手軽にBluetoothスピーカーなら、JBL クリップ3で決まり!

Bluetoothスピーカー

Bluetoothスピーカー JBL クリップ3を8ヶ月ほど使ってみた『mikuni76さん』(40歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

Bluetoothスピーカー JBL クリップ3(CLIP3) を購入しようと思ったきっかけは?

この商品を購入するまでは、音楽を室内で聴きたい時はリビングのCDプレーヤーで流したり、あるいはお気に入りのストリーミングアプリや英語聞き流しアプリ等はスマホの音量「大」にして聴いていました。

しかし、音楽ノリノリ気分で家事をこなしたい時、CDプレーヤーだとコンパクトなマンションとはいえ、あちこち動き回っていると場所によっては音が聞こえにくかったり、一方でスマホはどの部屋にも持ち歩くことは出来るものの音質はイマイチ、おまけに充電もあっという間に減ってしまい、いまひとつ満足できませんでした。

スマホは充電したままで音楽アプリを起動しつつ、どんな場所でも快適に音楽を楽しめる方法はないかと考え、ワイヤレススピーカーを探し始めました。

Bluetoothスピーカー JBL クリップ3をどのようにして知りましたか?

あまり詳しくない私が「スピーカー」と聞いて思いつくのはCD主流時代のコンポ。いわゆる箱型の固定設置型のスピーカーでした。

携帯できるワイヤレススピーカーって?形状、大きさも検討がつきませんでした。とりあえず、Amazon、楽天市場で「ワイヤレススピーカー」「ポータブルスピーカー」を検索することにしました。

従来からの箱型、筒型が多く見受けられましたが、この丸いフォルムに一目惚れしました。

Bluetoothスピーカーを買う際に重要視したポイントとは?

私がBluetoothスピーカーを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の4つです。

1.メーカー

コンパクトでも音質の高いものが条件でした。実際に視聴できると一番良いのでしょうが事実難しいと判断し、ネットランキングから定評のあるメーカーをいくつか候補にしました。

2.価格

これは音質同様に重要項目でした。正直、無くては困る生活必需品ではありません。趣向品を探す以上はしっかりと予算ありきで探しました。(5千から6千円代)

3.充電時間と再生時間

前者は短く、後者は長いに越したことはありません。

4.デザイン

せっかく持ち歩いて音楽聞くならおしゃれなものがいい!単純ではありますが、上位3点の重要項目をおさえたら、あとは見た目ピンときた物を選びたいと思いました。

購入に迷ったBluetoothスピーカーは?

購入に迷ったBluetoothスピーカーは以下の商品です。

ソニー SRS-XB10

ソニー SRS-XB01

Anker Soundcore

Ultimate Ears WS650

何個か候補がありましたが、最後まで迷ったのはUltimate Ears WS650と今回購入したJBLCLIP3です。自己設定した重要項目ごとに比べてみました。

1.メーカーについては、両者とも海外主要メーカー。それぞれスペックによると、周波数特性はUltimateが80Hz-20kHz、JBLが120Hz-20kHz。Ultimateの方が低音域が広いということでしょうか?

2.価格はショップにより差はあるが、JBLの方が約1000円-1500円ほど安い。

3.充電時間と再生時間はほぼ一緒で充電約3時間、再生は約10時間。

4.デザインはともに個性的でかっこいい。円筒型で丸くコロンとしたUltimate。円盤型のJBL。カラーバリエーション豊富。引っ掛け可能なフックあり。かなり迷いましたが、予算内に収まること、円盤型の方が据置と壁掛けのどちらの場合も、ぐらつくことなく安定性があるかなと思い、JBLに決めました。

Bluetoothスピーカー JBL クリップ3の特徴、性能

<仕様>
■カラー:ブラック、ブルー、レッド、ホワイト、ティール、スクゥアドゥ
■Bluetooth:バージョン4.1 ※伝送範囲:Class2(通信距離10m、障害がない場合)
■対応プロファイル:A2DP v1.2、AVRCP v1.5、HFP v1.5、HSP v1.2
■対応コーデック:SBC
■オーディオ入力:Bluetooth、外部音声入力
■最大出力:3.3W
■ユニット:40mm径フルレンジスピーカー ×1
■周波数特性:120Hz ~ 20kHz
■サイズ(H x W x D):137 x 97 x 46(mm)
■重量:220g
■電池:リチウムイオン充電池 <充電:約3時間、再生:約10時間※2>
■付属品:充電用USBケーブル(USB A → マイクロUSB)

・サイズは円盤型で手の平に収まります。(画像: on hand.jpg)重さは220gで特に気にならない重さかと。

・音質について 最大出力3.3W、周波数特性120Hz-20kHzとあります。実際聴いた感覚ですが、このサイズでこの音質なら十分満足です。

・電源ON/OFF時の効果音が特徴的。ON時は音階が上がり、OFF時は下がります。LEDランプがパっと見少し分かりくい部分にあるので、この効果音でON/OFFの状態が確認できます。

・引っ掛けフックが便利。取扱説明書にはカラビナとありますが、簡単に素早く開閉できるのでベルトやバッグの持ち手に付けたり、屋外でフェンス、細い木の枝やポールなんかに簡単に引っ掛けることが可能です。

・防水性能IPX7 規格仕様では30分水深1mみ水没しても内部に浸水しないレベルとあります。まだ水没した経験はないですが、キッチンや洗面付近でも安心して使用しています。

・オートパワーオフ機能あり。電源消し忘れも安心です。

Bluetoothスピーカー JBL クリップ3のメリット

購入して8か月くらい経ちました。海外ブランドHARMANですが日本語の別紙取扱説明書が同梱されているので、最初のスマホ等ベアリング設定も説明書通り行えばBluetooth初めての方も簡単にできます。

毎朝、朝食の準備中に1時間ほど使っています。キッチンのフックに引っ掛けて英語アプリを聞き流したり、最近は朝登校前の息子からJ-POPをリクエストされるのでテーブルに置いたりして聴いています。

すぐにひょいっと片手で持ち運びできるコンパクトなサイズなので慌ただしい時間にはとても便利です。

我が家はマンションなので家の中央となるリビングに置いたスマホのアプリを起動して洗濯時には洗面室で、

次にベランダに移動して(ベランダ置忘れに注意)と大活躍してくれるのもカラビナのおかげですね。

このカラビナですが、ただ本体に付いているのではなく、丸い本体をぐるっと囲むように設計されていて、デザイン的にもおしゃれなんです。

肝心なスピーカーとしての音質レベルですが、まずはピアノ音楽のような高音、とても綺麗です。次にビートの効いた重低音、このサイズで出せるレベルとしては以外に迫力があり十分合格でしょう。

屋外での使用はまだ数回ですが、夏のテントの中で使いました。(サイズのわりに音量が出るので周囲への配慮重視)再生時間約10時間なのでしっかり充電しておけば十分楽しめます。

あと細かい点ですが、本体裏全体にゴムラバーが施されています。

これがあることで平置き、壁掛けの場合も音の振動や傷をしっかり防ぐことができ安心です。このちょっとした工夫も好感度◎です。

Bluetoothスピーカー JBL クリップ3のデメリット

・曲戻し、頭出し機能がありません。

再生ボタンを連続で2度押しすることで曲スキップすることはできます。具体的なシチュエーションでいうと、英語学習のリスニングをしている場合、聞き取れず何度か戻って聞き直したいことがよくあります。

あとお気に入りの楽曲はもう一度聞きたくなったり。そういった場合には正直、不便を感じます。歩いて戻って音源元の操作をする手間がかかります。

・LEDランプが見えづらい。電池残量が十分ありかつ電源ON時は白く点灯し、電池残量が空に近くなると赤く点滅するのですが、少し奥をのぞきこまないと見えない位置にあるので、再生中にそれに気付かず、途中で充電が空になってしまうことがよくあります。

なのではっきり見える前面に位置してもらいたかったです。

・付属のUSBケーブルが短い。30センチ。

欲を言えば、2から2.5倍ほど長いと嬉しいです。腰高の机等に置いて充電する場合、30センチでは壁下部のコンセント穴まで遠いため、延長コンセントタップを接続することになります。

Bluetoothスピーカー JBL クリップ3の総合評価

総合評価は「十分満足」です。なんといっても最大の魅力は「使う場所を選ばない」ということでしょうか。さっと持ち運ぶことができるので、リビング、キッチン、洗面室と室内移動の際は頻繁に携帯しています。

さらにカラビナを使えば移動中や屋内外問わずあらゆる場所で使用できます。音質に関しては、それほど繊細な音にこだわるわけではなかったので、負担の少ない価格でそこそこ良質な音を色んな場所で楽しみたいという我が家のハードルは余裕で越えました。

ただ主な機能としては再生、音量、スマホ着信といったシンプルな基本機能のみなので、曲戻しや頭出しといった、もう少し便利な機能がついていれば、間違いなく「大満足」の評価だったとは思います。

Bluetoothスピーカー JBL クリップ3の口コミ・評判は?

Bluetoothスピーカー JBL クリップ3のネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • go2と比べると、重低音もしっかりでてるし、部屋の中で音が広がります。
  • コスパがかなりいい。しっかりした作りで、素材も滑らず気配りが効いてます。
  • サイズ感も使い勝手もとてもいい。ちょいスピーカーに最適。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 音質がさほど良くない。
  • 低音が弱い。
  • 音質を求めるなら、他がいい。

SNSの反響は?

TwitterでもBluetoothスピーカー JBL クリップ3は話題になっているようです。

Bluetoothスピーカー JBL クリップ3の購入を考えている人へアドバイス

お手頃な価格でお探しの方,または既に高機能なワイヤレススピーカーを持っていて2台目を探している方にはとてもお勧めです。確かにもっとハイブランド(BOSEやBEATS)で高スペックなものも種類豊富で魅力的ですが、やはりそれなりにお値段も高いです。

このスピーカーは良い意味で期待を裏切ってくれるのではないでしょうか?コンパクトなボディから流れる迫力ある音、カラビナや裏ラバーといった配慮のある造りは、やはり価格以上の満足感でした。あと色も相当迷いました。

7色あるようです。ブラック以外はくすみのある落ち着いた色で、どれもオレンジ色のロゴとの配色が絶妙です。インテリアやバッグに合わせて、色選びにもぜひこだわってみてはいかがでしょうか。

Bluetoothスピーカー
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM