【レビュー】DIKI 首掛け扇風機|羽根なしで角度が自由に調整!USB充電

卓上・クリップ扇風機

どうも。当サイト(libloom)スタッフの『ヒデ』です。

今回紹介するのは、首掛け扇風機です。メーカーは中華製のDIKIです。

DIKI 首掛け扇風機

DIKIの商品はこれで3つ目ですね。空調系が強いメーカーなのかなという印象です。

過去に扇風機、空気清浄機を購入済みで質が高くコスパが良いことを実感済みです。

今回購入した首掛け扇風機は果たしてどうなのか?

この商品のレビューについてのピックアップはこちら

  • 角度が自由に調整できるので、好みの風の向きにできる!
  • 風量が強い!
  • 質感が良い!
  • ボタン位置が悪い!

買ってはいけない首掛け扇風機の特徴も書いてますので、是非参考にしてください。

スポンサーリンク

DIKI 首掛け扇風機を購入しようと思ったきっかけは?

実は、首掛け扇風機は2021年の今年は2台目です。以前買ったのは、以下のSinmalaというメーカーのものですね。

【レビュー】Sinmala 首掛け扇風機 F12|羽根なしで髪の毛絡みなし| 静音で軽い
どうも。当サイト(libloom)スタッフの『ヒデ』です。 今回紹介するのは首掛け扇風機です。Sinmalaという中華系のメーカーになりますね。 Sinmala 首掛け扇風機 F12 首掛け扇風機 羽根...

羽根なしの扇風機でとても好印象だったのですが、、、、子供が使っていたところ、バキっと折ってしまいました。

原因は、構造にあります。

Sinmalaは首の後ろ側からも吹き出し口があり、他社の首掛け扇風機にはあまりない特徴があります。しかし、首の後ろから吹き出し口があるということは商品全体をABS樹脂(プラスチック)で作らなければならず、柔軟性は皆無です。

首に掛けるという使い方をする以上、子供は装着時に疑いもなくUの字形状を開いて取り付けるという行動が染みついているわけですね。

旧型の首掛け扇風機しかり、ヘッドホンしかり、首掛けマッサージ機しかり、首に掛けるようなタイプの商品で柔軟性がないものはほぼないです。

にもかかわらず、Sinmala 首掛け扇風機は全体がカッチカチのプラスチック。子供がちょっと力を入れたら見事に真っ二つに折れました。購入してわずか1日で死亡です。

というわけで、同じ失敗をするわけにはいかないと、多少柔軟な開閉ができるものが条件的に最有力になりました。

物色の末、商品に信頼のあるDIKIの首掛け扇風機を選択したという経緯です。

DIKI 首掛け扇風機の特徴、性能

ブランド DIKI
材質 ABS, ポリカーボネート
速度数 3
電圧(V) 5 ボルト
電池種別 リチウムポリマー
リチウム電池パック 電池内蔵

以下、特徴を列挙します。

冷却した大風量

Uの字の端部についた両側のタービンで急速に風を吸い込んで圧縮することにより、ファン内部空気の流れが3倍になって70個送風口から強く吹き出される構造になっています。

この時、内部では空気が急速に冷却される構造になっているらしく、単なる風ではなく冷風に感じられるという仕組みのようです。

実際使ってみましたが、うーん、どうなんでしょうか。確かに涼しいですが、冷却される風が吹き出すというほど期待しない方がいいと思います。

羽根なしで低騒音

風を取り込むタービンは内部に配置され、外からは見えません。髪が絡むといったトラブルが無くなりました。

また、DCモーター採用で回転音が気になりません。

角度調整可能

フレキシブルアームを採用しているので、上下左右に動きます。

子どもでも簡単に開閉できるし、好みの角度に調整可能。また首にかけても快適な装着感です。多少、手荒に扱っても、大丈夫そうですね。

実際に手にすると、本当にフレキシブルに可変します。

捻っても大丈夫なのは凄い!

大きく開いたりもOK。

狭めても大丈夫。

長時間使用

2400mAhリチウムバッテリーを内蔵。3時間の充電で弱モードは9時間、中モードは6時間、強モードは4時間の使用が可能です。

充電部はUSBのタイプCです。

充電時は赤ランプに点灯します。

フル充電で青になりますね。

開封してみました

箱はこんな感じです。

開封してみました。中身は本体と、充電ケーブル(USB タイプC)、説明書ですね。

本体は非常にスタイリッシュで、質感も粗悪な感じがしません。

両端の内部に風を取り込むタービンが設置されています。こんなに小さいのにDCモーター採用です。

逆側はDIKIというメーカーのロゴが入ってます。なかなかオシャレですね。

上部は吹き出し口になっていますね。片側35個で合計70個の穴があります。

説明書です。

シンプルな操作なので、特になくてもわかると思います。

開封動画収録しました

開封の様子と、簡単なレビューを収録しました。

風量の音とか、強さがおおよそわかります。

DIKI 首掛け扇風機のレビュー

使ってみました。

まず最初に感じたのは、首にかけた時にしっくり感が違いますね。以前買ったものと段違いに安定しています。

形状が首掛けに適した形になっているので、ズレにくく、しっくりきます。

また、開き角度が自由に変えられるので、閉じた形で首にかけておけば、アゴやエラの部分にダイレクトに風が当たって、とても気持ちいいです。

以前の首掛け扇風機は、角度調整がまったくできなかったので、風を当てたいところに微調整できなかったですが、こちらの方が断然使い勝手が良いと感じます。

また、風量について、以前のモノと比べて強いです。

しっかりとパワフルな風が吹きあがるので、顔や頭が火照っているときには早期にクールダウンできそうですよ。

可動時間も十分ですし、非常に好感が持てますね。

あえて、ダメ出しすると、ボタンの位置が、なぜここなのかという感じで残念。

このアームの裏側が電源兼風量切替ボタンになっているので、首にかけているときは押しにくいです。

電源ボタンだけを配置するならいいですが、風量調整ボタンは、「DIKI」のロゴのところを押せば変更できるようにすべきですね。

とりあえず、気になったのはそれぐらいです。

スペック的にも価格的にも優れた首掛け扇風機です。

DIKI 首掛け扇風機の総合評価

2つの首掛け扇風機を買ってみて思ったのは、断然角度の可変ができるタイプの方がいいです。

フレキシブルに動かせないと、風の当たり方も調整できないし、壊れるリスクが高いです。

逆に、首の後ろからの風が当たらないのはデメリットにはなりますが、それ以上に、当てたい場所に調整できた方が、より効率的に風を感じられるので、DIKI 首掛け扇風機の方が使い勝手が良いですね。

DIKI 首掛け扇風機

DIKI 首掛け扇風機の口コミ・評判は?

ネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 風が強くて心地よい。
  • 角度調整が簡単にできる。
  • 音が静か。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 少し重い。
  • ボタン位置が悪い。

DIKI 首掛け扇風機の購入を考えている人へアドバイス

自分だけでなく、子供が使うということも想定するなら、首掛け扇風機の角度が調整できるフレキシブルタイプを買った方がいいです。

前回買ったものは、一瞬で壊されましたが、実際は子供がそこまで力を入れたわけでもないですからね。構造的に欠陥があったといわざるをえません。

それに比べてDIKI 首掛け扇風機はほぼすべてにおいて前回のものを上回っていますね。

質感から、風量、かけ心地までクオリティの高さを感じました。首掛け扇風機なんてどれも一緒かなと思っていましたが、やはり実際に買ってみてDIKIの商品はどれもクオリティが高かったので、他の商品においても、品質は高い傾向にありました。

特にDIKIは空調関係に強いメーカーなので、一味違った良さがありました。

これから首掛け扇風機を買おうと思っている人は是非参考にしてくださいね。

  • ヒデ』(44歳/男性)のその他のレビューはこちら
ヒデ | LIBLOOM | LIBLOOM
「ヒデ」の記事一覧です。
卓上・クリップ扇風機
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM