ドライヤー Panasonic ナノケア EH-NA99-RP買った!口コミ・評判は?

ドライヤー

Panasonic ナノケア EH-NA99-RPを2か月間使ってみた『みみくもさん』(24歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

Panasonic ナノケア EH-NA99-RPを購入しようと思ったきっかけ

私は中学生のころから、髪の毛のうねりやハネなどの癖毛に悩まされてきました。髪の毛の量が多いため、ドライヤーを使ってもなかなか乾ききらず、生乾きのせいで翌日の髪の毛の癖が余計にひどくなっている状態でした。

シャンプーやトリートメント、ヘアオイルを十何種類も買い替えましたが、それでも髪の毛はいい状態にはならず。行きつけの美容室の方に相談したところ、ドライヤーによるダメージがあるとの回答をもらいました。

そこで、速乾性に優れた風量がありつつも、髪の毛のダメージを抑えることができるドライヤーはないのだろうか?と思い、ドライヤーを買い換えることに。そこでこちらの商品が人気だという事実を知り、購入に踏み切りました。

ナノケア EH-NA99-RPを知ったきっかけは?

ウェブの検索エンジンで、「ドライヤー 人気」という調べ方をしたところ、価格検証を行うランキングサイトにて、最上位にこちらの商品が掲載されているのを見つけました。

ドライヤーを買う際に重要視したポイントとは?

まず最初に条件として挙げていたのが、髪の毛に対しての優しさと乾く時間の早さです。相反するように思えるこの2つの条件を満たす機能性の高いものを探していました。

メーカーについては国内メーカーかつ有名な会社ということで安心感を感じました。

デザインは滑らかなフォルムが気に入りましたが、機能性重視だったためそこまで気にしていません。

持ち運びのしやすさについても同様に、自宅のみでの使用を想定していたので考えていませんでした。また、価格についても妥当であるという程度の判断しかしておりません。

購入に迷ったドライヤーは?

購入に迷ったドライヤーは、以下の2つです。

Panasonic イオニティ EH-NE59

Dyson Supersonic HD01 ULF

同メーカーのイオニティについては、魅力は何より価格でした。

今まで10,000円を超える高額なドライヤーを購入したことがなかったため、本当に値段相応の価値があるのかどうかという不安が強かったからです。

イオニティは、その点で3,000円程度と大変手ごろで、ナノケアと同メーカーであることから、性能についての安心感もありました。

また、ダイソンのドライヤーについては、さらに高額の30,000円台~40,000円台からでしたが、日ごろお世話になっている美容師さんが使用しているドライヤーと同メーカーであり、信頼感が強かったため、購入の際には候補に何度か挙げる結果となりました。

この2つの比較をするとこのような感じです。

仕様・特徴 パナソニック「イオニティ EH-NE59」
フィットネスアップ
ダイソン
タイプ マイナスイオン マイナスイオン
サイズ 高さ21.5×幅20.8×奥行8.9 cm 高さ24.5×幅7.8×奥行9.7cm
重量 475g 618g
消費電力 1200w 1200w
温風温度 速乾(78℃)/標準(62℃)/低温(45℃)/冷風
風量 1.9㎥/分 2.4㎥/分
価格帯 2~3000円台 4万円台~5万円台
特徴 大風量で速乾性◎ 重い・低温&速乾性◎
検討結果 お手頃価格でありかな? ドライヤーとしてはかなりの高価格

この2つのドライヤーを最終的に買わなかった理由としては、安すぎや高すぎといった、価格に対する意識をある程度薄れさせたかったからです。

中間である15,000円ほどの商品で、満足度を測りたいという気持ちが強く芽生えました。

Panasonic イオニティのレビューはこちら

イオニティ | LIBLOOM
「イオニティ」の記事一覧です。

ナノケア EH-NA99-RPの特徴、性能

ナノケアEH-NA99 CM 

  • 本体サイズ:幅21×高さ22.7×奥行9cm / 本体重量(kg):0.575
  • 国内専用品(100V対応)
  • 消費電力:1200W
  • 付属品:セットノズル
  • 温風温度:ホット時125℃(ドライ・室温30℃の時)、スカルプモード時60℃(室温30℃の時)
  • 機能:「ナノイー」/ダブルミネラルマイナスイオン/静電気抑制/「ナノイー」イオンチャージLUS/UVケア/速乾ノズル(本体内蔵)/セットノズル
  • 搭載モード:温冷リズムモード/インテリジェント温風モード/スカルプ(地肌)モード/スキンモード/毛先集中ケアモード

Panasonic EH-NA99は、ナノイーという技術を採用しており、これは、水に包まれた目に見えない微粒子イオンを発生させる技術のことです。

さらに、それと同時に、ミネラルマイナスイオンという、亜鉛電極から発生する微粒子も発生させ、併せて髪の毛に当てることで、髪の毛のダメージを修復することができるという特徴があります。

また、髪の毛だけではなく、頭皮に良いとされるスカルプモードが搭載されており、過度な乾燥をさせることなく、地肌の余分な水分を飛ばし、清潔な状態を保つことができます。

さらに、スキンモードという、肌のうるおいを守るためのモードもあり、髪の毛と肌を同時に外的ダメージから守るための性能に特化しています。

ノズルの有無で風量の調節も可能なため、髪の毛のセットする際に形を崩すことなく、ブラシ等を当てながら適切な風量で使用することができるなども、使いやすさの一つです。

デザインはこんな感じです。

ナノケア EH-NA99-RPのメリット

2018年3月に購入したので、使用開始から2ヶ月ほど経過しました。効果を実感したのは使用1回目からだったのが一番の驚きです。

今まではぱさつきやうねりのせいで、ヘアアイロンを使わない限り外はねのひどい髪の毛だったのですが、ナノケアを使うと、ドライヤーの使用のみである程度の髪の毛のまとまりを得ることができたのです。

しっかりと乾いてさらさらしているのに、1本1本がかさかさになるのではなく、潤いを保っているのを感じることができた点が魅力でした。

潤いを保つからといって、他社のドライヤーと比べて風量が弱いわけではなく、むしろ高い風量ですので、乾くまでの時間は実際に短くなりました。

朝の忙しい時間などは、髪の毛の根元をぬらしてこのドライヤーを使うことで、しっかり寝癖を直せ、時間短縮にも繋がるので、大変重宝しています。

また、ホットとコールドを交互に繰り返すモードがあるのですが、それを使うことで、自動的に髪の毛にメリハリある風を当てることができ、髪の毛の艶も増すので、とても便利です。

ナノケア EH-NA99-RPのデメリット

使ってみていいことばかりなので、大きな文句はないのですが、強いて改善点を挙げるとすれば、カラーバリエーションとドライヤー本体の重量です。

私が買った型式のカラーバリエーションは全部で3種類で、白、ピンクゴールド、ルージュピンクでした。私はビビットな色な好きなのでルージュピンクにしましたが、このカラーバリエーションでは、男性はあまり買いやすくないのではないかと思います。

また、女性でもピンク系のカラーが好きではない人もいると思いますので、もっとシックで落ち着いた色合いのバリエーションがあってもよいのでは?と思ってしまいました。

重さについてですが、こちらのドライヤーはセットノズルを含めると575gほどになるため、ドライヤー使用中はずっとペットボトル飲料を頭上に持ち上げているような重さを味わわなければいけません。

私は髪の毛が短めで、ドライヤーの使用時間も5分程度なので、それほど腕の疲れは感じませんが、それでもたまに二の腕や手首がつらくなるときがあります。

髪の長い人ならなおさらだろうなと思ってしまいます。性能が高いのはとても魅力的ですが、重さの点はもう少し改善してもらいたいなと感じています。

ナノケア EH-NA99-RPの総合評価

総合的な評価としては、私の基準ですと100点満点中98点です。マイナス2点の部分は、思ったよりも本体が重いという部分でデメリットを感じたからです。

↑髪の毛の仕上がり具合。満足です♪

しかし、髪の毛が乾くまでの時間の短さ、風量が多いにもかかわらず髪の毛がばさばさにならない絶妙な潤いの残し方、髪の毛全体がふんわりと空気を帯びたように仕上がる性能については、何点をつけても足りないくらいの満足度です。

1回目ですでに実感することができた髪の毛のまとまりについてですが、使い続けることでより効果を発揮し、ヘアーアイロンを使用する回数が減りつつあります。極度のクセ毛をまっすぐにすることが使用上不可能なのですが、うねりに困っていた私には最高の救世主でした。

ドライヤーを使う時間が長くて面倒くさかったのですが、このドライヤーを使うことで結果的にヘアセットにかかる時間が短縮できるため、忙しい日でも重宝します。

クセ毛の私がナノケア EH-NA99-RPを使って乾かすときのポイント

せっかく、ナノケア EH-NA99-RPを使うのだから、もっとクセ毛の私に効果のある髪の乾かし方をプロの美容師さんに聞いてみました!

髪の乾かし方のポイント
  • 髪を洗ったら出来るだけ早く乾かす
  • 前髪を先に乾かす
  • 頭のてっぺんから中側から乾かしていく

全体的にただ乾かしていただけでしたがこんなことも気を付けながら、ナノケア EH-NA99-RPを有効に使っていきたいです。

ナノケア EH-NA99-RPの口コミ・評判は?

ナノケア EH-NA99-RPのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 何時もまとまりが悪かった髪がすごくまとまりがよくなりました。さらさらです。静電気も抑えられている感じがします。
  • 使った後に髪に落ち着きが出ました。朝、起きて
  • 今であった寝癖が出来なくなりました。朝に忙しい時間に手間がくななってラクです。
  • 風量もあるので、早く乾きます。髪が手触りもよく、ツヤも出ました。
  • このくらいの価格のドライヤーを初めて購入しましたが、もう手放せません。以前は安いものを使っていて、全然違います。
  • 良くも悪くもなるというところでしょうか。それでも、ほかのドライヤーを使うと髪にぱさつきがあるので、やっぱりナノケアは欠かせなくなりました。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 風量が思っていたよりなかったです。
  • 匂いをちょっと感じ、重さも初めはちょっと重いかなと思いましたが、慣れました。
    希望は、もう軽量化&コンパクトだといいなと思いました。
  • ドライヤーを使いながらのモード切替はボタンの位置が操作しづらいです。そして、髪が長いので、ずっと使っていると重いです。

SNSの反響は?

SNSでもパナソニック ヘアドライヤー ナノケアを使っている方の投稿が目立ちますね。髪の毛がサラサラになると評判のようです。

Horiuchiさん(@u_chin1972)がシェアした投稿

髪の毛が、良くなったらしい。

Ai Takumaさん(@aitaku0309)がシェアした投稿

新しく購入しました。やはり長年愛用しているナノケアにしました。

ナノケアドライヤーなら毎日髪キレイにしながら乾かせます。

ナノケア EH-NA99-RPの購入を考えている人へアドバイス

髪の毛のうねりやぱさつき、指どおりの悪さなどで悩んでいる人にとてもおすすめのドライヤーです。そのまま使うだけでも十分性能を実感できるのですが、より感動をおぼえるために、乾かし方にコツがあります。

乾かすときは、根元に指を通して、ふんわりと持ち上げるように乾かすのがおすすめです。乾かす順番を根元から毛先にすることで、過剰に水分を取り除いてしまうことを防げるので、ふんわりしっとりした仕上がりになります。

髪の毛全体を持ち上げで裏側も満遍なく乾かすことで、髪の毛全体にイオンを当てることができるので、ドライヤーの実力がより発揮されると思います。

うねりのひどいところは、指で挟むようにして根元から流しつつ乾かすと、収まりがよかったように感じました。面倒くさがりな人でも、感動が勝ってヘアドライが楽しみになるドライヤーです。

みみくも | LIBLOOM
「みみくも」の記事一覧です。

Panasonicのドライヤーライナップが丸わかり

▼Panasonicのドライヤーライナップはこちら

【2018最新版】Panasonic(パナソニック)ドライヤーを徹底比較★人気機種とおすすめポイント
家電の人気メーカーとして、年齢問わず多くの人に支持されているPanasonic(パナソニック)。 そんな中で近年特に注目されているのが、ドライヤー分野。以前のドライヤーは、ただ濡れた髪を乾かすものというイメージでした。 それが今...

ドライヤ―の各種ランキング記事はこちら

▼【高性能】ヘアドライヤーおすすめランキング10選☆革命的機能に注目

【高性能】ヘアドライヤーおすすめランキング11選☆革命的機能に注目
毎日洗った髪を乾かすための使うヘアドライヤーは、どんなものを使っていますか?「乾かすことができれば、どんなヘアドライヤーを使っても同じ」なんて思っている人はいませんか。 今、ヘアドライヤーは進化しています。知れば知るほど、驚きの効果が...

▼人気メーカーおすすめドライヤーランキング11選★機能・価格も満足キレイ髪

人気メーカーおすすめドライヤーランキング11選★機能・価格も満足キレイ髪
洗った髪を乾かすヘアドライヤー。毎日使うものですが、あなたはどんなものを使っていますか?選ぶポイントは? 人気メーカーのドライヤーなら機能的にも満足、信頼感も抜群ですよね。最新の独自技術や、買う側のニーズに応えている点が評価されている...

▼安いドライヤーおすすめランキング10選★低価格でもコスパ良しで選ぶ◎

安いドライヤーおすすめランキング10選★低価格でもコスパ良しで選ぶ◎
あなたはヘアドライヤーにいくらまで出せますか?ヘアドライヤーを選ぶ時のポイントとして、価格も大事なポイントです。 高いヘアドライヤーの価格だと、3万円以上するものも珍しくありません。その分、メーカー独自の最新技術が搭載されているとなれ...
ドライヤー
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM

コメント