【レビュー】BRUNO 発酵フードメーカー|牛乳でヨーグルト♪

ヨーグルトメーカー

BRUNO(ブルーノ)、「発酵フードメーカー」を使い始めました。憧れの”自家製ヨーグルト”を作ることができるヨーグルトメーカーです。

BRUNO 発酵フードメーカー

休日の朝、ヨーグルト食べ放題だなんてすごく幸せ。これ、本当に自家製ヨーグルトです。後ろに見えているのができたもの。たっぷりできます。

ヨーグルトメーカーの人気メーカー、BRUNO(ブルーノ)の「発酵フードメーカー」です。色はベージュにしました。カスピ海ヨーグルトやR-1ヨーグルトを「増やす」ことができたり、鶏ハムもできるんだそう。作りたいレシピがたくさん。

使ってみて感じたことを正直に話します。

Kumiko』(41歳/女性)が実際の使用感や特徴を紹介します。この記事は以下のような内容を知ることができます。

  • かわいい!ベージュはシンプルで他の家電にも合うデザイン
  • 何より自家製ヨーグルトを作れるのが最高!楽しい!
  • レシピがたくさん!甘酒に塩こうじに鶏ハムだってできる!
  • 楽天市場にはBRUNO公式ショップもあるのでおすすめ
  • 1リットルの牛乳パックで作ってみて発覚 洗濯ばさみどうする問題

実際購入して良かった点、悪かった点など、書いていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

https://item.rakuten.co.jp/bruno-official/7190763/
スポンサーリンク

BRUNO(ブルーノ)、「発酵フードメーカー」を購入しようと思ったきっかけは?

ヨーグルトメーカー、欲しいと思っていました。そして、ついに我が家にも!

BRUNO(ブルーノ)、「発酵フードメーカー」とは……

細かく設定できる温度調節機能とタイマー機能を搭載し、ヨーグルトや甘酒、カッテージチーズ、塩麹、ワインビネガーなど、かんたん操作で自家製の発酵フード作りが可能!
買ったその日からフル活用できる16の専用レシピブック※も付属。健やかで充実した毎日のための新習慣を、手軽にスタートできます。
※8つの発酵フード+8つのアレンジレシピを掲載しています。

BRUNOホームページより

ヨーグルトメーカーとして使えるほか、自家製の発酵フードを作ることができる便利アイテムです。

BRUNO(ブルーノ)、「発酵フードメーカー」をどのようにして知りましたか?

最初は、親戚からです。ヨーグルトを作っていると聞いて、いいなと思っていました。

冬場にインフルエンザが流行するので、ヨーグルトを毎日食べていること、そのヨーグルトをヨーグルトメーカーを使って作っていると聞いて節約家としては「ヨーグルトを増やすことができるだなんて、わらしべ長者的な便利アイテム!!」と思ったのでした。

ただ、買うきっかけってないもので……。

必需品じゃないですからね。

しかし、コロナ禍で感染症について真剣に考えるきっかけがあったこと、周囲で風邪が流行っていることもあって「菌活するには、やはり欲しい!」となりました。

買うとなると、いくつかのメーカーと比較検討するのですが、インテリアに合うBRUNO(ブルーノ)の発酵フードメーカーが第一候補にあがりました。色はホワイト寄りの「ベージュ」。ポイント使って買えそうだったことも大きなポイント。

我が家の家電は「ホワイト化」しているのですが、ホワイトっぽいベージュがあったのも決め手でした。白っぽい色で統一するようにしてインテリアに統一感を持たせています。

BRUNO(ブルーノ)、「発酵フードメーカー」を買う際に重要視したポイントとは?

私がBRUNO(ブルーノ)「発酵フードメーカー」を購入しようと思ったときに選び方で重要視したのは以下の4つです。

1.デザインがいい!

BRUNO(ブルーノ)のアイテム、好きなのはデザイン。かわいくてシンプル。

ベージュの色は、そこまでベージュっぽくないオフホワイト色。ほかにレッドもあります。

「Hakkou food MAKER」のアルファベットはさりげなく、スイッチ部分の文字色はグレー。スイッチの文字も日本語ではなくて英語表記になっています。

段ボールだってかわいい。前は「イデア(IDEA)」という企業名でした。「ブルーノ(BRUNO)」になったのですが、「BRUNO,Inc.」の文字に変わってロゴも印字されています。リボンのようなロゴもかわいらしい。

2.届いてすぐに使える設計

届いてすぐに使えるようにセットになっていました。

本体、軽量カップや容器、スプーンがセットになっていて、レシピブックまでついています。

そのため、材料が揃えられたら「すぐに作ることができる」メリットがあります。説明書もあります。

楽天市場にはBRUNO(ブルーノ)楽天市場公式店舗があることも安心感につながります。

3.”発酵フード”が1台でできる!

ヨーグルトメーカーとして使っていますが、たくさんの発酵フードが1台でできます。

  • カッテージチーズ
  • 西京味噌
  • 醤油麹
  • 塩麹
  • サワークリーム
  • 甘酒
  • ワインビネガー

レシピを検索していると、納豆や鶏ハムだってできることが判明!

これは作りたくなってくる。料理熱がふつふつと……。

4.簡単な操作方法

温度、1度ずつ調節できます。この点もいいと思いました。

「細かい設定と簡単操作」にあるように、温度は25度~65度まで1度きざみで設定できます。また、時間は1時間~48時間まで1時間きざみでボタンを押して待つだけの操作。

電源をオンにして、「UP▲、DOWN▼」「MODE」と「ON/OFF」のスイッチを押せば簡単。1度ずつ調整できて、好みの時間に合わせることができます。

購入に迷った商品は?

商品はBRUNO(ブルーノ)「発酵フードメーカー」。

他のヨーグルトメーカーも調べてみました。

  • アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー
  • ヤマゼン ヨーグルトメーカー
  • dadaz ヨーグルトメーカー
  • ビタントニオ ヨーグルトメーカー
  • TANICA ヨーグルティアS

アイリスオーヤマが有名メーカーみたいです。

私の場合、ブルーノのヨーグルトメーカーは、家電の隙間に置きやすいコンパクトな四角形な点、ホワイト系のシンプルなデザインが特に気に入りました。

BRUNO(ブルーノ)、「発酵フードメーカー」の特徴

”こんなにたくさんの発酵フードがコレ1台で!”
25℃~65℃まで1℃単位で設定できる温度調節機能と、1時間~48時かまで1時間単位で設定できるタイマー機能を搭載しているので、ボタンを押したらあとは待つだけ!面倒な手間なく発酵フード作りにチャレンジできます。

BRUNOホームページより

BRUNO(ブルーノ)「発酵フードメーカー」の使い勝手は?

BRUNO(ブルーノ)、箱もかわいいです。

この箱もかわいすぎるので取っておくべきか迷っちゃいますよね。

自家製発酵フード、「食材を入れて」「混ぜて」「温度・タイマーを設定したら」「あとは待つだけでfinish!」。

取扱説明書も8レシピbookも、容器やスプーンまで入っています。

コンセントを刺したところ。文字色はオレンジ。「ON/OFF」のオレンジ色がついていない間はまだ温かくはなりません。

ヨーグルトは、レシピによると、牛乳500mlに種菌ヨーグルト50g。常温の牛乳、種菌になるヨーグルトを入れて、混ぜてから42℃で6時間。そのあと、冷蔵庫で冷やせばできあがりです。

タカナシの低温殺菌牛乳を用意しました。

容器でもできますが、牛乳パックでも作れます。ただ、洗濯ばさみは出っ張ってしまうようで外すことに……。

ONボタンを押したらあとは「待つだけ」。

できた!!

時間が終わったら「00h」の表示されます。このあと、冷やしたらヨーグルトの完成。この時点でも固まっています。ヨーグルトとホエーになっていて、ヨーグルトができたと感動します。

500mlじゃなくても、800mlと80g、900mlと90gといった10:1の分量であればヨーグルトを作れます。たっぷりのヨーグルトを作って節約にもつながる!!

電気代は?

消費電力:30Wなので、1時間あたりの電気代目安は0.8円、6時間あたり4.8円になります。

BRUNO(ブルーノ)「発酵フードメーカー」のメリット

BRUNO(ブルーノ)「発酵フードメーカー」のメリットは

  • デザインがインテリアになじむ
  • たくさんの発酵フードができて楽しい!
  • 価格も5,000円程度
  • 操作も簡単

この中の一番は「発酵フード、楽しい」こと。

ヨーグルト以外にも乳飲料を作れるらしいので、飲むヨーグルト(R-1ヨーグルトとか)作ってみたい!

レシピサイトを見ていると、鶏ハム作っている人もいて、これにも挑戦したいし。納豆も甘酒も塩麹も醤油麹も酵母も温泉卵もできるって!

料理の幅が広がるので楽しさ倍増なわけです。

低温調理でできるものなら、割と何でも作れるようで、私も作ってきます。材料の買い出しに行かねば!

BRUNO(ブルーノ)「発酵フードメーカー」のデメリット

BRUNO(ブルーノ)「発酵フードメーカー」のデメリットあります!

それは牛乳パックをそのまま入れた時。洗濯ばさみを使ったらこんなことに。

蓋があいてしまう。これ、100均で売っている牛乳パック専用のクリップを買って使えということなんだよね?(牛乳パック専用クリップの存在はわかってますけど……わざわざ買うべき?)

その点は「えいやっ」と作っています。※なので出来上がり時、上蓋が水蒸気で曇ってしまう。

おおざっぱな性格の私。時間がある時に牛乳パック用のクリップを買う、ということで解決かな。100均に行ってこよう。

BRUNO(ブルーノ)「発酵フードメーカー」の総合評価

BRUNO(ブルーノ)「発酵フードメーカー」総合評価、もちろん★5つ。

料理、楽しいです。こういう低温調理って時間をかけた分、「うまくできたかな」と見るのも本当に楽しくて。

女性はもちろん、男性もヨーグルトや塩こうじや鶏ハムなど自分で作り出すと楽しいって思えるんじゃないかな。発酵アイテムをいろいろと作れるのって楽しい!

今度は鶏ハムに挑戦しちゃうぞ。サラダチキンみたいな感じになるかな。

BRUNO 発酵フードメーカー

SNSの反響は?

Twitterで口コミを検索してみました。

Twitterの評判

Twitterで作り方を教えてくださっている人もいる!小岩井の生乳100%ヨーグルトなど、おいしくて高級ヨーグルトを増やすことができたら無敵ですよね。カスピ海ヨーグルト、ギリシャヨーグルト、R-1ヨーグルト、乳酸菌飲料など試したくなる!

発酵フードメーカーがあれば、チーズもできる!

ヨーグルトのほか、カッテージチーズ、サワークリーム、甘酒も作れる。

海外の人は納豆作る人もいるんだって。

雑穀甘酒を作っている人も!

私もレシピ検索しています。鶏ハムもできるんだそうですよ。これは作るしかない!

BRUNO(ブルーノ)「発酵フードメーカー」の購入を考えている人へアドバイス

BRUNO(ブルーノ)「発酵フードメーカー」の購入を迷っている人、料理好きな人ならきっと気に入るはず。

ヨーグルトを自家製で作れるほか、発酵食品を家庭で作れるのが何より魅力です。さっそく鶏肉を買ってくる予定の私。料理にも熱が入っちゃいそう。

ヨーグルトメーカー
スポンサーリンク
■この記事の担当
Kumiko

公園マニアです。子供がうまれてから愛知県内の大型公園を制覇(他サイトで公園記事も執筆)。旅行先でも公園に行く日々を過ごしました。上の子が1年生なので約7年弱。未就園、未就学児の時は休みも長くいろいろなところに行っていました。

Kumikoをフォローする
Kumikoをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM