【レビュー】コスパ良い!フィリップス ソニッケアー ヘルシーホワイト

電動歯ブラシ

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ヘルシーホワイト HX6753/32を半年ほど使ってみた『タカクラさん』(42歳/男性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

フィリップス ソニッケアー ヘルシーホワイト

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

フィリップス(PHILIPS) 電動歯ブラシ ソニッケアー ヘルシーホワイト HX6753/32を購入しようと思ったきっかけは?

私自身、歯並びがよくないこともあり、手磨きでの磨き残しやザラザラ感など、仕上がり具合にずっと不満を感じていました。

また、意識していても、つい力を入れすぎて磨いてしまい、腕が疲れてしまうことがありました。また、よく歯茎を傷つけてしまい、口内炎ができてしまうほど傷つけてしまうこともあり、そのたびに「なんとかならないかなあ」と思っていました。

口内炎ができやすい体質のため、あるとき、自然にできた口内炎1個と、手磨きで1個の2個つくってしまいました。

口内炎の原因を1つでも減らしたいと思い、手磨きによる口内炎は歯茎を傷つけなければ防げることから、前々から気になっていた電動歯ブラシついて調べてみよう思うようになりました。

フィリップス ソニッケアー ヘルシーホワイトをどのようにして知りましたか?

Amazonで「電動歯ブラシ」をキーワードに検索しました。検索の結果、フィリップス、ブラウン、オムロン、パナソニックなど、国外と国内製品があるんだと知りました。価格コムで、ランキングを調べ、値段も手ごろだし、口コミも高評価でよさそうだなと思い、第1候補にしました。

電動歯ブラシを買う際に重要視したポイントとは?

私が電動歯ブラシを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

1.価格

電動歯ブラシは初めてということもあって、まずは、価格が手ごろなモデルで試したいと思いました。

2.機能

多機能な上位機種は、はっきり言って使いこなせないと思い、シンプルな機能のみに絞りました。

3.発売日

電化製品は進化が早いので、最新とは言わないが、なるべく発売日が新しいものを選びました。

購入に迷った電動歯ブラシは?

購入に迷った電動歯ブラシは以下の商品です。

ソニッケアー イージークリーン HX6526/01

オーラルB PRO2000 D5015132X

オーラルB プラック コントロール DB4510NE

エントリーモデルを中心に探していたので、機能にはそれほど違いがないだろうと思い、細かい機能はあまり気にしませんでした。

替えブラシは、オーラルBの方が若干安いかなという感じでしたが、種類によってはさほど変わらないこともあり、決め手に欠けました。

オーラルBシリーズの回転式とフィリップスの振動式はどっちがいいのだろうかと最後まで悩みました。

レビューを色々と参考にしていたとき、オーラルBの回転式は振動が強すぎるというレビューが目に止まりました。

振動に対しての耐性は未知数でしたが、刺激が強すぎて嫌になり、すぐにやめてしまっては元も子もない、続けられる方がいいなあと思い、刺激の少ないフィリップスに決めました。

フィリップス ソニッケアー ヘルシーホワイトの特徴、性能

商品説明
メーカー Sonicare 電動歯ブラシ ヘルシーホワイト HX6753/32
スペック 【スペック】

●本体(mm):31×29×251
●質量(g):134
●原産国:日本
●対応電圧:100-240V (海外電圧対応可能)
●内容:ハンドル:ヘルシーホワイト 1 本、ブラシヘッド:プロリザルツブラシヘッド(レギュラー) 2本、センシティブブラシヘッド(レギュラー) 1本、充電器:1 個

価格が5000円程度で安すぎず、高すぎずで手ごろだったこと。

自分と妻が使用する想定で、替えブラシが3本(プロリザルツ2本、センシティブ1本)付属していたので、すぐに2人で使用できたこと。

磨き方モードは3種類あり、電源ボタンを押すことで切り替えできるというシンプルで操作に迷うことがなかったこと。

初めは振動に慣れるための「イージースタート機能」が搭載、さらに「センシティブモード」で1週間程度と比較的早く振動に慣れることができたこと。

↑イージースタート

↑センシティブモード

使用中は、30秒経過するごとにシグナル音で知らせてくれたこと。

充電の残量がランプの色で分かるようになっていること。10%未満になったら点滅と、使用終了後にシグナル音で知らせてくれたこと。

↑充電量十分

↑充電残量10%未満

↑実際の音

フィリップス ソニッケアー ヘルシーホワイトのメリット

購入して約半年ほど、毎日使用していますが、手磨きでは実感できなかったツルツル感。これはもう至福ものです。なぜもっと早く電動歯ブラシにしなかったのかとても後悔しています。

奥歯の上下噛み合わせの部分も、凹凸があるので、手磨きでは十分に落としきれず、ザラザラ感は常に残っていましたが、電動にしてからは、ほぼザラザラ感を感じることはなくなりました。

使用後は、歯科医でクリーニングしてもらった後に近い爽快感を得ることができています。

力を入れて磨く必要がないので、本体は少し重いですが、手磨きのようにこまめに動かす必要がないので、腕が疲れにくいです。

また、手磨きしていた頃は、よく歯茎を傷つけてしまい、時には口内炎ができるほどでしたが、電動歯ブラシにしてからは全くなくなりました。

小学5年生の子供と一緒に使用していますが、磨く時間が2分間と決まっているため、集中して磨くことができ、手磨きに比べ、よく磨けているように感じます。「ツルツルするー」と感動していました。

フィリップス ソニッケアー ヘルシーホワイトのデメリット

・成人男性の私にはそれほど気にならないが、小学5年生の娘には少し重く感じるようです。

・充電スピードが遅く、夜磨いてから、朝磨くまでの7時間程度の充電で、2人で使用して、3~4日に1回程度の充電が必要です。

・1度の作動時間が2分ですが、2分ではすべてのヨゴレ、ザラザラ感がなくならない感じです。毎回、2分を2回の計4分は最低でも使用しており、購入前の想定時間より長いです。

・作動音が大きめで、深夜の使用時は少し気になります。

・フィリップス純正品の替えブラシがやはり高すぎるように感じます。3か月で交換する目安ですが、1本1000円程度するので、手磨きブラシを1か月100円として計算すると、3か月300円となり、3倍以上の価格差があります。

かといって、安い互換品(ほぼすべて中華製だと思われる)は、以前1度だけ購入して使用しましたが、本体への差し込み穴が大きくなり、振動で簡単に外れ、1週間程度で使い物にならなくなりました。

フィリップス ソニッケアー ヘルシーホワイトの総合評価

買って正解でした。

使用後のツルツル感は、手磨きでは得られない感覚で、想像以上の仕上がり具合に感動しました。
替えブラシがもう少し安かったらとは思いますが、替えブラシは、キッズモデル用などの一部を除けば、共通で使用できるので、用途、目的に応じて使い分けることができます。

ただ、電動歯ブラシだけでは、歯間や、歯の隙間汚れにはブラシが届きにくいので、フロスや歯間ブラシなどを併用する必要があります。

かくいう私も、電動歯ブラシを使用する前から、パナソニックの口腔洗浄機(ジェットウォッシャー)を使用しており、今では、電動歯ブラシと併用しています。

本体のお手入れもそれほど必要なく、使用後の水気をふき取るくらいで十分です。半年ほど使用していますが、汚れは目立ちません。

フィリップス ソニッケアー ヘルシーホワイト

フィリップス ソニッケアー ヘルシーホワイトの口コミ・評判は?

フィリップス ソニッケアー ヘルシーホワイトのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • ソニケアの2台目です。歯茎のマッサージもできて気に入っています。
  • 歯茎が間違いなく良い状態になっています。
  • 高いモデルも買ったけど、これで十分なレベルです。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 中華製です。
  • 替えブラシが高すぎる。
  • 振動の種類がよくわからない。

SNSの反響は?

インスタでもフィリップス ソニッケアー ヘルシーホワイトは話題になっているようです。

この投稿をInstagramで見る

銀座しらゆり矯正歯科(@ginzashirayurikyousei)がシェアした投稿

私たちのオススメ商品

この投稿をInstagramで見る

yosignori.nmzw(@numa_yossi)がシェアした投稿

BRAUMよりPHILIPSの方がオススメだよって言われたから、amazonタイムセールでヘルシーホワイトを購入。

この投稿をInstagramで見る

@mcccccclvsgがシェアした投稿

歯磨き時間短くなるし歯がツルツルになる

フィリップス ソニッケアー ヘルシーホワイトの購入を考えている人へアドバイス

手磨きの仕上がり具合に不満を持っている方や、歯磨き時間を短縮したい方、つい力を入れすぎて、歯茎を傷つけてしまう方、歯茎から出血する方、また、手軽に電動歯ブラシを試してみたい方にも、エントリーモデルでも電動歯ブラシのメリットを十分に体感することできるので、多くの方におススメしたいです。

子供達も電動歯ブラシに替えてからは、2分間と決まっていることもあり、集中して磨けるようになり、手磨きに比べると、しっかり歯磨きできているように思います。お子様にもおススメです。

逆に、十分歯磨きに時間をかけることができ、丁寧に磨くことができている方は、無理して電動歯ブラシに替える必要はないと思います。やはり、手磨き歯ブラシの価格の安さ(コスパの良さ)には到底敵いません。

電動歯ブラシの各種ランキング記事はこちら

▼電動歯ブラシおすすめランキング【2020年版】口コミで高評価☆

電動歯ブラシおすすめランキング【2019年版】口コミで高評価☆
皆さんは、電動歯ブラシ使っていますか?普通の歯ブラシでは中々落とせない、歯垢や歯のステイン、黄ばみをしっかりと落としてくれる電動歯ブラシ。歯の健康を考える上では、欠かせないアイテムです。 とはいえ、電動歯ブラシの種類は多種多様。どれを...

▼安い5千円以下のおすすめ電動歯ブラシ!低価格&性能◎【2020年版】

安い5千円以下のおすすめ電動歯ブラシ!低価格&性能◎【2020年版】
高性能の電動歯ブラシも魅力的ですが、電動歯ブラシを試してみたいという初心者の方や、クリーンモードしか必要ないという方は低価格の電動歯ブラシがおすすめです。 今回は、安いながらも性能◎の人気5,000円以下の電動歯ブラシをランキング形式...

フィリップスの電動歯ブラシの全ライナップ解説はこちら

▼【2020最新版】フィリップスソニッケアー比較☆違いや性能まとめ

【2018最新版】フィリップス(philips)ソニッケアー比較☆違いや性能まとめ
電動歯ブラシの大手メーカーの1つ「フィリップス(philips)」。そのフィリップスが発売している電動歯ブラシシリーズが「ソニッケアー」になります。人気のソニッケアーですが、種類も多い上に、型番が複数あるので、いざ購入しようとするとどれが良...
電動歯ブラシ
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM