【レビュー】Splend 電熱ベスト|ヒーナー内蔵で暖か♪

ヒーター付トップス

どうも。当サイト(libloom)スタッフの『ヒデ』です。

今回紹介するのはヒーター内蔵のベストです。メーカーは中華製のSplendです。

Splend 電熱ベスト

ひと昔前にヒーター内蔵型のベストが密かに話題になったんですが、2021年現在は中国セラーがこぞって参入しているので、類似商品が溢れています。

以前のこういった伝熱モノは、ヒーター分がゴワゴワしたり、現場作業のデザインだったり、ほんの一部分だけしかヒーターが入ってなかったんですが、類似商品が溢れ、競争が激しくなったのもあって、商品としてかなり改善、洗練されてるものがリリースされてますよ。

この商品のレビューについてのピックアップはこちら

  • 軽装なのに確実に暖かい!
  • 3か所の温度を三段階で調整できる!
  • ベストが軽くてとても着やすい!
  • バッテリー入れるポケット作って欲しい!

寒い時期にもってこいのヒーター内蔵ベストが気になってる人は是非見てください。

スポンサーリンク

Splend 電熱ベストを購入しようと思ったきっかけは?

ヒーター内蔵ベストは前から気になっていたんですが、値段もそれなりに高かった印象があったのと、とにかく作業服というイメージでした。

ですが、中華メーカーがこぞって扱うようになり、価格競争、品質向上と良い循環が起こり、ヒーター内蔵系の商品の品質が高くなり、尚且つ買いやすい価格帯になってきています。

今回購入したSplend 電熱ベストもかなり改良が加えられていて、温度コントロールがより快適になり、普通に洗濯まで可能になっています。

ここまできたら、試しに一つ買ってみようということになりました。

Splend 電熱ベストの特徴、性能

動作電圧電流:5V / 2A-2.1A
素材:炭素繊維遠赤外線加熱
温度調整:高温65℃、中温55℃、低温45℃
ライト表示:高温(赤)、中温(青)、低温(緑)
サイズ選択:S、M、L、XL、XXL、XXXL(サイズ表をご確認ください。)
カラー:ブラック
パッケージ内容:ヒーターベスト(USBコネクタ付き)、取扱説明書

8か所内蔵ヒーターと3つの区域の温度調整

ベスト内に8か所内蔵されたヒーターがあります。通常のベストに比べてヒーターのヵ所が多いです。

ヒーターの温度調整は腹部、肩部、腰部と区域別に温度調整が可能、45℃、55℃、65℃と3段階に調整できます。

より品質の高いヒーター

発熱する銅線は日本産のグラフェン繊維ヒーターを使用し、細かく入ってます。それにより、頑丈で壊れにくく、加熱も約3〜5秒間発熱します。

また、炭素繊維加熱材を使用しているので、運動によっても発熱し、断熱性能も実現しています。

USB給電

USBケーブルで電源、バッテリーに装着可能。

USBプラグは5V~2A以上の電力規格をサポートしており、95%モバイルバッテリーと互換性があります。(バッテリーは付属なし)

洗濯可能

洗濯機でもネットに入れることにより洗うことは可能です。USB端子部分にはポケットに入れて洗います。USBが水で塗れても乾かせばOKです。

開封してみた

袋に入って届きました。

中身は説明書とベストが入ってます。

表面。

裏面。

ベスト自体は、薄めの生地で質感も良く、粗悪な印象はないですね。

左下に操作ボタンがあります。3か所の場所ごとで三段階の温度調整と、ON、OFFが可能ですね。

ポケットの中に、USBコネクタが付いてます。

一応、丸洗い可能です。

ジッパーを開けてみると、ヒーターがある個所は縫い合わせと手触りでわかるようになってますね。

首裏にもヒーターが付いてます。

動画撮ってみた

開封したところと、操作や使用感など語っております。

実際に使ってみた

実際に着てみました。

サイズはMを購入しています。僕の身長が168cmで体重が64kg程度になりますがジャストサイズな感じです。

ただし、厚手のトレーナーとかだと、パツパツになりそうです。

あとは、ベストの中綿は少な目なので、良い意味ではゴワゴワせず着やすいです。また非常に軽いので普段着るのにはとても着やすいのは良いかと思います。

電源ボタンを押すと、20秒ぐらいでジワジワ暖かくなってきます。最初は65℃MAX(赤ランプ)にしておいてから、徐々に自分の適温になるように調整する感じかと思いますが、いざ温度が安定すると暑いぐらいです。

その後の温度は一番低い45℃(緑ランプ)にしても十分暖かいというか、僕は一旦OFFにしてもいいかなというぐらい暖かさをキープできました。

あとは実際バッテリーがどれぐらいもつのかで評価はかわってきそうですが、消費電力については記載がないので、これは自分が使ってるモバイルバッテリーでどれぐらいもつのか試してみて後日加筆したいと思います。

ちなみに、上記は以前買った「Greenmaker マグネット式 ワイヤレス モバイルバッテリー」で、容量はフル充電で5000mAhあります。iPhoneであれば、1.5~2回ほどフル充電できる容量です。

デメリット

デメリットとしては、バッテリーが付いてないこと。付いてなくてもいいけど、推奨のバッテリーぐらいは紹介して欲しいなと思うところです。

あと、ベストが薄くて軽いので、バッテリーをポケットに入れるとやはり違和感がでます。特に片方のポケットに入れておくと、そこだけ重いというか、バランスが悪いです。なので、一番重さを感じないところにバッテリー用のポケットを作っておくべきかなと思いますね。

あとは、好みですが、薄くて軽いというのが普段使いには良い反面、薄すぎてちょっと安っぽいと感じる人もいるとは思います。中綿についてはもう少しボリュームがあっても良かったかもですね。

とはいえ、普段着るということを考えると、これぐらいが一番使いやすいのかもしれませんが。

Splend 電熱ベストの総合評価

商品としてはとても良いと思います。

ヒーターが8か所入ってますが、ゴワゴワした感じもないしナチュラルな仕上がりになっています。ベストとしても作業服のような感じではなく、カジュアルなオシャレ感があります。

しっかりと全体が暖かくなりますし、寒さを凌げるという点においては満足度が高いですね。

あとは、故障もなく、どれぐらい使い続けられるのか?洗濯してダウンがヘタらないのかなど、今後使用していく中で課題はありますが、初見の印象としては良いですね。

Splend 電熱ベスト

Splend 電熱ベストの口コミ・評判は?

ネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • バイク乗ってるときに使ったら、とても暖かい。
  • ベストがフワフワで柔らかい。
  • 軽くてオススメ。

悪い感想や要望などの口コミ

  • バッテリー専用のポケットがあると良かった。
  • 思ったより小さい。

SNSの声

Twitterの評判

Splend 電熱ベストの購入を考えている人へアドバイス

伝熱ベストはいいですね。想像していたよりも快適です。

特に歳を取ると寒さに弱くなるので、発熱してくれるベストというのは重宝します。これがあれば、普通にツーリングや寒い日の屋外でも快適ですし、家の中にいてもこれを着ているだけで暖房の節約にかなり貢献すると思います。

また、今までは冬場になると屋内に居ても結構厚着していたんですが、ベストだけで良いというようなことにもなるので、より快適に過ごせそうです。

寒がりな人は確実にオススメです。

  • ヒデ』(44歳/男性)のその他のレビューはこちら
ヒデ | LIBLOOM | LIBLOOM
「ヒデ」の記事一覧です。
ヒーター付トップス
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM