野田琺瑯 アムケトルの口コミ・レビュー|IH対応

ケトル

野田琺瑯 アムケトル 2.0L AM-20Kを半年ほど使ってみた『ジョジョリーヌさん』(35歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

野田琺瑯(Nodahoro) アムケトル 2.0L AM-20Kを購入しようと思ったきっかけは?

以前から野田琺瑯の違うタイプのケトル、ドリップケトル(DK-200R)を、主にコーヒーを淹れるときに使っていました。

野田琺瑯 ドリップケトル

子どもが生まれてからは毎日家で麦茶などを沸かすようになり、最初はこのドリップケトルを使用していたのですが、ドリップケトルはコーヒーを淹れる用に購入したものなので、注ぎ口が細くなっています。

コーヒーを淹れる時にはとても便利な商品なのですが、沸かした麦茶などを冷やすために瓶などに移す際、注ぎ口が細いが故に少量ずつしか移せず、とても時間がかかるんです。

毎日のことなので、その時間がもったいないと思い、麦茶を沸かすのに便利なケトルが欲しいと思い始めました。

野田琺瑯 アムケトル 2.0L AM-20Kをどのようにして知りましたか?

野田琺瑯自体が大好きで、ドリップケトル以外にも琺瑯容器や調理器具などもいろいろ使っていたので、以前からアムケトルのことは知っていました。

最初にケトルの購入を検討したときは、自宅でコーヒーを淹れるときに使うケトルが欲しかったので、ドリップケトルを購入しましたが、ドリップケトルはお茶を沸かすのには向いていないなと思いました。同じケトルでも使用目的が違うと必要な容量や形状は変わってくるのだと実感しました。

ちょうどお茶を沸かすケトルを別で購入しようと考えていた時に、実家の母が野田琺瑯のアムケトルを購入しました。実家でも夏になると毎日麦茶を沸かすのですが、やはり冷やす際の作業が面倒だったようで、アムケトルに変えてからは格段に楽になったと話していました。その話を聞いて、私もますます欲しくなってしまいました!

ケトルを買う際に重要視したポイントとは?

私がケトルを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の5つです。

1.機能

毎日のお茶を沸かす時間を短くするために購入を検討し始めたので、何よりも重視したのは機能です。沸かしやすく、冷やしやすく、保存しやすい。お手入れにも時間や手間がかからないもの。時短が叶う機能の商品が良いと思いました。沸かしたお茶をまた保冷用の容器に移して、冷蔵庫に入れれる程度に冷やして、冷蔵庫で保管して…けっこう面倒だし時間がかかる作業です。できればケトルひとつで沸かす、冷やす、保存全てができたらいいなと思っていました。そんな機能を兼ね備えているケトルがいいです。

2.値段

我が家にはドリップケトルと電気ケトルがすでにあるので、お値段が張らない商品がいい!ケトルにばかりお金かけてられないですからね…。かといって安かろう悪かろうでは困るので、お値段は安く、ちゃんと長く使えるものが良いと考えました。

3.デザイン

やっぱりデザインも素敵なものがいい。毎日沸かすケトルなので、キッチン出現率は高いだろうと思い、キッチンに置いてあってもオシャレに見える商品がいい。デザインも重要視しました。

4.容量

子どももよくお茶を飲む子だし、夫も毎日会社に沸かしたお茶を持参しているので容量が少ないと一日何度も沸かすことになってしまいます。なので、容量が大きいケトルが良いなと思いました。ですが、私が求めているケトルはそのまま冷蔵庫で冷やせるもの。容量はあるけれど大きすぎないものがいいと思いました。

5.持ち運びやすさ、注ぎやすさ

元々使っていたドリップケトルは細口なので、水筒、タンブラー、コップに注ぐとき少量ずつしか移せないんです。蓋も外れやすくなっていました。注ぎやすさも重要視しました。また、沸かしたり、冷蔵庫に入れたり、注いだり、持ち運ぶことも多いと思ったので、持ち運びのしやすさも同時に注視しました。

購入に迷ったケトルは?

購入に迷ったケトルは以下の商品です。

アローフラットケトル

お値段手ごろで良いのですが、取っ手の黒い部分がデザイン的に好みじゃありませんでした。

小泉誠 kaico ケトル

デザインは素敵ですが、お値段が高い。

ノルディカフラットケトル

一番迷いました。木の取っ手もかわいくてデザインは好きだし、お値段もお手頃。取っ手が持ちにくそうだなと思いアムケトルにしました。

かもしか道具店 陶のやかん

デザインが好みでかわいいな~と思いましたが、取っ手が持ちづらそうなのと、お値段が高いので断念しました。

持ち運びしやすさ

実家にアムケトルの実物があったので、比較検討がしやすかったです。他の比較していた商品は取っ手が変わったデザインになっていて持ちにくそうでしたが、アムケトルの取っ手はしっかりしていて、幅広で持ち運びがしやすいです。

満杯までお茶が入った状態で持つと結構思いのですが、安定感があるので、取っ手を持って注ぐ際も重さが苦になりませんでした。

機能

アムケトルは取っ手が倒れるデザインになっていて、沸かしたお茶をケトルのまま冷蔵庫で冷やすことができます。

いちいち冷やすために容器に移し替える手間が省けて楽になりました!

デザイン

調理器具をそろえることが好きで、デザインにもこだわって揃えています。ルクルーゼのお鍋をオレンジ色、野田琺瑯のドリップケトルはレッド、なので色の統一ができるデザインのものが良いと思いました。アムケトルは同じ野田琺瑯の商品なので、ドリップケトルとは色の統一ができますし、色味的にもルクルーゼとも統一が取れると思い、アムケトルに決めました。

野田琺瑯 アムケトル 2.0L AM-20Kの特徴、性能

■商品サイズ(cm)
幅約19.5×奥行約21×高さ約16
■商品重量
約1.2kg
■材質
本体・蓋:琺瑯用鋼板、つまみ・ハンドル:フェノール樹脂
■容量
約2.0L

・容量は満水状態で2Lなので、3人家族の我が家には十分の量のお茶が沸かせます。ドリップケトル自体も容量は2Lですが、注ぎ口が下の方についているため満水状態では沸かすことができませんでした。

なので、ドリップケトルで沸かしていたときは足りなくなる日もありました。

・IHと直火両方に対応しています。IH対応の商品ってお値段が少し高くなることがありますが、アムケトルはお手頃お値段でIHと直火両方に対応しているので主婦にうれしいお品だと思います!

・表面はガラス製なので、汚れがつきにくく、汚れてもさっと拭くだけできれいになります。汚れが気になるときは中性洗剤とスポンジで洗うこともできます。

・蓋にはつめがあるので、本体にきっちり引っかかり注ぐときにも落下しません。

比較するとわかりますが、アムケトルの方がドリップケトルよりも大きくてしっかりした蓋のつめになっています。

以前、ドリップケトルの蓋は注ぐ際に落ちてしまったことがありますが、アムケトルは今までに蓋が落ちたことはありません。

・取っ手が倒れるので、収納の際はコンパクトにできます。また、ハンドルを倒してそのまま冷蔵庫に入れることもできます。

野田琺瑯 アムケトル 2.0L AM-20Kのメリット

使用し始めてから半年くらいが経ちます。アムケトル購入前はドリップケトルで沸かしていたのですが、

①お茶を沸かす→②耐熱のガラスポットに移す→③冷蔵庫に入れれる温度まで流水で冷やす→④ポットを冷蔵庫に入れて保管。

これだけの手間と時間がかかっていました。それがアムケトルに変えてからは

①お茶を沸かす→②ポットのまま少し冷ます→③冷蔵庫に入れる。

手間も省けて、かかる時間も各段に減りました!毎日のことなのでうれしい時短です!ガラスポットを洗う手間も省けますし。

また、IHと直火両方に対応しているのはとてもうれしいポイントです。今は賃貸のマンションに住んでいるのですが、マンションはIHなんです。けれど、将来的に家を建てるのであればガスがいいなあと考えていて。両方に対応している商品であれば家を建てたあとも買い替えなくて済みます。両方に対応しているのにお値段はそんなに高くないですし、ありがたいです。

琺瑯でできているので、熱伝導が良く、お茶を沸かすのが早い気がします。琺瑯のお鍋も持っているのですが、他の素材のお鍋よりも沸騰するのが早いので、熱伝導の良さは琺瑯の特徴なのかなと思います。

注ぎ口の形状が優れているようで、コップなどに注いだ時に注ぎダレがありませんでした。

注ぎダレがあるケトルだと毎回落ちた水滴を拭き取らなくてはいけないので面倒なんですよね。アムケトルに変えてからはその手間がありません!

野田琺瑯 アムケトル 2.0L AM-20Kのデメリット

・取っ手を倒して冷蔵庫でそのまま保管することができますが、取っ手が厚めなので、冷蔵庫の種類によっては入りきらないかもと思いました。現に、我が家の冷蔵庫では一番下の段には入りますが、他の段には入りませんでした。

・琺瑯は表面がガラスでできているため、落としたり強い衝撃を与えると欠けてしまいます。以前、同じ野田琺瑯のドリップケトルの蓋を落としてしまい、欠けさせてしまったことがあります。色が剥がれて中の黒い部分が見えてしまって、可愛い色味が台無しだなと落ち込みました。

・沸騰したときに音が鳴ったりするタイプのケトルではないので、注意していないとすぐに吹きこぼれてしまいます。熱伝導が早いので、油断しているとすぐに沸騰して吹きこぼれるので、お茶を沸かす際は近くで確認している必要があります。

・茶こしが付いていたり、注ぎ口のところに網目があったりするタイプではないので、注ぐときに麦茶の麦や茶葉がコップに入ってしまうことがあります。我が家では茶葉が入るのを防ぐために最初からお茶パックに入れて沸かしています。

野田琺瑯 アムケトル 2.0L AM-20Kの総合評価

アムケトルを購入してとても満足しています。なによりもうれしいのは、毎日のお茶を沸かす作業が格段に楽になったことです。沸かしてそのまま冷蔵庫で冷やして保管できるので、本当に楽です。

とても簡単なので、最近では毎日お茶を沸かす作業は夫の担当の一つになりました。少し冷めればすぐに冷蔵庫で保管できるので、お茶が傷むこともなく、安心して子どもに飲ませることができますし、我が家にはとても相性が良いケトルだったなと思います。

ルクルーゼや琺瑯製の調理器具が好きなので、色味も統一できて気に入っています。

野田琺瑯 アムケトル 2.0L AM-20Kの口コミ・評判は?

野田琺瑯 アムケトル 2.0L AM-20Kのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • とにかくかわいい。可愛いので多少の使い勝手が悪いのは目をつむれる。
  • 色味が素敵すぎる。
  • 焦げや汚れが全然つかないです。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 蓋を外す際に多少ひっかかりが気になる。
  • 水を入れるギルト沸騰の際に注ぎ口から勢いよく出る。
  • 意外と重い。

SNSの反響は?

インスタでも野田琺瑯 アムケトル 2.0L AM-20Kは話題になっているようです。

この投稿をInstagramで見る

伊藤千恵さん(@kaayanchie)がシェアした投稿

10年くらい使っているもの。

この投稿をInstagramで見る

home2018_nyさん(@home2018_ny)がシェアした投稿

やかんは野田琺瑯のアムケトル にしました。白くて気に入ってます。

この投稿をInstagramで見る

gemicoさん(@nkmr_cookie)がシェアした投稿

これで美味しいルイボスティをたっぷり沸かして飲むことができます。

野田琺瑯 アムケトル 2.0L AM-20Kの購入を考えている人へアドバイス

毎日自宅で麦茶などのお茶を沸かしているご家庭には大活躍する商品だと思います。今まで沸かしたお茶を一度容器に移して冷蔵庫で冷やしていたっていう人はぜひ使ってみてほしいです!

ケトルのまま冷蔵庫で保管できるって本当に楽で時短になります。主婦業ってやることが際限なくありますよね。

少しでも毎日の主婦業を楽に、時短に、過ごしていっていうのは世の主婦全員が思っていることだと思います。小さなことですが、私はこのケトルに買い替えて格段に楽になりました。

調理器具は好みが分かれると思いますが、アムケトルは琺瑯が好きな方、カラフルな調理器具でそろえたいなって方にはオススメしたい商品です。どの色にしようか迷うのも楽しい時間ですよね。

ケトル
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM