普段の料理を格上げ!ロッジ スキレットで美味しさ激UP!

フライパン

ロッジ スキレットを半年ほど使ってみた『zengau55さん』(32歳/男性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ロッジ(LODGE) スキレット 9インチ L6SK3を購入しようと思ったきっかけは?

よくキャンプに行くのですが、以前使っていたキャンプで使うフライパンは、家で料理するときの小さなフライパンでした(メーカー、品番ともにわかりません)。

また、そのフライパンは少し劣化しきており、新しいフライパンを買おうかと悩んでいました。

キャンプ好きで、料理好きでもあり、料理の幅も増やしたいと思い、せっかくなので、スキレットを買おうかと調べました。調べると、色々と種類がある中、老舗であるロッジのスキレットと出逢い、購入に至りました。

ロッジ スキレットをどのようにして知りましたか?

Amazon、楽天市場、ネットで『スキレット おすすめ』等で調べました。また、ちょうど調べようかと思っているときに、CAMPHACKがスキレットの特集をしており、それでロッジを知りました。

スキレットを買う際に重要視したポイントとは?

私がスキレットを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

1.料理の幅を広げる

キャンプ使えて日常の料理でも使える、またレシピを増やしたいというのがあった。

2.耐久性

焚き火を使っても使えて、ガシガシ使っても大丈夫な物が欲しかった。また、長くつけるものが良く手入れは大変そうだが、一生ものがいいと考えていました。

3.メーカー

老舗ということで評判も良いものを選ぼうと思っていました。

購入に迷ったスキレットは?

購入に迷ったスキレットは以下の商品です。

ニトリ スキレット

彼女と共有で使うので2人で相談して決めました。ブランド、値段、耐久性、使いやすさ、持ち運びに注目しました。

ニトリのスキレット19㎝は、重量1.1㎏、蓋なし(ネットでセットで販売しているが、小さいサイズしかない、19㎝用がなかった)、値段が税込799円。シーズニングが必要。食洗機の使用も可。

ロッジのスキレット9インチ 22.9㎝。重量3.4㎏(スキレット2.0㎏、蓋1.4kg)、値段が税込8640円(楽天なら半額で買えることもある)。老舗である。シーズニング済み。大きさにもバリエーションがない。

ニトリのスキレットは値段がお手頃で重さも程よい、使いやすさで言えば他のスキレットを見てもかなりしのぐと思っていました。持ち運びもしやすい。

しかし軽いので耐久性に疑問がある、食洗機も使えるが鉄製で食洗機を使うのは錆が出やすい、せっかくシーズニングしたのに落ちてしまうのではという疑問がある。蓋がない。デザインはない。

ロッジのスキレットはかなり重く、使いやすさ、持ち運び等は大変。しかし、老舗という安心感、キャンプで使うのでガシガシ使ったり、焚き火でも使えるという耐久性、蓋がついている。評判も良い。デザインもかっこいい。

最終的にはニトリのスキレットは初めてスキレットを使う方や料理初心者(女性)には良いが、自分たちは料理の幅も広げたいということもあり、蓋があり料理の幅も広がる、老舗という安心感、耐久性も◎、大好きな餃子ももっと美味しく作れる、ということでロッジに決めました。

ロッジ スキレットの特徴、性能

サイズ : 直径23x深さ4cm
重量 : 2kg
付属品 : なし
材質 : 鋳鉄

ロッジのスキレット9インチ 22.9㎝。重量3.4㎏(スキレット2.0㎏、蓋1.4kg)、値段が税込8640円(楽天なら半額で買えることもある)。シーズニング済み。

耐久性が高くガシガシ使ったり焚き火でも使用可。5ミリという肉厚構造がより高い蓄熱性を高めてくれます。また、食材に均等に熱が入りやすく、旨味を閉じ込めてくれるのも特徴です。

ロッジ スキレットのメリット

購入して使い始めて半年くらい経ちました。月に4〜5回は使っています。

特にキャンプに行く時には必需品になっています。ロッジのスキレットは肉厚で他のスキレットと違い熱伝導率が高く蓄熱性も高いです。全然熱が冷めず料理も温かいまま食べることができます。

一番びっくりしたのが、料理の味が全然違うところで、大好きな餃子を作るとき、フライパンとスキレット両方使って作る時があったのですが、スキレットで作った方の味がかなり美味しかったです。

蓋があるおかげで圧がかかり、煮込んだり、蒸し焼きにしたり、無水料理、無油料理も美味しく作れます。

また、蓋の裏側に付いている突起にも理由がり、旨味を持った水分が鍋全体に落ちて、旨味を素材に戻しながら作ることができます。

料理の幅も広がりました。ローストビーフ、アヒージョ、餃子、ステーキ、ホルモン焼き、キッシュ、ピザ、麻婆豆腐、ビビンバ、etc。

料理後もそのまま器として使えます。おしゃれです。

耐久性も良く、焚き火を使っても料理をすることも多いです。手入れは大変ですが、しっかり行うことで一生物になる。

ロッジ スキレットのデメリット

やはり重量が鍋と合わせても3.4kgあるので重いです。分かっていたものの、いざ使うとなると『重いな〜』というのは抜けないです。

料理の時はほぼ動かさないので大丈夫ですが、洗う時やシーズニング(手入れ)をする時に持たないといけないので、大変です。また、シーズニング中はスキレットが熱くなっているので火傷の注意が必要です。

厚手のレザーグローブが必要になるのですが、自分たちが買ったものが少し薄手で、しばらく持っていると熱くなってきます。これも料理中は大丈夫ですが、シーズニング中は注意が必要です。

運ぶ際にスキレット用の入れ物が必要になります。

入れ物も探していたのですが、良いものがなく、サイズも合わないものが多いです。仕方なく自作しました。トートバックに厚手のプチプチを貼り付け、スキレットは新聞紙に巻きつけてそのまま入れましたが、これがサイズ的にもちょうど良く今でも使っています。

水にとても弱いです。なので使い終わった後に、シーズニングが必要です。シーズニングしないとすぐに錆びます。
分かっていたことではあるが、手入れのめんどくささや重量がデメリットではある。個人的には初めは大変だったが使うことで愛着が湧いてきます。

ロッジ スキレットの総合評価

総合評価としては、とても買って良かったと思っています。選ぶときのポイントに入れていた、料理の幅、料理の味が上がる、デザイン、耐久性、どれもすごく満足しています。

購入前までに使っていたフライパンでは出せない味や、料理の幅も増え、キャンプに行く楽しみや、いつもの料理をする楽しみや挑戦する料理も増えました。キャンプ道具との相性も良く、机に並べた時の見栄えも良い感じです。

デメリットである手入れについても確かに大変な時もあるが、個人的には初めは手入れが大変だったが使うごとに愛着が湧いてきています。これから10年以上使えると思うと、ワクワクしてきます。

安さや使い勝手を選ぶならニトリのスキレットでも良かったが、耐久性や老舗という安心感も含め、総合的に良い買い物をしたと思っています。

ロッジ スキレットの口コミ・評判は?

ロッジ スキレットのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 鶏など肉を焼くと、とてもいい感じに仕上がり、最高です。料理の幅が広がります。
  • 底面が分厚くて温度ムラがなくて良いです。ステーキは最高の味に。
  • ヘタなステーキ屋いくよりも美味しいです。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 重さはかなりあります。
  • 料理後の手間があります。空焚きしてからの油を毎回やる必要があります。
  • サイズ感を間違うと、重いだけになります。毎回使う一番最適な大きさを買うべきですね。

SNSの反響は?

インスタでもロッジ スキレットは話題になっているようです。

この投稿をInstagramで見る

池田正浩さん(@camping_road)がシェアした投稿

素早くちょっと焼くには最適なサイズ♪

この投稿をInstagramで見る

Sayuriさん(@sayurivic)がシェアした投稿

ガーリック、ローズマリー、オリーブオイル、塩胡椒に漬け込んだ手羽元と冷蔵庫にある野菜をスキレットにつめて焼くだけ!

この投稿をInstagramで見る

Sayuriさん(@sayurivic)がシェアした投稿

スキレットで鶏レバーを焼いてみたらふっくら仕上がりました。

ロッジ スキレットの購入を考えている人へアドバイス

これからキャンプのギアを買おうと思っている方や、料理の幅を広げようとしている方にはすごくお勧めします。1896年からの老舗であり、評判もいいです。

きちんと手入れを行なえて道具を大事にされる方は一生ものなので愛着も湧くのではないかと思います。

簡単な料理からこだわった料理まで幅広く使えますので、一つあればかなり重宝するのではないかと思います。ロッジのスキレットはサイズも多彩なので自分にあった大きさを選ぶことができます。

この点においては重量も様々なので『重いのが嫌だ』という人には小さめのをお勧めします。

自分が買ったのは重量が重いので、重いのは嫌だという人にはむかないかもしれないです。また、手入れがめんどくさいという方にもむかないです。

そもそも料理をしない方にもむかないです。もし買っても鈍器にしかならないです。

スキレットのランキングはこちら

▼人気のスキレット12選比較☆種類別の手入れ方法と一押し商品をチェック!

人気のスキレット12選比較☆種類別の手入れ方法と一押し商品をチェック!
料理が映えると人気のスキレットですが、扱いが難しそう…と嫌厭される方もいるかと思います。 スキレットと一言にいっても、最近は様々な材質のものがあります。お手入れが簡単で手軽に使えるものも増えているので、きっと使い勝手の良いものに出会え...

▼人気のスキレット12選比較☆種類別の手入れ方法と一押し商品をチェック!

人気のスキレット12選比較☆種類別の手入れ方法と一押し商品をチェック!
料理が映えると人気のスキレットですが、扱いが難しそう…と嫌厭される方もいるかと思います。 スキレットと一言にいっても、最近は様々な材質のものがあります。お手入れが簡単で手軽に使えるものも増えているので、きっと使い勝手の良いものに出会え...

▼一目ぼれ!IH対応のスキレットのおすすめ10選!レシピも紹介

一目ぼれ!IH対応のスキレットのおすすめ10選!レシピも紹介
スキレットは、キャンプやアウトドアなどで直火で使うイメージがありますが、最近はIHでも使えるスキレットが増えています。 料理が映えるスキレットは、ホームパーティなどの特別なシーンはもちろん、素材の味を引き出すので普段使いの調理器具とし...
フライパン
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM