【レビュー】ミルボン ディーセス エルジューダ ポイントケアスティック|アホ毛 スタイリング剤に

化粧品

ミルボン ディーセス エルジューダ ポイントケアスティックを1年以上愛用している『はらみさん』(32歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

ミルボン ディーセス エルジューダ ポイントケアスティック

この商品のレビューについてのピックアップはこちら

  • ポイントケアスティックはもはや私の一部。愛用している!
  • アホ毛やハネる毛を抑えるにはポイントケアスティックがダントツで使いやすい!
  • ホールド力は程良くあるのに、ベタつかず固まりもしない絶妙な仕上がり!
  • 容量がかなり少ない!

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ミルボン ディーセス エルジューダ ポイントケアスティックを購入しようと思ったきっかけは?

髪をスタイリングする際、いつもフワフワと浮いてくる短い髪の毛の処理に困っていたことがきっかけでした。一般的に「アホ毛」と言われる、髪の分け目などからぴょんぴょん出てくるあの髪です。

アホ毛って寝癖などと違って、濡らせば落ち着くようなものじゃないんですよね⋯。濡らしたくらいじゃ、時間が経つとすぐに浮いてくる頑固者です。

ほとんど毎日何かしらのスタイリング剤を使って髪を整えていましたが、ベタつきやすい物が多く、根本付近に使うとオイリーに見えてしまったり、髪全体がペタンとしてボリュームがなくなったりして、これだ!としっくりくる商品に出会うことはできていませんでした。

ドラッグストアでよく見かけるまとめ髪スティックはもちろん、他にもムース、ミルク、オイル、スプレーなど様々な商品を試してきましたが結局納得いかず、また他の物を購入して試してみる⋯という流れを幾度となく繰り返し、ワックス迷子と化していました。

ミルボン ディーセス エルジューダ ポイントケアスティックをどのようにして知りましたか?

ワックス迷子の私がポイントケアスティックを初めて知ったのは、行きつけのマツエクサロンでした。

私の通うサロンでは化粧品や美容液の販売も行っているのですが、いつもは完全スルー。マツエクの施術が終われば他には目もくれず帰宅するのがいつもの流れでした。

しかしある日「髪のハネや乱れをすぐに、綺麗に、ととのえる」という新商品のポスターを発見したことが、ポイントケアスティックとの出会いでした。

店員さん曰く「ヘアワックスとトリートメントの間のような商品で、散らばった髪をまとめたり、寝る前に使っても良いような成分なんですよ~」との事。

私の悩みを解決してくれそうな予感がして胸が躍りましたが、美容師さんはトリートメントなどをいつもゴリ押ししているものだというイメージもあるので(完全に偏見です⋯)即購入はせずに、まずは帰宅して商品のことを詳しく調べてみることにしました。

アホ毛のスタイリング剤を買う際に重要視したポイントとは?

私がアホ毛のスタイリング剤を購入しようと思ったときに重要視したのは以下の2つです。

1.まとまる・ベタつかない・固まらない

これまでいろいろな種類のスタイリング剤を使いましたが、この3点を全て兼ね備えているものにはなかなか出会うことができませんでした。

ベタつかないものは軽すぎて髪が浮いてきやすいですし、しっかり髪が抑えられるものはベタついたり固まってしまったり。

この条件が全て揃うのは不可能なのではないかと思うほどだったので、他に条件はあまりつけず、この3点が揃うことに重点を置くことにしました。

2.高すぎない価格

高額な商品も購入の選択肢に入れれば、第一条件の3点はクリアできるのかもしれませんが、髪のセットは毎日続くもの。高額な商品を毎日使い続けるのは厳しいので、価格はあまり高くならないように抑えたいところでした。購入する際はいつも2000円前後程を目安に選ぶようにしていました。

とは言っても商品によってサイズは様々なので、大容量で2000円なのか、すぐ使い切ってしまうのに2000円なのかで全く違うのですが、いつも容量はそこまで気にしていませんでした。

とりあえずその場で払う金額が高額にならなければそれで良いや!くらいの感じで、選択肢の幅を広げて選びます。

購入に迷ったアホ毛のスタイリング剤は?

今回は””アホ毛やハネる髪の毛をまとめる””ということを目的に、ヘアミルク、ワックス、スプレー、シアバターの、ポイントケアスティックとは異なる4種類のスタイリング剤の使用感を比較してみました。

COTA i CARE コタスタイリング グロスミルク

こちらの商品は美容室専売品で、よく美容室で使用しているのを見かける有名メーカーです。

価格は100mlで2,000円程。楽天などネットでも購入ができますが、美容師さんと相談の上での購入が推奨されています。 COTAの商品はスタイリング剤だけでも10種類以上の商品があるので、私はCOTA取扱店で美容師さんと相談し、髪を固めずにまとめられてできるだけ軽い仕上がりになるものをお勧めしてもらいました。

液体は柔らかめで、軽めのハンドクリームのような質感です。手に広げた時の嫌なベタつき感がなく、クリーミーで質の良さが感じられます。

髪に付けた感じも軽く、分け目の髪の毛を抑えるには丁度良いのですが、少しツヤが出ます。

分け目だけに付けると根本がオイリーな人に見えなくもないので、分け目だけでなく髪全体に付けると程よくツヤのある自然な仕上がりになりました。

しかし、前髪に付けてしまうとツヤが出過ぎて少し不自然な印象に。量を少なめに調整するとツヤは自然になるのですが、今度は髪を抑える力が弱く、ハネる毛は時間が経つとほぼセット前の状態に戻ってしまいました。

アホ毛を抑えるという意味では惜しい商品だったのですが、髪全体に使う物としては、自然なツヤと仕上がりで重くならず、かなり良い商品だと感じました。

価格的にも、美容室専売品と聞くと高く想像しがちですが 、100mlで2000円とは意外にコスパも良いです。

アリミノ ピース フリーズキープワックス

次の商品はドラッグストアやドンキなどでよく見かける、キューブ型でお馴染みのワックス。

価格は80gで2,200円です。アリミノのワックスは5種類ありますが、その中で最も強力なキープ力があるのがこのフリーズキープワックスです。ハード系のワックスは束感が出るので、どうしてもハネるところにだけ、部分的に使用してみることにします。

ワックスの質感は、固めのホイップクリームほどの柔らかさ。しかし実際髪に付けてみるとなめらかに伸びる感じではないので、どちらかというと髪を根本から立ち上げるような、ガチっと決める髪型に使用すると良さそうです。

先程のグロスミルクのような感覚で髪に付けてしまうと、アホ毛を抑えるどころか髪の全てのボリュームを奪う勢いで固まります。

ほんの少しだけを取って指先で広げてから、ハネている部分だけを摘むような感じで付けていくと、気になる部分だけを良い感じにまとめることができました。

これならどんなに強くハネる髪の毛でも抑えられそうですが、「ベタつかない」「固まらない」とは遠い商品でした。そもそも髪を固めるための商品なので、やはりハード系のワックスでナチュラルな仕上がりを求めるのは違いましたね。

しっかり髪をキメたいときや、まとめ髪をセットするにはかなり使える商品だと思います。男性人気の高い商品なので、家族で共用する物として置いておけるのも良いポイントです。

サンスター VO5スーパーキープヘアスプレイ エクストラハード

ナプラ N.ナチュラルバーム

次はスプレータイプの王道、VO5です。価格は大きいサイズの330gの缶が980円で、ドラッグストアやコンビニなどでも手軽に購入することができます。 私は10年以上前からVO5を使用しており、様々なヘアスプレーを試した結果、市販のスプレーではこれが一番だと行き着いた愛用商品でもあります。

スプレーは髪にかける分だけ重くなるイメージがありますが、VO5は比較的軽めなのにしっかりと固めてくれて、しかも持続力が高い。普段のストレートヘアにスプレーは使用しませんが、今回はアホ毛を撃退できるのか試してみることにしました。 髪の分け目にスプレーし、固まる前に根元を抑えて完成。

結果、パキパキに固まるしボリュームが無くなるという、私の求めたものとは真逆なことが起きてしまいました⋯。

固まることは予想がついていましたが、スプレーしたところを抑えないと髪がまとまらないので、それでボリュームまで奪われてしまったようです。

やはりこちらも先程のワックスと同じで、ナチュラルな仕上がりにするのは難しい物でした。

スプレーは根元付近に使うと頭皮にもかかるので毎日使うのは気が引けますし、VO5には今回の目的とは別の良さがあるので、髪のセットを崩したくない日など、適した場面でこれからも愛用していきたい商品ではあります。

最後は、SNSでも人気のN.シリーズのナチュラルバームです。価格は45gで2,460円と、今回比較する商品の中では少しお高め。美容室専売品ですが、こちらもネットでの購入が可能で、N.シリーズからは7種類のスタイリング剤が販売されています。

私は子供がまだ赤ちゃんの頃に、髪をセットする時にスタイリング剤を付けて、もし赤ちゃんがそれを触ってしまったら不安だな⋯と思ったことがきっかけで、体に害のないスタイリング剤を探し、N.の商品に出会いました。

ナチュラルバームは天然由来の原料でのみ作られているので、ハンドクリームとしても使えるほどの安全性が魅力です。 質感は室温によって変わり、寒い時期はバターのような固さで付属のハケを使用しすくうのですが、暑い夏場はハケが必要ないほどの柔らかさに変わります。

髪に付けると程よい束感とツヤが出るので、ストレートやカールなど、スタイルを問わずに日常的に使用できる商品です。手に伸ばして髪を揉むような感覚で使うと、髪に馴染み自然な仕上がりになります。

しかし少しだけ重たく、根元に使ってしまうと時間が経った時にベタっとした感じが出てしまいました。毛先に使う分には気にならないのですが、やはり髪の根元や分け目に使うと少し違和感を感じてしまいました。使用感は1番目のグロスミルクに近く、グロスミルクよりもほんの少しツヤ感抑えめの、質感は重めという感じです。

アホ毛を抑える目的としてはこちらも物足りない物でしたが、髪全体に使用する物としてはとても良い商品でした。程よい軽さがあり、ニュアンスを出したい時に絶妙な質感が出せるので、他のスタイリング剤にはない使いやすさを感じました。

原料にこだわって作られていることも、子供がいるママでも安心して使えて、嬉しいポイントですよね。

ミルボン ディーセス エルジューダ ポイントケアスティックの特徴、性能

細かい部分の髪の毛をととのえる

ジェル状の液体で髪に馴染みやすく、さっと塗るだけでハネる細かい髪の毛をととのえることができます。

スティック状で髪に塗りやすい

手を汚さず髪に塗ることができるようにスティック状の形をしていて、マスカラのように使用することができます。

ブラシの部分は長さや密度にこだわって作られているそうで、ひと塗りで狙った場所に塗ることができるように工夫されています。また、ブラシは柔らかくランダムな繊維で、ブラシが髪の毛に引っかからないように考えられている優れもの。

持ち運びやすいサイズ感

スティック状なことで、使いやすいだけでなく持ち運びにも便利。ポーチに入るサイズなので、お出かけ先でのお直し用としても持ち運びしやすいです。

トレハロース配合でベタつかない仕上がりに

保湿効果やベタつき防止の機能があるトレハロース(毛髪保護成分)が配合されており、髪に優しい成分なところも、日常使いには嬉しいポイントです。トレハロースはお湯に溶けやすいので、オフも簡単です。

ポイントケアスティックのメリット、5つの商品の違いまとめ

ポイントケアスティックを使用してもう1年以上になるのですが、初めて購入した日からほとんど毎日使用しており、ポイントケアスティックはもはや私の一部という勢いで愛用し続けています。

今回比較した4つの商品も使用していますが、やはりアホ毛やハネる毛を抑えるにはポイントケアスティックがダントツで使いやすいですしナチュラルな仕上がりになるので、毎日使うとなるとポイントケアスティック一択です。

ホールド力は程良くあるのに、ベタつかず固まりもしない絶妙な仕上がりになるので、髪の分け目や前髪などのベタつかせたくない部分に使用するのも安心です。アホ毛やハネる毛のことを考えて作られているだけあって、今まで様々なスタイリング剤にしっくりこなかった私が、ついにこれだ!と思えた衝撃の商品でした。

サイズ感と形状も、他にはない良さがあります。持ち運びやすい小さめサイズのワックスやヘアオイルはよくありますが、スティックの形状は化粧ポーチにも入れやすく、出先で化粧直しと一緒に髪をサッと直すのにも重宝しています。

カバンに入れて持ち歩く時にも、縦に入れておくと、使う時カバンをガサゴソと漁ることなくすぐ取り出しやすくて、スティック状は思った以上に持ち運びに良い!と発見でした。

マスカラの要領で塗ることができるので、忙しい朝や出先で髪を整える際に手が汚れず、これが本当に便利。ワックスなどは触った後石鹸でしっかり手を洗わないと手に残る感じがあるので、その手間が省けるのは私にとっては大きなメリットでした。

ポイントケアスティックには今までのスタイリング剤になかったメリットが沢山あり、私にとっては衝撃的な商品でしたが、今回比較した4つの商品にもそれぞれに良さがあって、その日の髪のコンディションやスタイリングに合わせて使い分けています。

COTAのグロスミルクは髪全体に馴染ませてツヤを出したり、ポイントケアスティックでは抑え切れないほど髪がハネていたらグロスミルクで髪を落ち着かせてからポイントケアスティックを使ったりと、日常的に使いやすい商品です。

アリミノのフリーズキープワックスは日常での使用回数は少ないですが、髪を結ぶ時、特におだんごヘアには相性抜群です。

おくれ毛をまとめるのにはハードワックスが一番しっかり髪を抑えられますし、さらにそれをVO5スーパーキープヘアスプレイで固めると崩れ知らずの髪に仕上げることができます。

1日経ってもまとめ髪が崩れない商品を探すのは意外とハードルが高いので、この組み合わせは私の一押しです。また、VO5は逆毛を立てたヘアスタイルなどの崩れやすい髪型もがっちり固めてくれるので、お呼ばれやイベント事でしっかりとスタイリングしたい日などには欠かせないアイテムです。

N.ナチュラルバームはストレートにも巻き髪にも使いやすい万能さがありますが、特に緩いウエーブヘアでは絶妙な動きが出るうえにツヤもしっかりと出せて優秀です。

無造作なスタイルにはN.が一番使いやすくて今っぽさが出せますし、さすがSNSで話題の商品という感じです。

このように、ポイントケアスティックを含めて5つそれぞれの良さはヘアスタイルにより使い分けることで発揮できるので、使う目的に合わせての購入がオススメです。

ミルボン ディーセス エルジューダ ポイントケアスティックのデメリット

デメリットはズバリ、価格が高い⋯!ポイントケアスティックは15mlで1,500円と、他のスタイリング剤に比べて容量がかなり少なめなので購入ペースもかなり早くなります。

例えば今回比較した商品の中で最も容量が少なく価格が高いN.ナチュラルバームと比較すると、ナチュラルバームは45gで2,460円です。ポイントケアスティックの容量がもしナチュラルバームと同量だと考えたら4,500円になる計算です。

45gで4,500円の商品が売っていても、私は購入しないと思います。

しかし先に述べたように、私がいつもスタイリング剤を選ぶ際の重要ポイントである価格の面は、””””とりあえず容量は気にせず2,000円前後””””であったことから、ポイントケアスティックも購入の選択肢に入った訳です。

容量と価格の関係、うまく出来てますよね⋯。実際商品を心底気に入っているので、無くなるペースが早いと感じつつも使い続けていますし。でもそれだけ魅力的な商品だということは間違いありません。

ちなみに今回比較した中でCOTAのグロスミルクは、ポイントケアスティックを使い続けている中で価格が気になり、同じような効果を発揮する商品でもう少し安価な物はないのかと考えたことから購入した商品でした。

ポイントケアスティックの取り扱いがある美容室で、美容師さんに事情を話しポイントケアスティックに1番近い商品を選んでもらい購入に至りましたが、今回の比較結果の通り、やっぱりポイントケアスティックの代わりにはなりませんでした。

むしろ逆にポイントケアスティックにしかない魅力を再確認したくらいです。価格の高さはデメリットではありますが、それでも購入し続けたい魅力の方が大きい商品だと思います。

ミルボン ディーセス エルジューダ ポイントケアスティックの総合評価

総合評価は、買って良かった、これからも使い続けたい商品です。最重要ポイントであった、髪をまとめる・ベタつかない・固まらないことが3点揃うという点は完璧で、他の商品では代わりの効かない物だと思います。髪をまとめたり固められる商品は沢山ありますが、アホ毛を抑えることに適した商品は他にはなかなかありません。

使い心地も本当に素晴らしく、従来のスタイリング剤のように髪を手で抑えたり指で摘んだりする必要がなく、ブラシで撫でるという斬新さがとてもナチュラルな仕上がりにしてくれます。そして手が汚れることもない!至れり尽くせりです。

容量が少なくコスパの悪さは気になりますが、そのサイズ感が持ち運びに便利なことも魅力のひとつです。持ち運びに便利なうえ出先で手を汚さずに髪を直せるので、価格が気になる時は、お出かけ時のお直し用として購入するのもアリだと思います。

ミルボン ディーセス エルジューダ ポイントケアスティック

ミルボン ディーセス エルジューダ ポイントケアスティックの口コミ・評判は?

ネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • アンテナのように立つアホ毛に対して、しっかり抑えてくれる。
  • おでこの生え際のアホ毛に使える!
  • とても塗りやすく、持ち運び便利。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 自然な感じはしない。
  • 香りが気になる。
  • アホ毛がとても多い人には向かない。

SNSの声

Twitterの評判

ミルボン ディーセス エルジューダ ポイントケアスティックの購入を考えている人へアドバイス

ポイントケアスティックは私がこれまで購入してきた物の中でも、出会えて良かった、使って良かったと心から思う商品のひとつになりました。

ポイントケアスティックは楽天やYahooなどでも簡単に購入することが出来ますが、美容室専売商品ですので初めて購入の際は是非、美容師さんと相談のうえ購入することをオススメします。ネットだと店頭価格よりも安価に購入できるショップもあるので、2回目以降の購入ならネットで少しだけお得に買うことができそうです。

私のようにアホ毛が気になるという悩みは、10代~40代女性の約半数が抱えているそう。特に産後の抜け毛からの髪の生え変わりは、多くの女性が通る道ですよね。

きっと私のように、今までのスタイリング剤ではなかなか解決しきれないという方もいるはずです。そんな方には是非、ポイントケアスティックを試してみて欲しい!きっと感動があるはずです。

  • はらみさん』(32歳/女性)のその他のレビューはこちら
はらみ | LIBLOOM | LIBLOOM
「はらみ」の記事一覧です。
化粧品
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM