【レビュー】HOPPL コロコロチェア|何歳まで?アウトレットもあり。

ベビーチェア

HOPPL コロコロチェアを10ヶ月ほど使ってみた『きーちゃん』(32歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

HOPPL コロコロチェア

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

HOPPL(ホップル) コロコロチェア&デスク CL-CHAIRを購入しようと思ったきっかけは?

子供が一歳になる少し前くらいから、児童館などにある子供用のイスを気に入って、よく自ら座るようになりました。大体おままごととかお絵かきスペースに置いてあるのですが、私の子供はイス自体が好きなようで、ただ座って楽しんでいるといった感じでした。

それを見ていて、そんなに好きなら自宅用にも買ってあげようかと思ったのがきっかけです。ダイニング用のイスはあったのですが、ローチェアは持っていませんでしたので。

これから自宅でもお絵かきや粘土をやったりする際にあれば便利ですし、テレビを見る際にもリビングで使えて良いかな~と考えていました。また、誕生日ももうすぐでしたので、しっかり目のものを購入してプレゼントとしようとも思いました。

アウトレットはこちら

HOPPL コロコロチェアをどのようにして知りましたか?

最初は、ネットショップで「キッズチェア」「ベビーチェア」といったワードで売れ筋商品を色々とチェックしていました。ただ、なかなかピンと来るものに出会えず…。

そのうち、作家ものでも良いかも?と思って、ミンネなどのアプリから検索していました。しかし、気に入るものはなかなかお値段がしまして、予算と合わず断念。

それからは、インスタグラムをチェックしてみたりして、いくつか候補を挙げながら悩んでいました。そんなある日、たまたま立ち寄ったインテリアショップでコロコロチェアを見かけて、理想のものだ!と夫婦で即決しました。

子供も、実際に置いてあるものに座って、喜んでいるようでしたので。お店の方に聞いたところ、人気の商品で納期が結構遅れるとのことでしたので、ネットショップですぐ手に入りそうなところを探してそちらで購入しました。

ベビーチェアを買う際に重要視したポイントとは?

私がベビーチェアを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

1.長く使えるデザインであること

当初は、よくある豆イスなどにしようかとも考えていたのですが、せっかく買うなら子供用のイスとしてだけでなく、様々な使い方ができるものの方が良いと考えるようになりました。そのためには、シンプルで、子供っぽ過ぎないデザインである必要がありました。

2.安全性が高いこと

やはり子供がメインで使うものですので、安全面できちんと考慮されたものが希望でした。

3.予算内であること

1万円以内を予算として考えていました。

購入に迷ったベビーチェアは?

購入に迷ったベビーチェアは以下の商品です。

イームズ ミニシェルチェア

nakids Kidzoo PVCチェア

おうちのこいす ベビーチェア

キコリの小イス

まず、最初はデザインでイームズのシェルチェアが良いかと思ったのですが、座面が高過ぎました…。

次に、Kidzoo、おうちのこいす、キコリの小イスが候補として挙がっていました。実際、児童館やプレイランドなどでも良く見かける商品でしたので。ただデザイン的に私が希望するイメージより可愛すぎてしまうのと、イスとしてしか使えないという点で悩んでいました。

その点、コロコロチェアは丸みを帯びた可愛いデザインながらも、装飾はほとんどなくシンプルでお部屋に馴染みます。

また、転がすだけでスツールやちょっとしたテーブルとしても使える汎用性の高さが、他の商品より優れている点です。

同シリーズのデスクと組み合わせれば、収納棚としても使えるため、リビングから子供部屋まで、お家の中の様々な場面で活躍が期待できました。

HOPPL コロコロチェアの特徴、性能

商品名 コロコロチェア
サイズ/寸法 チェアサイズ 高さ 310mm × 幅 280mm × 奥行き 300mm
素材/材質 ヨーロッパビーチ材・カバ材・ウォールナット材 / ラッカー塗装
色 ナチュラル、アイボリー、ブラックウォールナット、レッド、ブルー、グリーン、ホワイト

●コロコロ転がして自由自在な使い方ができる

イスとしてはもちろんのこと、テーブル、大人用のスツール、踏み台、ちょっとした飾り棚、収納棚…など、かなり多様な使い道があります。

●イスとして、座面の高さは二通りに変えられる

向きをひっくり返すだけで、二通りの高さになります。

●無駄な装飾のない、シンプルなデザイン

カラーも色々あったので、どんなインテリアのお部屋にもマッチします。

●縁が丸みを帯びていて、滑らかに処理されている
万が一子供がぶつかっても鋭利な角は無く、触っても滑らかでささくれなどもありません。また、引きずっても床に傷が付きにくいのも嬉しいです。

●運びやすい取っ手がある

掃除の際などに、ひょいっと持ち上げやすくて良いです。

●子供でも扱いやすい
2.5Kgと軽いので、1歳9ヶ月の子供も持ち運んでいます。丸みを帯びた縁のおかげで、転がすのも簡単です。

●素材は天然のブナ材
ブナは、通気性や調湿性に優れています。丈夫で長持ちします。

●安全性への配慮
ホルムアルデヒド放散量が最も低いF☆☆☆☆(フォースター)レベルをクリアしています。

●キッズデザイン賞受賞

●サイズ:W280×D300×H310mm

HOPPL コロコロチェアのメリット

購入してから10ヶ月ほど使用してきて、私が現状感じているメリットは主に二点あります。まず一点目は、子供がテレビを見る際に座る指定席にできたことです。以前は、気付くとテレビ画面にかなり近づいていて、「もっと離れて見ようね」と何度たしなめても理解していないのか無駄で…。

しかし、このイスを購入してからは、「このおイスに座って見るんだよ」と言えば大人しく離れて見てくれるようになりました。「自分のイス」というのが嬉しいようで、子供がすんなり言う事を聞いてくれるようになったので、それだけで十分買って良かった~と思えました。

また、軽くて転がして動かしやすいので、子供自身が動かせるため、より自分のものとして気に入ってくれてるように思います。

二点目は、大人も利用できるという事です。

現在、子供がスペースを広く使えるようにソファ前に置いていたローテーブルをどかしてしまっています。しかし、夜の晩酌タイムなどにソファでのんびり…という時に、グラスを置く場所が無くて不便を感じていました。

そんな時は、コロコロチェアをころんと転がせばちょっとしたサイドテーブルとして使えますので、いちいちテーブルを出してこなくて済みます。やはり、家族みんなが活用できるデザインがこちらの商品の魅力ですね。

HOPPL コロコロチェアのデメリット

私にとってはほとんどデメリットが無いのですが、強いて言えば3点あります。まず一つ目は、床に全く傷が付かないという訳ではないということです。丸く滑らかに仕上げられていますので多少引きずる分には問題ないと思うのですが、一応メーカーさんの方でもカーペット上での使用を推奨しています。その点では、普通に4本脚のイスの方がクッションなどを付けてガードがしやすいですね。

2点目は、カラーによっては入手しづらいという事です。私はナチュラルを選び、インターネットで在庫があるお店を見つけられましたが、人気のカラーは結構入荷待ちで時間がかかるようです。丁寧に作られている分、しょうがないことではあると思います。

3点目は、子供用のイスとしては少々高価かな…という点です。人気の商品のはずなのに、何で最初にインターネットで検索してすぐにヒットしなかったのかな~と思っていたのですが、こちらの商品はデスクとのセット販売が多く、私が価格の上限を絞り込んでいたため検索結果に反映されなかったようです。

我が家は今のところイスだけで良いので単品での購入でしたが、確かにデスクもあればかなり活用の幅は広がります。ただ、高価とは言ってもこちらの商品は永く使い続けることを前提とした商品ですので、そう考えれば十分コスパは良いと思います。

HOPPL コロコロチェアの総合評価

総合評価としては、大変満足しています。今のところ、メインで使っている子供も気に入っています。テレビを見るときはコロコロチェアが無いと怒るくらいです。

まだ落ち着いてお絵かきなどをすることはないのですが、今後もしばらく子供自身が使うことになるでしょう。そして、子供のお昼寝中の私のくつろぎタイムや、夜の晩酌タイムのお供としても活躍してくれています。

今後、サイドテーブルとしての役目を終えても、玄関で植物を置くかスツールとして使おうと思っていますので、末永くお世話になる商品です。

それを考えると、きちんとした造りで、自分の納得のいくデザインのものが買えて良かったです。もし今後、家族が増えることがあれば、追加でもう一脚買うと思います。

HOPPL コロコロチェア

アウトレットはこちら

HOPPL コロコロチェアの口コミ・評判は?

HOPPL コロコロチェアのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • とてもしっかりした作りです。かといってひっくり返ることなく安定しています。デザインもいいので、もう一つあっても良いと思っています。
  • いろんな使い方ができます。本棚やちょっとしたベンチ、ローテーブルなど子供が使わなくなっても重宝すると思います。
  • 机としてもイスとしても使い勝手良いですね。角が丸いので安心できます。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 合板の部分がひび割れてきました。
  • うちの子はまったく使わず。。合う合わないがあるかも。
  • あれもこれも使えると思ったけど、結局使わない。

SNSの反響は?

インスタでもHOPPL コロコロチェアは話題になっているようです。

HOPPL コロコロチェアの購入を考えている人へアドバイス

コロコロチェアは、一時的な子供用のイスとしてではなく、永く使い続けようとお考えの方にぜひおススメしたい商品です。メーカーさんの方でも、コンセプトとして捨てずに永く使ってほしいと挙げています。

まずは子供が主役で使う、それもただのイスではなく、イスに座って落ち着いて何かをするという習慣づけや、棚としてお片付けや整理整頓の訓練に使うこともできます。

その後は、インテリアの一部として、家じゅうの様々な場所で活躍してくれる商品でしょう。ですから、とりあえず安いものでしのげれば良いという風にお考えの方にはあまりおススメではありません…。

また、収納棚、スツール、サイドテーブルなど活用の幅は広いですが、すでにそういったものをお持ちの方には不要なスペックですので、ちょっと勿体ないかなと思います。

  • きーちゃん』(32歳/女性)のその他のレビューはこちら
きーちゃん
「きーちゃん」の記事一覧です。

【追記】「HOPPL コロコロチェア」以外のオススメ商品は?

子供の成長に合った適切な椅子を選ぶことは、快適な座り心地と姿勢のサポートにつながります。今日では、機能性やデザイン性に優れた様々な子供用椅子が市場に登場しています。

その中でも、HOPPL コロコロチェアは独自の特徴を持ち、子供の活発な動きや創造性を促進することで知られています。

しかし、他の椅子と比較してどのような利点があるのでしょうか?以下では、HOPPL コロコロチェアと3つの候補を比較し、どの椅子が最適なのかをお伝えします。

MAMENCHI 木製キッズチェア C-0639

MAMENCHIの木製キッズチェアは、可愛らしいクジラの形状と耐久性のある木製が特徴です。一方、HOPPL コロコロチェアは360度回転し、座面の高さも調節可能な自由度の高い機能があります。

また、口コミでは、MAMENCHIの椅子は親子で使える大きさや安全性が評価されていますが、HOPPL コロコロチェアは子供の楽しみながら座れる動きやすさが高く評価されています。

結論として、MAMENCHIの木製キッズチェアは伝統的なデザインと耐久性を重視する方におすすめですが、子供の自由な動きや創造性を促進させたい場合には、HOPPL コロコロチェアが適しています。

Toffy & Friends 子ども用テーブル 椅子セット

Toffy & Friendsの子ども用テーブル 椅子セットは、成長に合わせて高さが調整可能なデスクとチェアを備えています。一方、HOPPL コロコロチェアは移動が自由であり、座面の高さも調整可能です。

口コミでは、Toffy & Friendsのセットが丈夫で安定感があり、子供が使いやすいと評価されていますが、HOPPL コロコロチェアは子供が座りながら自由に動ける魅力があります。

結論として、Toffy & Friendsの子ども用テーブル 椅子セットは高さ調節機能と安定性を重視する方におすすめですが、子供の活発な動きをサポートしたい場合には、HOPPL コロコロチェアが適しています。

U/D 子供用テーブルセット

U/D 子供用テーブルセットは、コンパクトながら必要な広さを提供し、圧迫感を感じさせません。椅子と机の高さ調節も簡単に行えるため、子供の成長に合わせて調整することができます。重量は6kgでありながら最大荷重量は100kgと、安定性も備えています。また、視力低下防止のために適切な座位を提供し、子供の目の健康をサポートします。

さらに、U/D 子供用テーブルセットは美観性と安全性にも配慮されています。おしゃれでかわいいデザインは子供部屋に調和し、明るい雰囲気を演出します。丸角加工により、お子さんがぶつかっても怪我の心配はありません。脚部には滑り止めが付いており、フローリングをキズから守ってくれます。

さらに、U/D 子供用テーブルセットは子育てママの味方となるでしょう。幼児や未就学児に最適で、お子さんが自分のものとして使うことで特別感を感じることができます。お絵描きやお読みなど、楽しく過ごす時間を促し、忙しいママをサポートします。また、成長に合わせて使用できるため、長く愛用できる点も魅力です。

ただし、脚の高さ調整はネジ式であり、ドライバーが必要です。微調整には手間がかかるかもしれません。また、横渡しの部品のはめ込みがやや難しいです。しかしながら、組み立てが完了してしまえば、しっかりとした造りと丸いフォルム、広いテーブルに満足度は高いです。

以上の比較から、それぞれの椅子には異なる利点があります。最適な選択は、ご家庭のニーズや子供の性格や好みによって異なります。しっかりと検討し、お子様の成長と快適さを考慮した選択をされることをお勧めします。

ベビーチェア
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM
error: このコンテンツはコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました