お腹スッキリ生活♪簡単な自家製醬油麹の作り方を紹介します♪

料理

こんにちは。『佐藤恵理子さん』(女性/34歳)です。

皆さんは日ごろから意識して、発酵食品を摂取していますか?私は30歳になったのをきっかけに、意識して発酵食品を摂取するようにしています。

私は元々胃腸が弱く、お通じも不定期。そして急にお腹を壊すことも多々ありました。「できるだけ薬には頼りたくないな…」と思っていた時、管理栄養士の母に発酵食品を勧められたのです。

発酵食品のおかげかはわかりませんが、以前と比べるとお腹のトラブルは、かなり減りました。そこからはすっかり発酵食品にハマっています。

納豆や味噌、ぬか漬けやキムチなど、発酵食品には様々な種類がありますよね。中でも普段の料理に取り入れやすいのが、発酵調味料でしょう。

多くの発酵調味料の中でも、誰でも簡単に失敗なく作れるのが「醬油麹」です。数年前にブームになった塩麴。その醬油バージョンが醬油麹といえば、わかりやすいでしょうか。

そんな醬油麹。塩麴より簡単に作れるのに、旨味は塩麴の10倍もあると言われているのです。

この記事では、そんな自家製醬油麹の作り方とアレンジレシピをご紹介します。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
とっても簡単でいろんな料理に使えるので参考にしてくださいね。
スポンサーリンク

醤油麹って何だ?

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
そもそも醬油麹って何?という方のために、サッとご紹介いたします。

醬油麹とは

米麹に醤油を混ぜ合わせて、発酵させたもの。醤油の代用品として、様々な料理に活用できますよ。

醬油麹の魅力

  1. 和洋中どの料理にも合う
  2. 漬け込むことで肉を柔らかくする
  3. 旨味があるから減塩できる
  4. 栄養素の消化吸収が良くなる

作る前の注意点

自家製醬油麹は、完成するまで最低でも一週間ほど必要。季節や温度によって違います。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
夏場:5日~1週間・冬場:1週間~2週間ぐらいが目安です。

醤油麹を作る前に準備するもの

材料

  • 醬油(麹と同量)
  • 保存容器

材料についての詳細

麹:お好きな麹で使用可。私はいつも「みやここうじ」を使用しています。

醬油:ご家庭にある醬油で使用可。私はできるだけシンプルな原材料の醬油を使用しています。

保存容器:混ぜやすいように、大きめの容器を使用してください。タッパーやホーロー容器でも代用可。今回は発酵の過程がわかりやすいように、ガラス瓶を使用しています。

醤油麹の作り方、レシピ

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
順を追って説明していきますね。

初日

1:麹を計量します。今回は100g位を目安に作ります。

2:麹をもみほぐします。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
すでにパラパラの乾燥麹などを使用される方は、この過程はカットしてください。

3:先ほど計量した麹と同量の醬油を加えていきます。

4:麹と醤油を混ぜ合わせます。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
ズボラな私は手で混ぜていますが、スプーンなどで混ぜてください。

5:保存容器に入れます。

6:直射日光を避け、常温で保存します。

その際に、蓋はしめずに乗せるだけにしてください。醬油麹が発酵する過程で発生するガスを逃がすためです。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
初日はこれで終了です~。お疲れ様でした(^^)

翌日

1:一晩おくと、麹が醬油を吸って膨らんでいます。

2:そこに醬油を足します。麹が浸る程度でOK。私はいつも目分量です。

3:底からしっかりと醤油と麹を混ぜ合わせます。

4:昨日と同じ場所で常温保存します。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
翌日はこれで終了です~。取手も簡単ですね。

3日目以降

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
3日目以降は毎日1回、必ずかき混ぜてください。

3日目、あまり変化は見られません。

5日目、発酵が進み、麹の粒がなくなってきたのがわかりますね。

6日目、かなりトロっとした感じになってきました。

8日目、もう完成は間近です。

13日目、粒もなく、柔らかくなってきました。もう完成です。

完成したら、蓋をして冷蔵庫で保管します。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
平均気温13℃前後の秋の北海道では、2週間ほどかかりました。

完成の目安

夏場は1週間、冬場は2週間が完成の目安です。

熟成された醬油麹は、麹の芯がなくなりトロリとした感じになります。

これは私が前回作成した醬油麹です。完成した醬油麹は、冷蔵庫で保管しましょう。できるだけ半年を目安に使い切るようにしてくださいね。

食べ方のアレンジ

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
ここでは我が家の食べ方を紹介していきますよ。

かけて楽しむ

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
まずはシンプルに醬油麹をそのままかけて楽しみましょう。

醬油麹をそのまま楽しむ食材

・アボカド

・豆腐
・目玉焼き(卵かけご飯にもおすすめ)
・納豆
・お刺身

中でも私のおすすめは

発酵食品トリプル丼:キムチ納豆醬油麹TKG

休日の一人ランチの一軍メニューです。

お肉を漬ける

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
醬油麹にお肉を漬けると、麹の作用でお肉が柔らかくなります。また少量でもしっかりと味がしみこむのも魅力です。

・鶏肉

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
唐揚げ用に、生姜と醬油麹で漬けています。

・豚肉

上は玉ねぎと醬油麹の生姜焼き用・下は醬油麹マヨ漬け

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
我が家はこのまま冷凍保存もします。

もちろん醬油麹は、牛肉にも活用できますよ。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
我が家は牛肉NGな家族がいるため、普段は料理に活用していません。

3:きんぴらや煮物の味付けはこれだけでOK

醬油麹はとにかく旨味が豊富。そのためきんぴらのような炒めもの

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
上の写真はキャベツと人参のきんぴらです。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
上の写真は大根の皮のきんぴらです。

煮物

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
上の写真は肉じゃがのきんぴらです。

いろいろと大活躍します。麹の甘みがあるので、醬油麹だけでも味が決まりますよ。例えば、醬油大さじ1みりん大さじ1とあれば、醬油麹大さじ2というように私は使っています。

4+マヨネーズ・+酢とオイルで簡単ドレッシング

醬油麹は、サラダドレッシングにも活用できます。マヨネーズをプラスして、野菜のディップ。また酢やオイルをプラスして混ぜ、簡単ドレッシングなどもおすすめです。

自家製ドレッシングは、ヘルシーですし自分好みの味にアレンジできます。醬油麹があれば、市販のドレッシングは必要ないと私は思います。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
キャベツとツナのサラダ、醬油麹・酢・サラダ油で味付けしています

さいごに

数年前にブームになった塩麴や醬油麹。その影響でスーパーなどでは市販の醬油麹も、よく見かけることがあります。

しかし自家製の方が、はるかにコストがかかりません。私は塩麴も自家製で作っていますが、醬油麹の方が簡単ですよ。複雑な甘みと醤油の風味が絶妙で、一度食べるとやみつき。ご飯にそのままかけても美味しいですよ。

美味しい菌活・腸活として、自家製醬油麹を是非お試しください。

料理
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM