運動会やピクニックに!最適な折りたたみ式レジャーテーブルはこれだ!

レジャーテーブルセット

折りたたみ式 バタフライレジャーテーブルを3ヶ月ほどで10回ぐらい使ってみた『ポンちゃん』(28歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

折りたたみ式 バタフライレジャーテーブルを購入しようと思ったきっかけは?

子どもが少し大きくなって公園や海などさまざまなところにお出掛けすることが増えてきました。

その際にお弁当を作って持って行ってたのですが、駐車場に停めてある車の中で食べたり、ベンチで食べたりしていたのですが、いずれにしてもテーブルがないと不便でまだまだ食べさせなきゃいけない2歳前の子どもなのに、自分の膝の上にお弁当が置いてあるとどうしてもひっくり返してしまったり、すぐに動けなかったりしていました。

また、お皿にとって渡すことも出来ないので不便だなと感じていました。

折りたたみ式 バタフライレジャーテーブルをどのようにして知りましたか?

インターネットで『折りたたみテーブル アウトドア 軽い コンパクト』と検索するとさまざまな商品が出てくる中でこちらが見つかりました。椅子ではなく座って食べれる用の可愛いテーブルがあることに嬉しくなりました。

アウトドアテーブルを買う際に重要視したポイントとは?

私がアウトドアテーブルを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

  1. 持ち運びしやすさ、軽さ
  2. コンパクトに収納できるか
  3. 値段

購入に迷ったアウトドアテーブルは?

購入に迷ったアウトドアテーブルは以下の商品です。

QUICKCAMP アウトドア 折りたたみテーブルセット

QUICKCAMP アウトドア 折りたたみ ミニテーブル 60×40cm

キャンプテーブル アウトドアテーブル

たくさんの商品がある中でどれにしようかとても悩みました。椅子が付いているタイプのものが使いやすいのかなども悩みました。

ですが、バーベキューなどする時には椅子が付いているものがいいかもしれませんが、公園に遊びに行ったりする時にちょっと使うようだと、椅子は必要ないになと思いました。

また、子どもがまだ小さいため、椅子に座って転落してしまうかもしれないというデメリットもあったので椅子付きではなく地面に座れるタイプのロータイプ机にしようと思いました。

また、収納すると場所も倉庫などがあるわけではないので、コンパクトにまとまるタイプの机がいいと思いました。

その他にも、ただでさえ子どもがいると遊びに行くのに荷物が増えるので少しでも軽い方がいいなと思っていたのと、アルミなどで出来ていると万が一転んでぶつかったら怪我をしてしまうので、怪我をしない物を選ぶようにしました。

折りたたみ式 バタフライレジャーテーブルの特徴、性能

サ イ ズ 【組み立て時】
約幅60.7×奥行55.1×高さ23cm
【折りたたみ時】
約幅55.1×奥行31×高さ6cm
重  量 約1,126g
耐 荷 重 約5kg
材  質 ポリプロピレン
原 産 国 日本

とっても軽いです。子どもが持つことも可能です。

そして、たたむとコンパクトになります。2歳の子どもが座ってちょうどいい高さです。

もう少し大きくなると多少低くても上手に食べられるようになるので、今を重視しました。

また、たたんだ際に全て中に入れられるのがすごく便利で使わない時は1つにまとまるので何かパーツを無くしてしまった!などということもないです。

カップホルダーももともと付いているので便利です。

レジャーに行く時は紙コップなどを使用すると思いますが、カップホルダーが付いているので軽くなって風に飛ばされる心配もないです。

普通のコップだったとしても、カップホルダーに飲み物を置いておくことでどれが誰のか分からなくなってしまったりしないし、ホルダーに乗せておくことでその分広く使用することができます。

また、倒して飲み物をこぼしてしまった!というのも減ります。

折りたたみ式 バタフライレジャーテーブルのメリット

とても軽いです2歳の子どもでも持つことでが出来ます。畳んだ際も子どもの身長よりも低くコンパクトです。

また、プラスチック製なのでぶつかってもそこまで酷い怪我をすることがないと思います。

また、机を折りたたんだ際、脚やカップホルダーをしまう場所があるのでいくつもの荷物になることはないです。

また、収納する際も設置する際もはめるだけなのでとても簡単に出来ます。

テーブルは基本的に大人が使いやすい高さだと思いますが、この商品は1番食べこぼしをする子どもが座って使える高さにぴったしなので、子どもが使いやすいです。

また、もちろん大人も使用できる高さです。コンパクトなので、遊びに行った際にテント内にテーブルを設置して周りを気にすることなく食事をすることが出来ます。

折りたたみ式 バタフライレジャーテーブルのデメリット

簡易的な折りたたみテーブルなので、少し弱いのでこの机を支えに立ち上がろとしたりするのはひっくり返ったり、傾いたりして危ないかと思います。

また、小さめのアウトドア テーブルなので、4人ほどまでは周りを囲んで座れますが、それ以上になると全員がテーブルの前に座っての使用は厳しくなります。

大人数で使用するのであれば、お弁当を置くだけで大人は少し離れた場所で座ったり、テーブルを増やしたり、別の大きめなテーブルを使用する方がいいと思います。

折りたたみ式 バタフライレジャーテーブルの総合評価

少し頼りないところもありますが、値段も安く、家族で公園や海にお出かけ!や子どもの運動会などの昼食やちょっとしたお出かけなどにとても便利です。

少人数で使用もしくはサブテーブルなどと用途はたくさんあります。カップホルダーも付き、折りたためて軽量、設置、片付けも簡単です。

また、遊びに行くとなると荷物が多くなりがちですが、こちらのテーブルですと、あまり幅を取らずに車に乗せたり、省スペースで収納することが出来ます。

ドリンクホルダーの横にフックのような物もあるのでそこにビニール袋をかけたりすることも出来ます。さまざまな使い方が出来るので便利です。

折りたたみ式 バタフライレジャーテーブルの口コミ・評判は?

折りたたみ式レジャーテーブルのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 使いやすいし、かわいいし、ちょっとした時にとても活躍します。
  • 運動会やら、おままごとにも活躍します。
  • 価格が安い。コスパ最高。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 子供が乗ったりすると折れる耐久性。阻止するために目を光らせる必要あり。
  • 少し力をかけるだけでぱっきりいきそう。
  • 耐久性に難あり。

折りたたみ式 バタフライレジャーテーブルの購入を考えている人へアドバイス

大人数やたくさんの物を置きたいという人、BBQをする時に使いたい!などという人には不向きなのかなと思います。

子ども連れなどで公園に遊びに行ったり海や川に行ったりする時にお昼ご飯やおやつなどを食べたりちょっとした休憩などで使う人にはすごく便利だと思います。

子どもがいるとどうしても怪我などが心配になりますが、そういった心配はあまりないと思います。

また、小さな子どもでも、高さが合うため自分で食事をしたりすることが出来る高さのテーブルで便利です。

設置や片付けも簡単なので、さほど時間が取れなかったり、子どもが小さくてうろちょろしてしまうという人でも簡単に組み立てたり片付けられたり出来るので、子連れの方にはオススメです。

レジャーテーブルセット
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM