コクヨ マスキングテープカッター カルカット クリップタイプの口コミ・レビュー

テープカッター

コクヨ マスキングテープカッター カルカット クリップタイプを1年ほど使ってみた『クルミさん』(40歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

コクヨ マスキングテープカッター カルカット クリップタイプ T-SM400を購入しようと思ったきっかけは?

可愛いマスキングテープを見つけるたびに、ひとつ、ふたつと買い足していくうちに、コレクションが増えてしまいました。

使う時に、切り口が斜めになったりちぎれたりするのが嫌だったのでハサミを使っていたのですが、ハサミに粘着性分が移ってしまい、専用のマスキングテープカッターが欲しいと思い、探し始めました。

ハサミで切ると、ハサミの刃がこんな感じになってしまいます。

コクヨ マスキングテープカッター カルカット クリップタイプをどのようにして知りましたか?

文具店を見て回っていた時は、セロテープカッターの小さい版、のような形状が多く、それだとマスキングテープの付け替えが面倒そうだったのと、一緒に飾っておく時にあまり見栄えがよくなかったので、なかなか気に入るものが見つかりませんでした。

そんな中、LOFTに立ち寄った時に、マスキングテープ売り場にこのカルカットが山積みされて売っていたところに出会ったのです。

見た目が可愛くてお値段も格安で、一目惚れでその場で購入して帰りました。

テープカッターを買う際に重要視したポイントとは?

私がテープカッターを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の2つです。

1.使い勝手の良さ

どんなに可愛いものでも、ステーショナリーとしては使い勝手が一番重要です。うまくテープを切ることができなかったり、付け替えが手間だったりすると使いにくいので、実際のテスターで試しながら探し歩いていました。

2.値段

気に入った中には、高価なものがいくつもありました。
ですが、マスキングテープ本体は200円前後で購入できるのに、その付属アイテムが1000円もしていたら本末転倒な気がして、気軽に購入できる価格帯で探すようにしていました。

購入に迷ったテープカッターは?

購入に迷ったテープカッターは以下の商品です。

コクヨ マスキングテープカッター カルカット ハンディタイプ

ヤマト 付箋メモック ロールテープカッター付き

サンスター マグネット付きテープカッター ラカット

コンパクトな形

一目惚れしたのが、コロンとした可愛らしい形です。マスキングテープに対してカッターが大きすぎるものが多かった中で、カルカットの小さな形にはとても心惹かれました。

触り心地も、ツルツルすべすべしていて、色味と合わせて、とにかく可愛かったです。

切り口が細かくて綺麗

店頭のサンプルで試した時に、切り口をチェックしました。ギザギザが小さく、ほとんど目立ちません。これなら、ラッピングやラベリングにも使えそう、と思って購入しました。

コクヨ マスキングテープカッター カルカット クリップタイプの特徴、性能

【サイズ】 40×20×20mm
【対応テープ】 幅10~15mm ※小巻きテープ専用
【材質】 本体:R-ABS・R-POM、刃:ステンレス

カルカットの一番のいいところは、マスキングテープに付け替えができるところ。クリップタイプなのですぐに付け替えができ、とても便利です。

ひとつあれば付け替えながら作業ができるので、バリエーション豊富なマスキングテープを簡単に活用することができます。

そして、マスキングテープをまっすぐに綺麗に切れるところも最大ポイントです。感覚としては、手でちぎっているのとほとんど変わらないのに、手で切ったようなジグザグにはならず、まっすぐにカットすることができます。

幅は、10〜15mm幅用と、20〜25mm幅用の2種類があります。
使い方はいたって簡単。

【テープをはさむ】

【本体を軽く持ちテープを引き出す】

【本体を押さえひねるように切る】

コクヨ マスキングテープカッター カルカット クリップタイプのメリット

以前は手でちぎったり、使うたびにハサミで切って使っていたマスキングテープ。カルカットがひとつあれば、マスキングテープの活躍の幅を広げてくれる優秀なアイテムです。

【手でちぎったテープ】

【カルカットで切ったテープ】

持ち運びに最適

コンパクトなので、持ち運びができます。お気に入りのマスキングテープと一緒にして、ポーチの中に入れておけば、いつでもどこでも使えます。

軽い力でカットできる

こういったステーショナリーアイテムは、うまく使いこなすためのコツが必要だったりするのですが、カルカットは、軽い力ですっと綺麗にカットすることができます。丸みのある形が指にもフィットするのでとても扱いやすいです。

柄物にも使いやすい

柄物のマスキングテープ、最近よく見かけますよね。可愛くてついつい買ってしまいます。カルカットは、テープのカットしたい場所がひと目でわかるので、柄が中途半端に途切れてしまうことがなく、切りたい場所で、使いたい分だけ、綺麗にまっすぐカットすることができます。ラッピングするときなどにも、失敗がなく嬉しいですね。

コクヨ マスキングテープカッター カルカット クリップタイプのデメリット

これといったデメリットはほとんどないのですが、強いて挙げるなら、幅広のテープが使えないこと、です。

2種類の幅が展開されてはいますが、幅が30mm以上ある広めのテープや、

10mm以上厚みのあるテープにははまりません。

その時は、ハサミで切るようにしています。

コクヨ マスキングテープカッター カルカット クリップタイプの総合評価

総合評価は、文句なしの満点です!

店頭でテスターを試してみたときからの手応え、「これはスゴイ」と感じた第一印象は間違いではなく、使えば使うほどその良さに魅了されます。

軽いので扱いやすく、誤って落としてしまっても、壊れません。こんなに小さいのにとても丈夫な作りです。

集めたマスキングテープを並べて飾っておくのが好きな私にとって、そのコレクションを邪魔することなく、ちょこんと端に置いておける、可愛いアイテムです。

コクヨ マスキングテープカッター カルカット クリップタイプの口コミ・評判は?

コクヨ マスキングテープカッター カルカット クリップタイプのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 切れ味抜群です。ロール付の付箋用に追加で購入しました。
  • はさむだけでとても楽です。
  • 切れ目がとても綺麗です。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 設置してからのテープの引き出し調節が結構難しい。
  • テープを切るたびに、テープ本体に端が付くので、いちいちまたテープを剥がす必要がある。
  • テープを挟み込む力具合が面倒です。

SNSの反響は?

インスタでもコクヨ マスキングテープカッター カルカット クリップタイプは話題になっているようです。

この投稿をInstagramで見る

Sion Ryuzatoさん(@sion.ryuzato)がシェアした投稿

クリップ式だから付け変えが容易でかなり便利。

この投稿をInstagramで見る

YuuNaさん(@61yuuna)がシェアした投稿

これ、ちょー便利。マステカッター。切り口ちょー綺麗。

この投稿をInstagramで見る

朋子さん(@marotama)がシェアした投稿

昨日テレビで見て速攻ポチッとしてしまった。マスキングテープカッター「カルカット」サイズ違いにて購入。

コクヨ マスキングテープカッター カルカット クリップタイプの購入を考えている人へアドバイス

私と同じように、今までマスキングテープをハサミで切っていた人、手でうまく切れないなとストレスを感じていた人、まだ使ったことのない人にぜひ試してみてほしいと思います。

ペーパークラフトやラッピングが好きな人には、特におすすめです。同じサイズにカットされたマスキングテープセットが売られていますが、このカルカットがあれば、自分の手持ちのテープでそれらのセットを作ることもできます。

オフィスのデスクなどで1,2種類のテープを据え置きで使いたい方には、クリップタイプは合わないかもしれません。同じ種類のハンディタイプがおすすめです。

  • クルミさん』(40歳/女性)のその他のレビューはこちら
クルミ | LIBLOOM | LIBLOOM
「クルミ」の記事一覧です。
テープカッター
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM