餃子の焼き方が失敗しない!ブルーダイヤモンドコート フライパンを使ってみ!

フライパン

ブルーダイヤモンドコート フライパン HB-1210を2年ほど使ってみた『ジョジョリーヌさん』(36歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

パール金属 ブルーダイヤモンドコート フライパン HB-1210

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

パール金属 ブルーダイヤモンドコート フライパン HB-1210を購入しようと思ったきっかけは?

このフライパンを購入する前は、我が家には鉄のフライパンしかありませんでした。鉄鍋は長く使えるし、コーティングがはげる心配もないので重宝しているのですが、管理も調理も少し難しくて、油が馴染むまでは焦げ付き易いんです。

夫も私も餃子が大好きなので、月に2~3回は餃子を作るのですが、鉄鍋だとどうしても底がひっついて焦げてしまうんです。

ひどいものは底がベロっとはがれてしまって、中のあんが皮から出てしまうこともしばしば。そこで、餃子を上手に美味しく焼けるフライパンが欲しい!!と思い、餃子のためだけに新しいフライパンを購入することにしました。

ブルーダイヤモンドコート フライパンをどのようにして知りましたか?

実家の母も鉄鍋ユーザーで、家には数種類の鉄鍋があるのですが、そんな母も餃子だけは別の餃子専用のフライパンを使っていました。

餃子用のフライパンを探し出してから、一度実家で餃子を焼いてもらいました。底はこんがり焼けていて、皮が破れることもなく、肉汁溢れるとても美味しい餃子が焼けました。

その時母が使っていたフライパンがブルーダイヤモンドコートのフライパンだったので、私もダイヤモンドコートのフライパンを探してみようと思いました。

餃子用フライパンを買う際に重要視したポイントとは?

私が餃子用フライパンを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の5つです。

1.機能

餃子をきれいに焼きたい。というのが一番重要ポイントだったので、焦げ付きにくく、焼きあがったあとにスルっときれいにお皿に盛れる。そんなフライパンが欲しいと考えました。

2.大きさ

大きすぎず、小さすぎず。一度にたくさん餃子が並べられるくらいの大きさがいいなあと。大きさもけっこう悩んで比較しました。

3.使いやすさ

焼きあがった後にお皿にひっくり返したいので、重すぎると持ち上げるが大変なので、重さや持ち手の持ちやすさなど。使いやすさも重要ポイントでした。

4.値段

メインのフライパンを探しているわけではないので、お値段も手ごろなものが良いなと考えました。

5.素材

小さい子供がいるので、表面のコーティングが剥がれる心配のある素材だと心配です。安心な素材で作られており、コーティングもしっかりしたものがよいと思いました。

購入に迷った餃子用フライパンは?

購入に迷った餃子用フライパンは以下の商品です。

匠弥 餃子鍋

機能は良さそうでしたが、形が餃子以外にあまり活用できなさそうなのでやめました。

餃子鍋26cmとガラス蓋と専用ターナーのセット

蓋とターナーも付いてて便利そうでしたが、これまた餃子以外に使い道がなさそうなので購入には至りませんでした。

IHライラ フライパン26cm 内外ダイヤモンドコート

一番悩みました。今回購入したフライパンと似ていると思ったので、価格の安い方を購入しました。

ワイドラージ IH対応 ソテーパン 28cm

たくさん並べられるし良さそうだと思いましたが、ひっくり返すのが難しそうだと思いやめました。

1.機能

耐久性に優れていて、3層ものコーティングがされているという部分に惹かれました。アルミ基材の上にプライマーコーティング、ミッドプライマーコーティング、ブルーシャイントップコートが施されているそうです。

2.デザイン

持ち手のデザインが持ちやすそうだし、継ぎ目がないので洗いやすそうだと思いました。

反対側にも取っ手があるので、重い場合も両手で持てるので便利そうだなと。

全体的につるんとしたデザインも好きでした。

3.値段

ダイヤモンドコートのフライパンはけっこうお高めなものが多いですが、値段も手ごろで購入しやすいかなと思いました。

4.大きさ

大きさは悩みましたが、家にある他のフライパンとも比較してみて、26cmが一番使いやすいと思い、26cmにしました。それ以上大きいと、調理するときに私では片手で持てないと思いました。

ブルーダイヤモンドコート フライパンの特徴、性能

サイズ(約) 全長510×幅270×高さ100mm
重量/1.03kg
材質 本体/アルミニウム合金(内面 ふっ素樹脂塗膜加工、外面 シリコーン樹脂塗装)
底部/鉄溶射加工
取っ手/ステンレス鋼・フェノール樹脂(耐熱温度150度)
フック/シリコーンゴム
配送区分 【同梱OK】
備考 オール熱源対応
(ガスコンロ、IH、シーズヒータ、ハロゲンヒータ、エンクロヒータ、ラジエントヒータ)
GAS・100V・200V

アルミ基材の上に3層のコーティングが施されているので、傷、汚れに強く耐久性に優れています。厚みのあるしっかりとしたフライパンです。

また一番上の層はブルーダイヤモンドでコーティングされているので焦げ付きにくく、お手入れの際も汚れが落ちやすくなっています。今まで使っていたフライパンよりスポンジで簡単に汚れが落とせると感じます。よく見ると表面が少しキラキラしているように感じます。

持ち手部分は手に馴染みやすく、持ちやすい形状をしています。

ラインストーン付きでちょっとオシャレです。

取っ手も付いているので、たくさん料理をしてしまって片手では重たくてお皿に移せないときは持ち手と取っ手、両方を持ってお皿に移したりしています。

ブルーダイヤモンドコート フライパンのメリット

餃子が本当に上手に美味しく焼けるようになりました!

一度にたくさん並べることができ、お皿をかぶせてひっくり返すのも簡単です。

熱伝導が良く、外はカリッと中はジューシーに焼きあがります。家で美味しく餃子を焼けるようになったので、外出先で餃子を食べることがほとんどなくなりました。

鉄鍋で焼いていたときは焦げ付いてしまい、フライパンを洗うのが大変でしたが、このフライパンにしてからは焦げ付きなく、さっと洗っただけで汚れが落ちるのでお手入れも簡単になりました。

もともと餃子用のフライパンとして購入したのですが、優秀なので、最近は一番出番の多いフライパンになっています。

今まで使っていたフライパンは1~2年も経つと、熱で変形してしまったのか、真ん中の部分だけが盛り上がってきてしまっていました。油や水分を入れると端に流れてしまい、均一に調理ができませんでした。

このフライパンは購入してから2年ほど経つのですが、従来のような変形が見られませんでした。3層コートによる厚みのおかげか、しっかりしたフライパンだと思います。何年使えるか楽しみです。

表面がしっかりコーティングされているので、お肉料理は油なしでも焦げ付かずに調理できます。ヘルシーで良いと思いました。

ブルーダイヤモンドコート フライパンのデメリット

厚みのある分、今まで使っていたフライパンよりは重く感じます。こちらの製品で26cm以上だと私には重すぎて持ち上げれないかもしれないなと思いました。26cmのサイズですと、重いですが持ち上げることは可能です。

取っ手が付いていて便利なのですが、その分長さがあるので収納スペースの長さが必要になりました。収納棚をけっこう占領しています。上にほかの鍋やフライパンを重ねて収納しています。

蓋が付いていないので、別で蓋を探す必要がありました。ほかの26cmのフライパンの蓋を合わせてみましたが、ぴったりとは合いませんでした。餃子用で購入したので、蓋なしで使うわけにもいかず、隙間なくぴったり蓋できるものを探すのに苦労しました。

深さはあまりないフライパンなので、煮込み料理にはあまり使えないと思いました。

煮魚くらいなら大丈夫だと思いますが、煮汁の多い煮込み料理だと一度にたくさん煮込むことができないと思います。

ブルーダイヤモンドコート フライパンの総合評価

購入してから2年ほど経ちますが、とても満足しています。今まで使っていたフライパンは1年ほどでコーティングが剥がれ、焦げ付きやすくなってしまい、買い替えを余儀なくされていましたが、今回は2年たってもまだ焦げ付かずに快適に使えています。

餃子大好きな我が家としては餃子がお店レベル(自画自賛しすぎですね)で焼けるようになっただけでも大満足です。さらにお肉料理は油なしでも調理出来て健康的です。焦げ付きもなく、お手入れもしやすい。お値段の割に、コスパの良いフライパンだなと思います。

そのくらい耐久性があるのか、これからも使うのが楽しみです。

こちらのフライパンが焦げ付きやすくなり、買い替えるときも、またダイヤモンドコーティングのフライパンを購入しようと思います。

パール金属 ブルーダイヤモンドコート フライパン HB-1210

ブルーダイヤモンドコート フライパンの口コミ・評判は?

ブルーダイヤモンドコート フライパンのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 良いサイズ感ですね。使い勝手がとてもいいですね。
  • 酷使している割に長く使える。1年以上使っていても全然大丈夫。
  • コスパがいいです。この鍋を買って中華鍋を使わなくなりました。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 大きさの割に重い。
  • キズが付きやすいのではないか。

SNSの反響は?

Twitterでもブルーダイヤモンドコート フライパンは話題になっているようです。

ブルーダイヤモンドコート フライパンの購入を考えている人へアドバイス

餃子をカリッと上手に焼きたい方にぜひオススメしたいフライパンです!今まで使っていたフライパンが1年くらいで焦げ付きやすくなってしまう。フライパンの耐久年数が短く感じる。

そんな方に一度使ってみてほしいと思います。焼き物料理の多い方にもオススメです。熱伝導が良く、IHでも均一に熱が伝わり上手に調理ができるように感じます。

特にお肉料理は油なしでも調理できるので、カロリーを抑えることができて健康的にお肉料理を楽しむことができると思います。

厚みがあり、しっかりとしているので、少し重みのあるフライパンです。重いフライパンが苦手、フライパンを振って調理したいという人には向いていないかもしれません。

ダイヤモンドコートのフライパンを使ったことがない方は一度つかってみてほしいです。

フライパン
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM