登山者所有No.1!DABADA トレッキングポールはコスパ最強!

トレッキングポール

ダバダ トレッキングポールを2ヶ月目で3回ほど使ってみた『野良次郎さん』(32歳/男性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

ダバダ トレッキングポール

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

DABADA(ダバダ)  軽量アルミ製 トレッキングポールを購入しようと思ったきっかけは?

トレッキングポールに全く興味の無かった僕ですが、登山を始めてから軽快に山を登るお年寄りのトレッキングポール捌き見て、とてもとても欲しくなり購入を決意しました。

アウトドア用品を取り扱うお店に立ち寄り、実物に触れて感じたことは「え、重いな・・」でした、手に取った物を見るとお買い得品と書かれており、ノーブランドの安い物でした。

次に手を取ったポールは最初のとは明らかに違う軽さがあり、思わず声が出そうでしたが、値段を見て更にびっくりしてお店を退散、トレッキングポールを諦めかけたその時に、yahooショッピングでランキング1位のこの品と出会い、購入にいたりました。

ダバダ トレッキングポールをどのようにして知りましたか?

yahooショッピングでカテゴリー別に人気ランキングを見ることが出来ます、登山用品のランキングを開くと堂々の1位に輝いており、さらに口コミの数も桁違いに多く、目に留まりました。

トレッキングポールを買う際に重要視したポイントとは?

私がトレッキングポールを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

1.重さ

重くないもの、値段が安いものはやはり重いので1本300gあります、このタイプの材質はアルミニウムです。軽いものはカーボン製、軽量アルミニウムですがお値段も高くなります。

2.強度

どの材質が強いかは賛否が分かれておりました、山で自分の体重を預ける相棒なので信頼できるものを選びたい。でも重いものは避けたい。

3.コスパ

山で使うものなので消耗品でもあります、いずれは買い替えることも考えると高いものは選びたくありませんでした。このトレッキングポールは税込み3千円という破格でした。

購入に迷ったトレッキングポールは?

購入に迷ったトレッキングポールは以下の商品です。

カリマー トレッキングポール

レキ トレッキングポール

店頭で比較した際は、やはり重さが気になる。正直メーカーはそこまで気にならない、デザイン的にも大きなこだわりがありませんでした。でも実際に手を取り見れるのでしっくり来るものはお値段が高いですがありました、それがレキのポールです。

ネットは自分で手に取ることは出来ないですが、重さは表記されていたのでわかります。重量と口コミを参考にしながら探索をし、カリマーの軽量アルミニウムを見つけました、レキよりも安い、メーカー的にも有名なので安心できる、ですがそれでも値段はお高い。

ここまで探していたら一番売れているのはどれなのかが気になり、yahooショッピングのランキングを見たらDABADAのトレッキングポールが売れていて口コミもすごい数だったので一気に候補にあがりました。

ダバダ トレッキングポールの特徴、性能

【商品の仕様】
本体サイズ(約):最短56.5cm(収納時)/最長120cm(微調整可能です)
※商品によっては数値に若干の誤差が生じる場合がございます。
本体重量(約):220g
本体素材:アルミニウム合金7075(超々ジュラルミン)
本体カラー:ブラック&シルバー/ブラック&ブルー/ブラック&レッド/ブラック&ピンク
付属品:トレッキングキャップ/バスケット(各1セット)

色はブラック&シルバーです、デザインは変わりませんが配色は4パターンあります、この他にブラック&ブルー、ブラック&レッド、ブラック&ピンクです。

長さは調節することができます、これは回して伸ばすタイプですが3段階となっており、微調整も可能なので好みに合わしやすいです。

アンチショックシステムが付いています、内蔵されてるので外からわかりませんが先っぽを外すと金属部分が見えます、これがあると地面に接したショックが吸収されるようです。また、この先っぽの部分は回して差し込む形態になっているので外れにくいように設計されています。

そして、僕が最重視する重量は1本220gです、持った感触はイメージ通りとても軽いと思いました。

ダバダ トレッキングポールのメリット

いざ、山へGOしました。登山道の入口から少し登ると早速険しい岩場の山道が待っていました。

以前ならこういう場所を登るときは、体をねじって登っていくのでバランスは左右にかなり崩れた格好になります。けれどトレッキングポールを使用すれば腕の力で体を支えることが出来るので、ある程度バランスと取れない場面でも、足腰の負担を軽減することが出来ます。

岩場の他にも沢の近くなど、水が流れている場所を超えていく場合でも前方の安全をトレッキングポールで確かめながら進むことが出来るので安全にも役立ちます

そして登りが終わって、下山する場面で更に活躍です、下りは足腰に相当疲れを持ってくるので、トレッキングポールを最大まで伸ばして体を支えながら下山します。

実際に使用してみての感じとしては、本当に買って良かったと思える場面が沢山ありました、そして軽いものを選んで良かったと思いました。トレッキングポールは足腰の負担を軽減しますが、腕の負担は大きくしますので軽いのは正義です。

耐久性も気になりましたが、不安に感じる点はありませんでした。

ダバダ トレッキングポールのデメリット

握りしめる持ち手の部分がコルクです、現在のところは綺麗ですが、口コミで多く見かけたのは「汚れやすい」との指摘です。まだまだ綺麗に使えていますが、確かに黒ずんでいきそうな感触はしますので、それが気になる人にはマイナスポイントかもしれません。

また、私は初めて使うのでカッコいいという印象を持ちましたが、有名メーカーと比較するとデザインはかなりシンプルです。

DABADAのロゴもしっかり入っていますので、それが気にならないひとには最高ですが、気になる人には最悪かもしれないですね。機能的には十分です。

ダバダ トレッキングポールの総合評価

まずは一言、「買ってよかった」と思います、3千円という価格でこれだけの機能が付いていて軽量化もされているというのは驚きました。yahooショッピングでランキング1位を取っているのも納得でした。

実はAmazonでも1位を取っていることを購入してから気づきました、どっちから先に人気が出たのかはわかりませんが、売れていることは認められている証拠なのだと思います。

登山経験が豊富な人は様々シチュエーションが思いつくと思うので、もしかしたら更に軽いものや機能を求めるのかもしれませんが、僕のような使ったことのない人には十分な満足を持てるトレッキングポールでした。

ダバダ トレッキングポール

ダバダ トレッキングポールの口コミ・評判は?

ダバダ トレッキングポールのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • コルクグリップなのでムレにくく滑りにくい。
  • コスパが良いです。軽くて丈夫でSDマーク入りで信頼できる。
  • 有名メーカーのものもありますが、こちらも遜色なしに使えます。

悪い感想や要望などの口コミ

  • アルミネジを使用しているため強度に不安がある。
  • 耐久性に難あり。
  • 先端が脱落。

SNSの反響は?

インスタでもダバダ トレッキングポールは話題になっているようです。

ダバダ トレッキングポールの購入を考えている人へアドバイス

トレッキングポールを持たずに登山している人も多いと思います、僕もそうでした。このトレッキングポールなら軽いのでザックに引っ掛けておくだけでも良いかもしれません。体の負担の軽減以外にも危険なポイントの安全確認や、蜘蛛の巣除去等、様々な場面で利用価値があるります。

yahooショッピングやAmazonを探索すると、更に安い物がありますが、使えないトレッキングポールは大けがに直結するリスクがありますので、安全が確認されているこのトレッキングポールをお勧めします。

トレッキングポール
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM