【レビュー】ぺんてる 水彩パステル ヴィスタージュ|イラストの使い方

画材

ぺんてる 大人の水彩パステル ヴィスタージュ24色 GHW1-24を1年ほど使ってみた『みみくもさん』(24歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

ぺんてる 大人の水彩パステル Vistage GHW1-24

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ぺんてる 大人の水彩パステル Vistage(ヴィスタージュ)24色 みず筆付 GHW1-24を購入しようと思ったきっかけ

元々イラストを描くのが趣味だったため、クレヨンやアクリルガッシュ、色鉛筆、透明水彩などの画材を何種類か持っていました。

何枚ものイラストを書き進めていくうち、もっと多彩な色使いや技法が使えれば、きっと楽しく創作活動ができるだろうと思ったため、新たな画材を探し始めました。

手持ちのクレヨンでイラストを描くことが多かったのですが、油性のクレヨンということで、ぼかしがあまりうまくいかず、色の混ざりが汚くなってしまったため、どうすればいいのか困ってしまっていました。

そんなとき、こちらの大人のパステルという商品を見つけ、これなら淡い色合いや優しげなタッチでのイラストができるのではないかと思い立ち、購入に至りました。

ぺんてる 大人の水彩パステル ヴィスタージュ24色 GHW1-24を知ったきっかけは?

店頭で見つけ、インターネットで価格を検索したところ、amazonで定価以下で販売されていたため購入に至りました。

パステルを買う際に重要視したポイントとは?

使いやすさを一番に考えました。

次に価格です。

画材は消耗品のため、あまり高価なものだと継続して使用することが難しいと判断したためです。メーカーについても有名なメーカーだったため、品質については買う前から安心感がありました。

購入に迷ったパステルは?

特にありません。特に、購入を検討していた他の特定の商品はありませんでしたが、購入に当たって検討したポイントは、やはり使い心地と価格についてです。

使い勝手がよくないと、折角買っても、継続して使用することが難しいと思っていたこともあり、パステルの持ちやすさや大きさ、色の種類など、様々な要素において、使いやすさを検討しました。

次に検討の際に重視していたのは、コストパフォーマンスの良さ、つまりは価格です。あまりにも高い画材は、次に買うときにどうしてもためらってしまいます。

以前、高級な絵の具を買った際には、価格を気にしてしまって量を使えず、思ったように色合いを出せませんでした。

今回は、使いやすさと価格の安さを重視して、こちらの商品が妥当だという判断を下しました。

ぺんてる 大人の水彩パステル ヴィスタージュ24色 GHW1-24の特徴、性能

  • 【特長】水に溶ける、なめらかタッチの水溶性オイルパステル
  • 【セット内容】水彩パステル24色+みず筆スリムタイプ1本+取り扱い説明書
  • 【1本あたりサイズ/重さ】幅 7mm ×奥行 7mm × 長さ 65mm/5g
  • 【材質】色軸=顔料・ワックス・オイル・界面活性剤 水筆=ナイロン・PP・POM・・PE
  • 【材質】中仕切=PET・PE・PE 個箱・巻ラベル=紙

この大人のパステルという商品は、その名前の通り、多彩な使い方があり表現技法が多いことから、趣味を楽しむ大人に向いているパステルです。

もちろん子供用としても使うことはできますが、大人ならではの落ち着いた表現ができる商品です。通常のパステルと同じく、色を軽く重ねたり、全体を指やティッシュ等でぼかしたりすることができ、線を描いたり広い面を塗りつぶしたりなど、使い方は様々です。

その中でも特徴的なのが、付属の水筆を使って色を混ぜ合わせたりぼかしたりすることができるという点です。

この技法を使うことで、パステルでありながらも、水彩絵の具のような使い方をすることができるのです。パステルの淡くサラサラした表現方法と、水彩絵の具のなめらかでのびのびした表現方法が使えるので、絵の種類の幅がかなり広がります。

Vistage大人の水彩パステルの使い方の動画

基本な使い方

ウォッシュ

指先でぼかす

消しゴム

リフトアウト

混色グラデーション

Vistage大人の水彩パステルの実演

民野宏之さん

笹原由子さん

ももろさん

ぺんてる 大人の水彩パステル ヴィスタージュ24色 GHW1-24のメリット

この商品についてメリットだと感じたところは、やはり使い方の幅がとても広いというところです。クレヨンでは表現できなかった色の混ざり合う・重なり合う感じを出すことができますし、水彩絵の具だけでは表現できなかった、紙の質感なども出すことができるのです。

実際に、女性のイラストを描く際、色塗りをこちらの大人のパステルで行ってみました。髪の毛の部分で、様々な色のパステルで線を引き、その境界線を付属の水筆でぼかしました。

すると、全体的に色が綺麗に混ざり合い、なめらかな髪の毛の質感を出すことができました。また、この付属の水筆が大変便利でして、タンクとなる部分に水を入れると、あとは指で軽く押し出すだけで筆が水で潤います。

そのあとは、のばしたい色の部分をなぞるだけで完了です。他の色との混ざりを気にする場合は、水を少し多めに押し出して、筆先をティッシュで軽くふき取るだけで大丈夫です。

筆を洗う必要がないので、絵を描くときの手間が格段に減りました。

ぺんてる 大人の水彩パステル ヴィスタージュ24色 GHW1-24のデメリット

使ってみて残念だと思うところはほとんどないのですが、強いてあげるとするならば、パステルの大きさと色の種類についてです。

コンパクトに収まっている24色セットは、初めてパステルを使う人にとっては買いやすいサイズ感だと思います。しかしながら、実際にパステルを手にとってみると、持ち心地こそとてもいいものの、指でつまむ形になってしまうため、なかなか指先に力が入りません。

広範囲を塗りつぶすなど、軽く動かすときにはなんら不便を感じないのですが、しっかりとした線画を描きたいときなどには、やや満足のいかない力加減となってしまいます。

また、次いで気になるのは、パステルの色の種類の少なさです。24色セットに入っているものの他にも、単体で販売されている同パステルはありますが、それでも、パステルのみでグラデーションを作るにはやや色合いが不足していると思います。

水彩パステルということですので、やはり水筆ありきの商品だなといった印象です。

ぺんてる 大人の水彩パステル ヴィスタージュ24色 GHW1-24の総合評価

総合評価としては、10点満点としたうち8点の商品だと思います。

評価を上げる要因となったのは、コストパフォーマンスのよさと、入手にあたっての手軽さ、そして何よりも様々な技法を活用することができる商品のコンセプトです。

コストパフォーマンスや手軽さについてですが、実際に使ってみる前に、購入の段階で、私はパステル初心者でしたが、手に取ろうと思える値段の設定でした。

買い足すにしても、1色200円程度であればとくに気にならない値段です。また、柔らかな描き心地ではありますが、目減りしていく感覚はないので、よほど力を入れて描かない限りはそこまで減らないと思います。

また、色がうまく乗らなかったときは水筆で伸ばせばいいので、その点失敗した感じが出にくく、絵に集中できます。

ぺんてる 大人の水彩パステル Vistage GHW1-24

ぺんてる 大人の水彩パステル ヴィスタージュ24色 GHW1-24の口コミ・評判は?

ぺんてる 大人の水彩パステル ヴィスタージュ24色 GHW1-24のネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 見た瞬間にオイルパステルかと思いましたが、単なるオイルパステルではないです。とても多彩に使用でき、買って損はない商品です。かなり楽しくなりますよ。
  • 水筆がセットになってるのでとても書きやすくて、水によって伸びます。実用が簡単なのが嬉しいですね。
  • 同じような他社商品と比べてクオリティが高いです。
  • パステルというよりはクレヨンのような感じで表現の幅が広がります。
  • クレヨンと違って粉っぽくならないし、色合いもきれいで気に入ってます。太さにしても硬さにしても私好みです。
  • 水絵具でもオイルパステルでも両方の使い方ができて、幅が広がりそうです。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 特になし

インスタの評判

うさっぴさん(@usappi_222)がシェアした投稿

ビジュアルが爽やかで素敵。

ひーさん(@chroniclechet)がシェアした投稿

水彩パステルの色見本作ってみました。

自然光の中で気持ちの良い開放感!

ぺんてる 大人の水彩パステル ヴィスタージュ24色 GHW1-24の購入を考えている人へアドバイス

この商品は、イラストを描く人であれば誰もが試してみたいと思うような面白い商品です。特に、優しげなイラストや動物の絵、人の似顔絵を描くときなどは重宝するのではないかと思います。

しかしながら欠点もあり、手の大きい人や力の弱い人には持ちにくいであろうサイズ感なので、一概に全ての人におすすめできるとは言えません。

ですが、私はこの24色入りのパステルセットをおすすめします。

12色入りのものや単品もあるので、お試ししたい人はそちらを選びそうですが、24色入りのほうが、始めから多色使いで絵を楽しむことができるので、よりこの商品の万能性が理解できると思うからです。

色の種類の少なさについては、水筆を用いたぼかしでカバーしつつ、イラストの無限の表現を楽しんで欲しいです。

画材
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM