ワンプッシュでOK!アタック ゼロ ドラム式はボトルが秀逸♪

洗剤

アタック ゼロ ドラム式専用を2ヶ月ほど使ってみた『つがるねこさん』(35歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

アタック ゼロ ドラム式専用を購入しようと思ったきっかけは?

我が家は物が多く、収納スペースが限られるということ、また、私自身がものぐさなため、作業動線を短縮したい!ということを常々考えていました。

そのため、今まで販売されている洗濯用洗剤は容器が大きいこともあって、コンパクトタイプの専用ではないボトルを購入し、洗濯機のすぐ脇に設置したラックに置いていました。

ただ、専用ではないこともあって、どのくらいの洗濯物の量だとこのくらいの洗剤量、というのがわからず、いつも適当に入れるはめに…。

さらに、液体洗剤の場合、蓋を使って入れるタイプのボトルだと、地味に蓋に液残りがあって徐々に汚れ、たまに掃除しないとたれてしまって容器が汚くなる、と不満がありました。

いつかこの不満を解消できる商品が出ないかなぁ…と考えていたのです。

アタック ゼロ ドラム式専用をどのようにして知りましたか?

洗剤のストックが無くなり、底がつきて今日買わないと洗えない!でもスーパーによる暇がない!という時があり、やむを得ずコンビニに入ってとりあえずの間に合わせを買おうと棚を探していた時に、偶然見つけました。

洗剤を買う際に重要視したポイントとは?

私が洗剤を購入しようと思ったときに重要視したのは以下の6つです。

1.サイズ

収納スペースが決まっているので、そこに収まるサイズ

2.使いやすさ

毎回の洗剤を使うために出すときの手間がなるべくかからないもの。毎回違う洗濯量に合わせた量がわかりやすいことも重要。

3.生乾き臭対策

部屋干しが多いので、生乾き臭に対応できるふれこみのもの。だいたい抗菌作用となっているもの。

4.洗剤残りが少ない

ドラム式なので、水の使用量が少ない。そのため泡切れがよく、洗剤残りが少ないものがよい。

5.価格

毎日下手すると1日2回以上使用することもあるものなので、ランニングコストがかからないほうが望ましい。

6.手に入りやすさ

限られた店や遠くの店に行かないと買えないものでは日常使いができないので、わりとどこでも売っているもの。

購入に迷った洗剤は?

購入に迷った洗剤は以下の商品です。

Attack ZERO

(ドラム式専用ではない、両方に使用できるもの)

これに関しては、どれかと比較して悩んだというわけではなく、最初に発見して購入したときは、現在使用しているものとは異なるバージョンのドラム式専用ではない方でした。

その後、感動して追加を買おうとした時にドラム式専用を発見したので、最初のものと比較してみました。

やはりドラム式専用でないほうの方が店頭に並んでいることが多いように感じるので、特に使用感が問題ないのであれば、通常バージョンでも良いかな、と思って両方試しました。

正直なところ、どの程度こだわるかによると思いますが、比べた結果、やはり若干洗剤残りが少ない印象があります。

我が家はドラム式を使用している上に風呂水も使用するので、洗浄力があって洗剤残りが少ない方がよいです。

また、店頭への入荷についても、近所でコンスタントにどちらもあることと、価格は一緒なので、最終的にはよりドラム式に特化したほうにしました。

アタック ゼロ ドラム式専用の特徴、性能

商品サイズ (幅×奥行×高さ) :7.3×7.3×26
内容量:380g
清々しいリーフィブリーズの香り

生乾き臭に対応するため、消臭力に優れていることと、洗剤残りが抑えられているところは、CMでもやっていて、実際に文句なし!です。特に我が家は基本部屋干しなので、生乾き臭への対策はとても助かります。

そして、この商品の特徴はやはりワンハンドプッシュです。片手のみでノズルを押せば洗剤を出すことができるので、洗剤を入れるときの手間が省けます。

ポーション式と違って、洗濯量に応じてプッシュ数を変えればいいだけなので、微妙な調整もできます。

アタック ゼロ ドラム式専用のメリット

現在使い始めて2ヶ月程度経ちます。

とにかく感動したのは、ワンハンドプッシュ機能です。我が家は液体洗剤派ですが、片手に本体を持ち、もう片方の手で計量用に蓋を持って、あふれないように恐る恐る注ぎ、蓋からこぼれないように洗濯機に注いでいるのに、結局ほんの少し残った液体で蓋と本体が少しずつ汚れ、こまめに掃除しないといけない…というのがストレスだったのに、それが嘘のように楽チンになりました。

プッシュ数についても、目安を本体に書いてくれているので、それを見ながら1,2,3,4,5とやるだけなので、頭を使わなくて大丈夫です。

また、サイズがコンパクトなので、置く場所に困りません。元々スリムタイプの、専用ではない容器を探して使用していましたが、それを置いてあった場所に同じように置けます。高さもそこまでないので、洗面台の鏡裏スペースのような狭くて小さなスペースでも入ります。

洗い心地については、生乾き臭に対する性能がやはり満足度が高いです。共働きのため、夜に洗濯して、部屋干し…というパターンが多いことと、最近は干す時にそのままクローゼットにかけてしまうので、生乾き感が多少ありましたが、その際も特に臭いが気になることはなく、次の日に着ていくことができます。

アタック ゼロ ドラム式専用のデメリット

改善してほしい点としてあげるならば、プッシュ回数の記載の仕方にもう少し工夫をしてもらえるとよいです。

うちの洗濯機は洗濯容量を自動で感知して、粉用洗剤にして「1.0杯」とか「1.1杯」とか表示されるタイプなので、一瞬プッシュ何回分だろう、と思うときがあります。

全てのメーカーの記載方法に合わせる必要はないと思いますが、主なメーカーの記載方法は載せてもよいのでは?また、洗濯容量が6kgまでしか載っていないのですが、我が家の洗濯機は、最大11kgまでいけます。

たしか多くのファミリータイプの洗濯機は、小さくても8kgくらいまでは入ったはずなので、そのくらいまではなんプッシュなのかの表示はあったほうがよいと感じています(表示を見ていると、洗濯物の量で比例しているわけではなさそうなので)。

あと、些細なことではありますが、詰め替えの最大ラインがパッケージに書いてありますが、液体が透明なので、正直よくわからない。

詰替え用のパック自体はどうせそこまでいかない量で販売しているし、今後特大パックの詰替えが発売されるにしても、色付きにしてもらわないとわざわざ目印を付けている意味はあまり感じないです。

アタック ゼロ ドラム式専用の総合評価

正直洗浄力については、あまりこだわりがないというか、今の商品はわりとどれも落ちるので、それよりも手間がかからないとか、洗剤残りがないとか、生乾き臭が軽減といった、きれいになる以外の部分にメリットを見出している中では、この商品は画期的です。

パッケージ自体も表に出していてそんなに嫌じゃない、割とスタイリッシュなデザインだと思います。白と黒のツートンがメインなので、男性の一人暮らしとかでもいいかもしれないです。
値段的にも割高感はそんなにないので、よほど洗浄力がよいとか、画期的な商品が出ない限りはこの商品を使い続けると思います。

できれば同じシリーズで柔軟剤も出してほしいと願っています。

欲を言えば、ワンハンドタイプのうち、ドラム式専用ではない方のものにもドラム式で使用する場合の使用量が記載してあり、一応使えることになっているので、せっかくならばわざわざドラム式専用にするメリットを押し出してくれてもいいんじゃないかと思っています。

アタック ゼロ ドラム式専用の口コミ・評判は?

アタック ゼロ ドラム式専用のネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 泡切れがとてもいいです。トリガー式も使いやすい。リピします!
  • ヤギの唾液がかかり凄まじい悪臭がとれました!他の洗剤では取れなかったので、とても効果を感じました。
  • 容器の形状が秀逸。プッシュするだけで計測でき、液だれもなし。スゴイ。

悪い感想や要望などの口コミ

  • ニオイが強め。
  • 容器だけは秀逸なので、中身を入れ替えた。
  • 生乾きのニオイは消えない。

SNSの反響は?

インスタでもアタック ゼロ ドラム式専用は話題になっているようです。

この投稿をInstagramで見る

本郷まどか(@saleswoman_mdk)がシェアした投稿

買ってみた!使うのが楽しみ

この投稿をInstagramで見る

@nonbiringがシェアした投稿

ワンハンドプッシュがこんなに便利やとは~

この投稿をInstagramで見る

YUKI(@y.k.iii)がシェアした投稿

買っちゃった。あのCMはずるいわ

アタック ゼロ ドラム式専用の購入を考えている人へアドバイス

洗剤は値段で考えるとピンきりだったり、特大詰替え用があるものとないものがあったりと、人によって選ぶ基準が様々だと思いますが、日々の仕事になるものなので(特にファミリー世帯は毎日のこと)、手間がかからないというのは本当にメリットだと思います。

共働きで忙しい人や、小さい子がいる家庭、一人暮らしなど、とにかく手間を省きたい、という人には本当におすすめです。

ただ、やはりドラム式専用なので、少しつけ置きしたいとか特別なことをする、洗濯にこだわりがある人はあまり向いてないかもしれません。

ドラム式専用は泡切れがいいようになっていると聞いていますし、うちも汚れの酷いもののつけおきはやはり別にしているので。

洗剤
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM