【レビュー】アイラブベビー クッションマット|ニトリのジョイントマットとの比較

クッションマット

アイラブベビー リバーシブル クッションマットを1ヶ月ほど使ってみた『さくちゃん』(31歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

アイラブベビー リバーシブル クッションマット

この記事は以下のような内容を知ることができます。

  • ニトリのジョイントマットを使って失敗した体験談
  • ジョイントマットと比較して一番の利点は汚れにくい!
  • 夏に重宝する!表面がひんやりと冷感仕様
  • 例え汚れてもひっくり返すだけ
  • デメリットは2点ある

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

アイラブベビー(I LOVE BABY) リバーシブル クッションマット クラウド×シェブロン 180×120cmを購入しようと思ったきっかけは?

もともと家のリビングはフローリング床で、そこにカーペットを敷いていました。

娘が生まれた時に、カーペットだと汚れた時の処理が大変だと考え、その上にニトリのジョイントマットを敷きました。(パズルマット 9枚入り ふち付き(スカイ 9P フチツキ) Nパズルマット 4枚入り ふち付きの2種類を組み合わせて使用していました。)

ニトリのジョイントマットもとても可愛くて使いやすく、それこそお値段以上でお気に入りだったのですが、娘が1歳になり遊びの範囲が広がってくると、ジョイントマットはとにかく剥がす!噛む!バラバラにする!で毎回元に戻すのがかなり大変になってきました…。

しかも剥がしたところに限ってお茶をこぼしたり、噛んだパーツがボコボコになったりと、徐々にマットの意味がなくなってきたなと感じていたので、ジョイント式ではないプレイマットに買い換えることを決めました。

アイラブベビー リバーシブル クッションマットをどのようにして知りましたか?

アイラブベビーのクッションマットと初めに出会ったのは友人のInstagramアカウントでした。友人の娘ちゃんがお部屋で使っていて、「こんなのもあるんだ」と思ったのが最初です。

ただ、その時は正直ジョイントマットで事足りていたのでまさか同じものを買うとは思っていませんでした。

その後、買い替えの必要性を感じ始めた時に改めてウェブで「ベビー プレイマット」「クッションマット こども」のキーワードで検索しましたが、やはり出てくる商品の大半がジョイントマットでした。

その中でやっと1枚もののマットをいくつか見つけ、比較検討しました。

ベビー用プレイマットを買う際に重要視したポイントとは?

私がベビー用プレイマットを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

1.ジョイントマットでないこと

正直今回の買い物で一番重要視したのがジョイント式でないことでした。というか、ジョイントマットであればこれまで使ってきたニトリのもので十分だと考えていたので、それを上回るメリットがないと正直買い換える気持ちになれませんでした。

2.機能性

プレイマットという名称ですが、目的としては「汚れ防止」「転倒時の怪我防止」「音の響き防止」がメインだったので、機能の中でも

  • 防水加工がされているか(中に染み込まないか)
  • クッション性はあるか(転んでも痛くなさそうか)
  • 端の処理がきちんとされているか(ほつれてこないか)

を特に重視して探しました。

3.デザイン

また、リビングの床の大部分を覆うことになるため、全面カラフル!といったものよりはシンプルなデザインが良いと考えていました。とはいえ子供用なので、少しは可愛い部分もあればいいなと考えていました。

購入に迷ったベビー用プレイマットは?

購入に迷ったベビー用プレイマットは以下の商品です。

全10色!撥水&低反発ラグ『ホリデープラス』約190x190cm

イケア PLUFSIG 折りたたみ式ジムマット

ベビーザらス ベビープレイマット

まずホリデープラスの低反発ラグが出てきて、とても魅力的だったのですが、こちらは完全防水ではなく撥水加工だったので、うちのやんちゃ娘のいたずらに耐えられるか少々心配な面がありました。

またカーペット地は肌ざわりが良いのが素敵なのですが、スライディングすると摩擦で擦り傷みたいになることがあるので(私は子供の頃それで何度か怪我をしました…)子どもが落ち着いて遊べるようになるまではお預けかなと考えました。

イケアのジムマットも遊び広場などで採用されているのを実際に見たことがあり良さそうでしたが、うちは毎回折りたたんで出し入れをする想定ではなかったので、たたむことは考えなくて良かったのと、そうすると折り目の隙間に絶対汚れが溜まる!と思ったので断念しました。

ベビーザラスのプレイマットはリバーシブルでお値段も安く気になりましたが、デザイン的にアイラブベビーのマットの方が両面とも気に入ったこと、よりクッション性が高そうだったこと、そして友人が実際に使っていた安心感から最終的に購入を決めました。

アイラブベビー リバーシブル クッションマットの特徴、性能

生産国:中国
対象年齢 0歳~
サイズ 約180×120×1.2cm
材質 ポリウレタン
配送方法 宅配便(750円~)
パッケージサイズ 17.5×17.5×122cm、2.6kg

マットのサイズは180cm×120cmで、子どもと大人が一緒に座ってもかなり余裕があります。子どもだけなら3〜4人で遊ぶのにも使えそうです。素材的にも重くないので持ち上げて掃除をしたり、移動するのもラクラクできます。

端は縁取りされており、しっかり接着してあるので破れてくることはまずなさそうです。クッションの厚みもしっかりしており、転んでも安心です。

雲の柄の大きさは手と比較するとこのくらいです。強く主張してくる柄ではないので、小さな赤ちゃんでも安心ですね。とても気に入っています。

裏面はジグザク柄で、こちらもグレーと白でシンプルながら可愛いデザインです。

動画レビューしてみました

アイラブベビー リバーシブル クッションマットのメリット

この商品に買い替えて間違いなく一番良かったことは「汚れにくい」点です。

ジョイントマットの時は正直マットとマットの隙間に何かが挟まったり、娘が遊びで剥がしたところに何かがこぼれたりして掃除も結構大変でした。その点、このマットに替えてからは何かがこぼれてもサッと拭くだけ!ツルツルした素材なのですぐ落ちますし染み込むこともありません。

さらにこれは使ってみてわかったのですが、表面の材質的に冷感があるので(そういう加工ではないと思いますが)夏の暑い時にカーペットでさらに暑い!ということがなく快適に過ごせています。子どもと一緒にゴロンとしてもとても気持ちが良いです。

当然1枚ものなので隙間に何かが挟まることもなく、娘がふざけて剥がすこともなく、ノンストレスで使えています。今は雲の柄の面をオモテにして使っていますが、季節や気分によってウラ・オモテを入れ替えて使ってみてもいいなと思っています。

万一落ちないレベルの汚れがついたとしても、ひっくり返せば済むのも地味に嬉しいです(笑)

アイラブベビー リバーシブル クッションマットのデメリット

これはリバーシブルの商品を選んだ段階でもうしょうがないのですが、ウラ・オモテ共に柄が入っていて使える仕様なので滑り止めがついていません。

このため思ったよりズレることはあります。

ただ通常使っている範囲ではズレすぎてどうしようもない!というレベルにはまずなりませんし、軽いので引っ張って戻せばすぐなので気にせず使っています。

どうしてもズレてほしくない!という方は片面のみでウラがしっかり滑り止め加工されているマットを選んだ方が良いと思います。(100均などで滑り止めゴムをひけば絶対にズレません。)

また、これもメリットとの裏返しなのですが、表面が冷たく感じることは夏はとても助かっている一方で、冬になるともしかして寒いのかな?と若干危惧しています。

もしそうだと冬の間はこのマットは片付けなければならないかもしれません。とはいえ部屋自体は暖房をかけるので、そこまで気にならない可能性もありますし、むしろ今は暑いので冷感ですが、空気全体が寒くなればそこまでヒヤっとしないのかもしれません。

アイラブベビー リバーシブル クッションマットの総合評価

今回ご紹介したアイラブベビーのクッションマット、総合評価としては「買って良かった」です。

それまで使っていたジョイントマットも商品自体は全く悪くないのですが、娘の遊び方ややんちゃ具合からするとうちにはジョイント型でない1枚もののマットの方が合っていました。

デメリットに比べメリットの方が格段にあると感じているので、これからも子どもとのおうち時間のお供として使っていきたいと思います。

ちなみに、クッション性が高いという点はお伝えしましたが、それを活用し、うちではトランポリンで遊ぶ時もこのマットの上に置いて跳んでいます。

するとジャンプする音はほとんど気になりませんし、遊び終わった後トランポリンを片付けてもマットに跡が残ることはありません(長期間置きっぱなしだとさすがに跡残るかもしれませんが)。様々な遊びに使えるこのマットはとてもおすすめです。

アイラブベビー リバーシブル クッションマットの口コミ・評判は?

アイラブベビー リバーシブル クッションマットのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • こういうマット特有のニオイがあるけど、これは無臭。
  • フカフカでクッション性があり、気持ちいい。
  • フローリングにしいてます。痛くないと好評価。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 夏場はいいけど、冬は冷たい。
  • ちょっと反ってる。

Twitterの評判

アイラブベビー リバーシブル クッションマットの購入を考えている人へアドバイス

ジョイントマットが毎度子どもに剥がされてうんざりしている方、意外とお掃除が面倒だなと思っている方、隙間に汚れが挟まってなんとかしたい方にはこのマットは本当にラクになるのでおすすめです。

大きさもしっかりあり、リバーシブルのデザインはどちらとも男女いける柄なので、男の子ママさんにも、女の子ママさんにもおすすめです。

なんだったら子どもがいなくても違和感のないオシャレな柄ですよ。転んでも痛くないのでハイハイ前の赤ちゃんから、走り回るキッズまで対応できます。濡れてしまっても拭くだけで綺麗になり、丸洗いする必要すらありません!

どうしてもジョイントマットがいい、一切ズレない滑り止めがしっかりされているマットがいい、という方は別のマットを見ていただいた方が良いと思いますが、そうでなければぜひ使っていただきたい商品です。

クッションマット
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM