【レビュー】違いがわかる!みりん 味の一 味の母が万能すぎる!

調味料

味の一味の母を3年近く愛用している『佐藤恵理子さん』(女性/34歳)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

味の一味の母

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

味の一 味の母を購入しようと思ったきっかけは?

家族のために日々せっせと料理を作る主婦の私。日々使用する食材や調味料は、シンプルなものを使いたいと思っています。

とはいえ、こだわりすぎるとスーパーやコンビニでは、買い物ができないですし、外食だってできません。また、ジャンクフードだって大好きです。

私のとって食は生活の重要な一部なので、我慢は一切しません。だからこそ普段の食事は自分のできる範囲で、家族の趣向も考慮しながら気を付けているという感じです。

当初我が家は、三河みりんを使用していました。

角谷文治郎商店 三州三河みりん

こちらは私が尊敬する料理研究家さんが、昔から愛用しているみりんです。味も良く、風味も良く、無駄なものが一切配合されていない三河みりんですが、一点問題がありました。

それは、とにかく値段が高すぎること。もうちょっと安くて、いい味醂がないものか…と探した際に出会ったのが味の母でした。

味の一 味の母をどのようにして知りましたか?

始めて味の母に出会ったのは地元の自然食・オーガニック食材を扱う小さな商店でした。まず発酵調味料という響きに「これは何?」と興味を持ったのです。原材料も米・米麹・食塩と、とてもシンプルなもの。

しかし、その商店には720mlしか取り扱いがなかったため、その場では購入せずに帰宅してから早速色々調べてみました。私が魅力を感じたのは以下の3点です。

料理酒とみりんの二役を担う調味料であること、長期熟成品であることから常温で長期保存が可能なこと、煮物等にはもちろん他の料理にも活用することで様々な料理にまろやかさを加えることができること。

中でも特に魅力を感じたのは、料理酒とみりんの二役を担う点です。どちらかというと、ズボラな性格な私。「味の母1本あれば、料理酒を使う必要なくて楽!」と思い、まずは一番小さな300mlで購入しました。

味の一醸造 味の母 300ml

みりんを買う際に重要視したポイントとは?

私がみりんを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

1.原材料

まず、原材料です。みりんを語るうえで外せない、味醂と味醂風調味料や味醂タイプと呼ばれている物の違いですが、これらは原材料と製造方法で違いが出てきます。味醂の中でも、もちろんごくシンプルな原材料で製造されているものも存在します。

しかし、防腐剤やその他の食品添加物が多く含まれていることがあり、本味醂という名がついていても食品添加物が含まれている場合もあるのです。それらをふまえて、この味の母の原材料を見ると、米・米麹・食塩ととてもシンプルです。

2.価格

次に価格です。シンプルな原材料でのみ製造された、上質な味醂はどうしても値が張ります。1.8mlで1本2000円以上はするでしょう。しかしこの味の母は、それらと比較するとリーズナブルです。

1.8mlでも1800円程度。少しの価格差ではありますが、日常的に使用する調味料だからこそ。この価格差も重要だと思います。

3.口コミ

最後に実際の味や使用感です。これらは購入前には確認しようがないため、口コミやブログ、SNSを参考にしました。

どうしても地域や家庭で、味の好みは分かれるところはありますが、全体的に味の母に対する評価は高いと判断。これら3点を重視し、購入に至りました。

購入に迷ったみりんとの違いは?

購入に迷ったみりんは以下の商品です。

福来純「伝統製法」熟成本みりん

比較検討として迷ったのは、本当にシンプルかつ上質な原材料で作られた味醂たちです。そもそも味の母は、発酵調味料ということで味醂ではありません。

その上で比較したのが、4つ。まず利便性。まずこれらの味醂は、近くのスーパーには置いていません。そのため通販を利用して購入することになります。

その点においては、味の母も同じでした。このような上質な調味料には需要がないのでしょうか。いつも残念に思います。

次に原材料です。上記の味醂は米、米麹、米焼酎、それに対し味の母は米、米麹、食塩。どちらも国産のものが使用されています。

また価格についてですが、これは味の母の方が安価でした。また味の母は料理酒の役割も担うという点で、よりコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

最後に味ですが、味醂としての味を考えると、やはり三河みりんの方が美味しいかもしれません。しかし実際にこの点に関しては好みの問題でしょう。

私自身、味の母より先に購入したのが三河みりんであり、その時の感動が忘れられないという点もあるのかもしれません。とはいえ、この味の母の魅力は酒と味醂の2役を担うということ。

ミニマル志向な私には、味の母の方が合っていると思います。

味の一 味の母の特徴

名称 発酵調味料
■原材料名 米・米麹・食塩
■保存方法
直射日光を避けて常温で保存してください。

■賞味期限
製造から1年
※実際にお届けする商品の賞味期間は、在庫状況により短くなりますので何卒ご了承ください。

■主成分
アルコール分10%、エキス分45%、塩分2%

■使用上のご注意 ・本品は酒税法上の酒類ではありません。
・開封後はお早めにお召し上がりください。
■製造者 味の一醸造株式会社

みりんの旨味とお酒の風味を併せ持った発酵調味料です。原材料は米と米麹、そして日本酒の素となる「もろみ」に塩を加え醸造したものです。

長期熟成品として品質が安定しているため、常温で長期保存が可能です。また熱に強い主成分を多く含み、日本酒との併用がなくても素材の味を存分に生かし、料理に旨味や風味、照りを出します。

みりんと酒に両方の役割を担っているため、「みりん・酒 各大匙1」というようなレシピの場合には、「味の母 大匙1」というようにして活用できます。

保存料・着色料・防腐剤不使用で、外部検査機関での放射能検査持も徹底して行われている体に優しい調味料。

原材料の米と米麹は、もちろん国産品を使用しています。味の母自体にまろやかな甘さがあるので、日々の料理の砂糖を減らしたい方にもおすすめです。

味の一 味の母のメリット

使い始めてもう3年近く経ちます。味の母は和洋食様々な料理活用でき、また料理に自然な甘みとコク、深みを出してくれます。

我が家では煮物はもちろん、

チャーハン

やルーを使わないカレー

などにも味の母を入れます。砂糖とは一味違う独特の甘みが、これらの料理にマッチするからです。

味の母を使いだしてから、我が家の砂糖の使用量はかなり減りました。味の母と醤油さえあれば、ほとんどの和食は作れてしまいます。

また、以前は味の母とは別に料理用の清酒も利用していました。しかし今は必要性を感じていないので、2年ほど購入はしていません。

そのため我が家では鶏のから揚げなどの下味も、味の母を使用しています。一般的に味醂は食材を引き締める役割があるため、肉料理に使用すると肉が固くなると言われています。

しかし味の母は発酵調味料なため、肉が固くなるといったことも感じません。総じて、とても利用価値の高い調味料だと日々実感しています。

毎回Amazonで購入しているため、取り扱いがなくなったらどうしようと不安に思うこともあるほどです。

↑液の色味(透明な容器がないため、食器を利用しました)

↑実際に活用しているシーン

味の一 味の母のデメリット

デメリットを1点だけ挙げるとするならば、我が家では現在通販でしか味の母を購入できない点です。

最初に味の母に出会った商店も、現在は味の母の取り扱いは終了してしました。また近所のカルディコーヒーファームで見かけたこともありますが、取扱いサイズは300mlだけ。

そのため、現在我が家はamazonで味の母をまとめて購入しています。重いので通販の方が楽ですし、定期便にして切らさずに購入することもできます。

利用方法によっては、通販でも全く不便を感じない方もいることでしょう。我が家は定期便にはしていませんが、たまに切らしそうになり冷や冷やすることもあります。

また価格に関してですが一般的に流通している味醂風の調味料等と比較すると、若干高価かもしれません。しかしこの点に関しては、酒と味醂の役割を果たす調味料であること、他の余計な調味料を使用しなくても味が決まること等、メリットの方がはるかに勝っているためデメリットと感じていません。

味の母より高価な味醂を使用していたこともありますが、味の母は利用価値の高さからこそトパフォーマンスが本当に高いと思いますよ。

風味がいいので出汁が重要となる湯豆腐等の鍋料理にもガンガン使用します。

味の一 味の母の総合評価

今や我が家には欠かせない調味料であり、ずっと愛用しています。酒と味醂の中間のような不思議な調味料ですが、これを使うと料理の味が確実にワンランクアップします。

通販でしか購入できないため、切らしたことも何回かあります。このような他の調味料を使用した時こそ、この味の母の偉大さを知るのです。まず煮物の味が全然違います。

語彙力乏しく、上手な表現が見つからないのですが、各々の素材をまろやかに中和してくれるという感じです。このように味の母は、料理時に使用する調味料の重要性を実感させてくれます。

他の味醂よりも少し値は張りますが、それ以上に料理に変化をもたらしてくれる調味料。シンプルな材料で身体にも優しいのも、本当に魅力的ですよね。

また和食以外にもガンガン使える万能調味料です。味の母を始めて使用した際には、本当に調味料一つでこんなに味が変わるのかと、びっくりしますよ。

味の一味の母

味の一 味の母の口コミ・評判は?

味の一 味の母のネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 鶏肉にかけてレンジでチンするだけで高級な料理に早変わり。煮物やいろいろ重宝しています。
  • 甘味だけでなく、しっかり旨味があるので、少し入れるだけでも味が変わります。
  • 一回やめてみると良さを実感します。戻って知る存在感。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 酒とみりんを合わせたような味なので、それなら、みりんと酒を入れればいいかなって。
  • みりんというより、みりん風の調味料。
  • 価格が高い。

SNSの反響は?

インスタでも味の一 味の母は話題になっているようです。

この投稿をInstagramで見る

My atelierさん(@atelier.og)がシェアした投稿

少し入れるだけで味に深みが出ます!

この投稿をInstagramで見る

みきネコさん(@takada_mikineco)がシェアした投稿

我が家の豚肉の生姜焼きは、醤油を使わず塩と「味の母」とおろし生姜で味付け。

この投稿をInstagramで見る

Shiga Takeshiさん(@can.aka.ilinqs)がシェアした投稿

ありもの煮物。

味の一 味の母の購入を考えている人へアドバイス

今は健康志向の高まりからか、様々な価格帯で体に優しい調味料が販売されています。その上で重要となるのが、原材料です。私は調味料を購入する際は、面倒でもしっかりと原材料を確認するようにしています。

なぜなら主婦である私は、食事を通して家族の健康をしっかりと管理する役割があるからです。とはいえ、シンプルかつ上質な原材料で作られた調味料は、どうしても値段が張ってしまいがち。

しかし家族の口に入るものだからこそ、そこは譲れないと思っています。また調味料一つで、料理の味はびっくりするほど変わります。

上質な調味料さえあれば、とりわけ上質な食材を使用しなくても日々の料理は簡単に美味しく作ることができるのです。

日々の仕事や家事、さらに育児に追われ、料理が面倒な日は多々あります。でも味の母さえあれば、味は決まるし美味しく作れる。私はこのように味の母に助けられてきました。

料理はいつも目分量ですが、醤油と味の母だけで、他の調味料は使用しなくても味が決まる。これって本当に楽ですよ。

調味料
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM