ダイソン ピュアクールリンク TP03WSの口コミ・レビュー|アプリ連動の空気清浄機タワーファンならコレ

空気清浄機

ダイソン ピュアクールリンク TP03WSを1シーズン使ってみた『Avaさん』(23歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ダイソン(dyson)空気清浄機能付 タワーファン  ピュアクールリンク(Pure Cool Link)TP03WS を購入しようと思ったきっかけは?

8月に引越しをした我が家はエアコンが1台もない新居でエアコン取り付け工事や家の設備の手続き立会いのため丸1日過ごさなければいけないことになりました。

以前お値段の安さ重視で購入した昔ながらの扇風機は持っていたものの、家具も家電もない部屋に大喜び&大興奮で走り回り色んなものを触りまくる2歳児がいる部屋では危なくて使えません。子供が動けるようになってからは事故の可能性を考えてエアコン一本で夏場は過ごしていたのです。

しかし新居ではエアコンも工事が終わるまで使えません。35度を超える真夏の室内で冷房器具なしで過ごすのは無謀でしたが無計画なスケジュールを組んでしまった自分の責任です…。

せめて扇風機だけでも、と子供がいても安全に使える扇風機を購入することになりました。

ダイソン ピュアクールリンク TP03WSをどのようにして知りましたか?

すぐに1番近くの大型家電量販店に扇風機を探しに行きました。

いつもなら事前にネットで調べてから行くところですが引越し作業の最中でじっくり調べ物をする時間は取れませんでした。

真夏だったので店頭に展示されている数が多く、実際目で見て触って比較できたので助かりました。

扇風機を買う際に重要視したポイントとは?

私が扇風機を購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

1.安全性

まず1番重要なのは安全性です。

大人なら興味本位で扇風機に指を入れてみたり網の隙間から物を入れてみたりすることはありませんが、好奇心旺盛な子供は何でもします。

実際私が小さい頃、網の隙間から鉛筆を入れたことがあります。回る羽根に当たった時の衝撃とガチャガチャという大きい音と吹き飛ばされた鉛筆の先端を見て指を入れなくてよかったと心底思いました。

親に危険なのは十分説得されていたにも関わらずそんな危ない実験をしなければ危険性を理解できなかったので、そもそも危険じゃない扇風機が欲しかったです。

2.清潔

次に重要視したのは清潔さでした。

ずっと扇風機の羽根と網にこびりつくホコリが気になっていました。扇風機から出る風はホコリまみれなんじゃないかと顔に風が当たるのが嫌だったのです。風を起こしているのだからどうしても空気中のホコリが舞ってしまうことは理解していたのですが、目に見える羽根や網のホコリには不潔さを感じていました?
子供がいる部屋で扇風機を使用しなかったのは危険回避が1番でしたが、ホコリ風を子供に浴びせたくないという思いもありました。

3.収納

3つめは収納のしやすさ、です。基本暑い時期しか使用しない扇風機ですが昔ながらの形は土台と頭が大きくやたら押入れで幅を利かせていました。

なのでキレイに収納に収まり無駄なスペースができないものがあればなぁと考えていました。

購入に迷った扇風機は?

購入に迷った扇風機は以下の商品です。

家電量販店で購入を迷った商品は山善やアイリスオーヤマのタワーファンとダイソンのHot&Coolです。

山善 タワーファン

アイリスオーヤマ タワーファン

ダイソン Hot&Cool

まずタワーファンですが、良い点は昔ながらの扇風機とそんなに変わらない価格で購入できることです。

縦に長くスリムなので収納もしやすく、網目も細かいものが多く子供の指でも入りづらく安全だと思いました。

ですが、網目が細かくても子供の小さい指なら入れることは可能で、指以外の物を入れられて事故が起きる可能性はゼロにはならないので選択肢から外れました。

他には同じダイソンから出ているHot&Cool Linkです。

ダイソンの商品自体、他の扇風機に比べると値段が高いのですがCool LinkとHot&Cool Linkでは値段の差があまりなく、ヒーターとして使えるなら便利!と思いました。

購入前に一度試してみたいと思い、販売員さんにデモ商品を起動させてもらいました。

そもそも、羽根がないのに扇風機と同じくらい風を送ることができるのか、Hot&Cool LinkはCool Linkよりも1つ機能が多いのになぜ価格差が少ないのか気になったからです。あとダイソン扇風機のリモコンには一切文字がないので使い方も知りたかったです。

結果、送風機能は扇風機の代わりとして十分でした。しかし、温風機能はMAXの風量にしても本体の目の前でないと感じられなく、ヒーターのかわりになるほどのパワーはありませんでした。
なので冬場にヒーターとして使えないのであれば使わない時期はきちんと片付けるようにしようと、Cool Linkを購入することになりました。

ダイソン ピュアクールリンク TP03WSの特徴、性能

空気清浄適用床面積の目安:9畳(30分)、26畳(60分)
風量切替:10段階
タイマー:15・30・45分、1~9時間(1時間おき)
自動首振り:○
リモコン:○
リズム風:×
消費電力:56W
1時間あたりの電気代目安:約1.5円
コード長:1.8m
寸法:W19.6×H102.2×D19.6cm
質量:約3.7kg
首振り機能 70度
フィルター交換 約1年

空気清浄機面積 8畳を清浄するのに30分

フィルターはダイソン公式HPでのお値段は6,480円です。

一番の特徴は羽根がないことです。他のメーカーにはないダイソンだけの特徴ですね。羽根がないのでもちろん羽根を囲んでいる網もありません。

これによって私が1番気にしていた事故の可能性はなくなり、扇風機をあまり使わない原因のひとつだった羽根と網のホコリの問題が解消されました。

他には高性能な空気清浄機内蔵で、有毒ガスも除去できるようです。私は花粉症とハウスダストアレルギーなのでしっかり空気を洗浄してもらえるのは助かります。

ダイソンリンクといって、Wi-Fi経由で携帯に繋げることでスマホを本体のリモコンがわりに使用したり、タイマーをセットしたり、空気の状態を見ることができます。

ダイソン ピュアクールリンク TP03WSのメリット

8月に購入して夏の間フル活用しました。一番のメリットは羽根がないので事故の可能性がゼロになることです。子供が動けるようになってから事故の可能性を考えて扇風機は使えなかったので、今は安心して使うことができます。

初めて見るものだったので子供はベタベタ触りまくっていましたが、危険がないのでこちらも心配がありません。

触ってはいけないものや危ないものに子供が近づくと優しく言ってもわかってくれない場合怒らなければいけなくなってしまいます。子供の安全を守るためなのに怒るのはお互い嫌な気持ちになるのでなるべく怒りたくないものです。

家の中には生活に必ず必要なものだから排除できないけど子供には近づいて欲しくない、触ってほしくないものがたくさんあるので毎日注意したり怒ったりしなければないませんが、安全に使えるものがあることで少しストレスが減ると思います。

次のメリットは高性能な空気清浄機です。

ダイソンの空気清浄機機能はホルムアルデヒドも捕らえられると公式ホームページに載っています。
引っ越した家は新築だったので、ハウスシック症候群を気にして日中は常に窓を全開にして空気を入れ替えていました。ですが夜は窓を窓を全て開けておくのは不可能なので換気扇と空気清浄機をつけておくことによって安心して過ごすことができました。

そして風を起こすと目に見えないホコリでもきっと舞っているので、空気清浄機が回っていることで清潔を保てるかな、とも思いました。

ダイソン ピュアクールリンク TP03WSのデメリット

使ってみてデメリットと思ったところは4点あります。

まずは維持費が高いことです。フィルター交換は1年目安で1つ6,480円は高いです。正直空気清浄機機能をメインにこちらの商品を買うなら他のメーカーの高性能空気清浄機を選んだほうがいいと思います。

ですが、我が家では安全な扇風機としての選択だったので毎年6,480円かかっても安全が得られるならいいと思っています。

次はリモコンが小さく、文字が一切ないことです。

リモコン自体がかなり小さいのでどこかに紛れてなくなりそうです。そしてCool Link本体には電源ボタンしかないのでリモコンをなくすと風量の調節や首振り、タイマーなどの機能が使えなくなってしまいます。

そして文字も一切ないので使い方を知らない人は何がなんだかわからないと思います。シンプルなのはいいのですが、もう少しリモコン自体が大きくてもいいかなと感じました。

リモコンは本体上にマグネットでつくようになっているのですが、このマグネットがすごく弱くてたまに勝手に落下しているのも困ります。

ただでさえ小さくなくしやすいのに勝手に落ちたら子供のおもちゃに紛れて永遠に見つからなくなりそうです。

最後のデメリットはダイソンリンクです。5GHzでは接続できないので、2.4GHzで接続する必要がありますが、そもそもWi-Fiの電波がその2種類あることもどこで選択するのかも知らなかったため最初はなぜ接続できないのかわからず、しばらくダイソンリンクを使用できませんでした。

ダイソンアプリはかなりシンプルで使用するWi-Fiもそのときスマホで接続しているWi-Fiに勝手に決定されてしまい、アプリ内で他のWi-Fiを選ぶこともできなので余計にわからなかったです。

ダイソン ピュアクールリンク TP03WSの総合評価

デメリットを多く書いてしまいましたが、そのデメリットがあってもメリットのがはるかに大きいので購入する価値はあると思います。

我が家ではこの商品があったことによりまた扇風機を使えるようになったので買ってよかったと思っています。久しぶりに扇風機を使用して扇風機の便利さを思い出しました。

夏は耐えきれないほど暑い日が続くことが多々ありますが冷房機能はだけで部屋全体を冷やして涼しさを得るのは子供の体にとっても良くなかったなと思いました。

扇風機があれば程よく冷房の涼風を部屋全体に循環させ、暑くなったら扇風機で風を浴びることができるので外と中との気温差で熱中症になるリスクも減らせるのではないかと思います。

引っ越し当初はシックハウス症候群予防のために使っていた空気清浄機機能は、今は花粉対策に使用しています。

空気の状態がダイソンアプリで見ることができるので、空気状態がキレイと表示されているとなんとなく嬉しくなります。

ダイソン ピュアクールリンク TP03WSの口コミ・評判は?

ダイソン ピュアクールリンク TP03WSのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 部屋の空気のキレイさがアプリで確認できるので良いです。
  • 音は気にならず、快適に過ごせます。
  • キレイな空気が送られてきてる感じがするので気に入ってます。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 思った以上に大きい。
  • リモコン表記がないので、わかりにくい。
  • 風量は扇風機に比べると劣る。

SNSの反響は?

インスタでもダイソン ピュアクールリンク TP03WSは話題になっているようです。

@ramone425がシェアした投稿

dyson purecoollink買ったこれで暑い夏を乗り切るか。

namiさん(@nami.o723)がシェアした投稿

旦那快適に寝れると仕事に備えて寝たよ!!

気に入ってますよ。笑

ダイソン ピュアクールリンク TP03WSの購入を考えている人へアドバイス


お子さんがいるご家庭にはぜひ使っていただきたいです。

羽根があることによって起きる事故のリスクはゼロになり、羽根と網にこびりつくホコリを定期的に掃除する手間もなくなり、空気清浄機機能もついているのでいいこと尽くしなので。

ただ本体のお値段もフィルターのお値段も私は高いと感じるので、事故を起こすような子供もいないお家では扇風機と空気清浄機を別々に購入するほうが維持費は安く済むと思います。

家電量販店の販売員さんによると、定期的にフィルターを掃除してお手入れしたところで交換目安より1-2ヶ月長く使えるにはなるが、フィルターが汚れていたら空気清浄機機能は全く意味がないものになってしまうそうなので、この製品の機能をフル活用するには維持費は覚悟の上で購入したほうがいいと思います。

  • Avaさん』(23歳/女性)のその他のレビューはこちら
Ava | LIBLOOM | LIBLOOM
「Ava」の記事一覧です。

サーキュレーターの各種ランキング記事はこちら

▼おすすめの軽量サーキュレーターは?持ち運び簡単なベスト5はこちら

おすすめの軽量サーキュレーターは?持ち運び簡単なベスト5はこちら
1年を通して活躍するサーキュレーター。部屋全体の空気を循環させ均一な温度を保ち、冷暖房の節約にもなる優れものです。さらに梅雨時や雨が続いたときに洗濯物を乾かしたり、ドライハーブやフルーツなどを作る調理にも使えたりと、用途がとても広いので1台...

▼静音性に優れたサーキュレーターのおすすめランキング!使い勝手抜群な商品を紹介

音の静かなサーキュレーターのおすすめ10選!各社の静穏性の比較表も
冷暖房をまんべんなく部屋に行き渡らせ、省エネにとても役立つサーキュレーター。扇風機ほど大きくないので場所を取らず、他にも色々使えて一年通して使える優れものです。 しかし、「扇風機とどう違うの?」「サーキュレーターは音が大きくて気になる...

▼デザイン良しおすすめサーキュレーター 。インテリアに馴染むのはこれ

おしゃれなサーキュレーターおすすめ10選|スタイリッシュなのに静音設計♪
部屋の温度を均一にし、快適な温度を保つのに欠かせないサーキュレーター。床に置いて使うものが多いですが、パワーを重視すると大きさやデザインが二の次になってしまいがち。あまり存在感が大きくなくかつ、インテリアに馴染むデザインのものがあったら長く...
空気清浄機
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM