【レビュー】コストコで買ったレッドシール プロポリス 歯磨き粉

歯磨き粉

レッドシール プロポリス 歯磨き粉を2ヶ月ほど使ってみた『かものはしさん』(27歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

レッドシール プロポリス 歯磨き粉

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

Redseal(レッドシール) プロポリス 歯磨き粉を購入しようと思ったきっかけは?

一人暮らしを始めるまで何とも思っておりませんでしたが、歯磨き粉ってとっても種類が多くないですか?

しかもフッ素配合虫歯予防、白い歯にする、歯茎を強くする、息リフレッシュ等々選ぶ内容も多くていつもどれを選べば良いのかわかりませんでした。

さらにあれもこれもと選んでいたら歯磨き粉の値段の幅はとっても広く、よくCMで見かけるような有名な(勝手に有名と思っております)歯磨き粉もそこそこのお値段がするのでいつも何となく心が引けながら購入をしておりました。(こればっかりは買わないわけにもいかないので)

さらにはオーラルケアとしてマウスウォッシュも合わせて購入してみたり(やはり気を抜いてはいけない部分ですので、)とさらにお値段も高く…なのに私にとって一番モヤモヤしていたことは、似たような価格帯の中で歯磨き粉を選ぶとき、正直どれを使用してみても大きな差、特徴が分からず結局どれがいいのかいつも分からないまま何となく歯磨き粉を選んでおりました、何かいいものはないかぁと悩んでおりました。

ちなみにここ最近はNONIOの歯磨き粉とマウスウォッシュを利用しておりました。理由としましては先ほどもお伝えしましたが、正直どの製品も変わりありませんし、私は今まで虫歯になったこともありませんので、ならば一応口臭ケアをうたっているものにしようとしぶしぶ落ち着いていたところでした。

レッドシール プロポリス 歯磨き粉をどのようにして知りましたか?

今回のRedseal プロポリスを知ったのほ本当に偶然です。

彼のお家に遊びに行ったときにこの歯磨き粉はいました。お泊りあるあるの歯磨き粉だけ拝借したところぱっと見た目は正直かなり怪しい歯磨き粉だなと思いました。

あきらかに日本の歯磨き粉ではなさそうですし(大変申し訳ないのですが、使ってみたこともないのに勝手に海外の歯磨き粉はあまり磨けないイメージを持っておりました。)、なんだか蜂とプロポリスの威圧感がありました。

それでも歯磨き粉ですし、やはり歯を磨かない、歯磨き粉を改めて購入するというほどのことではありませんし、有難くお借りすることとしました。

使ってみると何とも言えぬ爽快感で、すごく購入したくなりましたし、あとで詳しくどんなものか調べてみようと思いました。

歯磨き粉を買う際に重要視したポイントとは?

私が歯磨き粉を購入しようと思ったときに重要視したのは以下の2つです。

1.価格

今回一番に重要視したことは価格です。

既に一度利用しておりましたので、使用感は分かっておりましたし、続けて使用したいと購入意欲を燃やしておりました。

ですが、こんな歯磨き粉をドラッグストア見たことがありません。きっと高いのだろうなと思いながら、できるだけ安く購入したいと思いネットで調べました。

歯磨き粉は言わずもがな毎日使う消耗品ですので、どれだけ気に入ってもあまりに高ければ購入は検討しようと思っておりました。

2.成分

また価格以外にも成分を見て効果も確認してみたいと思いました。

購入に迷った歯磨き粉は?

新しく商品の購入は検討しておりませんでしたが、あまりに価格が高い場合は今まで使用していたNONIOをそのまま継続してつかってみようと思っておりました。正直どの歯磨き粉も差が分かりませんでしたので…。

NONIO

何度か書かせて頂きましたが、まずは価格を確認することにしました。

ひとまずネットで確認することにしました。Amazonや楽天ではいくつの本数がセットで売っているため、ちょっとびっくりするお値段が目につきました。1本あたりの本数で計算してみると日ごろ目にする歯磨き粉より倍ほどはします。

むむむ…と悩みながらWeb検索を進めているとコストコならネット通販よりも少しは安く手に入るとの情報が載っておりました。なるほど、私はコストコに定期的に行くのでこれはちょうどいいかもしれないと思いました。

次に気になるのは効能です。あまりにちゃらんぽらんな感じだとさすがに購入意欲もなくなりますので…。

ぱっと見はニュージーランド産の天然成分配合とのこと。プロポリス、ユーカリ、メントール、ペパーミント等が配合されていると記載がありなんだかナチュラルな素材でよさそうな気がします。

プロポリスは殺菌効果が高いと他でもよく聞くので自然の力で効能があるのは良いきがします。また、フパラベン・フッ素化合物・CMIT/MIT・トリクロサン不使用とのこと。

どれもどれも良くわからないなぁと思いきや、フッ素化合物…これはよく虫歯予防に使われているような気がします。

これが不使用で大丈夫なのか、すこし不安でしたがなんせ虫歯になったことはないので大丈夫だろうと今回の購入を決めました。

レッドシール プロポリス 歯磨き粉の特徴、性能

商品名
レッドシール 歯磨き粉

内容量
◆プロポリス:100g
◆ベーキングソーダ:100g
◆ナチュラル SLSフリー 110g

配合成分
◆プロポリス:炭酸Ca(清掃剤)、水(基材)、ソルビトール(湿潤剤)、グリセリン(湿潤剤)、ラウリル硫酸Na(起泡剤)、含水シリカ(清掃剤、増粘剤)、酸化チタン(着色剤)、セルロースガム(増粘剤)、セイヨウハッカ油(香味剤)、ユーカリ葉油(香味剤)、トウシキミ果実/種子油(香味剤)、メントール(香味剤)、ケイ酸(Al/Mg)(増粘剤)、プロポリスエキス(矯味剤)、サッカリンNa、トタロール(保存液)

◆ベーキングソーダ:水(基材)、炭酸水素Na、炭酸Ca(清掃剤)、ソルビトール(湿潤剤)、グリセリン(湿潤剤)、セイヨウハッカ油(香味剤)、ユーカリ葉油(香味剤)、トウシキミ果実/種子油(香味剤)、メントール(香味剤)、ラウリル硫酸Na(起泡剤)、セルロースガム(増粘剤)、含水シリカ(清掃剤、増粘剤)、サッカリンNa(甘味剤)、トタロール(保存剤)

◆ナチュラル SLSフリー:炭酸Ca(清掃剤)、水(基材)、ソルビトール(湿潤剤)、グリセリン(湿潤剤)、ラウリルグルコシド、含水シリカ(清掃剤、増粘剤)、トウシキミ果実/種子油(香味剤)、カンゾウ根エキス、セイヨウハッカ油、ユーカリ葉油(香味剤)、香料、メントール(香味剤)、セルロースガム(増粘剤)、ケイ酸(Al/Mg)、ステビアエキス、酸化亜鉛、トタロール(保存剤)

パッケージはシンプルでかわいいデザインです。見た目からプロポリスの記載と蜂さんの絵が描かれていますので、ハニーを使用した感じが伝わってきます。

パッケージにはシールではなく最初から、日本語と韓国語の記載がありますのでもともとこの2か国にむける商品なのでしょうか?変なところが気になります。

開けてみると歯磨き粉も同じデザインです。大きさは20㎝ないくらいです。

本体にもやはり日本語と韓国語で記載がされています。

チューブ本体の質感はかなりマットでほんのすこしざらっとした肌触りでちょっと高級な感じがします。ふたはキャップやスクリューではなく、ぱかっと開ける方式で、まぁまぁ開けやすいです。

最初はキチンと銀紙でふたがされているので安心です。実際の歯磨き粉はベージュよりすこし茶色い感じです。

今まで使ってきた歯磨き粉では見たことのない色でした。ちなみにチューブは立てることが出来ます。

使用前はもちろん、使用途中のものも立てられます。

内容量は160g。プロポリスの殺菌作用等の効果で虫歯、歯肉炎等を防いでいるようです。天然成分でこの二つが予防できるのはいいですね。

レッドシール プロポリス 歯磨き粉のメリット

使用しはじめて約2か月が経ちました。2人で毎日朝晩2回使用しており、それが写真⑨の左側の状態です。もうすぐなくなりそうかな…という状態からしばらくはなくならなさそうな感じです。笑

コストコで4本セットのものを購入しましたので、半年ほどは購入しなくでも良さそうです。本体も細長い形状ですのでしまう場所には困らないと思います。

歯磨き粉は少しベージュがかっておりあやしい感じですが、ひとまず味?香り?は爽やかです。きつくなく歯磨きがしやすいです。たまに爽快感がうりなのか刺激が強く舌ががピリピリする感じのものがありましたが、この商品は優しい爽やかさでとってもよいです。

日頃は電動歯ブラシを使用しておりますが泡立ちは他の歯磨き粉とあまり変わりありません。

洗い心地はさっぱりしていて、歯もツルツルするような感じがします。今のところ新しく虫歯もせきていませんし歯肉炎にもなっておりません。

こちらに関しては以前使用していたときからどちらもなっていなかったので、効能は引き続き、ということでしょうか。

そして何よりも!本品のすごいところは夜歯を磨き、次の日の朝に起きた時です!今までにないお口のなかのさっぱり感!これは本当に驚きました。

これだけで寝起きのすっきり感が違います。あまりにも寝起きの不快な感じがなくなったので、思わず母にもすぐに1本お試しであげました。笑しばらく使用するうちにもともと持っていたマウスウォッシュを使うことがなくなりました。

本品だけで十分にさっぱりしますし、これを使うと元々少し刺激が強いと思っていたマウスウォッシュの刺激をより一層感じるようになりました。以前は多少刺激があってもオーラルケアをと思って使用していましたが、こんなに優しい仕上がりでスッキリ(恐らく歯もツルツルになっているので、綺麗に磨けているはず)してくれるとは思わずとても気に入りました。

これが天然成分の力なのでしょうか。しかもマウスウォッシュ代が要らなくなると考えればそこまで高くない商品のように思えます。

レッドシール プロポリス 歯磨き粉のデメリット

写真では少し分かりづらいかもしれませんが、歯磨き粉がベージュのような少し茶色いのですが、その色が歯ブラシに移ります。

ですので歯ブラシが少し汚くなったような印象を持つかもしれません。ただ、それで歯が白くなることはありませんし、歯ブラシも使ってすぐに色が移る訳ではありません。

多分1か月くらいを過ぎたころから色が目立つようになったと思います。ですので違うとらえ方をすれば、色移りが目立ってきてきたらちょうど歯ブラシを交換してもいいのかもしれません。ちなみに私は色移りは気にせず使用しております。

さらにチューブの形も少し気になります。使い始めたころはチューブを立てて保管することが簡単でしたが、だんだん量が減っていくにつれて立たせるのが難しくなります。私は気になるほうではありませんでしたが、きちんと保管したい方にはすこしイライラしてしまうかもしれません。でも頑張れば立てて保管できます。

またプロポリスが含まれておりますのでアレルギーがある方、1歳未満のお子様は使用できないと思いますので注意は必要だと思います。

レッドシール プロポリス 歯磨き粉の総合評価

コスパは悪くなく、刺激はなく優しい感じでかつ泡立ちもちょうどよく歯磨き後の爽快感が高い歯磨き粉だと思います。

デザインもハニーや天然成分が伝わってくるパッケージがシンプルでおしゃれですし、本体自体もマットな質感であまり見かけない感じの歯磨き粉かなと思います。

よくドラッグストア等で見かける商品と違うものをお試ししたいときにもいいかもしれません。(購入後にたまたまアインツトルペで今回購入した歯磨き粉の他のフレーバーも見かけました)

ただ美白効果はないと思いますので、そちらを重視されたい場合はほかのものを兼用するか、他の歯磨き粉のほうがいいかもしれません。歯磨き粉のもちは悪くないと思います。

くらいの量で2人で使って2か月以上持ちます。

レッドシール プロポリス 歯磨き粉

レッドシール プロポリス 歯磨き粉の口コミ・評判は?

レッドシール プロポリス 歯磨き粉のネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 歯茎の調子がいいです。リピしてます。
  • 磨き後のさっぱり感がナチュラルでいい。
  • しゅっけつがなくなった。歯茎の状態がよくなった。

悪い感想や要望などの口コミ

  • サッカリンの甘さが口にしつこく残る。
  • 歯を磨いた後にさっぱり感はあるけど、甘いので何か食べた気分になる。

SNSの反響は?

Twitterでもレッドシール プロポリス 歯磨き粉は話題になっているようです。

レッドシール プロポリス 歯磨き粉の購入を考えている人へアドバイス

とってもおススメの歯磨き粉です。今まで何となく歯磨き粉を試していて特にこだわりのない方、どれを試しても違いがよく分からなかった方でお口のさっぱり感を感じたいという方は特におすすめです。

歯磨き後よりも翌朝に爽快感が実感できると思いますので、だまされたと思って使っていただけたらなぁと思います!とっても個人的ですがマウスウォッシュを忘れて出かける時のちょっとしたイライラもふさげて一石二鳥のお得な気分です。笑

価格はドラッグストアに売っているような価格帯よりは少し高めですが、手が届かない範囲ではありませんし、何よりこの刺激が少ないのに得られる爽快感にしばらく手放すことができなさそうです。

ただ、歯の美白効果があるわではないので、そちらを重視される方には向いていないと思います。またアレルギーがある方や小さいお子様はもちろん使えないので注意が必要です。

歯磨き粉
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM