USB-C 充電器のオススメをレビュー|Mac Pro15インチ対応のモバイルバッテリー

モバイルバッテリー

USB-C 充電器 RAVPower 20100mAhを2ヶ月ほど使ってみた『ひかのすけ台湾さん』(35歳/男性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

USB-C 充電器 RAVPower 20100mAhを購入しようと思ったきっかけは?

昨年まで1年程使っていた2代目モバイルバッテリーが,リチウム電池の不良で故障してしまいました。2代目故障後,急場凌ぎで5年前に購入した初代モバイルバッテリーを使っていました。こちらは年数が経っても,製品性能は高くあたりでした。しかし,容量が6000mAhと小さくiphoneとiPad Proの充電が間に合わないと言うと事態が生じました。

また,ほぼ同時期に仕事の相棒であるノートPCをWindowsからMacBookPro(2018/15inch)に買い替える事にしたのをきっかけに本格的に新たなモバイルバッテリー購入を考え出しました。

これまで使っていたWindowsPCをモバイルバッテリーで充電する事は出来ませんでしたが,MacBookであるならばそれが可能である事を知り,MacBookProの充電対応可能の商品を探し始めました。

USB-C 充電器 RAVPower 20100mAhをどのようにして知りましたか?

未知のMacbookについて調べるためMacユーザーのBLOGを転々とするうちに,色々な方が紹介するMacBook充電対応のモバイルバッテリー製品を見ていくうちに今回購入に至ったRAV Powerにたどり着きました。その他「MacBook対応」「USB-C対応」等でも検索しました。

MacBook充電対応のモバイルバッテリーを買う際に重要視したポイントとは?

私がMacBook充電対応のモバイルバッテリーを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の4つです。

  1. 良く旅へ出るので,持ち歩く頻度と充電頻度を考え,最低でも20000mAh以上の容量が不可欠。
  2. MacBookPro15inchを充電できる事。
  3. 同クラスでもなるべく軽量である事。
  4. 1万以下で買える事。

購入に迷ったMacBook充電対応のモバイルバッテリーは?

購入に迷ったMacBook充電対応のモバイルバッテリーは以下の商品です。

RavPower 26800mAh

Anker PowerCore Speed 20000PD

「デザイン」の比較。丸みを帯びているか?なるべく四角い形状か?鞄に入れて持ち歩く事を考えると,限られた空間にロス無く収まって欲しいと思うので,なるべく四角い形状が良いと思いました。この時点で,RAVPOWER優勢です。

「容量」の比較。勿論,大容量であればある程嬉しいし,助かります。しかし,容量が増えれば物理的にも重量が増えるというデメリットがあるので,この「重量」も大きな比較ポイントです。

モバイルバッテリーを含め,旅の時に機材を持ち歩く事を想定し,軽量である事が必要です。特にLCCなどの飛行機を利用する際には,地味ですが重量に反映されてくるので,比較的重要な検討ポイントになりました。軽量化で見た場合,Anker優勢です。

最後に「保証」の比較。基本どちらのメーカーも18ヶ月保証がついていましたが,購入に至ったRavPowerは製品登録をすると更に12ヶ月の保証延長が得られます。まずこの時点でAnkerは選択肢から除外しました。

最終的にRavPowerの20100を取るか,26800を取るかで迷いました。重量さは僅か63g,金額的にも五分五分。ここは,大容量を選択したいところでしたが,最終的に電源ボタンの位置(つまり,自分の使い勝手)の良い方を選び購入に至りました。

USB-C 充電器 RAVPower 20100mAhの特徴、性能

商品スペック
USB-Cポート:最大30W (5V/3A、9V/3A、12.0V/2.4A、15V/2A、20V/1.5A)
iSmart 2.0 USBポート:5V/2.4A、USB3.0対応
USBC-Cケーブル:USB-C PD対応、USB2.0対応
Micro USB ケーブル (短):約30cm、USB2.0対応
Micro USB ケーブル (長):約60cm、USB2.0対応
本体サイズ:17.2 x 2 x 8 cm
本体重量:372 g

主なUSB-C機器の充電回数
Macbook Pro 2016 13in(touch bar無):約0.8回
Macbook Pro 2016 13in(touch bar有):約0.9回
Macbook Pro 2016 15in(touch bar有):約0.6回
Macbook 2016 12in:約1.1回
HUAWEI MateBook:約2.7回
HP Elite x2 1012:約1.1回
Switch:約2.8回

気に入っているポイントは,Type-Cの単体出力時に発揮される最大45Wの大出力であると言う事です。MacBookPro15inch付属の純正は87Wですので,サブアクセサリーであるモバイルバッテリーながら半分以上の出力で充電をしてくれるところです。

また,バッテリー残量の表示が鞄に入れていても分かり易い所も気に入っています。モノによっては側面に表示されますが,鞄のポケットに入れている時は,基本側面が見えないので確認したい時,都度動かさないと見えないと言うデメリットがありますが,残量表示がUSB差込み側に付いていて,充電中でも容易に残量確認できるところも好きです。

そして,何より飛行機の機内持込対応である事が,個人として最大のメリットです。現時点では国内外の航空会社どこでも問題なく持運べる範囲内なので,手荷物赤外線検査時に取出し提示を求められても,ゲートで焦る必要はありません。

USB-C 充電器 RAVPower 20100mAhのメリット

実際に使用して2ヶ月目です。旅に日常に手放せないアイテムになりました。20100mAhと言う十分な容量を比較的コンパクトに持ち歩ける手頃感が好きです。

サイズは手持ちのiphone6より,一回り大きいくらいで鞄にスッキリ収まります。

MacBookProを持ち歩いて2泊3日程度の出張する際も,MacBookしか使えなく,重たい専用電源アダプターを持ち歩く必要が無く,このアイテムさえあればOKと言うポイントが本当に買って良かった感を高めてくれます。

また,充電時間の短さも魅力の一つです。これまで使っていた,モバイルバッテリーだとフル充電まで8時間近く掛かりましたが,Type-Cの登場で僅か3.5時間で満タン。少しゆっくり,クイックチャージでも6時間以下で満タンになるので時短に成功しました。

日常使いでは充電時間はそれほど影響しませんが,バタバタな旅先での短時間本体充電は本当に嬉しいです。iphoneにiPad,デジカメにとバンバン使っても,またちょっと休憩してるうちに満タンになっているのでたいへん重宝します。

それと,一緒に入っていた専用の袋も可愛らしく便利です。持ち歩くときは,ケーブルをポケットに収め,いざ充電する時は携帯なら袋のポケットにスッポリ収まり充電可能です。

USB-C 充電器 RAVPower 20100mAhのデメリット

個人的にはデザイン・機能・使用感どれを取っても,共に完成度が高く素晴らしく申し分ない商品だと思います。

強いて改善点を挙げるなら,電源ボタンがもう少し分かり易く,USB挿し口側に並んでいて欲しいと言うところがあります。本体が黒で統一されているので,暗い場所ではかえって電源ボタンの位置が分かりづらく感じる事が時々あります。(画像名:RP_ 10-11)

また,電池残量のインジケーターが数値化され可視化されてい無いので不便に感じる事も有ります。現状実装は,青LEDランプが4つ点灯するタイプです。数値化された残量表示を希望する方には使いづらいかもしれません。これは将来的に,改善されるたら嬉しい点です。

コンパクトとは言え,重量感があるのは否めません。同クラス容量の製品に比べ,幾らか重いのかもしれません。必要な機能を付加していくと仕方の無い部分はあると思いますが,更なる軽量化を期待します。

USB-C 充電器 RAVPower 20100mAhの総合評価

総合評価は,ほぼ100点です。重量の点でもう一息という感じはありますが,当初想像していた以上に大満足です!コンパクトで大容量で充電もクイック,現時点では申し分ありません。

また,バッテリー本体の付属品で専用袋以外に,ケーブル2種(「Type-C to Type-C 」「Type-C to Type-A」各1本)が付いているので特段,ケーブルを揃える必要が無い所もメーカーの心意気を感じさせます。

更にメーカー保証も18ヶ月+12ヶ月と言う,モバイルバッテリーにしては超長期保証が付いており,メーカー側の自信のほどを感じさせてくれます。また,時々見かけるような実際の商品に【PSE認証】マークが無いんですがと言う事も有りませんので,安心して使えると思います。

ちらほらニュースになるようなモバイルバッテリー発火事故の可能性も完全に否定は出来ませんが,メーカーが想定している耐用年数と性能を考えると,コスパが良い買い物が出来たと思います。

USB-C 充電器 RAVPower 20100mAhの口コミ・評判は?

USB-C 充電器 RAVPower 20100mAhのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 大容量です。iPadミニの半分ぐらいの大きさでデザインもいいです。
  • スマホ2台、タブレット1台で使ってますが、1日使っても使い切ることはないです。
  • 充電しながらハブにもなります。しかも切り替えではなく同時に使えます。

悪い感想や要望などの口コミ

  • USBの2ポートが近すぎて、幅のあるUSB目盛りだと差せない。
  • それなりに重い。
  • X370UAのPD充電はできない。

USB-C 充電器 RAVPower 20100mAhの購入を考えている人へアドバイス

こんな方にお勧め

出張が多い,良く旅に出る,MacBookPro15inchの充電にオススメなモバイルバッテリーを探していると言う方(Macユーザー全般)。次世代Type-C USB出入力対応のモバイルバッテリーを探している方。また,長期保証がついた安心できるモバイルバッテリーが欲しいと言う方。コスパを気にする方。

Mac初心者の自分が数ヶ月かけて選びに選んだ,上記要件を全て満足させてくれる優れたモバイルバッテリーだと思い,オススメします!

こんな方は事前リサーチを忘れずに

超拘りのあるMacユーザーの方。

こんな方にはお勧めしません

  • ただただ大容量のモバイルバッテリーが欲しいと言う方。
  • 出来るだけ軽量のモバイルバッテリーじゃなきゃダメと言う方。
  • とにかく数多くモバイルバッテリーが必要だと言う方。

それなりの値段しますので,数を揃えるにはちょっとコストかかり過ぎるかと思うのでオススメしません。

モバイルバッテリー
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM