【レビュー】ECOVACS DEEBOT N8+|ルンバと比較!コスパの良いロボット掃除機♪

ロボット掃除機

ECOVACS DEEBOT N8+を8ヶ月ほど使ってみた『さくちゃん』(32歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

ECOVACS DEEBOT N8+

この商品のレビューについてのピックアップはこちら

  • ロボット掃除機のネックである「ごみ捨て」から開放される自動ごみ収集機能!
  • 同時水拭き可で、フローリングがツルツルに!♪
  • スマホアプリと連動し、自動マッピング機能も優秀◎
  • ル●バよりも多機能&お買い得価格で高コスパ!
  • 本体回りの汚れはどうしても溜まる

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ECOVACS DEEBOT N8+を購入しようと思ったきっかけは?

きっかけは、新居への引っ越しです。それまでは家族3人・2LDKのアパート住まいでしたが、新居は1部屋増え3LDKのマンションに住めることになりました。その中で漠然と憧れを抱いていた「ロボット掃除機」の導入を考えるようになりました。

実際引っ越す前のアパートは狭く、かつモノも多くて「ロボット掃除機があっても走れるスペースがない」という残念な状況でした。このためスティック掃除機で掃除をしていました。その広さだと、それが最適だったと振り返ってみても思います。

が、引っ越した先ではある程度スペースに余裕も出て(モノを断捨離したこと+収納が増えたことによる)、部屋や廊下も増えた分スティック掃除機をかける場所も増えたのでロボット掃除機を導入するメリットが出てきました。

そこで、ロボット掃除機を使っている友人の声も聞きつつ、探し始めたのが最初です。

ECOVACS DEEBOT N8+をどのようにして知りましたか?

正直、ちゃんと探してみるまでDEEBOTはおろか「ECOVACS」というメーカーさえ知らなかった私。この商品を知ったのは検索でたどり着いたAmazonのサイトでした。

最初はロボット掃除機についても無知だったのでメジャーなところから探し始め、家電量販店も見に行きました。量販店でも、やはりiRobotのほか国内メーカーのパナソニックや日立の製品が多く並んでいる印象でした。

もちろん魅力的な商品ばかりでしたが、その場で即決できるほどの決め手を感じられなかったため一度資料だけ持ち帰り、ネット検索でも探すことにしました。

使い勝手と価格のバランスを見極める中で、最終的に行き着いたのがECOVACS DEEBOT N8+です。

ロボット掃除機を買う際に重要視したポイントとは?

私がロボット掃除機を購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

1.自動ごみ収集機能

これはもう第一条件でした。なぜかというと、ロボット掃除機を使う友人の多くが「毎回溜まったごみを捨てるのが面倒」「ごみ捨てが億劫で使わなくなった」などと話していたからです。

もちろん毎回のごみ捨てが気にならない方もいるでしょうし、「そんなのやって当たり前」と言われるかもしれません。が、ズボラな私にとっては自動ごみ収集機能はとても魅力的で、外せない機能でした。

2.同時に水拭きができること

スティック掃除機をメインで使っていたときは、掃除機→フロアモップの流れで掃除をしていました。ただ当然2段階なので時間がかかります。このため、吸引しつつ水拭きもしてくれるロボット掃除機だと良いな、と思っていました。

もちろん吸引用ロボットと水拭き用ロボットの2台購入する選択肢もあるとは思いますが、置き場所やお手入れ、またコスト面を考えても1台で済むならそれに越したことはないと考えました。

3.価格帯

ロボット掃除機は、良いものを探し出すと余裕で10万円を超えてきます。もちろん便利家電ですからある程度の出費は覚悟していましたが、もし私にとって理想の機能があって、かつお値段も抑えられる商品があるならそれに決めたい、と思って徹底的に探しました。

購入に迷ったロボット掃除機は?

購入に迷ったロボット掃除機は以下の商品です。

iRobot ルンバ i7+

「ロボット掃除機 自動ごみ回収」で調べると最初に出てきたのがこちらでした。スタイリッシュな見た目で、自動ごみ捨て機能も良さそうでしたが、水拭き機能がなく「惜しいな〜」と思った記憶があります。

Anker Eufy RoboVac L70 Hybrid

一方、こちらは水拭き機能もついているロボット掃除機です。カラーがホワイトという点も気に入りました。ただ、第一条件である自動ごみ収集機能がなかったため、あえなく落選となりました。

Honiture Q6

こちらは自動ごみ収集・水拭きとも揃ったタイプで、他のものより私が欲しい機能が詰まっていました。ただ口コミを読み漁る中で「水拭きモップがついていると自動ごみ収集されない」という内容を見つけ、それだと使い勝手△かなと思い断念しました。

こうして色々と比較する中で、最も機能的に魅力的だったこと、さらに本体だけでなくごみ収集スタンドも白色で自宅のインテリアに馴染みそうなECOVACS DEEBOT N8+に決定しました。

ECOVACS DEEBOT N8+の特徴、性能

商品名:ロボット掃除機
品 番:DEEBOT N8+
カラー:ホワイト
本体重量:3.6kg
本体寸法(mm):353*353*936
内容物:掃除機本体*1、自動ゴミ収集機(ダストバッグ2個含む)*1、サイドブラシ*2、水タンク*1、クリーニングモップ*1(繰り返し用タイプ)、クリーニングモップ*10(使い捨て用タイプ)、クリーニングクロスフレート*1、高性能フィルター*1(水洗い不可)、メインテナンスツール*1、取り扱い説明書

シンプルでスタイリッシュな外観

ホワイトカラーで白壁にも馴染んでいます。もし黒系だったら結構圧迫感あったかもな…と置いてみて思ったので、この白はとても気に入っています。うちはリビングの壁際、コンセントの前にスタンドを置いています。

本体上部にある小さな丸がカメラで、部屋の隅々まで検知してくれます。

設定もカンタン!

初期設定はスマホのアプリ(エコバックスアプリ)と連動させるのですが、付属の取扱説明書の通りに進めると難なくできました(私はiPhoneを使っていますが、iOS・Androidとも対応しているようです)。

本体のフタを開けるとペアリングのためのボタンがわかりやすく配置されています。音声アナウンスはもちろん日本語も設定できます。

自動マッピングが優秀◎

1回試しに掃除すると、それだけで部屋の配置を自動検知してスマホのアプリ上にマップが作られました!もちろん家具は避けていってくれますし、掃除したくない部屋はドアを閉めておけば通過してくれます。

※うちのDEEBOTは「すいすいちゃん」という名前が付いていますが、もちろん任意です。

2階以上ある場合も、マルチフロアマップ機能で複数階分作成できます。マップ作成後は指定した場所のみ掃除する・しない、など自由に選べてとても便利です。

大容量のダストバッグ

自動ごみ収集機能があることは前述の通りですが、回収されたごみがたまるパックはかなりの容量!週1〜2回ぐらいの使用であれば正直半年以上もちました(サイトに書いてある交換目安は2ヶ月です)。ダストバッグは最初にセットする1枚の他、交換用にもう1枚最初から付いていました。

これにより、私が最初に期待していた「頻繁にごみ捨て・交換しなくても使えて便利!」が実現してとても嬉しいです。

ごみタンクの開閉もボタンでワンタッチです。

水拭きモップも2種類付属

水拭き用のクリーニングモップは、使い捨て用が10枚と、洗えるタイプが1枚付いています。洗えるタイプは手洗いが基本のようですが、うちは洗濯乾燥機で普通に回しています(今のところ無事です)。

とくに目視で汚れが見えていなくても、モッププレートを付けて家を1周掃除するとモップがびっくりするほど黒くなります…!もちろんゴシゴシしないと取れないレベルのこびりつき汚れは1回では取れませんが、フローリングワイパー掛けをするよりはキレイになる印象です。

使い捨て用も意外にしっかりした素材で、安心感があります。洗えるタイプと同じく、水タンクにマジックテープ式で貼り付けて使えます。

モッププレートの水タンク容量も充分

うちは基本水拭きも同時に使っているので、掃除前に水タンクに水を入れ、本体にセットしてからスタートしています。セットすると、ちゃんと「モッププレートが取り付けられました」と言ってくれますよ。

水タンクの容量は、60〜70㎡程度なら充分です。毎回満水の半分くらいしか入れませんが、余るので終わってから捨てています。ちなみに水タンクに水が残ったまま長時間放置すると雑菌繁殖・臭いのリスクが高まるので、クリーニングモップを外すのとセットで排水するのがおすすめです。

ECOVACS DEEBOT N8+のメリット

やはり、自動ごみ収集はラクです!これは大きなメリットの1つだと感じています。口コミを見ると「ごみ収集時の音が大きい」というコメントもありますが、要するにロボットでない普通の掃除機(スティッククリーナー等)と同じ感じでごみを吸うため、それと同じくらいの音です。

むしろ、部屋を回っているときの音は一般的な掃除機と比べるととても静かです。静音モードなどにしなくても充分だと思います。モッププレートの有無で特に清掃音は変わりません。

水拭き機能にも満足しています。たまに「水出過ぎかな?」と思う瞬間もありますが、何度か同じルートを通ってくれるため問題ありません。ハウスダスト対策や花粉対策にもおすすめのモッププレート。モップ掛けされた床は、心なしか光って見えます。

付属品がある程度セットになっているのも嬉しいポイントで、クリーニングモップも基本手洗いのを洗濯しつつ、乾いていないときだけ使い捨て用を使う、などすれば頻繁に買い足さずにいけます。もちろんモップやダストバッグを買い足したい時は公式サイトから購入できます。

<エコバックスジャパン 公式直営ストア>
https://store.ecovacs-japan.com/user_data/deebot_accessory_table

ECOVACS DEEBOT N8+のデメリット

ごみステーションから行って帰ってきてくれる便利なロボット掃除機。ただ、当然といえば当然なのですが、ステーション回りや本体は自分で掃除しなければなりません。本体もごみタンクも、日常生活をしていれば当然ホコリは少しずつ付いてきます。

たとえば、本体のカバーを開けたところ(本体のごみタンクが確認できます)は密閉されているわけではないのでやはりホコリが溜まりやすくなっています。これに関しては定期的に拭くか、付属のブラシでササッと払う必要があるかなと思っています。

また、ごみステーションのすぐ近くの床もスペース的にDEEBOT本体が入り込んで掃除ができない隙間になるのでホコリが溜まります。これは、自動ごみ収集=ごみステーションがあるタイプのロボット掃除機の数少ないデメリットと言えるでしょう。

ただ、これはこの製品だから、というよりはこのタイプのロボット掃除機に共通して言えることかな?とも思うのでDEEBOT N8+特有の悪点だとは思いません。

あと強いて言えば、まれにアプリとの接続が切れてしまいペアリングし直すということがありますが、これもうちのネット環境などが影響しているかと思うので特別なデメリットだとは感じていません。

ECOVACS DEEBOT N8+の総合評価

総合評価は、星4です【★★★★☆】

多少のデメリットはあるものの、製品としてはメリットが多く概ね満足しています。何より家の掃除機がけが格段にラクになったことは大きいです。

もちろん床にモノが散らばりすぎていると、ほとんど避けて通過してしまうことになるため掃除前には片付けをすることになります。が、ちゃんと部屋が片付き、かつ床もツルツルになるので良い習慣になっているなと感じます。3歳の娘も「すいすいちゃん!」と気に入ってくれており、動かす前には率先して自分の部屋の片付けをしてくれるようになりました。

ちなみに、外出が多いご家庭であれば出先からアプリでスイッチオンすることもできますし、予めタイマーでセットしておいて帰宅時にはピカピカ、ということもできますよ。

ECOVACS DEEBOT N8+

ECOVACS DEEBOT N8+の口コミ・評判は?

ネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • ルンバより全然静か!
  • 凄く効率的な動きで早い!今どこを掃除してるっていうのがわかるのがいい。
  • スマホアプリは日本語がかなりしっかりと造り込まれているのでわかりやすい。

悪い感想や要望などの口コミ

  • カメラが上部についているせいで背の低いものは認識できない。
  • 油がタイヤに付着したのか、自力で充電ドックに戻れなくなった。
  • カスタマーサポートの対応が不誠実。

ECOVACS DEEBOT N8+の購入を考えている人へアドバイス

床掃除にかける時間を減らしたい人にとって、ECOVACS DEEBOT N8+はとてもおすすめできる商品です。特に、

  • 自動ごみ収集機能は必須でほしい!
  • 水拭きが同時にできると嬉しい
  • 部屋に馴染むホワイトのカラーで探している

という人は要チェックです。この商品はAmazon限定だそうですが、プライムセールなどをうまく組み合わせるとよりお得に購入できますよ。

逆に、

  • とにかく省スペースでコンパクトなロボット掃除機がほしい
  • カスタマーサポートに手取り足取り教えてもらいたい
  • 家のほとんどがカーペット敷きで、水拭き機能はいらない

という人は別の選択肢を探すのが良いでしょう。私は今のところカスタマーサポートに頼らずに来れていますが、よく問い合わせをする方は大手や国内メーカーがやはり安心なのではないでしょうか。

ちなみに現在はDEEBOTの上位機種も出ているようなので、これから購入される方はそちらも合わせてチェックしてみるのもアリだと思います。あなたも手間のかからない床掃除で、スマートライフを手に入れてみませんか?