遠赤外線脚温器 ぽかぽか足Hotの口コミ・レビュー|自宅で足湯! フットバスよりも簡単な足温器はこれ

足先温めグッズ

遠赤外線脚温器 ぽかぽか足Hotを2年ほど使ってみた『まこっぺさん』(47歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

SIS 遠赤外線脚温器 ぽかぽか足Hot ZL-001Sを購入しようと思ったきっかけは?

以前は、檜打たせ湯という加温式フットバスというのを使っていました。

加温式フットバス

ですが、水の出し入れが面倒(入れるのはやかんとかで入れればいいのですが、捨てるときにお風呂場まで運ぶ必要がある)&温まるのに時間がかかる(15分くらいかかる)&掃除が大変(足ツボ部分の凹凸に赤カビがつくので、歯ブラシでこすって手入れしていた)&同じお湯を誰かと共有するのは不潔…などの理由でイヤになり、ほかに何かいいのがないかな、と思っていました。

遠赤外線脚温器 ぽかぽか足Hot

遠赤外線脚温器 ぽかぽか足Hotをどのようにして知りましたか?

楽天とAmazonで、『足湯』『フットバス』『不要』『水』『かんたん』などのワードで検索したら、両ショップにこれがありました。

足先あたためグッズを買う際に重要視したポイントとは?

私が足先あたためグッズを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

1. 使いやすさ

水を使わないこと、お手入れが簡単なこと、腰に負担がかからないこと(腰痛持ちのため)、清潔に使えること、これらすべての条件を満たしていました。

2.その他

レビューに、すぐ暖かくなるとあったので、これはいい、と思いました。

3. 機能

温度がある程度上がると、自動的にoffになるので、過剰に熱くならず、万が一の消し忘れ時も安心かな、と思いました。

購入に迷った足先あたためグッズは?

購入に迷った足先あたためグッズは以下の商品です。

ぽかぽか足湯 DX AY-2022N

ぽかぽか足湯 DX AY-2022Nとどちらにしようか迷いました。ぽかぽか足ホットにはない手元で操作できるタイマーやマッサージ効果機能がついていました。

DXのほうは、縦長なので温まる面積が広く(ふくらはぎまで温まりそうな長さ)、マッサージ機能がついていたのでよさそうだったのですが、値段が数千円高く、予算外でした。

その他、縦長であるため、足の出し入れがしづらいとレビューにあったこと(ダイニングテーブルの下に常備しておいて食事のときにも使いたいと思っていたので、出し入れのときにテーブルに足があたったりするかもしれないと思いました)や、あまりゴテゴテした大げさなものはいらない、と思ったこと、を総合的に判断して、足ホットのほうを選びました。

遠赤外線脚温器 ぽかぽか足Hotの特徴、性能

商品サイズ(cm):幅約39x奥行約34.5x高さ約25
重量(約):4kg
消費電力:110W
材質:天然木、電気感熱遠赤外線フィルム
18~65℃までの温度設定
温度/時間デジタル表示パネル
タイマー付き

スイッチを入れると自動的+に60分タイマーがセットされ、だんだん上昇していく温度が表示されます。

ポイントはやはり水が要らないところです。足を温めたいけど、水を入れなきゃいけない…と思ったり、使った後に水を出して洗わなきゃいけない…などと思うのがストレスでした。

でもこれは、温めたいと思ったらただスイッチをONにするだけでOK。

洗ったりもしなくていい。レビューにあった通り、本当に数分でかなり暖かくなるので、家事(特にお風呂掃除)のあと足が冷たくなったときは特に重宝しています。

また、外出先から帰ってきたときも、真っ先にこれに足を突っ込めば、ぱぁっとすぐ温まるので快適この上ないです。ある程度温度が上がりきると自動的にピッピッと音が鳴りOFFになりますので万が一の消し忘れにも対応しているとこも気に入っています。

遠赤外線脚温器 ぽかぽか足Hotのメリット

使い始めて2年目になりますが、もしかしたらこれまでわたしが購入した電化製品のなかで一番アタリ!だったんじゃないか、というくらいのシロモノです。

檜打たせ湯のように重たい水入りの足湯器を持つ必要がなく、掃除も特に要りません。ボタンを押すだけでOKです。

腰痛持ちのため、正座やこたつに入る姿勢がきついため、日常的に座っている椅子で、気軽に足が温められるものを探していたので、これはドンピシャでした。

腰痛持ちの方ならわかるかもしれませんが、座る際の椅子の高さと自分の足がつく床までの高さというのが、けっこう大事なポイントになってきます。

もし、お持ちの椅子に対して床からの高さが足りない場合は(もう少し足ホットの高さが高ければいいのに、と思ったら)写真のような小さな平たい台車を購入してその上に足ホットを置きます。

私は足ホットを楽に移動させて掃除機をかけれるようにもしたかったので、足ホットと台車を同時購入しました。。

台車は比較的安いのがネットで買えます。以前の足湯とは違い、使う度に労力を使わないし、いつまでも清潔に使え、その違いは月とスッポンの差があります。

遠赤外線脚温器 ぽかぽか足Hotのデメリット

レビューにも数件あったのですが、足を入れる袋状のフリース生地のカバーのマジックテープがすぐ剥がれます。

しかし、もしその布が剥がれても十分暖かいから問題はないともレビューにあったので、思い切って買ったのですが、その通りでした。

確かに、足を出し入れする際にバリバリッとすぐ外れます。いちいち張り直すのが面倒なので、上半分だけマジックテープをつけたままにして、下の方はいつも外して、カーテン状にしてかぶせる感じで使っていますが、問題なく十分温まります。

遠赤外線脚温器 ぽかぽか足Hotの総合評価

水不要でまるで足湯さながらの性能、これはコスパともに十分満足しています。子供たちも入りたいと言えば、なんだったらダイニングで隣同士で(少しギュウギュウですが…)足を入れ合ったりもしています。

水を使う足湯のようにタオルが必要だったり、床が濡れたりすることがないのも助かります。

遠赤外線脚温器 ぽかぽか足Hotの口コミ・評判は?

遠赤外線脚温器 ぽかぽか足Hotのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • これはいいですね。一人用のコタツというか、一人用の足湯のような感じです。これを寝る前にすると睡眠の質が上がりますよ。
  • 足湯をしている人はこれにすると格段に効率が上がります。とても楽で足湯の効果もばっちりです。
  • 足先を温めると全身が温まりますね。重宝します。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 思った以上に大きいので邪魔になります。
  • 脚入れの布がすぐに外れます。
  • 温まるまでに時間がかかります。

SNSの反響は?

インスタでも遠赤外線脚温器 ぽかぽか足Hotは話題になっているようです。

磯俣周作さん(@shusaku.isomata)がシェアした投稿

足元暖かくすると全身暖かくなる。

夏色さん(@nat5u1r0)がシェアした投稿

足が冷える時はこの脚温器で温まります!すぐ眠くなっちゃうけどzzzz

さきえさん(@sakie_emi)がシェアした投稿

水のいらないフットバス。その名も#ぽかぽか足hot

遠赤外線脚温器 ぽかぽか足Hotの購入を考えている人へアドバイス

正座や地べたに座るより、椅子のほうが楽、という方(腰痛持ちの方など)に是非おすすめしたいです。足先の冷えから腰痛を起こすことが多々あるので、足を冷やさないことは非常に大切です。

しかし、やっぱりお湯でブクブクしないと足湯した気がしない、という方やアロマをお湯に入れて楽しみたいという方には不向きだと思います。ただ、手間一切ナシで足が気軽に温められたらそれでいい、という方に向いていると思います。

足先暖房グッズの各種ランキング記事はこちら

▼冷え性対策!一人用ミニホットマットおすすめ★オフィスや自宅で手軽に活用◎

オフィス仕事に重宝する!1人用のホットマットのおすすめ10選
寒い冬、オフィスでも暖房は入っているはずなのに自分の席では下半身の冷えを感じたりしていませんか。 自宅でソファに座っていて暖房をつけているのに足元が寒いと感じるときに厚めの靴下を履いてしのいだりする方も少なくないでしょう。 女性...

▼【2018年最新版】おすすめセラミックファンヒーター10選♪選び方のポイントも解説

セラミックファンヒーター おすすめ10選♪選び方も!足元コンパクト!
2020年になりました。今年は雪が少ないといえども、まだまだ暖房器具は必須アイテムです。 今回、冬におすすめのセラミックファンヒーターのおすすめ10商品を紹介していきます。暖房選びに悩んでいる人はぜひ参考にしてくださいね♪ セラミッ...
足先温めグッズ
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM