パソコン目疲れグッズ 目元マッサージャー レビュー|ピントや焦点合わない時にこれ! 

マッサージ機

libloomスタッフの『ヒデ』(43歳/男性)です。

今回はパソコンで目が疲れた時のグッズを購入したので、そのレビューをしますね。

出典:天空の城ラピュタのムスカ氏(スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI)

僕と同じくパソコンの激務で目がムスカ状態の人は是非参考にしてください。

7/14現在

ちょこちょこ画像や動画解説など入れました。(>_<)

スポンサーリンク

パソコン疲れ改善グッズ「REAK 目元マッサージャー」を購入しようと思ったきっかけ

職業柄、毎日パソコン作業をしています。そしてほぼ毎日、目がおかしくなっているんです。

僕の目は特に光に対して弱く、雪などの白いもの見てるだけでも目が痛くなってきます。短時間でも結構すぐ痛くなる感じです。

なので、パソコンはブルーライトが軽減されるように、f.fuxというツールで「きなり色」にしていますし、メガネもブルーライトカットのものを着用しています。

▼f.fux(無料ツール)

時間帯に合わせて色温度を調整し、目を保護できるフリーソフト「f.lux」
時間帯に合わせて色温度を調整し、目を保護できるフリーソフト「f.lux」の評価とレビュー、ダウンロードや使い方を解説します。

目薬も眼科からサンコバ(調整機能改善点眼剤)をもらってきてるし、その他、ドラッグストアで買った目薬をいくつかローテ―ションで使っています。

スマホの明るさも一番暗くして、もはや見えないぐらいの明るさで極力目に負担をかけまいと気を遣ってる毎日です。

ですが、どうしてもパソコンで作業しないといけないので、大体が瞼の痙攣から始まって、目が開いてられないぐらいしょぼしょぼしだして、焦点が合わなくなって、仕事ができなくなるというパターンになりますね。

それでも、どうしても目を復活させたい場合などには、目薬を差した後に、電子レンジでチンした温タオルを目に当てて5分ほど寝て、目を短時間でも正常に戻してパソコン作業するということもしています。

こんな状態なので、パソコン仕事特有の目の疲れを改善してくれるものがあれば、即買いしてしまう状況にありましたね。

REAK 目元マッサージャーを知ったきっかけは?

「REAK 目元マッサージャー」という目の疲れ改善グッズを知ったのは、こちらの記事を見たからでした。

▼眼精疲労や疲れ目マッサージ機「REAK 目元マッサージャー」の口コミは

眼精疲労や疲れ目マッサージ機「REAK 目元マッサージャー」の口コミは
眼精疲労や疲れ目マッサージに「REAK 目元マッサージャー」を購入した『kaaaaaさん』(30歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。 実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださ...

libloomのレビュワーの方でいつも良いレビューをしてくれる『kaaaaaさん』(30歳/女性)が絶賛していたのです。

こんな斬新な目の疲れをとるグッズがあるんだと、見入りましたね。

そこから、Amazonで類似商品をチェックしつつ、やっぱりこれが一番良さそうだということで、即買いしました。

パソコンの目疲れ改善グッズを買う際に重要視したポイントとは?

レビューを見た時点で、目をあたためながらマッサージするグッズがあることが驚きで、すぐに欲しいと思いました。

重要視したものは、類似品などを見て、機能的に優れてる点がないか、コスパ的に金額が妥当かどうかだけはチェックしました。

結局、「REAK 目元マッサージャー」以外に目新しいものがないので、こちらを購入した感じですね。

購入に迷ったパソコンの目疲れ改善グッズは?

僕が購入したのは今から2ヶ月ほど前で、「目元マッサージャー」というようなカテゴリの商品はほとんど出てなかったです。

ですが、今(7/12現在)改めて見てみると、類似商品がかなり出てますね。

Youmay 目元 マッサージャー

Melophy(メロフィー) 目マッサージ

ENGREPO アイマッサージャー

上記のような類似商品ですが、機能的にはほとんど一緒だと思います。

これらの商品はmade in Chinaですから、ほぼほぼ同じ中国の工場で作られてます。ですから仕様などはほとんど一緒で、販売業者名が変わってるだけだったりします。

唯一、僕が購入した「REAK 目元マッサージャー」と変わってる点はBluetoothで好きな音楽を聞ける仕様になっているところですね。

僕の購入したものは、本体にあらかじめ音楽が入っていて、永遠とそれを繰り返し流すといった仕様なので、マッサージャーに音楽を求めるなら、上記にあげたような最新のものを購入した方が良さそうです。

ただ、その他の機能は見た目ほぼ一緒のようです。

REAK 目元マッサージャーの特徴、性能

追記7/14 機能説明

機能的な説明は動画で撮影しましたのでご覧ください。

目のマッサージ機能でエアがどのように動くのかもわかると思います。

5モードでマッサージ

黒いシートがエアで膨らみまさーじしてくれます。基本的に以下の機能が備わっています。

1.エア機能

アイマスクの中にエアマッサージする機能があり、それがいろんな膨らみ方、強さで目元をもみほぐしてくれる機能です。

2.温め機能

アイマスクの目の周りが38-42℃と温かくなってホットタオルのような効果が得られます。

3.振動機能

アイマスク本体が振動し、目のレンズの自然調節能力を回復する機能です。

この1~3の機能が組み合わさって5つのモードが選べるようになります。

5モード
  • 自動モード:エア機能+振動機能+温め機能
  • 活力モード:エア機能+振動機能
  • クリアモード:温め機能
  • 振動モード:振動機能
  • スリープモード:エア機能

写真のスイッチを長押ししてスタート。その後押すたびに1~5に切り替わっていきます。電源を切りたい場合はもう一回長押し。

個人的には目を温める機能とマッサージ機能があればいいので、「自動モード」以外はあまり必要性を感じません。

1つのモードを選択すると10分間ほど稼働して、止まります。このモード選択のみで、時間を設定することもできませんし、シンプルな作りになっていますね。

音楽機能

本体にあらかじめ入ってる音楽がマッサージ中にずっと繰り返し流れます。

音楽は消すこともできますが、音量の調整はできません。

個人的にはあってもなくてもいいですね。

現在販売されてる類似商品は、Bluetoothでスマホから自分の好きな曲を流せるので、癒し効果を求めるのであれば、最新の目元マッサージャーを購入した方が良いと思います。

USB充電

最近の中華商品は大体USBで充電するタイプですね。

「REAK 目元マッサージャー」もスマホの充電器を使いまわせるので、汎用性が高いです。

また、1回の充電が2時間ぐらいで5~6回ぐらい使えます。

その他

機能面的にはシンプルでその他は特出してこれといったこともないです。

立体的につくられていて、ツボの分布位置に合わせて設計されていると書いてありますが、これはかぶり方次第でズレますし、人によって顔の大きさは違いますからツボの位置は微妙に違います。ざっくりその位置に作られてる感じです。

自分で気持ちいい箇所を探しながら装着すれば、問題ないと思います。

その他、本体は180度で折り畳むことができますので収納に便利といいますが、折曲がったところでそこまでコンパクトさはないです。

ま、曲がらないよりは曲がった方がいいかなっていう程度ですね。

あとはバンドで調整可能です。

REAK 目元マッサージャーのメリット

購入して2ヶ月ほど経ちますが、毎日2~3回は使っていますね。

酷い時には1時間おきぐらいに使って、目をとりあえず突貫工事的に復活させては、酷使してというのを繰り返したりもしています。

パソコン作業している人にとって、目の疲れを完全に除去することなんてできませんので、10分で目の疲れを一旦リセットしてパソコンに向かえる状態にしてくれるだけでも、かなり助かっています。

パソコンで目のしょぼしょぼ、痙攣などが始まり、目の焦点が合わなくなって、最終的に光を見ると痛い状態にまでもなると、仕事にならなくなります。

目薬を差して、一晩寝ると朝にはある程度リセットされていますが、それでは仕事に差し支えますよね。

「REAK 目元マッサージャー」は応急処置的なものですが、それでも10分のマッサージで目を仮復活させて、1時間程度は作業できる目にしてくれるので、価値は十分にあると言っていいです。

今までなら、あまりに目が痛い時には、ホットタオルで目を覆って寝ていたので、それから比べると手間もかからないし、何度もできるので重宝します。

REAK 目元マッサージャーのデメリット

以下、順番にデメリットを書いていきますが、そこまで問題があるわけでもないです。

5モード以外の選択肢がない

これが一番ネックと言っていいと思います。疲れ目の基本は目を温めるのが一番効果あると思っています。

ですが、温め機能がついてるモードは1と3しかないです。

  1. 自動モード:エア機能+振動機能+温め機能
  2. 活力モード:エア機能+振動機能
  3. クリアモード:温め機能
  4. 振動モード:振動機能
  5. スリープモード:エア機能

上記のように1~5までです。

なので、選択肢として「1」ぐらいしか必要がないわけです。

この「1」でもマッサージしながらの温めなので重宝するんですが、がっつり目を温めたいときは、マッサージがあると、アイマスクが浮いて、アイマスクの接地面が目から浮いてしまうので、マッサージなしでの温めが欲しい時があります。

ここで、モードの「3」が普通の温めになるので、これを選べばいいと思うんですが、この「3」では全然ダメなんです。

そのまま「3」で温めると、目にしっかりアイマスクの接地面が当たっていないので、隙間だらけで目がしっかり保温されません。

まず装着したときに、目に対してエア機能でしっかりアイマスクと目の隙間を潰して、目をしっかりホールドした状態のままで温めて欲しいんです。

んー、伝わるかな・・。文章難しいんですが。汗

モードとして追加して欲しいのが、「目をエアでホールドしてからの温め機能」というのがあれば、目が一番リフレッシュされそうなので、このモードを是非取り入れて欲しいなと思う次第ですね。

時間設定ができない

マッサージしてる時に寝落ちするときも度々あります。

そんなときはタイマー機能などで、1時間ぐらいはずっと目を温めておきたいと思うんですが、常に10分で切れてしまいます。

ほとんど「REAK 目元マッサージャー」の使用は、仕事の合間なので10分ぐらいがちょうどいいんですが、あれば寝る時にでも使えるしなーと思う機能ですね。

音楽が一巡すると同じ音楽が流れる

音楽の時間がそこそこ短いので、同じ音楽がぐるぐる流れます。

曲の中に、「千と千尋の神隠し」のメロディバージョンがあるんですが、頭から離れなくなりました。

今から買おうと思ってる人はBluetoothで好きな音楽が聴けるタイプのアイマッサージャーの方が良いかもしれません。

REAK 目元マッサージャーの総合評価

当然、買って良かったです。もはや瞬時に元は取りました。

細かい設定など、至らない点はありますが、目をリフレッシュさせるという効果においては、クリアしてるので、とりあえず合格です。

今までホットタオルで目のリフレッシュを図っていたことを考えると手間がかからないし、温度は冷めないし、それでいて、マッサージ付なので、ホットタオルよりも効果があります。

パソコン作業ではまず必須アイテムと言っていいと思います。

libloomのレビュワーさんの評価は?

▼眼精疲労や疲れ目マッサージ機「REAK 目元マッサージャー」の口コミは

眼精疲労や疲れ目マッサージ機「REAK 目元マッサージャー」の口コミは
眼精疲労や疲れ目マッサージに「REAK 目元マッサージャー」を購入した『kaaaaaさん』(30歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。 実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださ...

こちらの記事の下部にネットの良い口コミ、悪い口コミも掲載していますので、一緒にご覧ください。

REAK 目元マッサージャーの購入を考えている人へアドバイス

目が光に弱い人は買って損はないはずです。

パソコンだけではなく、冬にスキーやスノボに行って、すぐに雪目になったり、スマホ見すぎで目がヤラれてる人にもオススメできます。

根本的な改善にはなりませんが、一旦、目の疲れをリセットできるのはとても助かります。

とはいえ、リセットしても、ダメージは当然あるので、ある程度パソコン見てるとまた目が痛くはなりますが、合間合間でリフレッシュさせると騙し騙しで十分作業はできると思いますね。

今までだと、あまりに目が痛くなったら、作業をやめるしかなかったですが、「REAK 目元マッサージャー」を買ってからは、なんとか続けれてます。

目の疲れで、ホットタオルとか、温めるだけの対策してきた人でも、マッサージを加えた目の温めを体験すると、より目がリフレッシュされるのがわかると思いますよ。

久しぶりにスマッシュヒットな商品でした。購入する価値あると思います。

  • ヒデ』(43歳/男性)のその他のレビューはこちら
ヒデ | LIBLOOM
「ヒデ」の記事一覧です。
マッサージ機
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM