【レビュー】ティファール クックフォーミーは時短で便利♪

電気圧力鍋

ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス CY8511JPを5ヶ月ほど使ってみた『さくらんぼさん』(38歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス CY8511JP

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
  1. ティファール(T-fal) マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス 6.0L CY8511JPを購入しようと思ったきっかけは?
  2. ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス CY8511JPをどのようにして知りましたか?
  3. 電気圧力鍋を買う際に重要視したポイントとは?
    1. 1.自動メニューが充実していること
    2. 2.デザイン
    3. 3.手入れのしやすさ
    4. 4.メーカー
  4. 購入に迷った電気圧力鍋は?
  5. ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス CY8511JPの特徴、性能
  6. ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス CY8511JPのメリット
    1. 自動調理がすっっごく便利!
    2. 自動調理だけじゃない!マニュアル調理も簡単
    3. 素材の味を生かせる
    4. 料理をほとんどしない夫でも簡単調理!
  7. ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス CY8511JPのデメリット
    1. お手入れについて
    2. 自動メニューをどの程度重要視するか
    3. 操作パネルについて
    4. レシピ集
    5. 消費電力
  8. ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス CY8511JPの総合評価
  9. ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス CY8511JPの口コミ・評判は?
    1. 良い感想や効果があった口コミ
    2. 悪い感想や要望などの口コミ
    3. SNSの反響は?
  10. ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス CY8511JPの購入を考えている人へアドバイス

ティファール(T-fal) マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス 6.0L CY8511JPを購入しようと思ったきっかけは?

ズバリ、家事を時短化・効率化したかったからです。

我が家には1歳の子供がおります。子供がちょうど1歳になった頃保育園が決まり、私は育児休業を終了し職場に復帰することになりました。

ただでさえ育児だけでもいっぱいっぱいだったのですが、正社員で仕事に復帰したら時間に追われることは想像に難くありませんでした。

そこで目を付けたのが「手放しで家事ができる家電」。

掃除機・洗濯機・オーブンレンジ・・・買い替えれば便利になる家電はいくらでもありますが、我が家では洗濯機と電気圧力鍋をピックアップしました。家事の中で最も時間を割いていた部分の洗濯と調理を時短化する為です。

かつて私は圧力鍋を持っていたのですがなかなか使う機会がありませんでした。なんとなく怖い・・・という理由とパーツを洗うのが面倒だという理由です。

しかし以前小耳に挟んだことのあった電気圧力鍋。初めて聞いたときにはそこまで興味を持ちませんでしたが、ちょっと気になり始めて調べ始めました。

すると、短時間で調理できるだけではなく安心・安全・お手入れも楽そう!それに何より美味しい食事ができる!買わない選択肢はありませんでした。

ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス CY8511JPをどのようにして知りましたか?

友人からの口コミです。

友人が同様の商品を使い始めてとても便利だし何より美味しいと言っていました。そもそも普通の圧力鍋もあまり使っていなかったので、どちらかというと印象に残る商品ではありましたがすぐに購入を検討するほどの衝動はありませんでした。

しかし日が経つうちに徐々に気になり始めて…

ネットで色々調べると同時に、電気屋さんに行ってサイズ感の確認をし始めました。

電気圧力鍋を買う際に重要視したポイントとは?

私が電気圧力鍋を購入しようと思ったときに重要視したのは以下の4つです。

1.自動メニューが充実していること

目的は調理の時短化でした。材料を入れてスイッチオンで数分後に料理が出来上がるというのは、機械のサイズや消費電力云々よりも最優先項目でした。

2.デザイン

キッチンがホワイト系なので見た目をすっきりさせる為、ホワイト系にこだわりました。

3.手入れのしやすさ

お手入れは毎日の作業となる為、できるだけパーツが少ないものを希望しました。

4.メーカー

個人的に好きなメーカーもありましたし、圧力鍋だから鍋のメーカーが良いかな?という思いもありました。

購入に迷った電気圧力鍋は?

購入に迷った電気圧力鍋は以下の商品です。

シロカ SP-4D151

パナソニック SR-MP300

ティファール Cook4me CY7011JP

好きなデザインの商品、好きなメーカーの商品、友人の口コミ商品をピックアップしました。

また都合により2日分の食事をまとめて作ることもありますので、選び方の基本は家族の人数+1Lと言われていますが、我が家では3人+1L+αの容量であることもある程度比較対象となりました。

最終的には友人からの口コミが決定打になりました。

「自動メニューであれこれ作ったけれどどれも美味しい!仕事から帰宅して30分後にはもう食事が始められるくらい簡単!」

どの商品にもメリットがありとても迷いました。時間に追われていると毎日のメニューが画一的になってしまいがちなので、やはり最終的にも自動メニューが充実していることを重要視しました。それにより

  1. 毎日の食卓に華やかさが増すこと。
  2. 自動メニューを使うことによってあいた時間を家族との食事、団らんの時間にあてること。

この2つの効果に期待し、今の商品に決めました。

ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス CY8511JPの特徴、性能

製品サイズ :380x350x325(mm)
満水容量  :6.0L
製品重量  :6.5kg
最大圧力  :70kPa(一定)
定格消費電力:1200W
電源    :100V 50-60Hz
コード長さ :1.5m
付属品   :蒸しかご・炊飯用計量カップ・クイックスタートガイド

自動調理メニューが150種類搭載されています。

詳しいレシピはレシピサイトで見れます。

そのメニューの中には材料を入れてただスイッチを入れるという1アクションのものはもちろん、管理画面の指示に従って炒める→煮るのように2アクション以上の手間を要するものもあります。

そして、自動メニューに頼らないマニュアルメニューも充実しています。

圧力だけではなく、弱火~強火の調理や保温等、普通の鍋としても使えます。

我が家は3人家族であまり大きな鍋を持っていないので、いざという時にはこの大きいお鍋が役に立ちます!

操作はまとめて操作パネルで行います。

くるくる回るダイヤルで工程やメニューを選択したら中央のOKボタンを押します。また、ひとつ前の画面に戻りたいときはリターンボタンもありますので感覚的に操作はしやすいと思います。

またこちらの商品は消費電力1200Wと、電気圧力鍋によくあるタイプの700~800Wのものより大きめとなっています。

IHクッキングヒーターで例えると強火と中火の間くらいの消費電力といったところでしょうか。例えば月に20日、毎回30分フルパワーで使ったとして、800Wの消費電力のものと比べて100円ちょっとの差額です(電気料金単価1kWhあたり27円として)。

ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス CY8511JPのメリット

使い始めて5ケ月ほど経ちました。およそ2日に1度くらい使用しています。今では我が家に無くてはならない家電となりました。

私が感じているメリットは次のとおりです。

自動調理がすっっごく便利!

こちらの商品には150ものレシピが内蔵されています。前菜・メインディッシュ・デザートと分類されていますが、我が家ではメインディッシュの豚肉や鶏肉を使った料理をよく作ります。

中心まで火が通り柔らかく仕上がるので手羽先や手羽元も以前より多様するようになりました。子供がいるので味付けはレシピより若干薄めにしていますがそれでもとっても美味しいです。

参考までに、自動メニューで作った豚バラ白菜のミルフィーユを作りました。作業工程は次の通りです。(画像010~028)

↑豚バラ白菜のミルフィーユを作ります。

↑豚バラ白菜のミルフィーユを選択します。

↑4人分を選択します。

↑完成時間の目安が表示されます。

↑下準備が表示されます。

↑蓋をあけて画面に表示された順番で材料を入れていきます。

↑「豚バラ白菜のミルフィーユ」のレシピを開始していきます。

↑「肉をはさんだ白菜を5cmに切って切り口を上にして並べる」という表示通りに作業をしていきます。

↑「ガラスープの素をふり、酒、水を加える」と表示されてるので、その通りします。

↑このように準備しました。

↑蓋をしめて調理を開始していきます。

↑余熱が開始されました。

↑調理中です。

↑ほったらかしでしばし待っていると、できました。

↑できてます!

↑取り出します。

↑美味しそうです。(^^)

自動調理だけじゃない!マニュアル調理も簡単

参考までに、レシピ集には「素材別加圧時間早見表」も付いています。肉・魚・野菜などの加圧目安時間がこれを見ることで一目瞭然です。素材を茹でる・蒸すの他、冬は肉まんを蒸したりもします。

また興味本位でインスタントラーメンを作ってみたところ、麺がもちもちで美味しくなりました。蒸しかごも付属しているのでとても重宝しています。

以前持っていた圧力鍋はお蔵入り状態でしたが、こちらの商品は操作も簡単ですし、以前は怖かった圧力をかけるタイミングなども自動で行ってくれるので安心して使えます。

素材の味を生かせる

ブロッコリーなどの温野菜を茹でずに蒸すという調理法で、栄養価を食材に閉じ込めることが出来ているのかとても美味しく仕上がるようになりました。これまであまり食べなかった温野菜サラダを作ることが増えました。時短かつ美味しい、とても最高です!

料理をほとんどしない夫でも簡単調理!

我が家では食事をつくるのは私の仕事です。ですが私が残業をしたり、風邪で寝込んでしまったときにこの商品が威力を発揮しました。夫に食材と加圧時間を伝えてスイッチオンしてもらうと簡単に一品出来てしまうのです。

ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス CY8511JPのデメリット

お手入れについて

実際に設置してみたらかなり大きかったです。お鍋の容量が6リットルサイズなので、使うのには便利なのですが洗うのがちょっと大変です。また、パーツの多くは取り外して洗えるので清潔ですが、食洗器で洗えるものはわずかです。

自動メニューをどの程度重要視するか

購入前にこだわっていた「自動メニューの充実」という点では、結果的に便利ですしとても重宝している機能です。しかし慣れてくると自動メニューよりマニュアル調理を使うことが増えてきました。

同じくティファールには60レシピ内蔵のタイプもありますのでそちらで十分だった可能性があります。150レシピの中でも使うレシピ使わないレシピが出てくるので、予め見極めて購入すべきでした。

操作パネルについて

自動メニュー選択の際に「前菜」「メインディッシュ」「デザート」「時短レシピ」から枝分かれしてメニューを選択していくのですが

そもそも150レシピも搭載されているので小さい画面の中で希望のレシピを探すのが少し大変です。

操作ボタンが少ないことで操作しやすい点もありますし見た目もすっきりして良いのですが、このメニュー選択に関しては食材別に選択できるようにするとか、別添のレシピ集とうまくリンクさせるとか、何か改善の余地がありそうな気がします。個人的にはあと1~2個くらいはボタンを増やしてもよさそうかな…と思うところです。

レシピ集

レシピ集が付いていますが、内容は各メニューのおおよその所要時間、2人分・4人分・6人分の材料の分量のみです。

メニューの中には炒めてから圧力をかけるとか、下準備が必要なものがあります。通常私は料理を作るときにはレシピをざっと見て、加熱と下準備を並行して行ったりしますので、レシピ集に簡単な工程表が付いていると調理の流れを把握できてさらに使いやすくなりそうです。ただし、ネットには材料および工程表ものっていますのでそちらを見ればよいのですが。

消費電力

こちらは大した問題ではない…と思いたいのですが、この商品の消費電力は1200W、我が家ではIHクッキングヒーターと圧力IH炊飯器と電子レンジ、そしてエアコンをも同時使用することがあるのですが、その消費電力に対して我が家の電気契約は40Aとなっています。

油断しているとブレーカーが落ちてしまうこともあります。商品の残念ポイントではなく我が家の設備の問題なのですが、なるべく消費電力の小さいものを選択するという選択肢もあったかなと思っています。

ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス CY8511JPの総合評価

最近我が家で購入した家電の中でもトップを争う利便性です。

使い始めて生活がどのように変わったのか、また当初の目的だった時短化は果たせたのか。

まず、生活はがらりととはいかないですが、変化はありました。例えば前夜や当日の朝に食材を切ったり量ったりしておき、夕方帰宅したら材料を入れてスイッチオン!手をかけずに一品出来てしまうのは、目が離せない子供がいる我が家にとっては本当に助かります。

また、これまであまり作らなかったメニューも自動調理メニューを使って作るようになりました。圧力鍋=食材を柔らかくしてくれるという認識をしていましたが、自動調理機能が期待以上だったからです。あまりに美味しくできるので、2日分作ったのに1日で食べ終わってしまうなんてこともよくあります。

また150のレシピのうち前菜、メインディッシュ、デザートと様々なジャンルのものを選べるので飽きずに調理ができますし、毎回出来上がってふたを開けるのが楽しみです。

そして調理時間は当初の目的通り短縮することが出来ました。食卓に上がるおかずの種類を増やしたい私にとっては、一品をこのクックフォーミーエクスプレスにお任せして、その合間を見て他の調理に取り掛かれます。

忙しい毎日の中で、家電にお任せするところはお任せして、子供との時間を捻出する。結果的に、購入して大満足でした!

現在我が家ではIHクッキングヒーターと圧力IH炊飯器を使用していますので、この電気圧力鍋と並べて白いご飯の炊き加減や光熱費について検証したいと思っています。

ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス CY8511JP

ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス CY8511JPの口コミ・評判は?

ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス CY8511JPのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 予想よりも大きいです。スタートしたら完成までほったらかしがとても楽。
  • 本体のパネルが見やすく、これで完結できるので便利。
  • 忙しい主婦にはとても便利。しかもあr字が美味しい。

悪い感想や要望などの口コミ

  • レシピによってほったらかしでとはいかないものも多い。
  • 余熱に予想以上に時間がかかる
  • レシピの味付けが自分と合ってない。

SNSの反響は?

インスタでもティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレスは話題になっているようです。

この投稿をInstagramで見る

ayako kawanishi(@a.kawanishi.2016.11.22)がシェアした投稿

クックフォーミーで塩肉じゃが

この投稿をInstagramで見る

RYOKO(@nimonimo.mama)がシェアした投稿

しみしみおでん

この投稿をInstagramで見る

半額おばちゃん(@hangakuobachan42)がシェアした投稿

クックフォーミーエクスプレスでチーズケーキ

ティファール マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス CY8511JPの購入を考えている人へアドバイス

電気圧力鍋全般に言えるのですが、とにかく時短を目指す方、普通の圧力鍋を使うのに抵抗がある方、料理が苦手だけどお家で美味しいお肉を食べたい方、設置スペースさえあれば本当におすすめします。

料理の腕が無くても、時間をかけなくても、この電気圧力鍋を使えば安いお肉でもとっても柔らかくて美味しいメインディッシュになります。現在はティファールのクックフォーミー エクスプレス CY8521JPというのが発売されており、こちらですと210種類の自動調理メニューが搭載されているようですので、レパートリーを充実させたい方にはより満足できるのではないかと思います。

そして残念ながらサイズが大きいため(幅380×奥行350×高さ325mm)広めの設置スペースが必要になります。また、蒸気が真上に上がるので上部が開放的な場所であるか、換気ユニット付きのシステムキッチンなどに設置した方が良いでしょう。

電気圧力鍋
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM