ストーブの火傷をガード! 吹出し口ガード FDG-350FLで安全に!                              

ストーブガード

アイリスオーヤマ 吹出し口ガード FDG-350FLを1ヶ月ほど使ってみた『annieさん』(33歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマ 吹出し口ガード FDG-350FLを購入しようと思ったきっかけは?

我が家は寒冷地なので、11月から4月まで暖房は欠かせません。大人だけの暮らしのときには何も考えず灯油ストーブをそのまま使っていたのですが、4年前に長子が生まれて、火傷などの危険性を意識するようになりました。

それでも、大人しい長子は言い聞かせればストーブに触ることはなかったので、第二子を妊娠したりして忙しさにかまけ、対策を怠ってきました。

次子が生まれて、ハイハイ期までは特に問題を感じなかったのですが、つかまり立ちしはじめた昨冬、不意に暖気の吹き出し口に触れて「あちっ」となってしまいました。

幸い火傷には至らなかったのですが、子供にも怖い思いをさせてしまったことを後悔しました。

また、一度ストーブをつけた際に「ずいぶん焦げ臭いな」と感じたことがあり、吹き出し口を覗いて見たら、子供が遊んでいた厚紙の一部が内部に刺さっていたこともあります(半分焦げて黒くなっていました)。

子供の行動は予見不能、言い聞かせても次の瞬間にはやっているかもしれない…と他の面でも強く思っていますので、子供の怪我や火災防止のために吹き出し口ガードは絶対あった方がいいと思い、今年の秋に購入に至りました。

アイリスオーヤマ 吹出し口ガード FDG-350FLをどのようにして知りましたか?

子供関係の商品ということで、最初は西松屋店頭で見てみました。ただ、シーズン前だったこともあり商品がほとんどなく、amazonのサイトで「ストーブガード」と検索しました。

結果、目を惹いた物はストーブの周囲四面を柵で覆うタイプでしたが、ただでさえ狭い住居がこれで占有されることになる…と思うとなかなか踏み切れず、直接吹き出し口に取り付けるコンパクトなタイプを探し、本商品にたどり着きました。

ストーブガードを買う際に重要視したポイントとは?

私がストーブガードを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

1.安全性

やはり商品の性質上外せないことですし、最も重視しました。

2.強度

子供がいじっても外れたり壊れたりしないように、できるだけ強度のある物を望みました。

3.コンパクト性

子供が万一外してしまったとき、ぶつかって怪我をしないようにということと、見た目の「ゴツさ」からリビングに圧迫感が出るのが嫌だなと思っていました。

購入に迷ったストーブガードは?

購入に迷ったストーブガードは以下の商品です。

石油ファンヒーター専用ガード NHG-5655F

山善 ファンヒーター吹き出し口ガード RFG-54 

直接取り付けるタイプは2種類検討しましたが、もう一方は伸縮式で上下左右四ヶ所のノブを締めなければならず、設置のハードルが少し高かったです。

磁石式の本商品の方が、要はただ「貼る」だけですので、子供を見ながらの女性一人でも楽に取り付けられるかと思い購入を決めました。

カバー部が毛で覆われているものと、シリコン製のカバーで覆われているタイプ、どちらにしようか少し考えましたが、シリコン製のほうが万一ぶつかっても痛くないかなと思い、それも後押ししました。

もう一点、気になっていたのが「コンパクト性」でしたが、磁石式の本商品はL字型で、ノブ式のようにストーブ前面を左右からガッチリホールドするのではなく、「最低限」という感じでしたので、狭いリビングにもマッチするかと思いこちらに決断しました。

アイリスオーヤマ 吹出し口ガード FDG-350FLの特徴、性能

* 商品サイズ(cm):幅約35.6×奥行き約12.7×高さ約25.8
* 適応サイズ:幅30~46cmまでの 石油ファンヒーター専用
* 材質:スチール、シリコンゴム、ポリアミド、ポリプロピレン
※ファンヒーターの吹出し口が開閉式・可動式のもの、側面に焼却用吸気口があるものは取り付けできません。
※ファンヒーターの形状によっては取り付けられない場合があります。

本商品はストーブの吹き出し口が左側にある場合のみ取り付け可能で、左側面から前面中央部にかけてL字型に覆うタイプです。

前面部の四隅、四ヶ所に付属の磁石を取り付け、磁力でストーブに貼り付けます。

基盤となっている材質は金属ですが、吹き出し口正面にあたる前面部は上下に黒い横棒、そしてそれを繋ぐように多数の縦棒が嵌められており、横棒はプラスチック製、縦棒はシリコン製のカバーでそれぞれ覆われ、触っても火傷しない設計になっています。

本商品をストーブに設置する際は、附属の赤いシールをあらかじめストーブ側に貼っておき、ズレ防止確認をすることができます。

設置しながら、細かい気配りがされた商品だと感じました。また、女性一人でも特に戸惑うことなく設置できたので、非常に助かりました。

アイリスオーヤマ 吹出し口ガード FDG-350FLのメリット

本格的に使いはじめて1ヶ月以上が経過しますが、おおむね満足しています。子供たちも、最初こそ物珍しがって寄ってきましたが、「触っちゃダメ」と言い聞かせ、今のところ危険な目には遭っていません。

また、稼働中に実際に大人が触れてみましたが、金属部、プラスチック部、シリコン部、どこも熱くなっておらず、もしかしたらカバーされていない金属部は多少は危ないかもと予想していたのですが、良い意味で裏切られました。我が家のストーブを通常使用している分には問題なさそうです。

また、ネット上のレビューを購入後に見て知ったのですが、「金属部のバリが多数出ていて怪我の危険がある」というコメントが散見され驚きました。

改めて見直してみましたが、幸い我が家で購入した物にはそういう危険な箇所は見当たらず、こちらもラッキーだったなと胸を撫でおろしました。

加えて、「強いといえども磁石なので強い力を掛けると外れる」という意見もありましたが、我が家では今のところ問題がありませんし、説明書によると「ヒーターの転倒防止のため外れやすくなっている」とのことで、定期的に取り付け位置の確認と調整を行うよう注意喚起されているようでした。

確かに子供の持ち物や衣類などが引っ掛かってしまった場合、ストーブもろとも転倒することも考えられるので、その危険を考えれば多少外れやすいことはやむを得ないですし、むしろ利点かなとも考えています。

とすれば、同時に検討した伸縮式・ノブ固定タイプよりも良かったと結果的には思います。

アイリスオーヤマ 吹出し口ガード FDG-350FLのデメリット

デメリットは、やはり完全に子供の手をガードはできない点です。

子供は、興味がなければ近付いてきませんが、何かのきっかけや遊びの延長でストーブの吹き出し口に触ろうと思えば、1歳児でも工夫次第でできてしまうと思います。

まず、この商品のコンパクトであるという利点が欠点でもあるのですが、吹き出し口が左側に付いているストーブをカバーするものなので、覆いはストーブ前方中央部までしかありません。

右側まではないのですが、ストーブの構造上、吹き出し口の羽根は前面部の左右いっぱいに延びており、カバーされていない右側の羽根から熱い部分に指を差し入れることが簡単にできてしまいます。

そういう意味では、この部分のガードが甘いと言わざるを得ません。また、前面部以外の格子の隙間は比較的緩く、約1.3cmあります。

指が入っても掌までは入らない幅ですが、小さいおもちゃ、紙類、棒状のものは比較的容易に入ってしまいます。実際に子供がそこにおもちゃを入れて遊んでいたことがあり(中に溜めるのが面白いようでした)、子供の好奇心を甘く見ていたと反省したこともあります。

そのときはまだストーブ稼働前だったので大事には至りませんでしたが、よく子供が遊ぶ新聞紙の剣だとか、可燃性の文房具などが突っ込まれたら危ないなと感じています。

アイリスオーヤマ 吹出し口ガード FDG-350FLの総合評価

厳しく見れば気になる箇所はいくつかありますが、どの商品も完璧な物はないのだと割り切れば、比較検討した物の中では一番良かったかなと思っています。

最も考慮した安全性に関して言えば、柵タイプは、なまじ「立っている」感じがあるので、よくわかっていない子供が寄りかかってストーブの方へ倒れたり、相撲や戦いごっこなどで派手に遊んで転倒した際に巻き込む可能性もあります。

伸縮式タイプも転倒という面に関しては心配な点があるので、万一の際は外れることで被害を抑える磁石式にして良かったという思いでいます。

デザイン性に関しても、柵タイプは大仰すぎて気が進みませんでしたし、より簡易なL字型にしたことでリビングに圧迫感も出ず、いかにも「子育て中です」という感じもせず快適に過ごしています。

アイリスオーヤマ 吹出し口ガード FDG-350FLの口コミ・評判は?

アイリスオーヤマ 吹出し口ガード FDG-350FLのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 小さい子供がいるので購入しました。マグネットが強力で外れません!
  • 猫の安全に購入。ワンシーズン使って問題ないことを確認しました。
  • 簡単に着脱ができて便利。

悪い感想や要望などの口コミ

  • ファンヒーターにキズが付きそうな磁石。
  • 子供が体重をかけると動く。
  • 製品にバリが多い。

SNSの反響は?

インスタでもアイリスオーヤマ 吹出し口ガード FDG-350FLは話題になっているようです。

この投稿をInstagramで見る

nao-ko(@catnanana)がシェアした投稿

ロシアンブルーがこんなに寒がりだとは思わなかった。。。

この投稿をInstagramで見る

nao-ko(@catnanana)がシェアした投稿

チリチリ気を付けてねっ

この投稿をInstagramで見る

KATY(@dabo_g)がシェアした投稿

今日は寒いですねー

アイリスオーヤマ 吹出し口ガード FDG-350FLの購入を考えている人へアドバイス

我が家の物では感じませんでしたが、「金属部にバリが多数ある」というレビューが見受けられましたので、可能な限り実店舗で確認してから購入することをおすすめします。

ただ、私はインターネットで購入しても特に問題はありませんでした。マイナスポイントとしては、ガードが完全ではないので、やはり長時間目の届かない場所で子供に遊ばせるわけにはいかないということが挙げられます。

ストーブを使用する以上どこの家庭でもそのようなことはしないでしょうし、子供もある程度親の注意を守れるようでしたら、通常の範囲内で使用すれば問題はないかなという印象です。

ハイハイ期~3歳くらいまでの子を持つ親御さんは、隙間から指やおもちゃを入れてしまうことに注意が必要かとは思います。

ストーブガード
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM