【レビュー】スヤスヤおねんね おやすみおはなしえほん

絵本

スヤスヤおねんね おやすみおはなしえほんを3ヶ月ほど使ってみた『いろはさん』(40歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

スヤスヤおねんね おやすみおはなしえほん

この記事は以下のような内容を知ることができます。

  • 添い寝をして本を読まなくても良いので親は楽♪
  • 30話あるので毎日きいても飽きない!
  • 読み聞かせの表現がうまい!
  • 音量調節が細かくできない!
  • 物語の絵がない!

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

スヤスヤおねんね おやすみおはなしえほんを購入しようと思ったきっかけは?

私は小さい頃、毎日寝る前に母から絵本を読んでもらっていました。

私はその時間がとても大好きで、読んでもらうと自然に眠たくなってほっこりした気持ちになっていました。

今でも小説などの本を読むのが大好きです。読解力はありませんが。。。笑

子供が産まれ私も毎日寝る前に子供に絵本を読んでいたのですが、1冊では終われず何冊も読んでとお願いされ続けているうちにぐったり疲れてしまい、毎日絵本を読むことができなくなりました。

絵本を読むことが苦痛にもなってきました。なので次に絵本ではなく創作のお話をすることにしました。

すると今度は子供が「それは違う」とか「こうしたい」とか創作のお話に意見するようになり、そのせいでどんどん寝る時間が遅くなるようになりました。

早く寝かすためのお話の時間が本末転倒状態。寝ながら昔話や絵本を自分に負担がかからない方法で、どうやって聞けるかなあと考えていました。

スヤスヤおねんね おやすみおはなしえほんをどのようにして知りましたか?

寝ながら絵本が聞けるものとして、CDによるお話、映像によるお話、本になってるお話と様々なタイプの物を見つけました。

絵本を買う際に重要視したポイントとは?

メーカーはできるだけ有名ならいいけれど、自分と子供の生活スタイルに合ったものがいいと思ったのであまり重要視しませんでした。

機能は様々なお話が収録されており、すぐに飽きの来ないようなものがいいと思いました。

デザインは重要視しませんでした。

持ち運びはしやすいほうが、私が忙しい時に子供が一人で聞けるといいなと思いました。

コスパの良さは重要でしたが、2000~3000円ほどであるといいなと思いました。

このような物は視聴することができないので、いつも嫌な声だったりとか自分に声質が合わなかったらどうしようとか思いながら購入しています。

購入に迷った絵本は?

購入に迷った絵本は以下の商品です。

ディズニー&ディズニーピクサーキャラクターズドリームスイッチ

ディズニーマジカルオーディオ

はじめての世界名作絵本

読み聞かせCDや映像のものから色々探してみました。

読み聞かせCDはかけたり止めたりするのにリモコンがないと不便であることやいくつものの話を流しっぱなしにしていると自分が寝たいときに邪魔になってしまわないかと感じました。

映像のものは暗い中映像を見続けると目が悪くならないか心配があったこと、ディズニーよりも日本の昔話を自分が聞きたかったこと、ユーチューブは子供が画面を見たがるためそれも見せたくなかった、これらのことが全部叶えられる「おやすみお話えほん」を見つけました。

まず昔話やおとぎ話など昔から読み継がれているお話ばかりが集約されているとこに惹かれました。

あとは本になっているので持ち運びが便利で車にも持っていいけます。

あとはお話が1話完結で次のお話はその部分を押せば聞くことができます。ほかにも音量調節ができますし、大きい音で聞きたいときと小さい音で聞きたいときを使い分けることができます。

コスパは購入時は2500円と少し高く感じましたが、毎日飽きずに聞いていること、疲れている時間に絵本を読む労力を考えると、コスパは安いと思いました。

スヤスヤおねんね おやすみおはなしえほんの特徴、性能

商品名
おやすみおはなしえほん

型番
C8776

サイズ(約)
幅25.5×横18.4×2.3cm

重量(約)
480g

電源
単四乾電池×2本(付属)

対象年齢
2歳~

童話の収録数
全30話
おやゆび姫、シンデレラ、マッチ売りの少女、にんぎょ姫、小公女、アルプスの少女ハイジ、みにくいアヒルの子、ピノキオ、はだかの王さま、ヘンゼルとグレーテル、赤ずきん、三びきの子ブタ、ゆきの女王、大きなかぶ、ラプンツェル、しらゆき姫、アラジン、ブレーメンの音楽隊、ももたろう、きんたろう、うらしまたろう、うさぎとかめ、かぐや姫、カチカチ山、一寸ぼうし、こぶとりじいさん、さるかにがっせん、おむすびころりん、はなさかじいさん、つるのおんがえし

出版社
株式会社コスミック出版

ISBNコード
9784774705842

生産国
中国

広告文責 株式会社Komachi
店舗名:アットシュシュ
TEL 098-866-6336

この本には、お話が30本入っています。

内容は

1おやゆび姫 2シンデレラ 3マッチ売りの少女 4にんぎょ姫 5小公子 6アルプスの少女ハイジ 7みにくいアヒルの子 8ピノキオ 9はだかの王様 10ヘンゼルとグレーテル 11赤ずきん 12三匹のこぶた 13ゆきの女王 14大きなかぶ 15ラプンツェル 16白雪姫 17アラジン 18ブレーメンの音楽隊 19ももたろう 20きんたろう 21うらしまたろう 22うさぎとかめ 23かぐや姫 24カチカチ山 25いっすんぼうし 26こぶとりじいさん 27さるかにがっせん 28おむすびころりん 29はなさかじいさん 30つるのおんがえし

となっています。

電源をオンにしてそのお話のところを押すと聞くことができます。音量調整は三段階あります。途中でお話を止めることができます。

子供の指の力でも簡単に押せるように作られています。絵本が想像できるように少しですがその物語の関連の絵もつけられています。

スヤスヤおねんね おやすみおはなしえほんのメリット

メリットはまず寝ながらボタンを押したり本自体を移動させやすいというところです。

寝る前はとても疲れているので横になったら動きたくありません。娘に持っきてというと自分で枕元に用意してくれるので、これはほんとにありがたいです。

次に30話収録されているのですが、毎日毎日聞いていても思っているより飽きないということです。

初めは何となく声が気になるところがあったりして少し耳につく感じがあったのですが、毎日毎日聞くことで子守歌のようになってきました。

しかもただお話を読んでいるだけでなく音楽が入ったり、おむすびころりんではおむすびがころがるところで「ころーころーころころころころりん」とリズミカルな言葉が入ったり、ももたろうのきびだんごをもらって食べる場面では「ふんぐーんぐんぐ」と面白い食べる音まで声で表現されています。

その場面が流れると娘は嬉しそうに真似をします。毎晩このお話を聞くようになってどんどん言葉が増えています。

あとは絵本のように絵を見ながらの読み聞かせではないので自分の中でお話を聞きながらどんな場面かなと想像していると思います。

その想像が今は正しい想像ではないかもしれませんがそれはそれでいいなあと思って想像にまかせています。言葉がわかるようになってくるとその場面が理解できるようになるので、成長を感じることができますし、わからないところは私に聞いてきます。

あと自分が本を読んでいると読むことで一生懸命になりがちですが、一緒にお話を共有することができて楽しむことができます。

あとは音だけなので効果音やナレーションは8人の方々が担当されているようで、とても工夫が凝らしてあり、毎日聞いていても毎日新しい発見があります。

子供が好きな話と私が好きな話は違うので子供が寝たら一人で自分の好きなお話を流しているときもあります。

なぜかとても不思議なのですが、気が立っていてもこのお話を聞いているとリラックスした優しい気持ちになって眠りにつきやすくなりました。いいことずくしです。

スヤスヤおねんね おやすみおはなしえほんのデメリット

デメリットとしては音量調節が3段階で一番小さい音よりも小さい音で聞きたいときがあるのですがそんなときは布団をかぶせたりして調節しないといけないところです。

ただこのような絵本は音量調節をたくさんつけるのはむずかしいいと思うのでしょうがないかなと思います。

あとお話に合わせた絵がついているのですが、そこには物語の一部しか書かれていません。

できれば物語すべてが書いてあれば母から子へ読み聞かせすることもできたらよかったのになと思いました。

スヤスヤおねんね おやすみおはなしえほんの総合評価

総合的には購入してよかったです。

横に寝っ転がって手元に置いておけばいつでもお話を聞くことができまし、寝る前に絵本を読むことがなくなりました。絵本は絵本で起きている時間に読むようになりました。

あとは暗い部屋でお話が聞けるので、目が悪くなる心配もありませんし、重たい絵本を持つ必要もありませんし、子供だけでなく親も物語の世界に引き込まれ、とてもよく寝られるようになりました。

電池の持ちもいいですし、声も様々な人が担当されているので飽きることがありません。

子供の言葉の数も増えてきて、物語を聞かなくてもお話を覚えて話してくれることもあり、とても子供の成長に驚かされます。

効果音などの工夫もされているので、親子で楽しめます。

絵本の絵も描かれているので、その絵を見ながら船はこれかなとか、色々絵をみて話してくれます。そのに物語は書かれていませんが、それはそれでとても役立っています。

総合的に本当に購入してよかったです。おすすめです。

スヤスヤおねんね おやすみおはなしえほん

スヤスヤおねんね おやすみおはなしえほんの口コミ・評判は?

ネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 寝る前に自分の好きなものを選んで聴いてくれる。簡略化されてるけど、あらすじ掴むのには良い。
  • 親が寝落ちしても読んでくれるので助かる。
  • 夢中になって話を聞いてる。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 電池がすぐになくなる。
  • お話の絵本は表紙だけなので微妙。

SNSの声

Twitterの評判

スヤスヤおねんね おやすみおはなしえほんの購入を考えている人へアドバイス

寝る前に読む絵本の購入を検討されている方、子供が絵本が好きで読むのに疲れた方、仕事が忙しくなかなか子供に絵本を読む時間が取れないけれど、お話を聞かせてあげたいと思っておられる方にはお勧めです。

自分で読み聞かせはしたい方、昔話はあまり好まない方にはお勧めしません。

  • いろはさん』(40歳/女性)のその他のレビューはこちら
いろは | LIBLOOM | LIBLOOM
「いろは」の記事一覧です。
絵本
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM