【レビュー】たっぷり塗れる!コスパ◎ミルふわ ベビーミルキーローション

ベビーローション

和光堂 ミルふわ ベビーミルキーローションを新生児から半年ほど使ってみた『すねおこぞうさん』(37歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

和光堂 ミルふわ ベビーミルキーローション

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

和光堂(WAKODO) ミルふわ ベビーミルキーローションを購入しようと思ったきっかけは?

第一子をこの夏に出産しました。ちょうどあせもが気になる時期と重なり、肌のケアは必須だと思い購入を考えました。

私が子供の頃は、桃の葉ローションや天花粉が主流でしたが、産院で「現在は天花粉は毛穴に詰まるため推奨していない」「基本的に子供の肌はしっとりしているが、何もケアをしなけばかさかさになるし、子供の肌を綺麗に保つためには、生まれた頃からのケアが大事」と聞いていたので、妊娠中から探していました。

また、せっかく購入するなら、大容量で冬でも使えるものを探していました。季節を問わず使えるものは親にとってもコスパが良く便利だからです。長く使うためには価格も手頃であることが重要なので、価格も重視しました。

和光堂 ミルふわ ベビーミルキーローションをどのようにして知りましたか?

実際に購入したのは実家近くにある西松屋です。棚にいろいろと赤ちゃん用保湿剤やローション、クリームが並んでいました。西松屋を紹介してくれたのは実家の母です。また実際に店舗で母親の意見も聴きながら購入に至りました。事前にネットで事細かに、丁寧に探すことはしていませんでした。

ベビーローションを買う際に重要視したポイントとは?

私がベビーローションを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

1.素材

無添加であり、赤ちゃんの肌に優しいことが大前提

2.サイズ

湯上りに毎日全身に保湿するので、たっぷりつかえる容量が多いものを探しました。

3.価格

毎日利用するものだから、消費量も多い、ということで、価格も重要です。

購入に迷ったベビーローションは?

購入に迷ったベビーローションは以下の商品です。

ピジョン ベビーミルクローション

ナチュラルサイエンス ベビーミルキーローション

ジョンソンエンドジョンソン ベビーローション

一番のポイントは、類似品と比べて安かったことです。全身にムラなくたっぷりと使用したい(けちけちしたくない)ので容量がたっぷりとあることは安心材料でした。

また、キャップ式、パカっと蓋を開く方式など、容器の口の形にいろいろと種類がありましたが、自分が化粧品を使っていて、ポンプ式がずば抜けて使いやすいことを知っていたので、ポンプ式であることも購入の決め手になりました。

また、いまはネットなど世界中どこにいても同じものが購入できますが、実家の近く(そして自宅に戻った際の近所のドラックストアなど)近所で購入できることもよかったです。なくなったときにすぐに補充できるからです。

購入する前に、ネットなどでいろいろな口コミを調べて、個人的にどんな保湿剤が良いか探していました。しかし、口コミもいろいろあり、どれを信じて良いのかわからなくなってしまい、最終的には「近くに店舗があり、実際に購入しやすいこと」を優先し選びました。

和光堂 ミルふわ ベビーミルキーローションの特徴、性能

個装サイズ:80X170X57mm
個装重量:約358g
内容量:300mL

ケースサイズ:49.5X18.6X25cm
ケース重量:約8.9kg
製造国:日本

【商品区分:化粧品】

【成分】
水、BG、グリセリン、スクワラン、メドウフォーム油、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル(SE)、ラフィノース、水添レシチン、イノシトール、セラミド3、フィトステロールズ、ベタイン、アルギニン、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、キサンタンガム、EDTA-2Na、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

赤ちゃんだけでなく、老若男女誰にでも使用できる、伸びの良いミルク色のローションです。実際に手に余った時は、私も自分の顔や腕に塗って使用していました。特に気に入っていたのは、全身に使用できること、塗りやすいところです。

赤ちゃんの顔からお尻から背中まで、湯上りに全身に塗っていました。季節も問わないので、生まれた時期(夏)から今現在寒い季節でもずーっと続けて使用しています。

伸びがいいのでストレスなく塗ることができます。匂いも特にないので安心しています。またポンプ式なので片手でプッシュして足したりできるので衛生的なところも気に入っています。

両手がクリームまみれのときは、手のひらのくるぶしのところで押して使っています(笑)

和光堂 ミルふわ ベビーミルキーローションのメリット

夏でも冬でも使用することができ、赤ちゃんの肌がすべすべになります。

類似品を試供品でもらってためしたところ、ベタついてしまったり匂いがきになることも多かったのですが、この商品は匂いも全く気にならず、ベトベトせずさっぱり、それでいてきちんと保湿ができていたので、安心して使用しています。

うっかり赤ちゃんの唇などに塗ってしまうこともあり、それを赤ちゃんが舐めてしまうこともありましたが、お腹を壊したり、むずかったりすることもなかったので、(本当は良くないですが万が一)口に入ってしまっても安全な素材であるんだなと実感できます。

ポンプ式のよいところは、プッシュ数やプッシュの強弱に応じて細かく利用できる量を調整できるところでした。キャップ式などだと、なんども蓋の開け閉めをするのが面倒臭く、つい多めに出してしまうのですが、結局出し過ぎてしまったりして、無駄に使ってしまうこともあるのですが、ポンプ式だとそのようなことはありません。

プッシュ数やプッシュの強弱に応じて細かく利用できる量を調整しているところ

実際に塗っている写真

和光堂 ミルふわ ベビーミルキーローションのデメリット

成分的にも、赤ちゃんに優しいものだけで作られていますが、大容量ゆえに、万が一肌に合わなかった場合、容量が多いと無駄になることもあるかもしれません。

大きい容器が場所をとってしまうこともあります。赤ちゃん連れで旅行などに行く場合、この大きさがネックになるので、持ち運びするには厳しいです(その場合、産院でいただいた試供品などを旅行の時だけ使っています)

また、冬場の本当に超乾燥している時は、保湿力にかけるかもしれないので、ワセリンなどで肌に蓋をした方が良さそうです。実際に肌が露出する部分(顔、手などは)冬はこのクリームだけだと心許ないので、そのあとに無添加のワセリンを重ね塗りしていました。

その点は「NOV」の「ノブ ベビー ミルキィローション」の方が優れています。こちらは多少ベタベタしますが保湿力は抜群です。ただし高いです。

また、ネットでチェックしていると、ちょくちょく値段が変わる(値上がりする)ことがあるので、ポチッとする前に価格を確認することが大切だと思います。

和光堂 ミルふわ ベビーミルキーローションの総合評価

買ってよかったです。毎日かかさずこの商品で保湿していたら乳児湿疹も良くなりました。子供より1才年上の姪っ子にも使用したことがありますが、かぶれることも嫌がることもなく濡れましたし、しっかり保湿ができました。

匂いも特にないので、嫌がることもありませんでした。男児女児問わず安心して利用できるのは大きいメリットです。

また赤ちゃんに塗って手に余ってしまった場合、親にも問題なく使えるので、風呂上がりにこれを塗ってあまったら、自分にも塗ってしまっています(笑)

自分でも意外だったのですが、ピンクで丸みがあり、赤ちゃんが触っても角がなく安全な容器の形もポイントでした。毎日使う、毎日見るものだからこそ、癒される商品の形って重要だと思いました。

和光堂 ミルふわ ベビーミルキーローション

和光堂 ミルふわ ベビーミルキーローションの口コミ・評判は?

和光堂 ミルふわ ベビーミルキーローションのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • オムツかぶれの時に使いましたが、赤みが落ち着くのが早いです。
  • お風呂上りに赤ちゃんの全身にたっぷり使ってますが肌荒れなしです。
  • 産まれてすぐはうんちの後に。生後半年後はお風呂上りに使ってますが、肌の状態は良好です。

悪い感想や要望などの口コミ

  • うちの子は肌が弱めで少し荒れてきた。
  • 保湿力はいまいちかな。

SNSの反響は?

インスタでも和光堂 ミルふわ ベビーミルキーローションは話題になっているようです。

この投稿をInstagramで見る

ゅぃ?(@baby_nya2019)がシェアした投稿

和光堂さんの、ミルふわをリピしてます~

この投稿をInstagramで見る

@ca.konaがシェアした投稿

お風呂上がりの保湿ケア

この投稿をInstagramで見る

@chinochino1207(@chinochino1207)がシェアした投稿

お昼のシャワー後はコレでケア

和光堂 ミルふわ ベビーミルキーローションの購入を考えている人へアドバイス

保湿効果がありながら、さらっとしたローションなのがいいです。手がベタベタしません。逆に冬場はワセリンなどと重ね塗りが必須だと思います。

その点は面倒と言えば面倒ですが、自分の顔や肌にも塗ってしまえると考えれば大きなデメリットでもないかと思います。大事なポイントですが、購入時についている付属品のストッパーは捨てないでください。

赤ちゃんが誤ってポンプを押してしまったりしたときに、ピューっと中身が出てしまう惨事を防ぐことができます(笑)また一度に大量に使えることがポイントなので、間違ってもケチケチして使わないで欲しいです。

癖でちょっとづつしか使えない人は「NOV」のベービーケアローションをお勧めします。価格は高いですが、少しでものびがよく保湿効果もいいと思います(試供品で試しました。ただし手が多少べたつきます)。

ベビーローション
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM