ファミリー向「寝袋(シュラフ)」のおすすめランキング10選★封筒型(レクタングラー型)とは

寝袋 シュラフ 寝袋

ここ何年かの間にアウトドア、特にオートキャンプやテントを張ってグランピングなどがとても話題にもなり、人気です。

今年こそ、キャンプに行こう♪と思っている方、寝袋(シュラフ)の用意は万全ですか?

キャンプやグランピングに欠かせない寝袋(シュラフ)ですが、家族やカップルで出かけるキャンプにどんなものを選んだらいいのか、わかない方って結構、いますよね。

どんなことをポイントにどんな寝袋(シュラフ)を選ぶか、ご紹介します。

そして、家族向け・カップル向けの寝袋(シュラフ)をおすすめランキングでご紹介します。

スポンサーリンク
  1. 寝袋(シュラフ)とは
  2. 寝袋(シュラフ)の種類
    1. 1.寝袋(シュラフ)の種類:封筒型(レクタングラー型)
    2. 2.寝袋(シュラフ)の種類:マミー型
    3. 3.寝袋(シュラフ)のその他の種類
  3. 家族・カップルにおすすめ★封筒型(レクタングラー型)寝袋(シュラフ)
    1. 封筒型(レクタングラー型)寝袋(シュラフ)の選び方のポイント
    2. 素材
      1. 化繊
      2. ダウン
    3. 大きさ(対応人数)
    4. 限界使用温度と快適使用温度
  4. ファミリー向け寝袋(シュラフ)のおすすめランキング10選
    1. 10位★CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)/フォルノ 800 M-3473
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    2. 9位★Coleman(コールマン)/アドベンチャーススリーピングバッグ2000022260
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    3. 8位★Coleman(コールマン)/ フリースフットイージーキャリースリーピングバック2000031097
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    4. 7位★WhiteSeek(ホワイトシーク)/寝袋 シュラフ 封筒型
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    5. 6位★LOGOS(ロゴス)/寝袋フィールダー
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    6. 5位★Ohuhu/ 寝袋 封筒型
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    7. 4位★HUGEROCK/ 寝袋・シュラフ 封筒型
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    8. 3位★mont-bell(モンベル)/ ダウンファミリーバック#1
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    9. 2位★Lander(ランダー)/ 寝袋 シュラフ La-sb1
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    10. 1位★snow peak(スノーピーク)/セパレートシュラフ オフトンワイドLX BD104
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
  5. 寝袋・シュラフ★Amazon/楽天の売れ筋ランキング
  6. ファミリー向け寝袋(シュラフ)は活用幅が広い

寝袋(シュラフ)とは

シーズンに関係なく、まずキャンプと言えば、寝袋(ねぶくろ)。

寝袋とは、袋状の携帯用の寝具のことです。一般的には、オートキャンプや、テントで使います。

最近では、キャンプだけではなく、トレンドのグランピングや、天体観測で使われたり、車中泊の時に用いられていることで、多目的&多様化します。

英語ではスリーピングバッグ(sleeping bag )と呼ばれ、最近では、シュラフ(シュラフザック/ドイツ語から来ています)という、ちょっとおしゃれな言い方も浸透していますね。

そんな寝袋(シュラフ)を家族で、カップルで活用してみませんか。

寝袋(シュラフ)には、どんな種類があるのでしょうか、みてみましょう。

▼寝袋(シュラフ)の詳しい記事はこちらをどうぞ

寝袋
「寝袋」の記事一覧です。

寝袋(シュラフ)の種類

寝袋(シュラフ)ではその形状によって、種類があります。

寝袋(シュラフ)の種類
  • 封筒型(レクタングラー型)
  • マミー型
  • エッグ型(封筒型+マミー型)
  • 人型

一般的には、封筒型(レクタングラー型)とマミー型が人気があります。

それぞれの特徴を見てみましょう。

1.寝袋(シュラフ)の種類:封筒型(レクタングラー型)

キャンプや寝袋自体、初めてだという方におすすめなのが、封筒型(レクタングラー型)の寝袋(シュラフ)です。
特に家族やカップルで利用するときは、繋げて使えるものがあったり、布団に近い感覚で寝ることが出来ます。
おすすめシーズンは、3シーズンや特に夏に人気です。

2.寝袋(シュラフ)の種類:マミー型

まさに寝袋という形状のもので、封筒型に比べると、カラダへの密着度が高くなるので、保温性は高くなります。

マミー型も、夏向け、3シーズン向けなどありますが、特に冬は特におすすめするタイプです。

3.寝袋(シュラフ)のその他の種類

  • エッグ型..マミー型と封筒型を合わせたタイプになっています。
  • 人型…文字通り、人の形そのままで「着る」タイプです。着たまま、歩けたり出来ます。寝ているときは寝返りしにくいので、寝づらいと感じる方も多いです。

寒い季節におすすめできる寝袋(シュラフ)です。

ここで初めて、キャンプなどで寝袋(シュラフ)を考えている方、または家族向け、カップル向けとして、おすすめする寝袋(シュラフ)は、寝やすい点からも、封筒型(レクタングラー型)です。

封筒型(レクタングラー型)の寝袋(シュラフ)にも、一般的にメリット・デメリットがあります。詳しくみてみましょう。

家族・カップルにおすすめ★封筒型(レクタングラー型)寝袋(シュラフ)

家族やカプル向けのおすすめの封筒型(レクタングラー型)寝袋(シュラフ)ですが、一般的なメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット
  • 低価格
  • 中に入ると、寝返りもしやすい
  • 連結出来るタイプがあるので、家族で一緒に寝れる感覚
  • 窮屈さ、圧迫感があまりしない
  • 自宅で丸洗い出来るタイプが多い

 

デメリット
  • 重い
  • 収納サイズが大きくなる
  • 真冬には不向き

次に、封筒型(レクタングラー型)寝袋(シュラフ)は、どんなことをポイントに選べばいいのか、説明します。

封筒型(レクタングラー型)寝袋(シュラフ)の選び方のポイント

封筒型(レクタングラー型)の選び方ポイント
  • 素材
  • 大きさ(対応人数)
  • 最低使用温度&快適温度

選ぶ大事なポイントは、3つです。具体的にみていきましょう。

素材

寝袋(シュラフ)の素材は次の2種類があります。

化繊

化繊素材は、価格的に安いので、買いやすいとことからも人気です。自宅で洗えること、そして濡れに強い特性があるので、濡れても保湿性は失われません。

持ち運びには、あまりコンパクトにならないことと、重さもあるので車移動向きです。

ダウン

寝袋(シュラフ)の素材で、外せないのが、ダウンです。このダウンの分量で、価格も変わってきます。

化繊よりも、価格が高くなりますが、軽い・温かいというのが最大の特徴です。

大きさ(対応人数)

封筒型(レクタングラー型)寝袋(シュラフ)は、一人用や二人用というもの、そして連結して大きくして使えるものがあります。

家族の人数などに合わせて選ぶといいでしょう。

限界使用温度と快適使用温度

寝袋(シュラフ)選びで大事なことですが、その寝袋(シュラフ)の限界使用温度&快適使用温度をチェックしましょう。

限界使用温度と快適使用温度について
  • 限界使用温度とは
    工夫すればこの温度までは、使用可能である温度域
  • 快適使用温度とは
    この温度域であれば、快適に寝ることが出来る温度

特に大事なのは、限界使用温度です。

こちらを目安としていると一般的に問題なく使えます。

シーズン 限界使用温度域
夏用 5~10℃
冬用 -5℃以下
3シーズン用 -5℃~5℃

同じタイプの寝袋(シュラフ)であっても、メーカーなどにより、限界使用温度と快適使用温度の表示が違います。

購入の際は必ず、チェックすることをおすすめします。

表記温度の理解は、メーカーで表記している最適気温は実際に「+5℃」くらいの性能というとらえ方になります。

それでは、3シーズン用、または夏用としておすすめの封筒型(レクタングラー型)寝袋(シュラフ)をランキングでご紹介します。

ファミリー向け寝袋(シュラフ)のおすすめランキング10選

10位★CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)/フォルノ 800 M-3473

まず、おすすめするのが「CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)/フォルノ 800 M-3473」です。

最低使用温度12℃というのは、夏を主体とした3シーズンと考えていいでしょう。

それでも夏の高地や早春などや地域によっては、気温も下がるので、着ているもので調整できる様にこの製品を使うことをおすすめします。

おすすめポイント
  • 保温性と速乾性に優れたポリエステルマイクロファイバーを使用
  • 撥水加工
  • 連結可能

 

サイズ 75×185cm
収納サイズ:(約)外径22×高さ38cm
重量 1.2kg
素材 表地/ポリエステル100%、裏地/ポリエステル100%(マイクロファイバー)、
中綿/ポリエステル(ホローファイバー)800g
快適使用温度
最低使用温度 (約)12℃~
シーズン 3シーズン

 

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 連結して二人で使ったり、一人でゆったり使えるところがいいです。
  • 子供と一緒に連結して使えて快適です。
  • 布地が薄目ですが、あたたかいので秋にも使えそうです。

悪い口コミ

  • 夏は暑くて使えませんが、敷布団になりそうです。

 

9位★Coleman(コールマン)/アドベンチャーススリーピングバッグ2000022260

9位は、「Coleman(コールマン)/アドベンチャーススリーピングバッグ2000022260」です。

封筒型寝袋(シュラフ)では、人気のColeman(コールマン)です。こちらのタイプはカップル、または小さなお子さん連れの家族向けとしておすすめです。

連結して使うタイプになるので、一人で使う場合でも広く使うことも出来るので、窮屈な寝袋(シュラフ)が苦手な人にもおすすめです。

おすすめポイント
  • 連結可能で広々使える
  • 自宅で丸洗い◎

 

サイズ 使用時/約150×190cm、分割使用時/約75×190cm、
収納時/約27×27×38cm
重量 約1.7kg×2(3.4kg)
素材 ポリエステル
快適使用温度 5℃
最低使用温度 0℃
シーズン 3シーズン

 

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 小学生と幼児の子供のためのテント内で使っていい商品でした。
  • 連結出来るタイプというので購入しました。機能的な部分は夏用として使う感じです。

悪い口コミ

  • 保温面での機能を期待出来ません。夏の平地ではいいと思います。
  • 収納サイズ約27×27×38cmが二つになるので、結構な荷物です。車移動のオートキャンプがおすすめです。

 

8位★Coleman(コールマン)/ フリースフットイージーキャリースリーピングバック2000031097

8位におすすめするのも、Coleman(コールマン)です。

「Coleman(コールマン)/ フリースフットイージーキャリースリーピングバック2000031097」の最低仕様温度が0℃というので、冬用で購入される方もいます。

3シーズンで夏以外の季節の保湿対策を意識して、足元にフリース素材を使ったデザインになっています。

夏に使用するのであれば、敷布団としても利用するといいかもしれません。

おすすめポイント
  • 自宅で丸洗い◎
  • 足元フリース使い
  • ゆったりサイズ

 

サイズ 約84×190cm、収納時/約直径32×42cm
重量 約2.6kg
素材 ポリエステル、フリース
快適使用温度 0℃
最低使用温度
シーズン 4シーズン、厳冬NG

 

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 170㎝の身長で標準的体系でしたら、余裕のサイズだと思います。
  • 室温10℃くらいで使いましたが、肌さわりもよく、あたたいです。
  • 広げると結構な大きさです。180センチ95キロの男でも余裕でした。

悪い口コミ

  • ファスナー開閉部分にずれ防止のマジックテープがないので、開閉の時にずれないか心配です。寝袋自体はフカフカしていていい気持ちです。
  • ゴールデンウィークでキャンプの時に使いました。温度も快適で気持ちよく眠れました。
  • 収納サイズは結構大きくなるので、車移動の時に利用するしかありません。

 

7位★WhiteSeek(ホワイトシーク)/寝袋 シュラフ 封筒型

低価格コスパ面でも満足のいくこちら、「WhiteSeek(ホワイトシーク)/寝袋 シュラフ 封筒型」を7位におすすめします。

一枚での最低使用温度は5℃ですが、二枚重ねることで、その耐寒温度は-5℃!

この低価格で、2枚購入される方も少なくないようです。
2枚持って、オールシーズン活用はいかがでしょうか。

おすすめポイント
  • 水温30℃以下で丸洗い◎
  • 2枚重ねて耐寒温度-5℃
  • 足元開閉◎
  • 簡易防水・防風仕様

 

サイズ 開いた状態:幅140×縦180㎝(頭部30㎝)、
重量 1000g
素材 コットンファイバー
快適使用温度
最低使用温度 5℃
シーズン 3シーズン

 

良い口コミ・悪い口コミ

現時点で投稿されている口コミはありません。

 

6位★LOGOS(ロゴス)/寝袋フィールダー

アウトドアブランドとしても人気のあるLOGOS(ロゴス)の寝袋(シュラス)、「LOGOS(ロゴス)/寝袋フィールダー」を6位におすすめします。

思ったより、ゆったりサイズというのが口コミの評価で、室内用として使われる方も多いようです。

 

おすすめポイント
  • 軽くてゆったりサイズ

 

サイズ (約)80×190cm、収納サイズ:(約)26×37cm
重量 (約)1.75kg
素材 モイスポリ、中綿:ダイナチューブファイバー
快適使用温度
最低使用温度 2℃
シーズン 3シーズン

 

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • すごくいいです。0℃の感情でも問題なく眠れました。
  • 冬以外で使える寝袋を探していて購入しました。軽くて、思っていたより大きさがあります。
  • 10月の青森で使いました。朝晩はまだ冷えますが、暑いくらいでした。

悪い口コミ

  • 11月室内使用で大丈夫でしたが、収納するときには小学生の子供一人では大変でした。
  • 家庭用の洗濯機で洗うのは避けた方がいいです。

 

5位★Ohuhu/ 寝袋 封筒型

連結タイプで二人用としておすすめできるのが「Ohuhu/ 寝袋 封筒型 」です。こちらももちろん、分離して一人用としても使用可能です。

先にご紹介したLander(ランダー)の寝袋(シュラフ)よりも表示では、10㎝大きくなっています。

 

おすすめポイント
  • 手丸洗い可能
  • 二人用
  • 分離使用可能

 

サイズ (約)幅150cm×長さ220cm(連結サイズ)、
身長180cmまでもok、
収納サイズ:(約)48×30cm
重量 2.84kg
素材 ポリエステル、中綿:高品質コットン300g/m2
快適使用温度 0℃~10℃
最低使用温度 -5℃
シーズン 4シーズン、冬は着るもので工夫して利用することをおすすめしています。

 

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 男性の大柄な方でも余裕で寝れる大きさです。
  • 一見、薄くて大丈夫かな?と思いますが中に入るとしっかり温かいです。
  • 親子で使っています。寝返りが出来るのでマミー型を嫌がる小学生の子供も気に入っています。

悪い口コミ

  • 収納サイズも結構な大きさになるので置き場所を考えた方がいいです。
  • 実際、氷点下は無理だと思います。10前後では問題なく大丈夫です。

 

4位★HUGEROCK/ 寝袋・シュラフ 封筒型

封筒型寝袋(シュラフ)の構造として、足元がファスナーで開閉できるというのは、3シーズン使用している中で、暑いと感じた時の通気性をよくするためにも、おすすめポイントです。

アジア人の体に合わせたサイズ設計がされているという点も特徴の「HUGEROCK/ 寝袋・シュラフ 封筒型」です。

おすすめポイント
  • 両側ファスナー、足元ファスナーで温度調整◎
  • 二つあれば連結可能

 

サイズ 76×220cm
重量 1.65kg
素材 ポリエステル・中身:綿
快適使用温度 ~15℃
最低使用温度 0℃
シーズン 4シーズン

 

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 春~夏におすすめです。会社に泊まるようなことがあるので重宝します。
  • 足元のファスナーを開けて、通気性を保てるのはとてもいいです。
  • 広げてブランケットにもなり、オールシーズン室内で重宝しています。

悪い口コミ

  • 子の寝袋だけで外気0℃の車中泊はちょっと厳しいので、毛布があれば何とかしのげると思います。
  • 収納袋にしまうのは、女性一人で厳しかったです。

 

3位★mont-bell(モンベル)/ ダウンファミリーバック#1

寝袋(シュラフ)と言えば、mont-bell(モンベル)がとても有名で人気のアウトドアメーカーですが、マミー型が主流の中で、封筒型のこちら、「mont-bell(モンベル)/ ダウンファミリーバック#1」はいかがでしょうか。

アウトドアらしい、サンタフェ柄で、人気のおしゃれなグランピングでも活躍してくれそうです。

中綿は、ダウン50%、フェザー50%というしっかりした作りと素材で、保温性も期待できます。

 

おすすめポイント
  • ダウン50%の保温性
  • ゆったりサイズ

 

サイズ 最大長190×最大幅75cm
【適応身長】身長183cmまで
【収納サイズ】33×20×20cm
重量 1.81kg
素材 75デニール・ポリエステル・タフタ
中綿:440フィルパワーダウン(ダウン50%、フェザー50%)
快適使用温度
最低使用温度 -3℃~
シーズン 春&秋冬用

 

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 冬の車中泊でマミー型を使っていましたが、マミー型は窮屈で圧迫感を感じるので、封筒型のこちらを購入しました。-3℃の最低使用温度で問題なく、使用することが出来ました。

悪い口コミ
現時点で投稿されている悪い口コミがありません。

 

2位★Lander(ランダー)/ 寝袋 シュラフ La-sb1

車中泊、冬用としても、最低使用温度-5度でおすすめです。連結して二人用、または、小さなお子さんと3人もOKという、ゆったりタイプです。

もちろん、分離して使うことも出来るのでとても便利。自宅で洗濯できる点でも衛生的に使えます。

春・秋・冬におすすめですが、夏はマットとしての使用も出来るので、オールシーズン重宝するタイプとして「Lander(ランダー)/ 寝袋 シュラフ La-sb1」はいかがでしょうか。

おすすめポイント
  • 撥水加工
  • 高品質のコットン素材
  • 二人用
  • 分離使用可能
  • 洗濯機丸洗い可能

 

サイズ 150×210cm、収納サイズ;30×50cm
重量 2.7kg
素材 高品質のコットン、210Tポリエステル
快適使用温度 0℃~10℃
最低使用温度 -5℃
シーズン 春&秋冬用

 

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 素材感は、肌触りのいい生地とフワフワ感ガチョウと良くて気持ちいいです。自宅で洗えるのもいいです。
  • 小学生の子供と3人で使えていい大きさです。とても重宝しています。
  • 女性一人でも収納しやすいのでおすすめです。

悪い口コミ

  • アウトドアの-5℃は無理なように感じます。室内でも、上に毛布を掛ける、着るものを工夫してという感じでしょうか、

 

1位★snow peak(スノーピーク)/セパレートシュラフ オフトンワイドLX BD104

1位におすすめする家族向け・カップル向け、封筒型寝袋(シュラフ)は、「ow peak(スノーピーク)/セパレートシュラフ オフトンワイドLX BD104」です。

おすすめポイントは、かけ布団・敷布団とまるで家にいるときと同じ感覚で眠れるところです。夏は敷布団と手持ちのタオルケットなどでも使えます。

ふかふかした感じもとてもいいと評判です。

 

おすすめポイント
  • かけ布団・敷布団のように使える
  • 家族やカップル向け

 

種類 封筒型
サイズ 敷:105×210cm、掛:110×200cm
収納サイズ:直径34×56cm
重量 約3600g
素材 表地・収納ケース/40Dナイロンリップストップ、
裏地/TCコットン、中綿/アモノフォロファイバー
快適使用温度
最低使用温度 3℃
シーズン 3シーズン

 

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • マミータイプでは寝返りが出来ませんでしたが、この封筒型の寝袋は、身長180㎝体重90kgの私でも十分出来てました。
  • 幅が広く、足も広げられて布団と同じ感覚で使えます。

悪い口コミ

  • 収納がとても大変だと思います。
  • 寒い季節だと、首元が寒いです。

 

寝袋・シュラフ★Amazon/楽天の売れ筋ランキング

 

その他の寝袋(シュラフ)売れ筋ランキングはこちら

 

ファミリー向け寝袋(シュラフ)は活用幅が広い

ファミリー、そしてカップル向けとして、封筒型の寝袋(シュラフ)をおすすめランキングでご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

寝袋(シュラフ)のイメージというと、マミー型を思い浮かべますが、3シーズンで家族やカップルで使うものとしての封筒型の寝袋(シュラフ)は、マミー型よりも開放的でいろいろな場面で大活躍します。

登山など、本格的な場面を除き、アウトドアとしての気楽に楽しむ寝袋(シュラフ)として、封筒型の購入を検討されている方はぜひ、おすすめランキングを参考にしてみてください。

▼寝袋(シュラフ)の詳しい記事はこちらをどうぞ

寝袋
「寝袋」の記事一覧です。