Apple ワイヤレスイヤホン AirPods買った!設定や使い方のレビュー

イヤホン

Apple ワイヤレスイヤホン AirPodsを1年間使ってみたkuyukaさんに実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

Apple ワイヤレスイヤホン AirPodsを購入しようと思ったきっかけ

 

私はiPhone利用者なのですが、これまで特にイヤホンにこだわりはなく、iPhone付属品のイヤホンを使い続けていました。

基本的にイヤホンは電車内や公共の場で音楽や動画を楽しみたい時にのみ使用しており、音質などに詳しくもなかったので買い替えは検討していませんでした。

しかし、やはり不満に感じている点もひとつありました。コードが邪魔という点です。

携帯をポケットやバッグに入れながら音楽を聞いていると、ふとした拍子にコードが何かに引っ掛かり、イヤホンが耳もしくは本体から抜けることが頻繁にありました。

また、一番面倒に感じていたのはマスク着用時のイヤホンの使用です。

マスクを外したい時にはイヤホンを先に外さなくてはならず、それを忘れてマスクを外そうとしてイヤホンとマスクが絡まることが何度もありました。

小さなことですが、ストレスに感じていました。

そんな中Appleから新しくワイヤレスのイヤホンが発売されたと聞き、気になったのがきっかけです。

Apple ワイヤレスイヤホン AirPodsを知ったきっかけは?

この商品は、電化製品に詳しい主人に勧められて知りました。

非常に使いやすく便利だという話を聞き、実物も見せてもらった所非常に気に入ったため購入を決意しました。

Bluetoothワイヤレスイヤホンを買う際に重要視したポイントとは?

私がBluetoothワイヤレスイヤホンを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の2点です。

①ワイヤレス

イヤホンに詳しくない私は、そもそもワイヤレスのイヤホンがあるなんて想像もしていませんでした。

通常のイヤホンを使う上で、

  • マスクの着脱が不便になること
  • コードが何かに引っ掛かりイヤホンが耳/本体から抜けてしまうこと
  • コードが絡まりやすいこと

以上が気になっていました。

AirPodsを知ったときは、上に挙げた全ての悩みが解決されるではないかと感激しました。

この完全ワイヤレスという点は購入を決意した一番の決め手です。

②デザイン

大きさは手のひらの1/3程度で非常にコンパクトです。

バッグ内でコードが絡まる心配もなく、小さめのバッグでも邪魔にならない点も気に入りました。

また角のない丸っこいデザインも、シンプルかつ可愛らしくて好印象でした。

購入に迷ったBluetoothワイヤレスイヤホンは?

今回は新しいイヤホンを探していたというよりも、AirPodsの存在を知り購入を決意したため、ライバル商品はありませんでした。

他商品は検討していませんでしたが、他のBluetoothワイヤレスイヤホンでは以下のメーカーが人気のようです。

SONY Bluetoothワイヤレスホン

Bose Bluetoothワイヤレスホン

Anker Bluetoothワイヤレスホン

どちらも少々デザインがごつく、やはりApple Air Podsのシンプルなデザインが一番好みでした。

Apple ワイヤレスイヤホン AirPodsの特徴、性能

  • 自動でオンになり、自動で接続
  • すべてのApple製デバイスをワンタップで設定
  • ダブルタップで瞬時にSiriへアクセス
  • システム条件:iOS 10以降を搭載したiPhone、iPad、iPod touchのモデル/watchOS 3以降を搭載したApple Watchのモデル/macOS Sierra以降を搭載したMacのモデル
  • ケースですばやく充電
  • 豊かで質の高いオーディオと音声
  • デバイス間の切り替えはシームレス

大きさ

AirPods:16.5mm×18.0mm×40.5mm

充電ケース:44.3mm×21.3mm×53.5mm

重さ

AirPods(左右各):4g

充電ケース : 38g

接続

接続はBluetoothで、完全ワイヤレス

充電

充電はLightning ケーブル(通常のiPhone用充電ケーブル)で。コネクタは充電ケース底部にあります。

↑イヤホン使用時のバッテリー表示

↑イヤホン不使用時のバッテリー表示

左右イヤホン、充電ケースのそれぞれが充電式となっていて、iPhone(起動時)の近くでケースを開くと各充電状況がiPhone画面に表示されます。

イヤホンの充電は充電ケースに収納することで自動的に行われます。ケース自体が充電式のため、ケーブルなしで何度もイヤホンの充電ができます。

ケースのバッテリーがなくなった場合はケーブルに繋げて充電する必要があります。

稼働時間の目安

イヤホン(バッテリーが100%から0%になるまで):最大5時間の再生時間、最大2時間の連続通話時間。

イヤホンとケースの併用(各バッテリーが100%から0%になるまで):24時間以上の再生時間、最大11時間の連続通話時間(イヤホンをケースで数度充電する必要あり)

ケース

充電ケース内部にもライトがついており、バッテリー状況によって色が変化します。

十分に充電されている場合:緑

AirPods一回分に満たない充電量の場合:オレンジ

接続作業

初回使用時には手動で接続が必要です。

二回目以降はiPhoneを起動させた状態でイヤホンを耳にかけるだけで自動的に接続されます。この機能はオフにすることもできます。

名前機能

自分のAirPodsは自由に名前をつけることができます。(変更可)

操作

イヤホン使用時に左右のイヤホンをそれぞれ指で2回叩く(ダブルタップする)ことで操作することができます。

↑動画です(読み込みに時間がかかる場合があります)

※ダブルタップ設定動画

操作内容はSiriを起動、再生/一時停止、次の曲を流す、前の曲を流す、何もなし、の中から自由に設定できます。

Apple ワイヤレスイヤホン AirPodsのメリット

1年程前に購入し、主に電車内、飛行機内や公共の場で使用しています。

ワイヤレスなので、コードがどこかに引っ掛かる、本体から外れる、バッグ内で絡まるというようなことがなくストレスレスで気に入っています。

使用後にコードをぐるぐると巻く手間がなくなったことも嬉しいです。

コンパクトなので、小さいバッグにも入りますし、大きめのバッグの時はポケットにも収納できます。シンプルなデザインですが、真っ白で触り心地も独特なため、バッグの中からでもすぐに見つけられます。

また操作方法もシンプルで非常に使いやすいです。耳にかけるだけで自動で接続され、接続がされるとイヤホンから接続完了の音がなるので、未接続のまま誤って音楽を再生してしまうこともありません。

また、再生時に左右どちらかのイヤホンを耳から外すと自動で一時停止され、かけなおすと自動で再生されます。誰かから声をかけられた時などに気軽にイヤホンをはずし、戻せばまた続きから聞くことができるので便利です。

↑動画です(読み込みに時間がかかる場合があります)

主人と私で一人ひとつずつ持っており見た目ではどちらの物が判断がつかないのですが、ケースの蓋を開け自分のiPhoneに近づければ自分のAirPodsか一目でわかるためごちゃごちゃになることもありません。

バッテリーの持ちもよく頻繁に充電する必要がない上、充電が早いのでその点もとても良いと思います。

Apple ワイヤレスイヤホン AirPodsのデメリット

①音量調節がない

私がAirPodsを気に入っている理由の一つに、本体を触らずにイヤホンのみで基本操作ができるという点があるのですが、音量調節はイヤホンで操作することができません。

音量を変えたい場合は直接本体を触るか、ダブルタップでSiriを起動するように設定しておきSiriを通して行うかになります。

例えば、イヤホンの柄のような部分を指でつまみ、上下にスライドさせることで音量を調節できるなどの機能があればより便利だなと思います。

②ケースの汚れ

充電ケースの蓋の裏側や溝にホコリやゴミが溜まりやすいのが気になります。イヤホン及びケース内に磁石のようなものが内蔵されているからかと思われます。

商品の色が白で統一されていることもあり余計に汚れが目立つのでどうにかならないものかと悩んでいます。今のところこまめに掃除するしかありません。

③バッテリー残量の確認方法

イヤホンがケースに入っている時とイヤホンを使用している時とではバッテリー残量の確認の仕方が違う点が面倒に感じます。

↑イヤホン不使用時のバッテリー表示

ケースに入っている時はiPhoneの近くでケースの蓋を開けるだけで画面にバッテリー残量が表示されるため便利です。

しかしイヤホンの使用中は、本体のバッテリーの欄を確認しなければいけません。(ケースの蓋を開けても何も起こりません)

↑イヤホン使用時のバッテリー表示

また使用中は左右のイヤホンのうちバッテリー残量の少ない方のみの数字が表示され、ケースのバッテリー状況は分かりません。

Apple ワイヤレスイヤホン AirPodsの総合評価

総合的に非常に満足しています。

上記にデメリットをいくつか挙げましたが、日々使用する上に不満に感じているのは音量調節の点のみで、それ以外は許容できる程度です。

値段は17,000円程度と通常のイヤホンに比べかなり高額ですが、その価値はあると感じています。

通常のイヤホンだと、使いたい時はコードをほどいて本体に繋いでから耳にかけ、使用後は耳からはずし本体から抜きコードを巻く、という流れになるかと思います。

それがAirPodsだと、ケースから取り出し耳にかければ音楽が再生され、使用後はそのままケースに入れるだけです。この手軽さが大きなメリットだと思います。

バッテリーの持ちも良く、イヤホンはケースにしまっておくだけで勝手に充電されるので、基本的に充電の心配をする必要がない点もズボラな私にはありがたいです。

Apple ワイヤレスイヤホン AirPodsの口コミ・評判は?

Apple ワイヤレスイヤホン AirPodsのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • コードが無い方が全然便利! 耳に入れたのを感知して曲をかけてくれたり止めてくれたり。片耳だけでも使用できるので いつでも音楽と一緒。 携帯を見なくてもマップの音声案内可能なので もうほんとに便利!
  • 説明でもある通り短時間の充電でもかなり充電がもつ点も凄く便利です。一度誤って洗濯機で一緒に洗ってしまったのですが、それでも使えていたことに驚きでした。
  • 町歩き・ランニング用に買ったので、カナルタイプのように遮音性がなく、周りの音が聞きやすいことがメリットになります。
  • 充電がこのケースでできるので、非常に便利。よくできてるなぁと感心します。
  • 室内(見通し外)でも7~10mほどは安定受信。まだ2ヶ月ほどですが音が切れたことは一度もありません。電源スイッチやペアマッチング等の操作は一切不要。安定度は抜群。音質良好。音量を本体で調整すること以外は不満ゼロ。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 基本的には高機能で満足なのですが、音量調整機能も付いて欲しいですね。
  • 音に関しては室内なら許容範囲内ですが、外で聞く分には我慢できないほどでした。やはり雑音があまり入らないカナル型を買ったほうが良さそうです。
  • Voyagerのものと比較して外れやすすぎる。見た目はかっこいいが、残念。あと装着していて皮膚に密着しすぎて不快感があります。
  • 使用していくうちにケースの中が汚れてきます。すぐ取れればいいのですが、なかなか汚れが落ちません…

Apple ワイヤレスイヤホン AirPodsの購入を考えている人へアドバイス

私は音質など専門的なについては疎いため、音質の良し悪しは判断できませんでした。

個人的には音質で気になる点はなかったので、こだわりが特にない方には十分だと思います。

Boseからもワイヤレスイヤホンは出ているので、こだわりのある方は他のブランドとよく比較することをお勧めします。

一度接続すればあとはイヤホンの着脱のみで音楽が楽しめるので、難しい設定や調節機能は不要で使いやすさを重視したい方にとっては非常にお勧めできる商品です。

また使用していない時はケースに収納するのが基本になるので、イヤホンにホコリなどが付きにくいというメリットもあります。衛生面が気になる方にも良いデザインだと思います。(ケース内の溝は掃除必須)

ただイヤホンを耳にかけたときに、イヤホンの柄の部分が耳からはみ出します。色が白ということもあり少し目立つので、耳にかけたときのその見た目が気になる方もいるそうです。

目立たないデザインを好む方は他の商品を検討してみてもいいでしょう。

コメント