50年の実績!象印 極め炊き NP-RL05は3合だけど美味し!

炊飯器

象印 極め炊き NP-RL05を8ヶ月ほど使ってみた『よっしーケンケンさん』(59歳/男性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

象印(ZOJIRUSHI ) 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NP-RL05を購入しようと思ったきっかけは?

この商品を購入する以前は、象印のNP-HY10という5合炊きを約10年間使っていました。

そして、使い続けている中で、新米が出始めたころに、なんとなく新米の炊き上がりがが悪くなったように感じるようになってきました。

新米だからといつもより水の量を少なくすると、ボソボソした感じで、水の量を普段通りにするとべちゃっとした感じで、その状態が何日も続きました。

せっかくの新米なのに、5㎏袋を炊き上がりの悪い状態で食べきってしまうことになりました。そして、ひょっとしたら米が良くないのかと思い、別の銘柄にしてみたのですが結果は同じでした。

そこで、内釜に剥がれが出てきていたこともあり、そろそろ寿命なのかもしれないと思い、新しい炊飯器を購入することにしました。

象印 極め炊き NP-RL05をどのようにして知りましたか?

日頃から、家電品を購入する際には、価格ドットコムのランキング情報を参考にしていましたので、早速見てみたところ、今まで使っていた5合炊きは4万円以上することがわかりました。

そして、これまでの使い方を振り返ってみると、夫婦二人では一度に1合か、1.5合しか炊いていないことに気が付いたんです。

そこで、3合炊きを見てみると、ランキング上位に象印の極め炊き NP-RL05があるのを見つけました。価格は2万円を切っていましたので、即座に購入を決めました。

他のブランドで、パナソニックやタイガーの商品もありましたが、今までずっと象印を使っていましたので、躊躇なく象印を選びました。

炊飯器を買う際に重要視したポイントとは?

私が炊飯器を購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

これまでずっと象印を使っていましたし、商品の写真を見ても、ボタンの配置だったり、表示の仕方が、これまでつかっていたものと基本的に同じでしたので、直感的に使いやすいと思いました。やっぱり使いやすさは一番重要ではないかと思っています。

お米の炊き上がりは、しゃっきりした感じが好きで、前回購入した象印の炊飯器にはその機能がありました。今回の商品にも同じ機能が付いていましたので、もうこれしかないと思いました。

そして、夫婦二人でしたので、容量は3合炊き、価格面で2万円以内との条件を付け、価格ドットコムのランキング上位にあったこの商品に決めました。

購入に迷った炊飯器は?

購入に迷った炊飯器は以下の商品です。

Wおどり炊き SR-VSX108

価格ドットコムの炊飯器ランキングでは、パナソニックや、タイガーなどの商品も紹介されていましたが、そもそも、炊飯器は象印の製品が一番と思っているところがあるため、あまり比較することなく決めてしまいました。

最初は、これまで使っていた炊飯器と同じ5合炊きを探していました。そして、お米の炊き上がりがしゃっきりしていることを重要視していましたので、同様の機能がある価格ドットコムのランキング1位にあった象印の極め炊き NW-JT10を第一候補として挙げました。

そして、他に、パナソニックのWおどり炊き SR-VSX108もお米をしゃきっと炊き上げるような表現があったため、第二候補として挙げたのですが、では幾らなんだろうと、価格を調べてみたところ、いずれの炊飯器も5万円~6万円と私の感覚ではありえないほど高価であるということを知り、躊躇してしまいました。

そして、夫婦二人だから3合炊きでも良いと判断し、3合炊きを探すことに決め、2万円を切る価格で、しゃっきりとした炊き上がりができる象印の極め炊き NP-RL05に決めました。

象印 極め炊き NP-RL05の特徴、性能

炊飯容量 3合炊き
炊飯方式 圧力IH方式
最大保温時間(白米) 30時間
食感炊き分け(白米) 有
玄米コース 有
消費電力(約) 700W
蓋開閉時高さ 36.5cm
重さ 4kg
幅 23cm
高さ 19.5cm
奥行き 32cm
その他
●炊飯容量(白米):0.5合~3合
●炊飯時消費電力:700W
●外形寸法(幅×奥行×高さ):(約)23×32×19.5cm
●質量:(約)4.0kg
●ふた開き時の高さ:(約)36.5cm
●電源コード:1.0m(コードリール式)

炊飯器ですので、機能的には他の炊飯器と大差ないと思いますが、今回のモデルでは、白米熟成という機能がついており、お米の美味しさを最大限に引き出すような炊き上がりが期待できます。

他に、これまでの象印の炊飯器シリーズと同じく、「白米ふつう」「白米しゃっきり」「やわらかめ」などの炊き上がりを選択できます。

そして最大3合まで炊ける小容量タイプの圧力IH炊飯ジャーです。

内蓋は外して水洗いができるのですが、内蓋に小さな金属プレートのようなものが取り付けられていて、これも外すことができます。

以前使っていた象印の炊飯器にはなかったものですので、これが、今回の白米熟成という新たな炊き上がりのためのものなのかもしれません。

もちろん、タイマー設定機能もついていますので、前日に洗米しセットしておいて、翌朝に炊き上がるように設定することも可能です。

象印 極め炊き NP-RL05のメリット

購入後、丸8か月が過ぎました。まずは外観が可愛らしいです。3合炊きという事もありますが、この丸みを帯びたデザインは、キッチンに優しさ和みを与えます。

最近の炊飯器は四角張ったデザインのものが増えてきたように思いますが、逆に、この丸みを帯びたデザインは新鮮に感じています。

そして、炊き上がりについても、今回、新たに「白米熟成」という機能が追加されています。早速この機能を試してみたところ、お米が一粒一粒しっかりとしていながら、もっちりとした食感があり、常に新米を食べているようなおいしさを感じます。

そして、この機能で炊いている時、炊飯器の音がすごく静かで、最初は本当に動いているのかどうか、心配になるほどでした。

また、炊き上がった後に蓋を開けると、もちろん湯気は立ち上がってくるのですが、裏ブタから水分がしたたり落ちることがありませんし、炊飯器から吹きこぼれがでていることもありません。

ですので、使用後のふき取りも楽で、常に新製品を使っているかのように綺麗な状態が続きます。

象印 極め炊き NP-RL05のデメリット

特に大きなデメリットは感じていないのですが、強いてあげれば、炊き上がりの時間でしょうか。これまで使っていた象印製の5合炊きは、炊飯スイッチを押してから炊き上がるまでに40分くらいかかったと思うのですが、今回の炊飯器は、新しい「白米熟成」という炊き上がりで炊くと、60分強かかってしまいます。

これだと、いつもより仕事からの帰りが遅くなって、夕食の支度に時間をかけたくない時に困ります。

実際にこのことを経験したということもあり、現在炊き上がりは「白米しゃっきり」を使用しています。これだと、炊き上がりまでに45分くらいです。

それから、今回の炊飯器では、裏蓋に小さなプレートのようなものが取り付けてあります。これは取り外しができますので、水洗いも容易ではあるのですが、外れやすくて、ちょっとイラっとする時があります。

特に、このプレートを取り付けた裏蓋が炊飯器にセットされた状態で、炊飯器から釜を取り出そうとするとき、釜のふちの部分が、このプレートに当たる時があり、外れてしまうんです。

時々そのようなことがあるので、この外れやすいという点は、改善してほしいところです。

象印 極め炊き NP-RL05の総合評価

これまで同じブランドの炊飯器を使っていましたので、説明書を見るまでもなく直ぐに使えることができましたし、基本的に、炊飯器表面のスイッチで選択するだけなので、使いやすさの評価は〇。

また、炊き上がりは、新しく追加された「白米熟成」はとても良いと思うのですが、炊飯時間が60分強とかかりすぎということと、私自身、しゃっきり感が好きという事もあり「白米しゃっきり」で炊いています。時間的な要素を考えなければ、この「白米熟成」の炊き上がりで〇。

特に評価が高かったのが、炊飯中の音です。とても静かで本当に動いているのか不安になるほど、ということで評価は◎。

最後に、炊き上がった後の吹きこぼれや水滴の状況など、汚れに繋がる部分でほとんど問題ないくらいに綺麗な状況ですので、使用後の掃除や、洗いやすさなどの点で◎です。

総合的には、100点満点中90点をあげたいと思います。

象印 極め炊き NP-RL05の口コミ・評判は?

象印 極め炊き NP-RL05のネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 口コミサイトでの評価の良さで購入しました。一人暮らしなので、このサイズでもばっちりです。満足度は高いですね。
  • 高価な炊飯器も多いですが、こちらは安価ですが、美味しいお米が炊けます。
  • お米の粘りが出て、モチモチのご飯が炊けますよ。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 炊飯中の電子音が気になります。
  • 炊きあがりのムラが多少気になる。

SNSの反響は?

インスタでも象印 極め炊き NP-RL05は話題になっているようです。

この投稿をInstagramで見る

Takanori Hayaseさん(@toratorahayase)がシェアした投稿

ふるさと納税で高級米ゲットしたので、美味しく頂く為に炊飯ジャー買い替え。

この投稿をInstagramで見る

tera-chanさん(@bluedoor_tera)がシェアした投稿

3合炊きは、目盛りが細かくなっていて、ご飯を炊くのが楽しい&嬉しい&満足!!

象印 極め炊き NP-RL05の購入を考えている人へアドバイス

炊飯容量が最大3合ですので、独身の方や、カップルの方々におすすめです。特に、炊いている時に音がとても静かですので、朝食の際にホカホカのご飯を食べたければ、タイマー設定して夜中に炊くことになります。

そんな時、独身の方であればワンルームマンションなどで、炊飯器の音が気になるような状況に置かれがちだと思うのですが、この炊飯器であれば、音がとても静かですので、ストレスなく使ってもらえると思います。

それから、炊き込みご飯やチキンライスなどを炊いた時には、内蓋や内蓋が取りつかれれている炊飯器の蓋の裏側に、汚れが付きやすいと思うのですが、この炊飯器は、吹きこぼれや水滴などがほとんどありませんので、洗いやすさ、メンテナンスのしやすさという点でもおすすめだと思います。

炊飯器の各種ランキング記事はこちら

▼IH炊飯器おすすめランキング【2018年版】ご飯をもっと美味しく!

音が静かな炊飯器のおすすめ!寝てるときに静音で人気の炊飯器はこれ
翌朝のために炊飯予約(タイマー)をしたものの、夜中に炊き上げの音で目覚めてしまう…なんて経験はありませんか? 実は近年、この炊飯器の「音」が気になる人が増えており、静音性に優れた炊飯器がじわじわと人気を集めています。 そこで今回...

▼圧力IH炊飯器おすすめランキング10選!IH炊飯器との違いも紹介

圧力IH炊飯器おすすめランキング10選!IH炊飯器との違いも
最近は、IH炊飯器が主流となってきていますが、その中でも圧力IH炊飯器がすごい!とご飯好きの方たちの間で話題になっています。 今回は、圧力IH炊飯器は通常のIH炊飯器となにが違うのか、また圧力IH炊飯器の魅力はなんなのかをお伝えした上...
炊飯器
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM