【レビュー】スノーピーク チタントレック900|パッキング容易な軽量クッカー

クッカー

スノーピーク チタントレック900を3ヶ月ほど使ってみた『岳さん』(28歳/男性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

スノーピーク チタントレック900

この記事は以下のような内容を知ることができます。

  • とっても軽くて持ち運び便利!
  • チタンの割にお湯は普通に沸く
  • 取手も熱くならずに持てる
  • 蓋がすぐに外れる!
  • 注ぎ口がないので、ちょい不便!

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

スノーピーク チタントレック900 SCS-008Tを購入しようと思ったきっかけは?

登山を始めたのでパッキングがしやすく、かつ軽いクッカーを探していました。

以前はノーブランドのステンレス製を使用していたのですが、OD(OutDoor)缶の250サイズが中に収まらず困っていました。

また同ブランドのシングルバーナーであるギガパワー”地”オートを購入していたため、スノーピークブランドで統一したかったです。

また、キャンプで使用しているテントもスノーピークであり、製品自体のかっこよさはエバニューだったのですが、スノーピークブランドに惹かれてしまいました笑

将来サイズ違いのものを買い、マトリョーシカのようにスタッキングできるのも魅力的ですが、本機能は私が悩んでいたどのブランドでもあると思います。

エバニューの同容量の製品の方が軽い(115g)ですが、値段として若干高いこと、購入当時プレミアム価格となっていたことからスノーピークにしました。

スノーピーク チタントレック900をどのようにして知りましたか?

登山家のYouTubeやブログを見て知りました。

検索方法は「クッカー おすすめ 軽い 登山」のキーワード検索です。

クッカーを買う際に重要視したポイントとは?

私がクッカーを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

  1. スノーピークであること
  2. シングルバーナー(ギガパワー”地”オート)とOD(OutDoor)缶250サイズが一緒にパッキングできること
  3. 軽いこと
  4. 手が出しやすい値段設定であること
  5. プレミアム価格になっていないこと

購入時期がシーズンオフであったため、納期についてはあまり気にしていなかったです。(納期2ヶ月程度)

購入に迷ったクッカーは?

購入に迷ったクッカーは以下の商品です。

エバニュー チタンウルトラライトクッカー

SOTO クッカーセット

コールマン パックアウェイ ソロクッカーセット

値段的には大差なかったのですが、チタン製品であるエバニューのチタンウルトラライトクッカーと最後まで悩んでいました。

やはり登山は少しでも軽い製品を持っていきたいと思っていました。

キャンプを意識した場合はアルミ製の方が料理の幅は広がりますが、私の場合はあまり料理に凝るほど技術がないため、軽さを取りました。

そこでチタン製品が選択肢として上がり、軽さとしてはエバニューのチタンウルトラライトのほうが軽いのですが、値段・手に入れやすさからスノーピークのチタントレック900にしました。

友人がコールマンを使っていますが、キャンプでカレーを作ったりしていたので、料理をたくさんしたい方にはアルミ製もおすすめします。

持っているシングルバーナーが同ブランド(スノーピーク)のギガパワー”地”であり、統一性を考えて本製品にしました。

またエバニューの製品はプレミアム価格となっており入手がかなり困難となっていたが、スノーピークは近くのスポーツ店で予約が可能でした。(2ヶ月待ち)

スノーピーク チタントレック900の特徴、性能

【サイズ】ポット(120×107mm)、フタ(φ128×39mm)
【容量】ポット(900ml)、フタ(250ml)
【材質】チタニウム
【収納サイズ】φ130×140mm
【重さ】175g

ひとつめ、軽い!やっぱりチタン製品なので軽いです。

ふたつめ、非常に軽い!登山といえばチタン製品!

みっつめ、めちゃくちゃ軽い!軽さこそ正義です。

クッカーは基本的な作りがシンプルすぎて、あまり性能を表せません。ちなみに炊飯は友人の使っているコールマンパッカウェイソロクッカーセットの方が美味しく炊き上がりました!(1番うまいのはメスティンでした!)

私は料理をあまりしないのでチタン製品で大満足しています。なんといってもスノーピークなのでかっこいい!パッキング性がかなりいい!

ただし、フタ(フライパン)が取れやすいという弱点があります。

この弱点は付属のスタッフバックを使えば少しは解消できます。

また、調べると蓋がピッタリ閉まるように改造している方もいます。(ちなみにエバニューのチタンウルトラライトはフタがぴったりはまります!が、フライパンとしては使えません。)

スノーピーク チタントレック900のメリット

使ってみた期間:3ヶ月 回数:10回前後

基本的には湯沸かし程度(1度だけ炊飯を実施)にしか使っていないが、使ってみて良かった点としては、チタン製は熱伝導が低いと言われている中で、従来使っていたステンレス製よりもはやくお湯が湧く気がしました。

さらにフタがフライパンとしても使えるため、ウインナーを焼いたりすれば、即席ラーメンに具材を入れられます。

ちなみに袋ラーメンは割らずにシンデラフィットします!

また、多くのクッカーについているが、メモリがあるので、登山で重要な水分を無駄遣いせずに調理ができます。

やはりスノーピーク商品は人気のため、購入するときの納期に時間がかかったのが残念です。

全体的にはかなり満足しており、みなさんにおすすめできる商品となっています。

また、使っている人も多く、どのような商品と合わせて使えるかなどがわかるネットブログがたくさんあるので、参考になると思います。

持ち手のところも熱くなりそうですが、あまり熱くならず、お湯を沸騰させても素手で持つことができます。

炊飯する際に米の量を測るのに、フタが便利です。(1合:リベット下部、2合:すり切りいっぱい)

スノーピーク チタントレック900のデメリット

フタが取れやすいのが残念とても残念ですね。

付属の収納袋に入れても、落ちていることが多いです。おすすめの方法としては、ゴムバンドのようなもので押さえておくことです。

これについては、ユーザーの方が多いため、たくさんの対策方法がネットブログで上がっています。

各自に合った方法を自分で見つけるといいと思います。

私の場合はチタン製を購入しましたが、値段だけで考えるなら同仕様のアルミ製のものでもよかったかなともおもっています。(アルミ製:265g チタン製:175g)

仕様差は材質・重さなので重さが気にならない人(登山はせず、キャンプのみをする人など)にはチタン製にするメリットはないと思います。

また注ぎ口がないのも少し残念に感じました。キャンプや山で自分で挽いたコーヒーを淹れる際、お湯を勢いよく出しすぎて、豆をカップの中に混ぜてしまい、じゃりじゃりした飲み心地のコーヒーをつくってしまいました。

私のように不器用な方は注ぎ口があるクッカーを探すのも手かもしれません。

スノーピーク チタントレック900の総合評価

80点です。

ブランド・値段・質・手に入りやすさなどの総合的な評価はかなり高いです。

実際、アマゾンや楽天など大手ECサイトでも評価は総じて高く、非のつけどころのない商品だと思います。

20点分の減点は、フタが取れやすいこと・注ぎ口がないことですが、それを考慮してもおすすめできる商品です。

また、たくさんのクッカーが必要な方(ファミリーキャンプなどで使う予定)にはサイズ違い(700,1400)がでているため、スタッキングしやすく、省スペースでたくさんのクッカーを持ち運びすることが可能です。

バーナーで調理する場合、焦付きが多少気になりますが、それはそれでオシャレ!と思えば、ガンガン使っていい味を出していこうと思えます。

スノーピーク チタントレック900

スノーピーク チタントレック900の口コミ・評判は?

ネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 計量でコンパクト。
  • 所有欲求が満たされる。
  • 調理してそのまま口を付けられる。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 焦げやすい。
  • 蓋が外れやすい。
  • 品質は悪いかも。

SNSの声

Twitterの評判

スノーピーク チタントレック900の購入を考えている人へアドバイス

軽くて比較的入手しやすいクッカーを求めている方にはぜひおすすめします!

将来的にファミリーキャンプなどで使おうと、サイズ違いの購入を検討されている方にもおすすめします。

なお、あまり料理をしない方にもおすすめです。(カップヌードルで済ませてしまう人など)

前述のとおり、チタン製品は料理をたくさんしたい方にはあまりおすすめできませんので、その場合はアルミ製を検討ください。

あくまで軽量を追求した方におすすめする商品と思います。

また、チタンシングルマグというスノーピークの商品はアウトドア好きの方ならほとんどの人が持っているかも知れません!

あえて違うブランドを購入するのもいいと思いますが、道具のブランドを統一することが好きな方はぜひスノーピークマニアになってみてください!

クッカー
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM