【レビュー】iXpand フラッシュドライブ iPhone用の使い方

フラッシュドライブ

サンディスク iXpand フラッシュドライブ 128Gを**間使ってみた『福原美香さん』(30歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

サンディスク iXpand フラッシュドライブ

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

サンディスク(sandisk) iXpand フラッシュドライブ iPhone用 128Gを購入しようと思ったきっかけは?

私は昔からiPhoneユーザーなのですが、2年ほど前にその時使用していたiPhone6が2年契約を終えたので、iPhone8に乗り換えることになりました。その時に利用しているキャリアの方よりiPhone用フラッシュドライブ「iXpand」をご紹介いただきました。

ちょうど使用していたUSBの容量が一杯になってしまっていて、新しいUSBを購入しようと考えていた時でした。

グラフィックデザインを職業としているので、1つ1つのデータがどうしても重たくなりがちで、容量が大きいUSBが必要だったのです。

また、スマホに取り込もうにも何せデータが重たいので、スマホの容量もすぐ一杯になってしまいます。そんな私にとって、スマホでもPCでも両用使いができるUSBは画期的でした。

サンディスク iXpand フラッシュドライブをどのようにして知りましたか?

iPhoneを新しい機種に変更する時に、iPhoneを契約しているキャリア担当の方にデータ容量がどうしてもすぐ一杯になってしまう事をお話したら、「こんなのもありますよ。」と教えていただきました。

通常であれば、PCを使ってiTunesから電話帳移行や写真・動画データをバックアップしなければならないが、iXpandはバックアップ機能が付いているので、わざわざPCを起動する必要がなく、iPhoneからiPhoneへ差し替えるだけで簡単にバックアップする事が可能なのです。

これはまさに私が欲しい商品だと思い、購入に至りました。

フラッシュドライブを買う際に重要視したポイントとは?

フラッシュドライブを購入するに当たって特に重要視したのは、「容量」が大きい事です。

前述でお話したように、職業がグラフィックデザイナーなので、1つのファイルで100MBを越える事もざらにあります。そのため、出来るだけ容量が大きい商品が欲しいと思っていました。

購入に迷ったフラッシュドライブは?

購入に迷ったフラッシュドライブは以下の商品です。

トランセンド JetFlash 810 TS128GJF810

バッファロー RUF3-K128GB-BK

iPhoneを買い換える前までは、それまで使用していたのがバッファローのUSBでしたので、また同じ商品を購入しようかと考えていました。容量が128GBと大きいので、重たいデータを持ち運ぶのにとても良かったです。それと同時に、知人よりトランセンドのUSBは壊れにくく、データも固まりにくいから良いよとおすすめされていたので、悩んでいました。

しかし、この2つの商品はサンディスクのiXpandと違って当たり前ですがUSBとしての機能しかありません。iPhoneとPCと両方使いしたい私にとって、iXpandをご紹介いただいた時にiXpand以外の選択肢はもはやありませんでした。

容量も128GBと十分であり、iPhoneのコネクターが付いていてバックアップも可能、USBとしての機能も果たしている。これ以上の商品はありません。

サンディスク iXpand フラッシュドライブの特徴、性能

容量
128 GB
インターフェース
USB 2.0
コネクタ
USB-A
Lightning
互換性
LightningコネクタとiOS9.0以降を備えたiPhoneおよびiPad​
※ iPhone 11, iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Max、iPad(第7世代)ならびにiOS 13.2、iPad OS 13.2については、サンディスクの社内テストにて動作確認済みです。​​
サイズ(LxWxH)
64.17mm x 36.78mm x 11.8mm

iPhoneへ繋ぐコネクターが付いている

→USBは通常パソコンにしか繋ぐ事が出来ませんが、iXpandはiPhoneへ繋ぐコネクターが付いているため、PCとiPhoneと両用使いする事が可能です。また、PCデータをiPhoneへ移す事なくiXpandを通じて見る事が出来るので、iPhoneの容量を節約する事が出来ます。

iPhoneのバックアップが簡単に出来る

今まではPCを使用してiTunesをダウンロードしてバックアップを作成するか、iCloudを使用してバックアップをするかの2択しかありませんでした。

どちらも手間と時間が掛かるため、とても面倒な作業でした。しかし、サンディスクのiXpandを使用すれば、iPhoneに直接差し込むだけで電話帳・メモ帳・写真・動画のバックアップをする事が可能です。

サンディスク iXpand フラッシュドライブのメリット

iXpandを購入してから2年ほど経ちますが、写真・動画などのバックアップがとても楽になりました。いちいちPCを立ち上げる手間がないので、思いついた時に電車やカフェなど何処でも出来るので大変助かっています。

iXpandを起動させるにはアプリが必要なのですが、もちろん無料ですぐにインストールできます。インストールしたらiXpandをiPhoneへ差し込み、通信していいか確認通知がありますので、これを「許可」すればアプリが起動し、iXpandを使えるようになります。

バックアップ手順もとても簡単で、画面上左上の選択肢より「カメラのバックアップ」を選択し、「自動バックアップ」にチェックし、バックアップを開始するだけです。

初回に全てバックアップを終えたら、次回からは新しいファイルのみを自動で認識してくれるのが嬉しい機能です。

写真・動画・電話帳など重要項目以外にも、SNSやカレンダーなどもバックアップする事が出来るので、PCよりもデータ保存に関しては扱いやすいと思っています。

サンディスク iXpand フラッシュドライブのデメリット

デメリットとしては、横幅があると言う所です。

通常のUSBであれば、差し込む部分の大きさに合わせた横幅となっているのがほとんどです。しかし、iXpandの場合は横幅が約3.5cmあるので、両側に他のプラグを接続する事が出来なくなります。

例えば、私が使用しているMacBookAirはUSBを繋ぐ箇所が2箇所ありますが、その内PCから向かい合って左側には右にイヤホンプラグを、左に電源プラグを、そして真ん中にUSBを差し込む箇所があります。

たまに外付けテンキーを使用するのですが、右利きなので、右手にくるように接続を行います。その時にUSBを使用していると電源とイヤホンを使う事が出来ません。これが結構不便に感じます。

私の場合は2箇所あるのでまだ良いのですが、1箇所しかUSBを差し込む箇所が無いPCをお持ちの方はかなり使いにくいと思います。

隣り合わせて電源などのプラグ差し込みがあると電源を繋げたままiXpandを使う事が出来無いのです。なので、USBコネクトがPCの左右2箇所にあるPCで使うのが良いでしょう。

サンディスク iXpand フラッシュドライブの総合評価

総合評価としては、購入して大正解でした。

お値段が購入時は1万円ほどで、それまで使用していたUSBと比べたら5千円以上高かったのでかなり迷いましたが、買っておいて本当に良かったです。

仕事ではPCからiPhoneへのデータ移行・閲覧が楽になり、プライベートではiPhoneのバックアップが楽になりました。

いずれもiPhoneの容量を気にしなくて済むというのが嬉しいです。今までのUSBはアダプターが無ければiPhoneへ繋ぐ事が出来ませんでした。

アダプターは細かいので、鞄の中でも紛失肢がちですが、iXpandはアダプターが一部となって付いているので、無くす心配はありません。HDDみたいにやたら大きくなく、スーツのポケットにも気軽に入れられるサイズなので、ちょっとデータが必要だけど荷物にしたくない時に楽に持ち運べます。

また、スマホはiPhone専用ですが、USBなのでPCはMacBookでもWindowsでも使用出来ます。そのため、MicrosoftOfficeのExcelやWordなどのデータも持ち運び可能です。iPhoneに予めそれらのアプリをインストールしておけばiPhone上で開けるので、データ確認だけではなく編集まで出来てしまいます。

素晴らしい機能を持った商品です。

サンディスク iXpand フラッシュドライブ

サンディスク iXpand フラッシュドライブの口コミ・評判は?

サンディスク iXpand フラッシュドライブのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • iPhoneの写真がいっぱいになるので、こちらを利用しています。かなり使い勝手いいですよ。
  • 使い方がとても簡単。保存したデータも管理しやすい。もう一つ買いました。
  • 価格が安いし、とても良い。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 時間がかかる。
  • バージョンアップがパソコンがないとできない。
  • 結構操作が難しい。

SNSの反響は?

Twitterの評判

サンディスク iXpand フラッシュドライブの購入を考えている人へアドバイス

PCを使ったバックアップが苦手な方や、元々PCを持っていない人に最適だと思います。iPhoneを使用したいけど、バックアップがiTunesやiCloudだったので諦めていた方、朗報です。iXpandを購入すれば簡単にバックアップ出来ます。

また、私のように職業デザイナーとしている方にもオススメします。先方との打ち合わせの時に、わざわざ大きいPCを持って行くの大変ですよね。だからといって、iPhoneやiPadに移したら容量が重たいのでデータ入れたくない。そんな時は、iXpandを使用すればiPhoneの容量を使用せずにデータ確認が可能です。小さいので持ち運びも楽々です。

さらに、一眼レフをお持ちの方も写真1つで3MBを越えてしまったり、データが重たくなりがちだと思います。そんな方にも、iXpandをオススメします。128GBも容量がありますので、単純計算で4万枚以上保存可能になります。

写真類をクラウドに保存されている方も多いと思いますが、iXpandがあればネット環境が悪い場所でもサクサク確認出来るので、本当に優れものです。

フラッシュドライブ
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM