カードゲームのおすすめ【子供から大人まで夢中で楽しめるカードゲーム4選】

ゲーム

こんにちは。『佐藤恵理子』(女性/34歳)です。

我が家には家族全員で、週に1回家族みんなでワイワイ楽しむものがあります。それがカードゲームです。

トランプやUNOなど定番なものはもちろん、最近は様々なカードゲームが販売されています。またカードゲームバーなども、若い世代を中心に話題になっていますよね。

今回は我が家のお気に入りのカードゲーム4選をご紹介します。家族団らんの場や友人との集まりなどに、ぜひ活用してくださいね。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
特に決まりはありませんが、毎週日曜20時はカードゲームタイムの我が家。34歳、35歳、9歳の3人が手加減一切なしで、本気で楽しんでいます。
スポンサーリンク

コミュニケーションツールに最適なカードゲーム

カードゲームをお薦めする理由は、世代を超えてワイワイ楽しめるということ。

我が家は主人、私、息子(9歳)の3人家族です。

普段は、個々にYouTube鑑賞、ゲーム、読書など気ままに過ごしています。それはそれで楽しいのですが、たまには家族みんなでワイワイ楽しみたい。そんな時にカードゲームは最適なのです。
年齢も経験も関係なく、本気になって勝負できるカードゲーム。かさばらないので、キャンプなどに常備するのもおすすめです。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
我が家は三世代で楽しむこともあります。またお酒の席のコミュニケーションツールとしても楽しめますよ。

我が家がカードゲームにハマったきっかけ

我が家がカードゲームにハマったのは、実は息子がきっかけでした。

我が家は共働きのため、平日の放課後は児童会館の児童クラブに行っています。児童館にはたくさんのカードゲームがあり、毎日友達と対戦している息子。そして今年の誕生日プレゼントに、「家族でやっても絶対に楽しい!」からとおねだりされたのです。

また、それと同時期にママ友からカードゲームを購入したという話を聞きました。そのママ友が、購入したカードゲームを大絶賛。我が家も購入を検討していると話したところ、「絶対に買った方がいい!本当に楽しいよ!」と勧められたのです。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
購入の際は通販を利用するのがおすすめ。普通のおもちゃ屋さんには、なかなか売っていませんでした。(ちなみに札幌市内です)

我が家が持っているカードゲームたち

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
それでは我が家のおすすめカードゲームを紹介していきます。

【1】トランプ

スタンダードトランプ RED

対象年齢:4歳以上(ゲームによっては3歳以上から)
遊べる人数:2人~

カードゲームの中でも定番中のド定番。今回紹介するべきか迷いましたが、我が家では定番の遊びなのでこちらも紹介させていただきます。

トランプのメリットは、お子さんの年齢に合わせてゲームを選ぶことができること。
我が家は息子も大きいので

  • 七並べ
  • 大富豪
  • スピード

が最近の定番です。

またトランプを購入する際は、プラスティック製をセレクトするのがベスト。素材が紙だと、折れ跡などがつきやすいためです。一時期ババ抜きにハマっていた我が家は、ジョーカーに跡がついてしまい勝負にならなくなったことがあります。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
ちなみに大富豪は家族の中でも私がダントツの実力者。主人と息子から無敗の女王と呼ばれています。(現実世界でもそうなりたいです)

大富豪は追加ルールでもっと楽しくなる

実は大富豪には、地域によって独特のルールがあることをご存じですか?このルールをプラスするだけで、より盛り上がります。

ローカルルール

1.革命

同柄の同じ数字を4枚出して起こす革命。革命を起こすと、手札の強さが逆転します。ただ例外としてジョーカーの強さは変わりません。よりスリリングに楽しむには、ジョーカー抜きでプレイするのもおすすめです。

2.スぺ3

スぺ3とはスペードの3のことを指します。通常時だと一番弱い手札となる3。しかしこのルール適用時には、ジョーカーが場に出されていた場合のみスペードの3はそれより強い手札として使えるのです。またスぺ3が有効なのはジョーカーに対してのみ、そのためAや2の後には出せません。

3.8切り

8切りとは、8を出した人が親になれるというルールです。8を出すとそれまでの場は流れ、出した人が親となり新しい場が始まります。このルール適用時は、8をどううまく扱うかが勝敗のカギ。手札が弱い場合でも、8の使い方で大富豪になれるケースも多々あるのです。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
対戦相手や人数によって、取り入れるルールを変えるのも楽しいですよ。

【2】ドブル

ドブル

対象年齢:6歳以上
遊べる人数:2人~

ドブルは反射神経を駆使する絵合わせカードゲーム。

公式では6歳以上からとなっていますが、実際には5歳くらいから遊べちゃいます。一見複雑そうに見えますがルールはシンプル。そのため説明書はサッと読む程度でOK。「習うより慣れろ」ということで、一度やってみるのをおすすめします。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
単純なルールなのに楽しい。小さなお子さんでも楽しめる分かりやすいさが、魅力ですう。ちなみに私の父母(60代)もハマっています。

ドブルの詳細について

例えば

この場合共通しているのは、水色のペンシルです。

説明書にはそれぞれのキャラクターの名前が記載されています。

しかし、各々の家庭でオリジナルの名前をつけて遊ぶのも楽しいですよ。

またミニゲームが豊富なのもドブルの魅力。1つ購入すると、何通りもの遊び方が楽しめます。

【3】おばけキャッチ

メビウスゲームズ おばけキャッチ

対象年齢:8歳以上
遊べる人数:2人~

おばけキャッチは瞬時に正解を判断し、サッと駒を取る早取り系カードゲーム。

コツをつかむまでは少しい時間がかかりますが、わかってしまえば簡単。対象年齢は8歳以上と記載がありますが、こちらもルールさえ理解できれば6歳くらいから遊べちゃいます。ちなみに我が家では30代の大人二人が手加減なしに挑んでも、息子にはなかなか勝てません。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
反射神経と共に、頭もかなり使うゲーム。頭ではわかっていてもお手付きをしてしまったり、僅差で相手に取られたり…とにかく大盛り上がりすること間違いないゲームです。

おばけキャッチの詳細について

例えば

この状態は「正しい色で写っているモノがある状態」答えは灰色のネズミです。

この状態は「正しい色で写っているモノがない状態」答えは赤の椅子です。

従来のルールに飽きてきたら、ゲーム2の「本は声を!」のルールを追加してみましょう。

よりゲームが複雑になり、スリリングに楽しめますよ。

【4】キャットアンドチョコレート(日常編)

キャットアンドチョコレート(日常編)

こちらはSNSなどで話題になった、コミュニケーション系カードゲーム。

お題のカードに描かれている日常のピンチを、配られたアイテムで突破するというヒラメキ力が試されるゲームです。このゲームでは、頭の柔軟性とアドリブ力が重要。勝敗にこだわるというよりも、みんなでワイワイ盛り上がるのに最適ですよ。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
カードゲームというより、ゆるい大喜利という感じのこのゲーム。飲み会の席になどにもおすすめですよ。

キャットアンドチョレートの詳細について

例えば

イベント:宿題が全然終わらない
手札:おかん・メジャーリーガー・剣

→「おかんを剣で脅して、宿題を手伝ってもらう」(物騒)!

という感じでピンチを切り抜けていきます。

人や物、はたまた金銭など多数のアイテムを組み合わせ、日常のピンチをくぐり抜けるこのゲーム。ただずっとやっていると、どうしても答えがマンネリ化してしまうというデメリットを最近感じています。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
我が家で最強と呼ばれている手札は「おかん」と「1億円」。逆にどうやっても使いこなせないのが「ねんど」です。

4つのゲームをおすすめする理由

駆け引きや騙しあい要素がないから、小さなお子さんや初対面の人とでも楽しめる!

実は我が家はこの他にも、多数のカード&ボードゲームを所有しています。その中でもこの4つをおすすめする理由は、それはとにかく真っ向勝負なところ。今回紹介した4つのゲームは反射神経や知恵、また多少の運だけが勝敗を分けます。そのため年齢を問わず、和気あいあいと楽しめるのです。

さいごに

息子の誕生日プレゼントとして購入したカードゲームですが、本当に楽しくて大人の方がどっぷりハマってしまいました。

夫婦共々ゲーマーなので、PS4や任天堂スウィッチなどで子供と遊ぶことが多かった我が家。しかしやはりカードゲームには、テレビゲームとは違う良さがあります。

お盆や年末年始、またGWなどの長期休みなどは、家族みんなでカードゲームをしてみてはいかがでしょうか。

libloomスタッフ:佐藤恵理子さん
現在他にも所有しているカードゲームは多数ありますが、今回紹介したものは、どの世代で遊んでも大盛り上がりです!家族みんなで大笑いしながら楽しむと、日ごろのストレスも吹き飛んじゃいますよ。
ゲーム
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM