電気ケトル Estale MEK-31|温度が色で変わるおしゃれなインテリア

電気ケトル

電気ケトルは実用的なものがある反面、おしゃれでインテリアとして使えるものも多数販売されています。

その中でも人気がある電気ケトル Estale MEK-31を最近購入したという『EBANATAさん』(32歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

 Estale(エステール) 電気ケトル 1.7L MEK-31を購入しようと思ったきっかけ

↑動画です(読み込みに時間がかかる場合があります)

以前使用していた樹脂製の電気ケトル(ニトリ製、型番不明、白、格好はイマイチ)が壊れて電源が入らなくなりました。

我が家には2人の子供がいて、それぞれ小学校と保育園にお茶を入れた水筒を持っていく必要があり、電気ケトルは必須アイテムになっていました。

また、夫も弁当持ちで同じく水筒を持っていくため、常にMAXの水位で、時には 2回に分けてほぼ毎日お湯を沸かし続けること数年、ついに寿命を迎えた感じでした。

以前のものは樹脂製で、樹脂特有のニオイがお湯に移ってしまい、そのお湯で入れるお茶も食べ物も、全部まずくなってしまうのが非常に不満でした。

使い始めだけかと思いきや、何年経ってもニオイは完全には消えず、我慢し続けたものの、ついに壊れたため次は樹脂製は論外に。

ガラス製もしくは金属製(内側も)なら臭わないのではないかと考えてガラス製、金属製に選択肢を絞り、大手ショッピングサイトで「ガラス」「金属」「電気ケトル」を探し続け、いくつかの候補とあわせて今回購入したケトルも選択肢にあげました。

昔ながらの“ヤカン”もあるにはあるんですが、電気ケトルの便利さを知ってしまうと使う気が失せてしまいました。

Amazon やYahooショッピング、楽天等でガラス製電気ケトルを色々探しました。元々ガラス製品が好きなので、この見た目に惹かれたのが最初で、「意外と安いじゃん」「いっぱい沸かせるじゃん」「光るじゃん!」という感じで最有力候補にのし上がっていきました。

電気ケトルを買う際に重要視したポイントとは?

買う際に重要視したのは以下の3つの点です。

1.機能・デザイン

ガラス製であること、もしくは樹脂製ではないこと(熱したときの臭いがないだろうと判断)を最重要視しました理由はニオイです。樹脂のニオイがするお湯では全てがまずくなります。

しかし機能だけでは愛せないので、見た目も重要。見た目だけなら他の候補(デロンギ アイコナ)が良かったのですが、総合的に判断して決定しました。

2.サイズ

容量が大きいものを探しました。家族4人分の水筒に入れるお茶のために一度でお湯を沸かせる容量が必須だったためです。

3.余分な機能がないこと

水筒に入れてしまうのが目的で保温しておく必要はないため、保温機能がなく、シンプルにお湯を沸かせるかどうかを重要視しました。

保温機能を捨てることで、価格帯も安く、デザインも良い傾向にあったように思います。

購入に迷った電気ケトルは?

購入に迷った電気ケトルは以下の商品です。

デロンキの電気ケトル

ドリテックの電気ケトル

Bestaidの電気ケトル

 

ラッセルホブスの電気ケトル

電気ケトル Russell Hobbs 7200JPのレビューはこちら

電気ケトル Russell Hobbs 7200JP買った!口コミ・評判は?
電気ケトル Russell Hobbs 7200JPを5年間愛用している『りみさん』(51歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。 実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。...

APIXの電気ケトル

レコルトの電気ケトル

バルミューダの電気ケトル

メーカーにはこだわらず、有名/無名全て候補にあげました。まずは見た目でガラス製、金属製、素材はわからないがおしゃれっぽいものという感じでいくつもピックアップし、最終的にガラス製、金属製を候補に残しました。

金属製は中が見えないものがほとんどでしたが、ガラスだと沸騰している様子が外から見えるので子供達も楽しくて2倍「おいしい」のではないかと判断し、ガラス製に絞りました。

また、おしゃれな製品は容量が少ないものが多く、容量の大きいものだと見た目がイマイチなものが多く、しかも高い。

見た目がよくて、ガラスまたは金属製で、容量が大きいという理由で、最終的に Estale 製品を選択しました。

Estale MEK-31の特徴、性能

全体イメージ動画

メーカー マクロス
型番 MEK-31
商品重量 1.36 Kg
梱包サイズ 25 x 23.4 x 17.8 cm
素材 ステンレス、ガラス
ブラック
電源方式 交流式
容量 MAX/1.7リットル、MIN/0.5リットル
定格周波数 50/60Hz
定格電圧 100V
コード長 1m
定格消費電力 1000w

私が特に重要視した機能は以下になりますね。

・好みの温度に設定できる。設定温度は 50度、70度、80度、90度、100度で、50度は緑、70度は青、80度は黄、90度は紫、100度は赤というように、それぞれの温度帯で底面の LED の色が変わる。

↑50度

↑70度

↑80度

↑90度

↑100度

設定温度に達すると、自動で OFF になってくれる便利機能搭載。

↑動画です(読み込みに時間がかかる場合があります)

・容量は最大 1.7L。沸かすことのできる最小容量は 0.5Lから。

・保温機能はなし。ただし、自動再加熱機能があり、最初の加熱から1時間は、温度が下がると再加熱してくれる。1時間経過すると OFF になる。

・付属の台座にセットすることで電源が入る。沸騰させる場合はそのまま [100℃]ボタンを押すと加熱が始まる。好みの温度にしたいときは、[TEMP -/+]ボタンで設定してから[100℃]ボタンで加熱開始。操作は簡単。

↑動画です(読み込みに時間がかかる場合があります)

・金属製の茶こし的なものがそそぎ口に付いている。

このように中に茶葉を直接入れることもできるようです。まだやったことはないですが、説明書にも茶こし的なものについては記載がないんですよね。ちなみにこの茶こし的なものは、引っ掛けたりするとすぐに外れるようになっています。

・自宅の PHEV 車でスキーに行った際、車内でお湯を沸かしてラーメンを作って食べた経験も電気ケトルならでは。一度に沸かす量が多いので、数人分のカップラーメンも余裕。子供達も大喜び。

・蓋は取り外せないものの、口が広いので手を入れて内部を洗うことも可能。

・4つ折の日本語マニュアル付き

・本体左側に目盛りつき

Estale MEK-31を実際に使ってみて良かった点

購入して約半年ほど、ほぼ毎日使用しています。お湯が沸く速さは、前に使っていたニトリの電気ケトルとあまり変わらないように思います。

今までの樹脂製ケトルでは緑茶を入れると悲しいほど本当にマズかったんですが、新しいケトルではお湯にニオイが移らないのでお茶が美味しい!

ちゃんとお茶の香りがします。お茶を美味しくする効果があるというわけではなく、本来の味や香りを邪魔しない、ケトルなら当然求められることなんですが、以前のものはそうではなかったので、ガラス製を選んで本当に正解だったと思っています。

LED はおまけ程度と考えていて重視しておらず、すぐに見飽きると思っていたのですが、プツプツとした水泡からボコボコ湧いてくる水の動き、それに合わせてユラユラ揺れる光が意外にも癒し系。

たまに、いつもとは違う温度に設定して眺めています。電気の無駄遣いにはくれぐれも注意です。

ずっとお湯を同じ温度で温めておきたいわけではく、うちのように一時的に熱湯が欲しいという場合には、シンプル機能で使い勝手が良いと思われます。

Estale MEK-31を実際に使ってみて悪かった点

・重い。でかい。これは重々承知の上での買い物だったのでマイナスポイントではないものの、やっぱり重くてでかかったです。

↑動画です(読み込みに時間がかかる場合があります)

・湯量が多いと、お湯を注ぐときに本体を伝って下に熱湯がこぼれることがるため要注意です。

 

・熱いうちに蓋を開けようとすると開かないことが多いです。頑張って開けると熱い蒸気で火傷しそうになりますが、これはどんなものでも同じだと思います。

また、蓋内部に溜まっていた蒸気と思われるお湯が、蓋を開けた時に持ち手部分に垂れてきて熱い思いをするため要注意です。

・電源コードが短い。1m強といったところです。

・お湯が湧いた後のお知らせのビープ音が、電子レンジなどに比べると小さくて短い「ピッピッ」ので、よく聞き逃します。

いつの間にか沸騰して終わっている・・。でも、ふと見た時に LED が点いていれば加熱中、消えていれば加熱終了と目視確認もできるので特に問題とは思っていません。

Estale MEK-31の総合評価

総合評価としては“買って良かった” です。

少なくともうちの需要には完全にマッチしたものです。

以前のものは樹脂製の安っぽい見た目、沸かした時のニオイ、容量不足等々色々不満がありましたが、このケトルのお湯は味もニオイもまずくならないし、両隣のトースター、コーヒーメーカーとの素材、色合い(シルバー+黒)の調和が取れていて、家電製品を並べた時に統一性があって見栄えも良い気がします。

日本製の高級ポットのような複雑な機能はそぎ落とした潔い仕様なので、台座にセットしてピッ、終わり。浄水器の水を使っているのでケトル側に浄水機能は求めませんし、おしゃれでお湯が沸かせてにおわないだけで満点。

さらに手軽に好きな温度に設定できたり、ちょっと癒し系の LED が搭載されていたりで追加点をあげたいくらいです。

単純にお湯を沸かすだけならもっと安い製品でも良いとは思うものの、見た目とか素材とか色々こだわると、結果としていい買い物だったな〜と思っています。

Estale MEK-31の口コミ・評判は?

Estale MEK-31のネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • ガラスなのでお湯の様子が分かり、ライトアップもされて楽しめる
  • コスパがかなり高い
  • カップラーメン程度のお湯の量なら90秒ぐらいで沸く
  • 洗うのが簡単で衛生的
  • 子供が喜ぶ
  • メーカーが気に入って、これを買ったけど、全然違う感じだがまたそこが良い

悪い感想や要望などの口コミ

  • 多少時間がかかる
  • ゆっくり入れないとこぼれる
  • 若干大きい
  • 素材が弱い

Estale MEK-31の購入を考えている人へアドバイス

今電気ケトルを使っていて樹脂製品のニオイが気になる方や、今使っているものより大きいものが欲しい、おしゃれな電気ケトルがほしいという方にはぜひオススメしたいです。

もちろんガラスなので落とさないよう細心の注意は払っていますし、子供達にも絶対に触らないよう言い聞かせているので、今の所事故や怪我もありません。

子供の事故や怪我については電気ケトル全般に言えることだと思いますが、手の届かないところに置くとか、引っ掛けづらい場所に置くとか、保護者が工夫することで大部分は防げるのではないかなと思っています。

使っていない時に空っぽのまま置いておいても何となく恰好が良いですし、沸かすときは色とりどりの LED がついてくれるし(ほとんどの場合 100度の赤色だと思いますが・・)、欲しい時に欲しい温度のお湯が沸かせるし、量も多いし(少なめにも沸かせる)、メリットがいっぱいです。

うちでは、紅茶を入れるときは 100度、緑茶を入れるときは 70度、子供たちのココアなんかを作るときは 50度といったように使い分けているので、とっても重宝しています。

EBANATAさん』(32歳/女性)のその他のレビューはこちら

EBANATA | LIBLOOM
「EBANATA」の記事一覧です。

▼安い電気ケトルおすすめランキング10選★コスパ重視!5,000円以下で大満足

安い電気ケトルおすすめランキング10選★コスパ重視!5,000円以下で大満足
自宅でお湯を沸かす時、ガスやIHを使うことに不便を感じることはありませんか? つい火にかけていることを忘れて空焚きしてしまったり、早くお湯が使いたいのになかなか沸かなくてじれったい思いをしたり…。 手軽に楽に早くお湯を沸かすには...

▼おしゃれな電気ケトルおすすめランキング10選★センスが良くて機能もバッチリ◎

おしゃれな電気ケトルおすすめランキング10選★センスが良くて機能もバッチリ◎
自宅でお湯を沸かして、ゆっくり寛ぐティータイム。そんな時にインテリアとしてもおしゃれな電気ケトルを使ってみませんか。 電気ケトルはお湯が早く手軽に沸かせることはもちろん、インテリアとしてもセンス良くおしゃれな雰囲気を作り出してくれると...