【夏用】寝袋(シュラフ)おすすめランキング10選★コンパクト&軽量化で選ぶ

寝袋 シュラフ 寝袋

アウトドアに断然おすすめなのシーズンの「夏」。夏のキャンプや大人気のグランピングなどでさらに快適に過ごせる必需品が寝袋(シュラフ)です。

すでにお持ちの寝袋は夏に使えるものですか?そして、これから寝袋の購入を検討されている方は、夏に使う寝袋の選ぶポイントをご存知でしょうか。

ここでは、夏に使える寝袋の選び方と、軽量でコンパクトである夏におすすめの寝袋をランキングでご紹介します。

スポンサーリンク
  1. 夏に使う寝袋(シュラフ)に求めること
  2. コンパクト&軽量の夏の寝袋(シュラフ)を使うシーン
  3. 夏向け寝袋(シュラフ)を選ぶポイント
    1. 夏におすすめ寝袋(シュラフ)の種類
    2. 軽量素材
    3. 快適使用温度/限界(最低)使用温度
    4. コンパクト
    5. 寝袋(シュラフ)とセットで必要なもの
      1. 「mont-bell(モンベル) U.L. コンフォートシステム エアパッド 180」リアルなレビュー記事はこちら
  4. 夏に使う★寝袋(シュラフ)おすすめランキング10選
    1. 10位★deuter(ドイター)/ Dream Lite (ドリームライト) DS49051-4100
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    2. 9位★ISUKA(イスカ) / ウルトラライト グリーン
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    3. 8位★ISUKA(イスカ)/ エア280 X 1486
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    4. 7位★Snugpak(スナグパック) /寝袋 ジャングルバッグ
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    5. 6位★Takemo(タケモ)/スリーピングバッグ 2
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    6. 5位★POLeR(ポーラー) /リバーシブルナップサック634021
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    7. 4位★ISUKA(イスカ )/エア180X
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    8. 3位★mont-bel(モンベル)/寝袋 アルパイン ダウンハガー800#7 1121304-EP
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
    9. 2位★mont-bell(モンベル)/アルパイン ダウンハガー サーマルシーツ マスカット 1121306-MSCT
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
      2. 「寝袋 モンベル(mont-bell)アルパイン ダウンハガー サーマルシーツ 1121306」リアルなレビュー記事はこちら
    10. 1位★ISUKA(イスカ)/エア130x
      1. 良い口コミ・悪い口コミ
  5. 夏用寝袋(シュラフ)の比較表はこちら
  6. 寝袋(シュラフ)★Amazon/楽天の売れ筋ランキング
  7. 夏に使う寝袋(シュラフ)はコンパクト&軽量で選ぶ

夏に使う寝袋(シュラフ)に求めること

寝袋(シュラフ)は、使うシーンで、素材、大きさ&重量と、使うシーズンによっても選ぶものが変わってきます。

ここでは夏に使う寝袋について、選び方のポイントと実際におすすめな商品をランキング形式でご紹介します。

▼寝袋(シュラフ)の詳しいレビュー記事はこちらをチェック

寝袋
「寝袋」の記事一覧です。

コンパクト&軽量の夏の寝袋(シュラフ)を使うシーン

まずは、夏に寝袋(シュラフ)を使うシーンを考えてみましょう。テント泊以外で寝袋を使うシーンは次のようなものがあります。

  • 車中泊
  • ツーリングなど
  • 夜釣り
  • 高原の天体観測
  • バンガロー
  • 自宅で来客用
  • フェリーなど船旅
  • 防災グッズとして

この様なシーンを想定して、それに合う寝袋選びをすることをおすすめします。

アドバイザー
寝袋ってキャンプに行かないし、使うことないななんて思っている方に特におすすめっしたいですね。あると便利で重宝する寝袋!冬の夜更かしのアイテムとしてもOK。夏用といっても3シーズン使えたりします。
libloomのiyo
寝袋ってアウトドアで使うものというイメージだったけど、結構 使えるシーンってあるんですね。

夏向け寝袋(シュラフ)を選ぶポイント

夏に使う寝袋(シュラフ)、本格的な夏登山用なのか、海のキャンプなのか、室内で使うものなのかでも選ぶ基準が変わってきます。

ここで、夏用の寝袋(シュラフ)を選ぶ時のおすすめポイントは次の通りです。

夏用寝袋(シュラフ)選びのポイント
  • 持ち運びに便利
  • 室内で気軽に使える
  • 収納時もコンパクト
  • 幅広く使える

夏におすすめ寝袋(シュラフ)の種類

寝袋(シュラフ)の種類は次のものがあります。

  • マミー型
  • 封筒型
  • エッグ型
  • 人型

夏用としておすすめなのが、マミー型・封筒型・エッグ型です。中でも種類が豊富で、収納が簡単、そして持ち運びも手軽という点で、マミー型やもしくは封筒型でもマミー型の様なデザインのものをおすすめします。

軽量素材

寝袋(シュラフ)の素材には、大きく分けて次のようなものがあります。

  • 化学繊維
  • ダウン

基本的にコンパクトで軽量であることを重視するなら、ダウン素材がいいでしょう。

最近では化学繊維のものでも軽量化されているものはあるので、コストを抑えたい場合にはそちらもおすすめです。

アドバイザー
ダウンは、価格的にも高くなりますが、本格的な寒いシーズンに使うのでなければ、化学繊維の素材のもので十分だったりします。
libloomのiyo
夏用だと特に素材は化学繊維でいいのかな。

快適使用温度/限界(最低)使用温度

寝袋(シュラフ)には、使用温度というものがあります。それぞれのメーカー基準での表示がされています。目安として次の通りです。

シーズン 限界温度域
夏用 5~10℃
冬用 -5℃以下
3シーズン用 -5℃~5℃

 

アドバイザー
一般的には、表示されている温度設定の+5℃が機能的に安心して使える目安とされているので、使用シーンに合わせて参考にしてみましょう。
libloomのiyo
寝袋って使うシーズンや場所ごとの気温によってもどのタイプを選ぶか変わってくるんですね。

コンパクト

寝袋(シュラフ)の収納時のサイズもチェックポイントにするといいでしょう。

コンパクトになるものなら、自宅で保管するときに場所を取らず、置き場所に困ることもありません。車などに積んで運ぶ際にも省スペースな方がありがたいですよね。

libloomのiyo
収納場所も考えないといけないですね。
アドバイザー
夏用として使えるものの中には本当にコンパクトで軽量化されているものがありますよ。

▼安い2000~3000円で寝袋(シュラフ)をお探しの方はこちらの記事をご覧ください。

寝袋(シュラフ)とセットで必要なもの

一般的に寝袋(シュラフ)使用とセットで必要なもの
  • 寝袋(シュラフ)カバー…ダウンを使った寝袋には、湿気や結露が大敵なので、それらから守るために使う
  • マット…寝袋の下がすぐ地面だと快眠できないので、寝袋とマット類はセットがおすすめ
  • インナーシュラフ…寝袋だけでは寒い場合に、もう一枚プラスして保温UP。夏の車内泊や、海のキャンプなどでは、夏用寝袋としても使える

寝袋(シュラフ)を使うときにはセットで用意するものについても知っておきましょう。

ただ、夏にインナーシュラフなどが必要な場面はあまりありませんが、マット使用はおすすめです。

「mont-bell(モンベル) U.L. コンフォートシステム エアパッド 180」リアルなレビュー記事はこちら

寝袋(シュラフ)とマットはセットで使うものです。

寝袋の下に敷くマットの購入を検討されている方はこちらの「mont-bell(モンベル) U.L. コンフォートシステム エアパッド 180」レビュー記事も参考にしてみてください。

モンベル U.L. コンフォートシステム エアパッド 180の口コミ・レビュー|コンパクトなスリーピングマットの評判は?
ソロキャンプ用にコンパクトなmont-bell「U.L. コンフォートシステム エアパッド 180」を5泊ほど使ってみた『デジャヴさん』(52歳/男性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、...

夏に使う★寝袋(シュラフ)おすすめランキング10選

ここからは、夏用として使う寝袋(シュラフ)のおすすめランキングをご紹介します。

10位★deuter(ドイター)/ Dream Lite (ドリームライト) DS49051-4100

重さはバナナの2本分!化学繊維素材なのに超軽量の寝袋(シュラフ)のこちらは、「deuter(ドイター)/ Dream Lite (ドリームライト) DS49051-4100」です。

寒い時にインナーシュラフとしても使えるので、オールシーズン活用できます。

おすすめポイント
  • 超軽量
  • 通気性◎、湿気に強い
  • コールドスポットができる夏向けの構造
  • インナーシュラフとしても利用可能

 

サイズ 205×75cm
収納サイズ:12×25cm
重量 600g
素材 ポリエステル繊維:50% 、ナイロン:50%、
レイヤー構造
快適使用温度 13℃
最低使用温度 10℃

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 気温12度くらいの使用で薄い割には寒さを感じなくてよかったです。何より600gというのがとても軽くて、持ち運びによかったです。
  • 8月の東北で使用しましたが、軽くてコンパクトなので、とても便利で車中泊でも活用できました。

悪い口コミ
現時点で悪い口コミの投稿はありません。

9位★ISUKA(イスカ) / ウルトラライト グリーン

アウトドアブランドとして人気もあり、製品もとても性能がいい「ISUKA(イスカ) /寝袋 ウルトラライト グリーン」を9位におすすめします。

鮮やかなカラーでも目を惹きますが、何より高級寝袋(シュラフ)だから実現できた、化学繊維の軽量・コンパクトさには驚くはず。持ち運びしやすい寝袋として人気です。

マミー型の寝袋は窮屈さで避ける方もいますが、こちらは足元ゆったり設計になっています。

おすすめポイント
  • シングル構造
  • 足元ゆったり
  • 軽量・コンパクト

 

サイズ 80×202cm
収納サイズ:直径12.5×27cm
重量 630g
素材 表ナイロン100%、裏ポリエステル100%
快適使用温度
最低使用温度 10℃

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 夏の低山で使うための購入しました。気温が下がった時には、シートゥーサミットのサーモライトリアクターをインナーに使っていました。この組み合わせて夏以外のシーズンも活用できます。
  • コンパクトで持ち歩きにもとてもいいです。
  • 寒い季節には、インナーシュラフとして使えそうなので、持っていて活用できます。

悪い口コミ

  • 最低使用温度の設定が10℃というのがちょっと甘いな~という感じがします。

8位★ISUKA(イスカ)/ エア280 X 1486

人気ブランドのISUKA(イスカ)の夏用寝袋(シュラフ)を8位におすすめするのは、「ISUKA(イスカ)/ エア280 X 1486」です。

高品質な羽毛をふんだんに使用し、コンパクト&軽量なので、持ち運びにストレスを感じません。安心快適に使用できる夏用寝袋として、本物を求める方におすすめです。

おすすめポイント
  • ハイブリッドの『3D』構造
  • 高品質羽毛280g
  • 超コンパクトサイズ

 

サイズ 78×208cm
収納サイズ:14×24cm
重量 520g
素材 ナイロン100%、羽毛量:280g(90/10 800フィルパワー)
快適使用温度
最低使用温度 2℃

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 軽くてコンパクトなので、低山登山に最適です。製品としてもとてもいいものです。
  • 3シーズン使う寝袋として、いいと思います。

悪い口コミ

  • 夏向けの寝袋として、もう少し、足元は広めだったらよかったと思います。使うシーズンは寒くて丸まって使う時期ではないと思うので。
  • もう少し安かったらいいと思いました。

7位★Snugpak(スナグパック) /寝袋 ジャングルバッグ

7位におすすめするのは、「Snugpak(スナグパック) /寝袋 ジャングルバッグ」です。

Snugpak(スナグパック)はイギリスで1977年創業。個性的&高品質な商品が揃いますが、特に軍事用のジャケットや寝袋が有名で評価の高いブランドです。

もちろん、その性能・機能の高さから、一般向けの寝袋も長く愛用されています。使用されている中綿(ソフティー中綿)が特徴的で、天然のダウンより高い保温性を誇ります。

おすすめポイント
  • ソフティー中綿
  • 縫い目なしでコールドスポット(低温部)の解消
  • コンパクト収納
  • 虫刺され防止蚊帳付

 

サイズ 220cm×150cm
収納サイズ: 14×12cm
重量 750g
素材 ソフティー中綿
快適使用温度 7℃
最低使用温度 2℃

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • とにかく、コンパクトにしたいという方におすすめです。軽いという点でもとても優れています。
  • 「ジャングルバッグ」というネーミングどおり、虫よけの蚊帳もついていて、蚊帳の目も細かくていい感じです。

悪い口コミ

  • 薄いので、ファスナーを使うときに布を噛んでしまいます。ちょっと面倒です。
  • 4~5月に野宿で使いましたが15℃を下回る外気だと寒いです。

6位★Takemo(タケモ)/スリーピングバッグ 2

コスパに優れた新しいブランドとして6位におすすめするのが「Takemo(タケモ)/スリーピングバッグ 2」です。

人気ブランドのISUKA(イスカ)やmont-bell(モンベル)より、低価格ながら、その機能は変わらずというとこが注目されているところです。創業者は、元イスカで長年勤められていたということで、寝袋(シュラフ)に関してはスペシャリストといえるでしょう。

スリーピングバッグ2は、冬などの寒いシーズンにはインナーシュラフとして使えるので、使い方によってはオールシーズン活用できます。

おすすめポイント
  • 20Dのポリエステルリップストップ撥水加工
  • ホワイトダックダウンを200g
  • 超軽量500g

 

サイズ 肩回り158×全長205×足元回り104cm
収納サイズ:13×25cm
重量 500g
素材 ポリエステル100%、中わた:ホワイトダックダウン ダウン90% フェザー10% 200g 750FP
快適使用温度
最低使用温度 8℃

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 夏に中低山用のシュラフの中で、コスパ面では一番おすすめできる性能です。
  • コスパ良し!最高です。カラーバリエーションがもっとあったらなお良いです。

悪い口コミ
現時点で悪い口コミは投稿されていません。

5位★POLeR(ポーラー) /リバーシブルナップサック634021

ポーラといえば、手足が出せる寝袋(シュラフ)が有名です。2011年創業のアメリカ・オレゴン州、ポートランドのアウトドアブランドで、他にはないおしゃれなデザインが特徴です。

「POLeR(ポーラー) /リバーシブルナップサック634021」は、高額商品ながら、日本でも人気沸騰中として、5位におすすめします。

おすすめポイント
  • 手足が出せるおしゃれな寝袋(シュラフ)。
  • 人目を惹く色柄

 

サイズ Mサイズで身長170㎝くらいまで
収納サイズ:約45cmx20cm
重量
素材
快適使用温度
最低使用温度 10℃

良い口コミ・悪い口コミ

POLER JAPANさん(@polerjapan)がシェアした投稿

良い口コミ

  • 室内で使うための購入しました。身長は169㎝ですが、寝るとピッタリという感じで、余裕が欲しい方はLサイズをおすすめします。あたたかくてとてもいいです。

悪い口コミ

現時点で悪い口コミは投稿されていません。

4位★ISUKA(イスカ )/エア180X

高品質の羽毛量が180gという「ISUKA(イスカ エア)/寝袋180X」を8位におすすめします。

9位で紹介した「イスカ(ISUKA) /寝袋 ウルトラライト グリーン」との違いは、180Xの方は最高級のホワイトグースダウン使用しているという点。本格的な夏登山にもおすすめできるものです。

こちらもコンパクト収納になっているので、ツーリングなどでも活躍してくれるでしょう。

おすすめポイント
  • 超軽量ナイロンと最高級のホワイトグースダウン使用
  • 優れた保温性
  • コンパクト収納

 

サイズ 収納サイズ:直径12×25cm
重量 430g
素材 ナイロン、羽毛量 : 180g(90/10 800フィルパワー)
快適使用温度
最低使用温度 8℃

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • さすがイスカという製品です。すごく軽いのに、5月末ごろからの使用で大満足です。
  • イスカの製品を冬用、3シーズン用と持っていて、今回夏用として180Xを購入しました。夏も問題なく使えてとてもおすすめです。
  • 夏山のテント泊用で購入しました。150xとどっちにしようか迷いましたが、フルジッパーの180Xに決めました。
  • 9月の阿武隈高原のキャンプで朝方の冷え込みにもしっかり対応して、寒く無くてとても快適でした。

悪い口コミ
現時点で特に悪い口コミは投稿されていません。

3位★mont-bel(モンベル)/寝袋 アルパイン ダウンハガー800#7 1121304-EP

軽くてコンパクト収納なので夏のサイクリングやツーリングに最適、高品質の寝袋(シュラフ)としておすすめするのが「mont-bel(モンベル)/寝袋 アルパイン ダウンハガー800#7 1121304-EP
」です。

モンベル独自のスパイラルストレッチシステムで伸縮性は120%。体にフィットするのに窮屈感がなく快適と人気の製品です。

夏の高地では夜は冷え込むことを考えて、保温性の高い高品質グースダウンを採用しています。

おすすめポイント
  • ポルカテックス撥水加工
  • 超軽量・コンパクト
  • モンベル独自のスパイラルストレッチシステム

 

サイズ 収納サイズ:12×12×24cm
重量 371g(スタッフバッグ込重量391g)
素材 10デニールバリスティック
快適使用温度 12℃
最低使用温度 8℃

良い口コミ・悪い口コミ

現時点で口コミは投稿されていません。

2位★mont-bell(モンベル)/アルパイン ダウンハガー サーマルシーツ マスカット 1121306-MSCT

「mont-bell(モンベル)/アルパイン ダウンハガー サーマルシーツ マスカット 1121306-MSCT」を2位におすすめします。

サーマルシーツとしての製品ですが、インナーシュラフ&夏用寝袋(シュラフ)としても大活躍してくれます。

軽くてコンパクトという点と、人気のアウトドアブランドmont-bell(モンベル)の定番商品としても人気です。

おすすめポイント
  • 撥水:ポルカテックス加工
  • 軽い、超コンパクト
  • インナーシュラフですが、夏用として使用可

 

サイズ 収納サイズ:約12×12×24cm
重量 約384g(スタッフバック込重量404g)
素材 10デニールバイリスティックエアライトリップストップ,
中綿:800フィルパワーEXグースダウン
快適使用温度
最低使用温度

良い口コミ・悪い口コミ

リョ〜カイさん(@plano707)がシェアした投稿

良い口コミ

  • 車内泊のため購入しましたが、漫画喫茶やフェリー泊などに室内で快適に使うことができます。
  • 夏だけではなく、インナーシュラフとしても保温性アップに持っていると、いろいろ使う幅が広がります。

悪い口コミ
現時点で悪い口コミは投稿されていません。

「寝袋 モンベル(mont-bell)アルパイン ダウンハガー サーマルシーツ 1121306」リアルなレビュー記事はこちら

「寝袋 モンベル(mont-bell)アルパイン ダウンハガー サーマルシーツ 1121306」の購入を検討されている方は、レビュー記事もぜひ参考にしてみてください。

モンベル シュラフ用インナーシーツ (アルパイン ダウンハガー800同素材) サーマルシーツ(#1121306)の口コミ・レビュー
寝袋代わりにモンベル シュラフ用インナーシーツ サーマルシーツ(#1121306)を2年間使ってみた『デジャヴさん』(52歳/男性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜ...

1位★ISUKA(イスカ)/エア130x

「イスカ エア130x」を夏に使う寝袋(シュラフ)として、1位でおすすめします。インナーシュラフですが、最低使用温度8℃ということで、夏の寝袋(シュラフ)としても最適です。

軽量・コンパクト・優れた保温性の3拍子揃った品質はさすがISUKA(イスカ)。安心・信頼ブランドの商品なので、寝袋初心者さんにも自信をもっておすすめできる商品です。

おすすめポイント
  • シングル構造 、YKKコイルジッパー
  • 最高級のホワイトグースダウン使用
  • 超軽量300g

 

サイズ 70×180cm
重量 300g
素材 ナイロン100%、
130g(90/10 800フィルパワー)
快適使用温度
最低使用温度 8℃

良い口コミ・悪い口コミ

Shunsuke Oguraさん(@16shun)がシェアした投稿

良い口コミ

  • 温かいシーズンに使うシュラフとして、購入して正解です。軽い&コンパクトで荷物にもならないので、夏のツーリングに最適です。
  • フード部分はありません。でも夏に使うのであれば。、必要ないという感じで満足なシュラフです。

悪い口コミ

  • 横幅はちょっと狭い感じで服を着ていると入りにくい感じがします。

夏用寝袋(シュラフ)の比較表はこちら

名称 タイプ サイズ 重量 快適使用温度 最低使用温度 判定
ドイター DS49051-4100 205×最大幅75cm
収納サイズ:12×25cm
600g 13℃ 10℃
イスカ ウルトラライト マミー型 80×202cm
収納サイズ:直径12.5×27cm
630g 10℃
イスカ エア 280 X 1486 マミー型 78×208cm
収納サイズ:14×24cm
520g 2℃
スナグパック ジャングルバッグ マミー型 220cm×150cm
収納サイズ:14×12cm
750g 7℃ 2℃
タケモ スリーピングバッグ 2 マミー型 肩回り158×全長205×足元回り104cm
収納サイズ:13×25cm
500g 8℃
ポーラー リバーシブルナップサック634021 マミー型 Mサイズで身長170㎝くらいまで
収納サイズ:約45cmx20cm
10℃
イスカ エア180X マミー型 収納サイズ:直径12×25cm 430g 8℃
モンベル アルパイン ダウンハガー800#7 1121304-EP マミー型 収納サイズ:12×12×24cm 371g 12℃ 8℃
モンベル アルパイン ダウンハガー サーマルシーツ 1121306-MSCT マミー型 収納サイズ:約12×12×24cm
イスカ エア130x マミー型 70×180cm 300g 8℃

 

アドバイザー
初めて夏用の寝袋を選ぶ方のためにも安心して使えるブランド(=製品の確かさやアウトドアの有名メーカー)にも注目して、軽量に注目してランキング付けしてみました。

夏用寝袋といっても、寒い時にはインナーシュラフとしても使えるので、持っていると使用頻度は上がるでしょう。

libloomのiyo
寝袋って私には必要ないなんて思っていたけど、ちょっと持ってみたくなりました。私は実家に帰省するとき様に♪安心して使えるブランドというのも知っておくといいですね。

アドバイザー
ここで一口メモです。まだ知名度は浅いとしても、注目株な寝袋として6位の「タケモ」もおすすめですよ。

寝袋(シュラフ)★Amazon/楽天の売れ筋ランキング

その他の寝袋(シュラフ)売れ筋ランキングはこちら

夏に使う寝袋(シュラフ)はコンパクト&軽量で選ぶ

夏に使う寝袋(シュラフ)は、軽量でコンパクトなものが何よりおすすめです。

もちろん、使うシーンを考えて選ぶことも大切です。夏といっても平地なのか、高地や、山なのかでも使う寝袋や使い方が変わってきます。夏でも中低山なら思いのほか冷え込むこともあるので、寝袋重ね使いを視野に入れておきましょう。

おすすめランキングを参考に、夏にぴったりな快適寝袋を探してみてくださいね。
▼寝袋(シュラフ)の詳しいレビュー記事はこちらをチェック

寝袋
「寝袋」の記事一覧です。
寝袋
スポンサーリンク
■この記事の担当
iyo
iyo

libloomのiyoです。おしゃれなもの・かっこいいもの、そして何より、話題になっている人気のものがあると知ると、調べたくなります。

大学生の娘がいるので、若い人の感覚にも触れながら、「知りたい人へ」「知りたい事を」「購入者目線」で徹底調査をモットーに情報入手していきます。

iyoをフォローする
iyoをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM