筋トレにおすすめのトレーニングチューブ10選♪コロナ自粛中の室内運動

トレーニングチューブ おすすめ エクササイズグッズ

自宅で効率よく筋トレ&体感トレーニングを行いたいなら「トレーニングチューブ」がおすすめ♪

コロナ禍で自宅で過ごす方が増えている中で、最近は「家の中でできる運動」が注目されています。

今回はこのトレーニングチューブについて「どんなエクササイズグッズなのか」を解説しながら「商品の選び方」や「おすすめランキング」を紹介していきましょう。

だらしない体を引き締めたい!と考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ボディメイクトレーナー:ユリアさん
トレーニングチューブは女性にも人気の筋トレグッズなの♪chihiroさんもそのゆるんだ体を引き締めるために活用していきましょう♪

Libloomスタッフ:chihiro
は…はい!トレーニングチューブについて詳しくご教示願います…。

スポンサーリンク

トレーニングチューブとは?

トレーニングチューブ とは

トレーニングチューブとは、ゴム製のチューブやバンドのこと。筋トレグッズの1つで、スポーツジムやアスリートもトレーニングの一環として取り入れているのだとか。

筋肉や体幹へ効率的にアプローチできるので、比較的短期間でトレーニング効果を感じられるとネットで話題になっています。

強度によっては、ダンベル運動と変わらない負荷のトレーニングが行うことが可能。重たい器具を使わないので、安全にハードなトレーニングができるでしょう。

筋トレグッズの中でもまだまだ馴染みの浅い商品ですが、コロナウィルスの外出自粛要請もあり、自宅トレーニングの1つとして、これから益々注目の商品です。

Libloomスタッフ:chihiro
トレーニングチューブって深いですね!俄然欲しくなってきました!

トレーニングチューブの選び方2つのポイント!

ボディメイクトレーナー:ユリアさん
トレーニングチューブの選び方は2つのポイントが重要です!価格だけではなく、スペックをしっかりチェックしてくださいね。

1:強度

トレーニングチューブ 強度

トレーニングチューブは、商品によって強度が異なります。筋力に合った強度の商品を選ばないと、負荷が弱すぎたり強すぎたりと、満足できる効果を得られません。

アスリート並みの筋肉肥大を目的としてトレーニングをするなら、負荷は50kg前後の商品を選ぶと良いです。女性など力に自信がない方や、軽めの運動を目的としているのであれば負荷は10kg程度のもので良いですね。

トレーニングチューブによっては「ソフト」や「ミディアム」などと負荷のレベルを表記しているものもありますが、基本的には指針となる運動の目安が記載されているので、詳細を確認してから購入することをおすすめします。

2:バンドタイプ

トレーニングチューブ タイプ

ボディメイクトレーナー:ユリアさん
トレーニングチューブは大きく分けて3つのバンドタイプがあります!目的に合わせてバントタイプを選んでいきましょう!

チューブタイプ

チューブタイプは細いゴムで作られている、最もメジャーなタイプ。体の大きさに合わせて切ったり、束ねたりすることができるので、サイズや負荷を自由に調整できるます。

数本束ねれば簡単に負荷をアップされられるので、筋力に合わせてトレーニングしていくことができます。

ただし、紐が細い分、支点が安定しにくいデメリットもあるので、トレーニングチューブ上級者に向いているタイプとも言えます。

バンドタイプ

平たいゴムになっているのが、バンドタイプ。支える部分がしっかり安定するのでゴムを引っ張りやすく、初心者でも効率的に体に負荷を与えられます。

長さも調節しやすく、デザインも豊富に展開されているのが特徴。トレーニングチューブ初心者ならば、まずはバンドタイプを選ぶと無難です。

ただし、バンドタイプは帯が広い反面、劣化しやすいのが難点。長く愛用したい方には不向きかもしれません。

マルチタイプ

はじめからわっかが作られていたり、持ち手部分にグリップが付いていたりするものはマルチタイプと呼ばれています。

使用用途があらかじめ想定されているタイプなので、初心者はもちろん、高齢者のリハビリや軽めのエクササイズにも向いています。

負荷の調整や鍛えられる部位が限られているのは難点。本格的なトレーニングを視野に入れているのであれば、チューブタイプやバンドタイプを選んでおくと良いですね。

Libloomスタッフ:chihiro
最初は扱いやすいマルチタイプを購入して、筋力に自信が付いてきたらチューブタイプやバンドタイプを買おうかな~?

トレーニングチューブ人気ランキング10!【2020年版】

ボディメイクトレーナー:ユリアさん
2020年に売れている人気のトレーニングチューブ紹介します♪デザインやバンドタイプ・価格などを比較しながらお気に入りの商品を見つけてくださいね。

10位:ローイングチューブ

ローイングチューブはハンドルやペダルが付いているので、初心者でも安心して体を預けられるでしょう。

マルチタイプなのでトレーニング方法はやや絞られますが、お腹周りや背中など、気になる部分をしっかり鍛えることができます。

シェイプアップにおすすめの商品です!

強度
素材 天然ラテックス、他
サイズ 約45×26cm(ハンドル約27cm)

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • ハンドルが付いているので、初心者の私でも簡単に使えました。
  • 元々運動しないタイプなので充分な強度です。

悪い口コミ

  • トレーニングの方法など、詳しい説明書が入ってなかった。

Twitterの評判

9位:Winhi エクササイズバンド

Winhiのエクササイズバンドは、コットンをブレンドしたラテックス素材を採用しているので、ゴム独特の臭いが気になる方におすすめ。

内側には滑り止め加工が施されているので、しっかりと体に固定することができます。

初心者から上級者まで愛用できる商品ですよ。

強度 弱い/普通/とても強い
素材 コットンラテックスブレンド
サイズ 61cm(円周)×5cm

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 今まで色んなトレーニングチューブを購入しましたが、これが一番匂わなくて良かった。
  • 運動不足解消のために購入したのですが、想像以上の運動効果にビックリです。

悪い口コミ

  • 私には長さが合いませんでした。
  • 劣化がやや早いと感じました。

8位:セラバンド(THERABAND) トレーニングチューブ

Amazonでも安定した人気があるのが、セラバンドのトレーニングチューブ。体にくい込みにくい作りになっているので、持ち手が痛くなるのを防いでくれます。

はじめてトレーニングチューブを使う方でも、62種類ものトレーニング方法を記載したハンドブックが付いてくるので飽きずに体を鍛えることができるでしょう。

強度 強度:+1(ヘビー)
素材 天然ゴム
サイズ 2m×12.5㎝

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 病院のリハビリで使っていましたが負荷も伸びも丁度良いです。
  • レベルに合わせて買い替えられるところに惹かれました。

悪い口コミ

  • 無造作に放置していたらバンド同士がくっついてダメにしてしまった。
  • 長期保存はべたつきが気になる。

Twitterの評判

7位:SYOSINトレーニングチューブ

ハードなトレーニングに最適なのが、SYOSINのレーニングチューブ。作りは至ってシンプルですが、1番高い強度を持つチューブは約18kgあるので、大きな筋肉にアプローチできます。

強度が足りない方は、数本組み合わせでトレーニングすると良いでしょう。

強度 5kg/9kg/9kg/16kg/18kg
素材 天然ラテックス
サイズ 125cm

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • セット内容が充実してるからトレーニング方法が選べて楽しい。
  • 同じ強度でも種類によって伸縮性が違うなど、本格仕様が気に入りました。

悪い口コミ

  • 欲を言うなら、もう少しだけ安かったら良かったなと思う。

6位:OMERIL エクササイズバンド

OMERILのエクササイズバンドは、高弾性と耐久性に優れた商品。段階的に体を鍛えられるよう、5つの強度のバンドがセットになって販売されています。

収納袋も付いているので自宅ではもちろん、野外や出かけ先への持ち運びも便利です。

強度 2~5kg/5~7kg/7~9kg/9~11kg/11~13kg
素材 天然ラテックス
サイズ 60cm×5cm

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • ほどよい負荷がおしりのトレーニングに効きます。
  • 安いのに作りがしっかりしている。

悪い口コミ

  • ※悪い口コミは特に見当たりませんでした。

インスタの評判

5位:WRei ループバンド

WReiのループバンドは、幅は広めに設計されているので、脚部に安定させやすいのが特徴。充分な長さもあるので、本格的な筋肉トレーニングからストレッチまで使用できます。

鮮やかな3つのカラーがおしゃれで、女性にも人気の高い商品です。

強度 レッド:8~10kg
ブルー:10~12kg
イエロー:12~15kg
素材 天然ゴムラテックス
サイズ レッド:1.5m
ブルー:1.8m
イエロー:2m

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 説明書にトレーニング方法と効果が記載さているのが良かった。
  • リハビリに使ってますが、とても実用的で気に入っています。

悪い口コミ

  • 本格的な筋トレには負荷が足りないかも。
  • 思ったより伸縮性がない。

4位:TheFitLife フィットネスチューブ

TheFitLife・フィットネスチューブは、本格的なウェイトトレーニングからリハビリなど、多くの目的に愛用できるアイテム。胸筋・背筋・腹筋・体幹・肩・腕・下半身など、あらゆる部位にアタックできるので全身運動にも最適です。

バンドは単品でも購入できるので、必要な負荷だけを揃えることも可能ですよ。

強度 (約)7~11kg/23~34kg/45~54kg/54~79kg
素材 天然ラテックス
サイズ 208cm×0.45cm×1.3cm

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 懸垂ができなくて補助のバンドとして買ったのですが、思い通りのトレーニングができるようになりました。
  • 短めに持ったり、二重にしたりと使い勝手が良いです。

悪い口コミ

  • 少しだけ臭いが気になる。
  • 単品で買ったのが間違い。自分に合う負荷ではなかった。

3位:ChampionPlus トレーニングバンド

ChampionPlus・トレーニングバンドは、5つの強度のチューブがセットになっているから、筋トレはもちろんのこと、ストレッチやリハビリなど、あらゆるシーンで活躍してくれるでしょう。

一番負荷の低いイエローバンドは負荷4.5kgとやや弱めなので、ピラティスやフィットネスにも使えます。リーズナブルな価格も好印象ですね。

強度 4.5kg/6.8kg/9kg/13kg/18kg
素材 天然ラテックス
サイズ 30×5cm

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • いろんな強度のバンドがセットになっているのに安いのが嬉しい。
  • 複数の負荷から選べるので家族で愛用しています。

悪い口コミ

  • バンドが短めなので用途によっては使いにくい。

2位:FREETOO フィットネスチューブ

FREETOO・フィットネスチューブは、バンドタイプだから支点も持ち手も安定しやすく、初心者にもおすすめの商品です。ゴム特有の臭いを軽減した「プレミアムラテックス」を採用しているので、臭いが気になる方安心です。

紹介しているレッドは負荷の優しいタイプですが、他にも中~上級者向けのブラック・パープルも展開されているので気になる方はチェックしてみてください。

強度 7~16kg
素材 天然ラテックス
サイズ 208cm×1.3cm×4.5mm

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 負荷が少ない設計なので女性でも楽にトレーニングできます。
  • 懸垂補助として使っていますが、めちゃめちゃ効果あります。

悪い口コミ

  • パワフルな男性なら1本使いは物足りないです。
  • 長く使っていると劣化が気になります。

Twitterの評判

1位:TheFitLife トレーニングチューブ

TheFitLifeのトレーニングチューブは、断裂しにくい天然ラテックス素材を採用。脱着のしやすいカラビナとストラップで、安全性にもところんこだわった商品です。

5つの異なる負荷のチューブがセットになっているので、鍛えたい部位に合わせて調整することが可能。Amazonでも人気トップの商品で、男女問わずに愛用されています。

強度 5/7/9/11/18kg
素材 天然ラテックス
サイズ 132cm

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 自分なりに鍛え方をアレンジできるのが嬉しい。
  • ドアに固定できるのでトレーニングしやすい。

悪い口コミ

  • ゴムの臭いが気になる。
  • 持ち手がやや扱いにくい。

TheFitLife トレーニングチューブの実際の使用感を取材しました!

おすすめトレーニングチューブの比較表

Libloomスタッフ:chihiro
最後にトレーニングチューブを比較してみました。
商品名 TheFitLife
FREETOO
ChampionPlus
TheFitLife
WRei ループバンド
OMERIL
SYOSIN
セラバンド
Winhi
ローイングチューブ
強度 5/7/9/11/18kg 7~16kg 4.5kg/6.8kg/
9kg/13kg/18kg
7~11kg/23~34kg/
45~54kg/54~79kg
レッド:8~10kg
ブルー:10~12kg
イエロー:12~15kg
2~5kg/5~7kg/
7~9kg/9~11kg/
11~13kg
5kg/9kg/9kg/
16kg/18kg
強度:+1(ヘビー) 弱い/普通/とても強い
素材 天然ラテックス 天然ラテックス 天然ラテックス 天然ラテックス 天然ラテックス 天然ラテックス 天然ラテックス 天然ゴム コットンラテックスブレンド 天然ラテックス、他
サイズ 132cm 208cm×1.3cm×4.5mm 30×5cm 208cm×0.45cm×1.3cm レッド:1.5m
ブルー:1.8m
イエロー:2m
60cm×5cm 125cm 2m×12.5㎝ 61cm(円周)×5cm 約45×26cm
(ハンドル約27cm)
価格 5,580円 780円 5,500円 5,500円 2,380円 1,399円 4,199円 1,236円 2,258円 2,999円

トレーニングチューブ・Amazon&楽天ランキングはこちら

その他のトレーニングチューブ売れ筋ランキングはこちら

自宅で筋トレするならトレーニングチューブを活用しよう!

自宅 筋トレ

コロナの影響で外に出て運動するのが難しいからこそ、トレーニングチューブを使って自宅で効率的に体を鍛えていきましょう。

筋トレだけではなく、体幹バランスやストレッチにも役立つグッズなので、1つ持っておくと便利です。気になる商品はさっそく詳細をチェックしてみてくださいね。

ボディメイクトレーナー:ユリアさん
引き締まった体は見た目が良いだけではなく、健康にも良い影響があります。運動不足になりがちな現代だからこそ、トレーニングチューブはどんどん活用していきたいですね。

Libloomスタッフ:chihiro
私もトレーニングチューブで全身運動してみたいと思います♪

エクササイズグッズ
スポンサーリンク
■この記事の担当
chihiro

libloomスタッフのchihiroです♪小学男子の息子を持つシンママ。毎日忙しい日々を送っているからこそ!便利で画期的な商品が大好きです。性格はかなりズボラなので、どんなに良い商品でも使いにくいモノは嫌い(続かない)なので温かく見守って下さいね。

私が紹介する商品は「主婦」であり「ママ」であり「女性」である視点から選りすぐりのものをピックアップしています。特に最近は女子力アップに励んでいるので、美容に関する商品を多くリサーチしています(特に脱毛関係は3日寝ずに語れるほど詳しくなりました(笑))

ママでありながら美しい女性を目指している方にピッタリの商品を見つけてはランキングにしてまいりますので、これからどうぞよろしくお願いします♡

chihiroをフォローする
chihiroをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM