マッキンリー スリムライスボックス 12kg RN358Aの口コミ・レビュー|軽量付のスリムな米びつはコレ 

米びつ

マッキンリー スリムライスボックス 12kg RN358Aを2年ほど使ってみた『茶トラゆきちさん』(35歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

マッキンリー 米びつ スリムライスボックス 12kg RN358Aを購入しようと思ったきっかけは?

以前は容量5㎏のプラスチックの米びつを使用していました。ダイソーで500円で購入し、5~6年くらい使っていました。

子どもができてからは、外食が減り自炊が増え10㎏単位でお米を購入するようになりました。
5㎏用の米びつにお米を入れて、残りは冷蔵庫の野菜室に保管という作業を2~3週間に一度程しておりました。

米の補充の前にはケースを洗うのですが「面倒だな・・・」「乾かしておく場所なくて邪魔だな・・・」と感じてました。

さらに、見た目も気に入ってなかったし、置き場所も納得してませんでした。500円で5~6年使ったものにそこまでケチつけるのも心苦しいのですが(笑)

子どもが大きくなったらご飯もいっぱい食べるし、思い切って大きい米びつを買おう!と決めました。

マッキンリー スリムライスボックス RN358Aをどのようにして知りましたか?

欲しい米びつの具体的なイメージはなかったのですが、なんとなく「桐の米びつ」が良いと思い調べました。

検索キーワードは【10㎏】【米びつ】【桐】

材質も形も様々な米びつがヒットした中で、マッキンリーのような計量可能な米びつがあることを初めて知りました。

米びつを買う際に重要視したポイントとは?

重要度順ですと

  1. 最低10㎏が入る
  2. お米を美味しく保管できること
  3. 台所のインテリアに馴染むこと
  4. 場所をとらないこと
  5. 動かしやすいこと(お米を入れたら重くなるので)

購入に迷った米びつは?

購入に迷った米びつは以下の商品です。

技物専科 米びつ 10kg 桐 おしゃれ スリム キャスター付

米蔵 ライス ストッカー 10キロ KCBUB3300

最初は、桐の米びつで検討していました。防虫効果もあり、天然の素材に憧れるので。技物専科さんのデザインが最も好みでしたが、開けた時のフタの置き場所に悩みました。

米蔵さんだと、フタがスライド式なので、フタの置き場所に困らないのですがレビューで、引き出しにくいという感想を見て躊躇しました。また、大きさが場所をとるのもネックでした。

私の思い込みで、桐は洗えると思っていたのですが、そうではなかったので桐以外も探す事にしました。そして、場所もとらない、開け閉めの必要もないをマッキンリーの米びつを発見しました。

何より、レバーを押すだけで(計量つまみをひくだけで)お米が計れる商品を知らなかったので、使ってみたいなという感じでそそられました。

マッキンリー スリムライスボックス RN358Aの特徴、性能

商品サイズ:幅10cm×奥行40.6cm×高さ67.1cm
※キャスターを付けた場合の高さ:68.6cm
計量方式:1合 計量レバー
米収納量:12kg
重量: 約2.8kg
素材: 本体/カラー鋼板、計量器・底板・取手/ABS樹脂、キャスター/ポリエチレン樹脂、その他の樹脂部/ポリスチレン樹脂
投入方法:上部ふた

幅わずか10㎝なのに、12㎏のお米が収納可能です。幅10㎝なので、台や壁などの隙間に置くことが可能です。

重たくても楽に動かせるように、ハンドルとキャスターが付いています。

レバー(計量つまみ)を一回引くと、お米一合(約150g)が計れます。

米受け皿が、一度に計量できるのは4合(約600g)までです。それ以上は米受け皿からあふれるので一度米受け皿を空にする必要があります。

アダプターを取り付けることで、無洗米の計量に使用可能です。

お米の残量の確認ができる窓があります。

私が計って調べた結果では、窓から見える残量が2㎝弱で残り約11合でした。

マッキンリー スリムライスボックス RN358Aのメリット

購入時は組み立てが面倒かな?と思いましたが、とても簡単でした。工具類も不要でキャスターもはめるだけでした。

使用して二年経過しました。最初は、冷蔵庫の横に置いていました。

しかし当時7か月の息子にイタズラされかけて場所を変えました。子どもの手の届かない所に置きたかったので、キャスターを外してレンジ台に置きました。

置いてみたらレンジ台や、食器棚の色に合っていて、備え付けの家具のようにピッタリの見た目です。

しかも置き場所を高くしたことで、米を計量し取り出すのに屈まずに済みます。そして、レンジ台に置くことで、米びつの横の空間を使えるようになりました。

磁石で付くキッチンペーパーホルダーも使えて便利です。キッチンって、マグネットが使える所があると何かと便利ですよね。

スッキリとした米びつに変えた事で、レンジ台全体の見た目が良くなり、大容量なのでお米を補充する回数も減って手間が省けました。

ただ、キャスターは必ず取り付けて使うように、取扱説明書に記載されておりますので、外して使う方はご自身の判断と責任でよろしくお願いいたします。

2年くらい使って、まだ故障はないのですがパーツの買い替えや修理が可能です。メーカーに問い合わせたところ、下記の値段でパーツも販売されています。

フタ(570円) アダプター(200円) キャスター(2個セット 400円) 受け皿(1.000円) ハンドル(白)( 700円)

修理代は10,000円前後で送料もかかるそうなので、買い替えの方がいかもしれませんね。ちなみに、フタとアダプターは楽天市場でも販売されていました。

マッキンリー スリムライスボックス RN358Aのデメリット

販売のウェブサイトでは「お米を入れにくい」という意見があります。

それを見て、10㎏を抱えたまま入れるのが難しいのかな?と思い、計量カップですくって移していました。

今は、米袋の開封の際に、切り口を小さくして入れていて問題ありません。

けど、細長いので倒れないように壁際に寄せてバランス取りながら入れる必要はあります。

重いものを持ち慣れてないと少し難しいかもしれません。以前は冷蔵庫の横に置いていたので、熱がこもるのが気になりました。

取扱説明書を確認すると、直射日光のあたる所やストーブや冷蔵庫の近くなど熱くなる場所を避けるように書いてありました。

やはり、お米を美味しく保管するには暑い場所はNGですよね。

けど、冷蔵庫の横に置きたいという需要は多いので?と思うので、今後の改良品に期待です。
あと、一番残念なのは、お掃除のやりにくさです。

しばらく使っていると、お米が米受け皿から数粒こぼれます。数粒なのであまり気にしてませんが、それは、除くのが面倒です。

そして、見ての通り水洗いができない作りなので、乾いた布で拭くか、水拭き後の乾燥だけになります。

せめてたまには、アルコールスプレーで拭き上げでも・・・と思ったのですが着色亜鉛鉄板という素材がきになり、メーカさんに問い合わせた所、「アルコールは樹脂を変形、変色させる恐れがあるため、使用しないで下さい」というご回答でした。

お米は乾燥しているし、そこまで気にしなくていいか・・・と結局、大してマメに清掃もしておりませんが(笑)

こぼれて溜まったお米の掃除、乾拭きしかできない。といった点は、箱だけの様なシンプルな作りの米びつに比べるとデメリットですね。

マッキンリー スリムライスボックス RN358Aの総合評価

我が家ではお米をほぼ毎日炊いているので、便利に使っています。毎日使うものは出しっぱなしが便利ですよね。

出しっぱなしのものは、目につくので見た目が嫌いだと台所仕事のテンション下がるし重要ですよね。

場所も、便利で邪魔にならない所に置きたいですよね。その点はクリアして満足しています。

出しっぱなしは便利なんですが、夏場は、お米の保存温度が気になるので、一袋全て入れずに、残り半分は冷蔵庫の野菜室に入れるようにしています。

あと、少し良いお米が手に入った時も、半分は冷蔵庫に入れるようにしています。私と家族はそこまでお米の味の違いを分かってないと思いますが(笑)

先ほどお話ししたように、キャスターを外す使い方は、メーカー推奨じゃない方法なので、それによって不具合出ても私の責任ですが、この米びつは、以前使っていた米びつより複雑なので耐久性が気になります。

二年間、ほぼ毎日つまみを引いてて問題はないんですけどね。

マッキンリー スリムライスボックス RN358Aの口コミ・評判は?

マッキンリー スリムライスボックス RN358Aのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • シンプルで場所とらずにとても便利です。幅も小さくて冷蔵庫の横に入ります。
  • この細さとても便利で使いやすいです。
  • ちょっと余った隙間にすっきりと入ります。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 転倒すると、コメが飛び出す。
  • 幅が取らずにいいですが、もっとオシャレなら良かった。
  • ステンレスでピカピカ光ってるので、存在感がありすぎ。

SNSの反響は?

インスタでもマッキンリー スリムライスボックスは話題になっているようです。

いのいのさん(@inoino_home)がシェアした投稿

やっと米びつが届きました。

miiiiiiiiiiii4さん(@mmmm40308)がシェアした投稿

このスリムさで12キロ収納出来る優れもの。

スリムライスボックス。

マッキンリー スリムライスボックス RN358Aの購入を考えている人へアドバイス

お米を10㎏単位で購入して毎日炊く家庭にピッタリです。でも、一度に4合までしか受け皿に入らないので、毎回5合炊く方には向いてないですね。

お米は涼しいところに保管しないと不味くなってしまうので、暑い部屋で保管する方、冷蔵庫の横にしか置けない方も他の米びつにした方がいいかもしれません。

やはり「桐の米びつ&良いお米」への憧れはありますが、今の我が家のライフスタイルには、この米びつが合っていて助かっています。

毎日お米を炊くという家庭は多いと思います。

米びつを買い替えるまで気がつかなかったのですが、米びつの使いやすさや場所は、日々の料理の動線に影響するので結構大事です。

台所用品や調理器具って、使用頻度にばらつきがありますが、お米は、炊き方や消費具合にあまり変化がないと思うので、一度、自分に合う米びつが手に入ると、今後の台所仕事が楽になりますよ。

よくお米を炊くけど、お米の置場に困ってる方は、マッキンリースリム米びつで台所が快適になるのでおススメします!

米びつ
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM