毎日の計測が簡単♪オムロン上腕式血圧計 HEM-7313はオススメ!

4NO

オムロン上腕式血圧計 HEM-7313を10ヶ月ほど使ってみた『魔女っ仔ジェーンさん』(55歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

オムロン(OMRON) 上腕式血圧計 フィットカフ HEM-7313を購入しようと思ったきっかけは?

人間ドックの診断結果でかかりつけのお医者様から主人が「血圧上が154で下が94と高めなので毎日測って管理してください。」と言われ購入を決意しました。

実は前から血圧が高いことは毎年行われる人間ドックで知っていたのですがそれほど重大なこととは思っていませんでした。

主人は仕事柄飲み会や外食が多いのでお酒とは縁切れない生活を送っています。酒を断つ、という決意も早々ないのと、中高年に多い腹の膨らみ(いわゆるビール腹)もないので高血圧と言われても無視していました。

しかし今回お医者様直々に言われたのとは別に、遺伝的に家族のもので高血圧の薬を服用している者がいるということと、私も50歳を過ぎて血圧が気になると申し出てこの際だからということで、購入することにしました。

オムロン上腕式血圧計 HEM-7313をどのようにして知りましたか?

Amazonで「血圧計 おすすめ」の検索ワードで調べました。どのメーカーと決まっていたわけではないですが、精密機械を買う訳なのでやはり日本メーカーの方が安心だとは思っていました。

また、お医者様から血圧計色々あるけれど「手首に巻いて計測するものではなくて、腕で計測するものにしてね。

あと毎日目につくところにおいておいてね。金額も1万円しないものでいいから。」と言われていたので必然的に腕で計測する、自分で布を巻きつける上腕式のもの、腕を通すだけで計測できるアームイン式のものを探しました。

オムロン上腕式血圧計 HEM-7313を買う際に重要視したポイントとは?

私が血圧計を購入しようと思ったときに重要視したのは以下の4つです。

  1. 上腕式血圧計、またはアームイン式であること(手首式ではないこと)。
  2. 主人と私の2名で測るので2人分を記録できるもの。メモリー機能はあってもなくても気にしない(メモすればいいだけの話だから)。
  3. デザインは毎日計測しなければならないため、目に付きます。なので主張しすぎないデザインのもの。また出来ればごちゃごちゃ小さい文字で表示されるよりかは大きな文字で一発で数値がわかるもの。
  4. 価格は1万円はしないもの(医者もそんなに高いものでなくていいと言ってくれたので)。

購入に迷った血圧計は?

購入に迷った血圧計は以下の商品です。

オムロン上腕式血圧計HEM-1021

オムロン上腕式血圧計HEM-1011

タニタBP-213

パナソニック上腕血圧計EW-BU56-W

実際に買う段階ぎりぎりまで上腕式にするかアームイン式にするかで悩みました。上腕式のものは価格も¥3,000~¥12,000くらいで幅広くデザインもメーカーによって多種多様で選びやすい。

その反面カフ(腕帯)を自分で巻きつけないといけないため朝の寝ぼけた状態で果たしてきちんとできるのか不安。反対にアーム式は腕を通すだけでいいので計測も簡単で正確。しかし価格が1万円以上するものが主でデザインがゴツゴツしていて他の家具とマッチしなさそう。

一長一短でしたが、やはり血圧計に対して1万円以上は支払えないということと、上腕式でも最近のものはきちんとカフが巻けていない場合アラートマークが付くものが主流ということで上腕式に絞りました。

またメーカーで迷っていたのはオムロン、タニタ、パナソニックです。パナソニック製はデザイン性に優れているがスタイリッシュ過ぎて数値が目に飛び込んでこない。

タニタは体調管理等に秀でている気がするが、デザインがあまり好きではなく対象から外す。オムロンは数値が大きく表示されるのと(ボタンを押すまで消えずに表示される)HEM-7313はケースが備わっているのでパーツがばらばらにならずにすむこともあって購入を決めました。

オムロン上腕式血圧計 HEM-7313の特徴、性能

オムロン HEM-7313 上腕血圧計
発売日:2018年04月13日
外形寸法幅 183×高さ99×奥行き230mm
本体質量 約640g (電池含まず)
対象腕周 17~36cm
電源 ACアダプタ/AC100V(別売)・単3形アルカリ乾電池×4(約300回)
メモリ(記憶機能) 2人×60回
平均値表示 ○(過去10分以内の最大3回分)
時計機能 ○
ACアダプタ対応 ○(別売)
医療機器認証番号 225AABZX00103A03

・読みやすい大きな文字で表示される。画面には一番知りたいものだけ(最高血圧、最低血圧、脈拍)が、右上には計測した日にちとその時間帯が表示されているので、わざわざ今何時かと時計を探さずに済む。

・カフ(腕帯)が本当に片手で巻ける。

カフの形状がある程度既に筒状になっているのでそこに腕を通して残りの布をさらに巻き付ける感じ。

強く締めすぎ、ゆるく巻きすぎなどあるかと思ったが特にその心配もなかった。

・カフの巻きの強弱に関して「カフぴったり巻きチェック」機能も搭載されている。測定のたびにカフが適切な強さで巻かれているかチェックして光で教えてくれる。(ぴったり巻けていたら緑色でOK。ゆるく巻けていたら赤く表示される)しかし今まで赤字で表示されたことはない。

・脈拍のリズムの乱れを教えてくれる「不規則脈波お知らせ」マークがある。

測定中に2回以上の不規則脈波を機械が察知した場合には、「不規則脈波マーク」表示をしてくれる。使用してから約10か月以上経とうとして主人は5~6回表示されたことがある。

・2人分の計測を60回分メモリに記録してくれる。画面横についているスライド式のボタンを動かして1は夫2は妻として使用している。

・再測定おすすめマークが搭載されている。

・バッテリーマーク、及び電池交換マークが搭載されている。

・説明書の後ろのページには血圧記録表と血圧グラフのページがあり、医者に見せるためにもコピーを取って記入している。

・専用ケースに収納することができる。HEM-7313のポイントとして高いのは専用ケースがついていること。

ケースがなくても支障はないが、カフと計測器がばらばらだとおさまりが悪いのでやはりケースは必要だと思う。また専用ケースがないために適当なケースを買う手間も省けるので専用ケースに収納できる点はポイントが高い。

オムロン上腕式血圧計 HEM-7313のメリット

使用して10か月以上経とうとしていますが、もともと付属として入っていた単3アルカリ電池4個でまだ電池切れかな、ということもなく使用できています(説明書には約300回分と記載あり)。

電池がなくなってきたとしてもバッテリーマークが3段階で教えてくれるのと、電池交換マークも表示されるようなので慌てる必要はないかなと思います。

また、購入ぎりぎりまで迷った腕を入れるだけで計測してくれるアームイン式との差異ですが、あまり気になりません。なぜならオムロンのカフはさすが名前が「フィットカフ」とだけあって装着がとても簡単だからです。

もともとカフ部分が筒の形状に形成されてあり、計測者はそこに腕を通す形で最後に残った布をマジックテープで巻き付ければ完成です。

とても簡単でパパッとできます。「カフぴったり巻きチェック」という項目があり巻きで異常を感じたら光と文字が表示されるのでゆるすぎるかな、きつすぎるかな、と不安に思う必要もありません。

また説明書の後ろのページに付属されている記録シートをコピーして使用しているので今まで書き忘れもないのですが、もし万が一失念してしまったとしても過去60回分を記録してくれるメモリー機能もあるので安心しています。

オムロン上腕式血圧計 HEM-7313のデメリット

・間違った番号で計測してしまっても機械は間違った番号で計測してますよ、と教えてはくれないこと。画面横のボタンのスライドで高血圧の夫①と比較的平常の妻②の数値を監理していますが、間違って②の画面で計測しても機械は番号間違っていませんか?とは教えてくれず、そのまま妻の血圧として記録されてしまう。この点はお互いに注意が必要となります。

・カフが汚れてしまっても洗うことができない。説明書に記載されているのですが、カフが汚れてしまった場合、乾いた布でのふき取りのみ可能。水やアルコールが含んだ布でふき取る行為や洗濯機に入れての洗いはNGで、その場合はアクセサリとして購入が必要となります。

・アームイン式の方が簡単と言えば簡単。腕にカフを巻きつける上腕式とは違い、アームイン式は腕を通すだけで計測が可能なのでその点は面倒という人はいるとは思います。ただ、HEM-7313もカフの巻の部分があらかじめ筒状にできているので、あとはマジックテープを適当な強さで締めるだけで計測のポーズは取れ、さほど苦ではないです。

オムロン上腕式血圧計 HEM-7313の総合評価

オムロン製品にして良かったと思います。血圧計の購入を考えている人は我が家のように年齢がオーバー50の家が多いのではないかと思いますが、一番のメリットはとにかく字が大きいこと。

HEM-7313は計測結果で表示される文字が大きく、パッとひと目でわかるので老眼の人でも眼鏡をあげることなく見えると思います。

私は主人と自分の結果を紙に書き込んでいるのですが、しばらくしても消されずに表示されているのでモタモタしていても安心して書き込む時間はあります。

計測結果のグラフを作る際にも、エクセル管理やスマホでの連動ができる人はいいですが私は電子機械音痴なので、説明書の後ろページに印刷されているグラフをコピーして書き込んでいます。オムロン側のこういった気遣いは嬉しいです。

また、専用ケースの中に機械が収納されているので、埃も溜まることなくコンパクトで場所を取らず使い勝手がいいです。

専用ケースもおしゃれなグレーかかったクリアケースで、もろ血圧計、というイメージがなく、自分で適当なケースを買いに出かける手間も省けて良かったです。

オムロン上腕式血圧計 HEM-7313の口コミ・評判は?

オムロン上腕式血圧計 HEM-7313のネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 医者に自宅での計測を促され、こちらを購入。とても簡単に計測できます。メモリー機能もついてるし、とても楽です。
  • 音が静かで、測定が簡単で何度計測しても誤差が出ません。スマホ管理もとても簡単でアプリで管理できます。
  • コンパクトで持ち運びがとても楽です。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 測定値が若干高めに出ます。
  • 本体とチューブがよく外れる。

オムロン上腕式血圧計 HEM-7313の購入を考えている人へアドバイス

我が家のように初めて血圧計を購入する人は特に色々な機能がついている機械よりも最高血圧、最低血圧、脈拍さえわかればいいと思います。

HEM-7313ではそれらがシンプルに大きな文字で表示されますし、計測結果も60回分保存してくれますし、またご夫婦での使用を考えられているのであれば2ユーザー可能なので長く使えると思います。

計測に関しても正確な位置から多少ズレてしまってもそのまま計測することができますし、適度な締め付けができているかも機械が判断してくれます。

収納に関しても専用ケースに入っているのでコンパクトにしまうことができ、大きな場所をとる必要がありません。また、単3電池も4つ必要な個数入っているので、買ったその日から使用できます。

4NO血圧計
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM