、パナソニックの機能面の良さでした。それは、ヘッドの柔軟性と滑りの良さです。ヘッドの角度が柔軟に動くので細い隙間やベッド下の奥の方まで家具を移動することなく掃除が出来ます。

又、部屋の四隅や柱の出っ張りなどにも柔軟ヘッドが対応してくれるので、後でちょっと手でふき取る必要がありません。更に、パナソニックの2候補の内、このタイプを最終的に選んだのは、ヘッドの滑りの良さです。

吸引力が高いものはどうしても本体の重量があり、重さが体に負担になりますが、こちらはヘッドの滑りが良いので、軽く使えて本体の重さを感じませんでした。

そして音の大きさです。ダイソンは総じて音が大きかったです。パナソニックも自動運転で汚れが酷い時は大きな音がしますが、手動で運転を切り替えられるので、夜間の時間帯は静音運転にして騒音で迷惑が掛からないように出来る点も有難いと思いました。

パナソニック パワーコードレス MC-VGS8000の特徴、性能

掃除機タイプ スティック(コードレス)
ブラシタイプ モーターブラシ
壁際お掃除 可
床ピタお掃除 可 ※付属のペタすき間ノズル使用
集塵容積(約) 0.2L
稼働時間 18分 ※~40分(自動運転)
50分 ※ロング運転
6分 ※強運転
充電時間 3時間
重量 1.9kg
本体質量(付属品含む) 2.5kg
幅 240mm
高さ 1175mm
奥行き 218mm
運転音(約) 63db ※最小
69db ※最大
色 ホワイト
その他
●運転時間:
強:約6分
自動:約18~40分
ロング:約50分/
約65分(付属ノズル、子ノズル使用時)
●充電時間:約3時間(セルフ電池交換可能)
●運転音:69~約63dB
●本体寸法(幅×奥行×高さ):
スティック:幅240×奥行き218×高さ1175mm
本体:幅96×奥行き218×高さ473mm
●本体質量:
スティック:2.5kg
本体:1.9kg
●集じん方式:サイクロン式(フィルター:ステンレスガード)
●分離方式:遠心分離
●集じん容積:0.2L
●ノズルタイプ:小型軽量パワーノズル(軽量素材)
●ハウスダスト発見センサー:◯
●アイドリングオフ機能:◯
●床ノズル:ガバとり親子パワーノズル
●充電方式:充電台(スタンド式)・充電アダプター
●付属品:すき間用ノズル、ペタすき間ノズル、ふとん清潔ノズル、ロングホース、スタンド式充電台

↑こちらで全体のレビューを動画でしています。

・ヘッドに柔軟性があり、隙間や出っ張りにも自在に対応してくれます。又、ヘッドがフラットになるのでベッド下などの手が届かない奥の方まで家具を移動することなく掃除出来ます。

更に、ヘッドが縦にも動くので、細い隙間にも対応可能です。

・ヘッドの動きが滑らかで重さを感じません。スティック部分が長く腰の位置まであるので、前かがみになることもなく腰への負担がありません。

・汚れを感知して色でお知らせしてくれます。

↑きれいな時

↑汚れているとき

汚れに応じて吸引力が自動調整されます。手動でも運転調整が出来るので、弱運転や強運転が自分で選べます。

騒音が気になる夜間には弱運転で対応できます。

・ダストボックスは透明で、ごみの量が一目で分かります。

又、ワンタッチで取り外し可能。

ごみ捨てが簡単な上、水洗いが出来て清潔です。

・使わない時はスタンドにセットしておけば、自動充電してくれます。

付属品も多からず、少なからずの丁度の量です。

↑ふとん清潔ノズル

↑ふとん清潔ノズルの吸い込み口

↑ペタすき間ノズル

↑すき間用ノズル

↑ロングホース

隙間ノズルでサッシなどの細い部分に対応可能です。

布団ヘッドでダニを吸収、ダニは吸ってくれますが、シーツや毛布などの布製品を吸い込んでしまって動かせないことがありません。

ノズルの連結部分はプッシュボタンで取り外すタイプですので取り外しが簡単です。

パナソニック パワーコードレス MC-VGS8000のメリット

2018年10月初旬に購入し、4ヶ月経ちました。上記の回答と重複しますが、使い勝手の良さに大満足をしています。面倒くさがりの私には、柔軟なヘッドが自在に対応してくれて、2度手間の必要がないところが有難いですし、家具を移動しなくても細い隙間やベッド下にも掛けられるのが嬉しいです。

運転が自動運転だけでなく、手動で運転を選べるので、騒音の気になる夜間に有難いです。付属の細いヘッドでサッシなどの細かなところに対応可能ですし、布団ヘッドはダニは吸収してもシーツや毛布などの布は吸い込まないのでストレスがありません。

又、ノズルの連結部分は、以前使用していたものは、はめ込みタイプだった為、長期使用で連結部分が固まり抜けなくなることが多かったのですが、これはプッシュボタン式で簡単に脱着できます。

後は、「成果が目に見えるところ!」です。クリーナーを掛けながら、汚れを感知するランプが赤(汚れが多い)から青(綺麗)に変わる瞬間と、透明のダストボックスにゴミがどんどん溜まっていく様(さま)を見るのは仕事をした感満載な気分になり、気持ちがいいです!

主婦の立場で云うと、家事は「やって当たり前」で評価をされないのが普通です。正直なところ、家事労働の中でも私にはとりわけ掃除はやりがいが感じられない仕事です。

しかし、この「ゴミの視える化」はクリーナーを掛けるモチベーションをググっと上げてくれるのです。嬉しい!楽しい!掃除が楽ちん!今のところ、飽きる気がしません。

パナソニック パワーコードレス MC-VGS8000のデメリット

グッと真剣に考えてみましたが、これといった不都合は何も見当たりません。むしろ、あまりの良さに78歳になる、腰を痛めている母親にもプレゼントしたほどです。

「腰を曲げなくても掛けられる、気持ちいいくらい吸い取ってくれる。」と、とても喜んでくれています。ですので、製品自体の不都合な点は思い浮かびません。強いて言うならば費用面です。

従来使用していたマキタの家庭用クリーナーは購入価格が大体15,000円位でした。そして、充電もエコ充電の設計になっており、フルで充電してもごくわずかな電気代しか掛かりませんでした。この電気代の安さもマキタの売りの一つでした。

ですので、そこまでの吸引力を求めていない方や、価格の安さを重視される方はここまでは必要ないと思います。本体価格も高額ですし、充電の電気代も普通にかかります。

又、スタンド台にセットすると自動充電ですので、クリーナーを一定時間使用しないと自動的に充電されてしまいます。充電代を節約したい人は不向きかもしれません。

これとは別件になりますが、購入時点で私の調べが足りず、電器店で高く購入してしまったことを後悔しています。88,000円で購入してしまいましたが、オープン価格での販売だったみたいで、母親にプレゼントしたものは、51,300円でネットで購入できました。

パナソニック パワーコードレス MC-VGS8000の総合評価

100点満点です。「ごみの視える化」で、仕方なく掛けていたクリーナーが楽しく掛けられるクリーナーへと意識が変わりました。長年の疑問だった「埃はどこからくるのだろう、やってもやってもキリがない」という疑問もズバッと解決しました。

それは、カーペットや玄関マット、トイレマットなどの埃を吸収するものに大量の埃が蓄積され、人が通るたびに足で踏んだマットやカーペットから埃が舞うのだと分かりました。それ位、この類のものは、クリーナーをじっくりと時間をかけて吸っても吸っても奥の方に溜まっていた埃が出てきます。

ダストボックスを見ると「こんなに埃を吸っていたんだと驚きました。」(勿論、埃の正体はそれだけではありません。衣類などにもありますから。)それ位吸引力に満足しています。

パナソニック パワーコードレス MC-VGS8000の口コミ・評判は?

パナソニック パワーコードレス MC-VGS8000のネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • かなりハイパワーでゴミがみるみる溜まっていくのは面白い。ゴミセンサーもあるし付属のノズルも充実しています。
  • パナソニック特有のヘッドは壁際でパカっと開いてゴミを吸ってくれるので良い。ダイソンと迷ったけど、ボタンも押しっぱなししなくていいし、吸引力が負けていない。
  • ゴミタンクは圧縮されて非常に使いやすいです。丸洗いできるので楽です。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 持った感じは重い。
  • 取り回しが悪い。取手の位置や、持ち上げての掃除は不向きです。
  • ダストカップが小さいのでマメなゴミ捨てが必要。

SNSの反響は?

Twitterでもパナソニック パワーコードレス MC-VGS8000は話題になっているようです。

パナソニック パワーコードレス MC-VGS8000の購入を考えている人へアドバイス

上記と重複しますが、吸引力の弱いクリーナーやコロコロだけでは、カーペットやマットレスの埃に対処できない事が分かりました。

小さなお子様がいるご家庭や、気管支の弱い方にも良いのではないかと思います。その他には、掃除が苦手な人や私のような面倒くさがりな人は、「ごみの視える化」でテンションが上がりますし、柔軟なヘッドが様々な形状にも対応してくれるので、手間なくクリーナーが掛けられると思います。

後は、購入する時の価格です。私は高く購入してしまいましたが、価格コムなどで比較してご購入なさった方が良いと思います。

  • はなさん』(54歳/女性)のその他のレビューはこちら
はな | LIBLOOM | LIBLOOM
「はな」の記事一覧です。

掃除機の各種ランキング記事はこちら

▼布団掃除におすすめなコードレス掃除機10選♡寝室を綺麗にしよう!

布団にも使えるコードレス掃除機10選!専用の布団クリーナー要らず!
これからコードレス掃除機を買いたいと考えている皆様、どうせなら布団掃除もしっかりできるコードレス掃除機を検討してみてはいかがでしょうか? 最新の掃除機は布団掃除もできるように布団専用のクリーナーヘッドもありますから、普段の掃除と布団掃...

▼吸引力に注目♪おすすめコードレス掃除機10選!小さな埃までキャッチ

吸引力に注目♪おすすめコードレス掃除機10選!小さな埃までキャッチ
コード付き掃除機よりも、手軽に掃除ができると人気のコードレス掃除機、もう手に入れましたか? コードレス掃除機を買う時の大きな不安に「吸引力」があります。コードレスだから吸引力が低いかも・・・って思ってなかなか購入に踏み切ることができず...

▼価格重視なおすすめコードレス掃除機10選♪安く買いたい人必見!

中華製はホントに使えねぇ?最新の安くて使えるコードレス掃除機おすすめ10選♪
掃除機といえば、もはやコードレスが常識です。 ですが、コードレス掃除機というと、ダイソンをはじめとして、国内有名メーカーなど5万円以上もするような高価なイメージがまだまだありますよね。 しかし、実は安いコードレス掃除機はたくさん...
コードレス掃除機
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM