iPadを買ったらまずやること!揃えるものはカバー、保護フィルム、タッチペン

スマートフォン・タブレッド

どうも。当サイト(libloom)スタッフの『ヒデ』です。

今更なんですが、iPad買いました。

大人気の第8世代、10.2インチの32GBでWi-Fiモデルです。

発売は2020年の9月頃だったんですが、あまりに人気で入手困難。ずっと入荷待ちの状態で、先日やっと買えました。

ま、僕が使うのでなく、主に子供が絵を描いたり、勉強に使うということで入手したわけなんですが、僕のようにおニューのiPadを手に入れたときに、まず何を準備しておいた方がいいのか?

一緒に買うべきアクセサリーについて、今回は紹介していきます。

この商品のレビューについてのピックアップはこちら

  • 保護フィルムは5分で簡単にキレイに貼れる!
  • ケースは思った以上に使い勝手が良い!
  • タッチペンはこれで十分!すらすら描ける!
スポンサーリンク

iPadを買ったら揃えるもの

左から、ケース、保護フィルム、iPad本体。上がタッチペン。

iPadをせっかく買ったのであれば、一緒に買っておきたいものがあります。この2点は必須かなと思いました。

  • 保護フィルム
  • ケース

せっかく買ったiPadのガラス面は傷つけたくないですよね。やっぱり。

やはり保護フィルムはマストで買っておきたいアイテムです。

そして、使用時にも、持ち運び時にも便利なケースも必須です。

さらに、我が家は子供が使うということで、タッチペンも購入しました。純正のものもあるんですが、やはり価格が高いんですよね。

というわけで、この3つのアクセサリーについてレビューしていきますので、興味ある人はご覧ください。

購入したのはこれ

実際に購入した3つのアクセサリーはこちら。どれもAmazonで売れ筋のものばかりです。

保護フィルム

Xingmeng ipad 10.2 ガラスフイルム

こちは中華製ですが、ガラス自体は日本の旭硝子を採用してます。飛散防止・硬度9Hで非常に強く、撥水撥油・指紋防止なので、汚れが目立ちません。

また、エアーレス加工なので、とても貼りやすくフィルム自体が自己吸着します。

ケース

Ztotop iPad8 ケース

本革の高級感と、デニム感のある布地がいい感じです。

自動オートスリープと自動ウェイクアップ機能もあり、2つ折りで立て掛けることもできます。(角度を3段階調整も可能)

さらに、ハンドストラップやペンシルループ、サイドポケットもあり、充実しています。

実用的なところとオシャレなところが程よく合わさった、とても売れているケースです。

タッチペン

SOCLL タッチペン

純正のタッチペンは1万円近くと高いので、同じようなものがないかとこちらを購入。

極細の直径1.45mmで指先よりも正確で細かい操作が可能。感度も静電気の発生を抑え、滑らかに操作可能です。また、逆側には誘導繊維ペンもあるので、2つの描き心地を選択できます。

順番に、iPadに実装しました

実装順にレビューしていきます。

保護カバー → ケース → タッチペン

の順番です。

保護カバー:Xingmeng ipad 10.2 ガラスフイルムを装着!

iPadを購入したら、まず最初にすべきことは保護フィルムを貼ることですよね。

ということで、購入した「Xingmeng ipad 10.2 ガラスフイルム」を貼っていきます。

まず箱はこんな感じ。かなり高級感がありますよ。

中身を空けるとガラスフィルムと、貼るためのアルコールシート、クロスシート、ホコリ取りのシールが入ってます。

貼り方の手順も丁寧に記載されてます。

こちら動画があるので、非常にわかりやすいです。一応こちらでも動画を収録したのでそちらを見てください。※後述してます。

一応、貼るまでの、ダイジェストのGIFアニメメーションも作りました。

最初は慣れないかもしれませんが、5分ぐらいで簡単にキレイに貼れます。

よほど不器用でなければ、大丈夫です。

Xingmeng ipad 10.2 ガラスフイルム

ケース:Ztotop iPad8 ケース

材料:PU、デニム
対応機種:iPad 10.2インチ 第八世代 2020/iPad 10.2インチ 第七世代 2019
サイズ(LWH):24×17.5×1.6(cm)
画面:10.2インチ
包装:Ztotop iPad 10.2 8世代/7世代ケース 1個

保護フィルムを貼ったら、次はカバーです。

ケースはこんな感じ。中華製なんですが、iPadのアクセサリー類はどれも箱まで拘りを感じます。オシャレですね。

中身はこんな感じです。

実際手にしても、通販の写真のイメージと変わらずいい感じです。クオリティ高いですね。

ケースを開いてみると、こんな感じです。

スポンジの部分を外すと、黒枠があり、この部分にiPadを装着します。

iPadの装着感もしっかりして、一度装着するとズレず、しっかりフィットします。

厚みはこんな感じ。ゴムで止まるようになってます。

iPadを立て掛けることもできます。3段階の角度調整も可能。

タッチペンも収納でできますよ。

非常に良いです。価格も安価ですし、これは使いやすい。

しかも、おしゃれで品質高し!人気があるのがわかりますね。

Ztotop iPad8 ケース

タッチペン:SOCLL タッチペン

色 ホワイト
ブランド SOCLL
電池の個数 1 リチウムイオン 電池(付属)
商品の重量 81.6 グラム

最後はタッチペンです。

箱はこんな感じ。

箱を開けてみます。

本体と、充電ケーブル。

本体はつくりもしっかりしてますし、クオリティは高いです。

キャップ部分が付け替え可能になっています。

そして、そのキャップを外したところに、充電口がありますね。USBのタイプBになります。

ボタンを押すと、ブルーに光ります。

充電中はオレンジに点灯。

実際書いてみましたが、滑らかで非常に使いやすいです。

これであれば、純正でなくても十分かなと思います。※詳しくは後述している動画を見てください。

ダイジェスト版のGIFアニメーションを載せておきます。

SOCLL タッチペン

まとめて動画収録しました

保護フィルムを貼るところから、ケースの取り付け、タッチペンを実際に使ってみた感想を一通り収録しました。

iPadを買った人へアドバイス

iPadを買ったらまずやることとして、僕の場合は、保護フィルム、ケース、タッチペンを購入したので、そのことについてレビューしました。

どれもAmazonで一番人気と言えるぐらいの売れ筋モデルなので、使い勝手など参考にしてもらえればと思います。

せっかく買ったiPadですから、最初にしっかり装備して使っていきたいですね。

  • ヒデ』(44歳/男性)のその他のレビューはこちら
ヒデ | LIBLOOM | LIBLOOM
「ヒデ」の記事一覧です。
スマートフォン・タブレッド
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM