ベビーチェアベルトのおすすめ10選♪手作りとどちらがお得か徹底検証!

チェアベルト

赤ちゃんが安定して椅子に座れるように、大人用の椅子に取り付けて使うベビーチェアベルトは、ママやパパの救世主。ベビーチェアがないレストランでも、ベビーチェアベルトがあれば安心して食事を楽しむことができます。

また、椅子から勝手に降りてしまうのも防げるので、一人で歩き回れる年齢になっても活躍する便利グッズです。

今回は、手作りの方法や市販品とどちらがお得なのかを比較した上で、おすすめのベビーチェアベルトを紹介します。

スポンサーリンク

ベビーチェアベルトは手作りがおすすめ!?

ベビーチェアベルトは自分で手作りができます。まずは簡単な作り方をみていきましょう。

ベビー用品アドバイザー:アキさん
SNSでも、手作りベビーチェアベルトの投稿を見かけます♪

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Yuko Haga (@yukkescrap) on

材料
  • 布 110×60cmを2種類
  • ベルト 3cm幅のものを1.8m
  • サイドリリースバックル 3cm用×2
作り方
  1. 表地と裏地になる布をそれぞれ裁断する。(型紙が必要な方はネットで検索するとすぐに見つかります♪)
  2. 裁断したものをあわせてミシンで縫う。この時に、ベルトも縫い込む。
  3. バックルを取り付ける。
libloomスタッフ:misa
簡単に作れそうですね!
ベビー用品アドバイザー:アキさん
そうですね。ただ、しっかりと縫い込む必要があるので、普段裁縫をしない方はけっこう時間がかかると思います。実は、手作りのデメリットもあるのでチェックしてみましょう。

手作りのデメリット

  • 強度の心配がある

家庭用のミシンで縫うと、厚めの生地は縫いづらいのでどうしても薄めの生地になりがちです。また、縫い方が十分でない場合もあります。

  • 安全性が低い可能性がある

バックルの使用法として想定していない使い方になるので、強い負荷がかかった際に外れてしまうなど、安全性が低い可能性があります。

  • コスパが最強という訳ではない

布など材料を揃えると市販のものとさほど変わりません。制作に時間もかかるので、手間を考えたら買った方がコスパが良い場合も。また、安いミシンでの制作は、質の低下につながるのである程度のクオリティのミシンを持っていることが必須となります。

コスト コスト内訳
手作り 約3,140円
表地 デニム生地 130円×60cm=780円
裏地 ガーゼ生地 120円×60cm=720円
バックル:640円×2=1,280円
布テープ:20円×1.8m=360円
市販 ¥1,000~¥4,000くらい 1,000円代、2,000円代が主流

※コストは大手手芸店の価格参照。バックルは強度を考慮しYKKのもので、送料を含んだ金額で計算しています。

libloomスタッフ:misa
手作りだと格段に安い!ということはなさそうですね。それなら、手間や安全性を考えて市販品を購入した方が良さそう。
ベビー用品アドバイザー:アキさん
安全性を考慮すると、あまり安い材料は使いたくないので手作りでもそれなりに材料費がかかります。オリジナルティがあるなど、手作りならではのメリットももちろんありますが、市販品が断然おすすめですね!
▼ベビーチェアベルトの詳しいレビューはこちらをチェック
チェアベルト
「チェアベルト」の記事一覧です。

ベビーチェアベルトの選び方の4つのポイント

1.タイプ

ベビーチェアベルトにはいくつかタイプがあります。主なタイプをチェックしてから、自分に合ったタイプを選ぶのがベストです。

パンツタイプ

パンツのような形で、赤ちゃんの腰と股下を包み込みます。取り付けが簡単で安定感もあります。

肩ベルト付き

パンツタイプに肩ベルトが付いています。腰周りと肩の2箇所でホールドするので、立ち上がりにくく、安定感があります。

オーバーオールタイプ

ベストのような形で、赤ちゃんの胸部を包み込みます。肩をしっかりと抑えるので、立ち上がりにくくなっています。

併用タイプ

チェアベルトとしてだけでなく、セーフティーハーネスや抱っこ紐として~WAYで使えます。用途が広がるので、使う場面が増えコスパが良いです。

2.膝抱っこ対応

ベビーチェアベルトには、椅子の背もたれの代わりにママやパパの腰に固定して膝抱っこで使えるものもあります。自分が食事をする時は椅子の背もたれに取り付け、赤ちゃんがぐずったら膝抱っこにするなど、状況に合わせて使えるので便利です。

ベビー用品アドバイザー:アキさん
膝抱っこ対応だと、 新幹線などの乗り物に乗った際やブランコで遊ぶ時にも使えて便利ですよ。

3.対象年齢・サイズ

チェアベルトは、一人でお座りができるようになったら使えるものが一般的です。いくつまで使えるかは、商品のサイズによって異なるので、購入前にしっかりと確認しましょう。

また、だいたいの椅子のサイズに対応していますが、使う予定の椅子の背もたれが大きい場合などは、対応しているか要チェックです。

4.お手入れ

手洗い可のものや、固く絞った布で拭き取り可など、商品によってお手入れ方法が異なります。汚れを簡単に拭きとれる撥水加工をされているものもあるので、選ぶ際の参考にしてみてください。

ベビーチェアベルトおすすめ人気ランキングベスト10!

10位:BuddyBuddy バディバディ よちよちチェアベルト

BuddyBuddy バディバディ よちよちチェアベルトは、膝抱っこやショッピングカートにも対応しているベビーチェアベルトです。また、ハーネスにもなるので、歩行サポートや飛び出し防止ベルトとしても使えます。

腰周りの内側はエアメッシュ素材になっているので、蒸れにくくクッション性もあり快適です。

固定ベルト兼ハーネスは長めなので、背の高いママやパパでも使いやすいと好評です。

タイプ パンツタイプ
2WAY
膝抱っこ
対応サイズ 椅子の背もたれの幅:15~60cm
胴まわり:55~65cm
ハーネスの長さ:70cm
対象年齢 チェアベルト:腰が据わって~2歳半頃
歩行サポート:歩き始め~3歳頃
素材 ナイロン
ポリエステル
お手入れ方法 記載なし

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 小さくたためるので、持ち運びも問題なかったです。
  • 歩き始めのサポートとしても使えて便利です。
  • 使い勝手が良かったので、友人にもプレゼントしました。

悪い口コミ

  • しっかりとしている分、着脱が少ししづらいです。

9位:Rebalo NR629 ベビーホールドベルト

Rebalo NR629 ベビーホールドベルトは、シンプル設計でお手頃価格。約1,000円なので、とりあえず持っておいて損はない!といったベビーチェアベルトです。

椅子だけでなく、ママにベルトを付けて膝抱っこもできます。また、丸めて束ねゴムで留められるので、持ち運びにも便利です。

タイプ パンツタイプ
膝抱っこ
サイズ 幅50cm
長さ48cm
ベルト120㎝
対象年齢 約7ヶ月~2歳半
素材 ポリエステル
ポリアセタール
お手入れ方法 手洗い可

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 椅子側と子ども側、両方のベルトの長さが調節できて使いやすいです。
  • 値段が安いのに作りがしっかりとしていてコスパが良いです。
  • 小さく丸められるので、バッグに入れやすいです。

悪い口コミ

  • 布が撥水だとさらに良いと思います。

8位:リッチェル POUCHUポーチュ 2WAYチェアベルト

リッチェル POUCHUポーチュ 2WAYチェアベルトは、迷子ひもにもなる2WAY仕様。

胸を抑えるオーバーオールタイプなので立ち上がりにくくなっています。裏返して折りたたむとポーチ型になるので、持ち運びにも便利です。

また、水を弾きやすい素材なので汚れを簡単に拭きとることができます。

タイプ オーバーオールタイプ
2WAY
膝抱っこ ×
適応サイズ 胴周り:55~70cm
椅子の背もたれの幅:65~100cm
対象年齢 チェアベルト:10ヶ月~3歳頃
迷子ひも:歩き始め~4歳頃
素材 ポリエステル
お手入れ方法 記載なし

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 汚れた面を内側にして畳めるので、バッグの中が汚れません。
  • 腰で止めるタイプのチェアベルトは合わなかったので、こちらにしました。しっかりと抑えてくれるので、安心して使えます。
  • 嫌がらずに使ってくれます。

悪い口コミ

  • お尻をずらして抜けだそうとすることが数回ありました。

7位:femmebelly ファムベリー チェアベルト

femmebelly ファムベリー チェアベルトは、肩ベルトが付いたチェアベルトです。腰周りに隙間が出来ないので、抜け出しにくく、前のめりになりにくい造りになっています。

また、収納ポケットが付いているので、使わない時はコンパクトに収納可能です。

手洗い可能で、乾きやすい素材なのでお手入れがしやすいと人気があります。

タイプ パンツタイプ
肩ベルト付き
膝抱っこ
サイズ 幅58cm
高さ48cm
肩ベルト:46.5cm
腰ベルト:19cm
背ベルト:65cm
対象年齢 一人で座れる頃~2歳頃
素材 綿
ポリエステル
お手入れ方法 手洗い可

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • よく動く子なので、肩ベルト付きにして正解でした。
  • 手洗い可能で、お手入れ簡単です。
  • 程良い厚さの布なので、かさ張らずに収納できます。

悪い口コミ

  • ベルトが多いので、慣れるまでは装着に少し手間取りました。

6位:hugpapa ハグパパ 2way チェアベルト

hugpapa ハグパパ 2way チェアベルトは、ダイヤル調整ができるので、しっかりとフィットさせることができるチェアベルトです。

椅子に取り付けるだけでなく、膝抱っこにも対応しています。メッシュ素材なので夏でも蒸れにくく、さらに防水加工が施されているので、お手入れも簡単です。

また、セーフティーハーネスとしても使えるので、お出掛け時に大活躍すること間違いなしです。

タイプ パンツタイプ
肩ベルト付き
2WAY
膝抱っこ
サイズ 幅26cm
高さ25cm
対象年齢 3~36ヶ月
素材 メッシュ素材
お手入れ方法 拭き取り

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • しっかりとフィットするので、ずれ落ちません。
  • おしゃれなデザインで気に入っています。

悪い口コミ

現時点で悪い口コミはなし

5位:コジット ホールドベルト付お食事クッション

コジット ホールドベルト付お食事クッションは、クッション付きのチェアベルトです。テーブルに合わせてクッションで高さを出すことができます。

クッションは3段階で調整でき、ホールドベルトなしでも使用できるので、子どもの成長に応じて長く使えます。

家でハイチェアーの代わりとして使うのにもぴったりです。

タイプ パンツタイプ
クッション付き
膝抱っこ ×
サイズ 幅30cm
奥行30cm
高さ10cm
ホールドベルト使用時:高さ3~9cm
ベルト周囲の長さ:120cm
対象年齢 10ヶ月位~
素材 合成皮革
ポリエステル
ポリエチレン
お手入れ方法 水拭き可

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 1歳3ヶ月の息子、4歳の娘のどちらにも使えます。使い勝手抜群です。
  • 軽いので持ち運びできます。車移動なのでレストランでも大活躍しています。
  • 子ども用の椅子の代わりにこちらを使用中。場所を取らないので良いです。

悪い口コミ

  • 1歳の息子には、ベルトが少し緩く、身体がずれました。

4位: mylittleseat マイリトルシート

mylittleseat マイリトルシートは、背もたれを覆うタイプなので、子どもが動いてもずれにくいと好評です。

カラーバリエーションが9種類と豊富なので、好みの柄が選べます。小さくたためるので、携帯にも便利です。

また、洗濯機で洗えるので、お手入れも簡単です。

タイプ パンツタイプ
肩ベルト付き
膝抱っこ ×
サイズ 縦80cm
幅55cm
背もたれ(裏部分)23cm
対象年齢 一人で座れる頃~2歳頃
素材 綿
ポリエステル
お手入れ方法 洗濯機洗い可

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • 肩ベルトがあるので、ずれにくいです。
  • 背もたれの幅が広い椅子でも使えました。
  • おしゃれなデザインでママ友にも好評です。

悪い口コミ

  • 防水だとさらに良いと思います。

3位:フィセル ソレイアード  チェアベルト

フィセル ソレイアード  チェアベルトは、南フランスのブランド ソレイアードと日本の10moisのコラボで生まれた日本製のチェアベルトです。

肩ベルト付きなので、よく動く子でも安心です。また、撥水加工が施されているのでお手入れも簡単です。

おしゃれなデザインなので、出産祝いの贈り物としてもおすすめです。

タイプ パンツタイプ
肩ベルト付き
膝抱っこ ×
対応サイズ 胴周り:50~90㎝
対象年齢 一人で座れる頃~2歳頃
素材 コットン(PVC加工)
お手入れ方法 手洗い可

良い口コミ・悪い口コミ

 

View this post on Instagram

 

A post shared by koharu❤︎ (@khr.1124) on

おしゃれなデザインに一目ぼれ♪

良い口コミ

  • シートが長いので、しっかりとホールドしてくれて安定感があります。
  • 撥水加工が施されているので、汚れても簡単に拭きとれます。
  • シンプルな作りなので、装着しやすく使いやすいです。

悪い口コミ

  • おしゃれで気に入っていますが、もう少し安いと嬉しいです。

2位:Bebe Pocket Plus ベベポケット プラス

Bebe Pocket Plus ベベポケット プラスは、抱っこ紐としても使えるチェアベルトです。

対面・前向き・サイドの3WAYで抱っこ紐として使え、チェアベルトと膝抱っこを合わせて5WAYで使用できます。

小さくまとめられるので、持ち運びにも便利で使いやすいと高評価です。

タイプ パンツタイプ
5WAY
膝抱っこ
適応サイズ 胴回り:65cmまで
背もたれの周囲 :120cmまで
対象年齢 記載なし
素材 記載なし
お手入れ方法 手洗い可

良い口コミ・悪い口コミ

 

View this post on Instagram

 

A post shared by k.s.l.n (@hatccii) on

チェアベルトのおかげで頭をごっつんせずに済みました!

良い口コミ

  • 自分が食べる時は、サイド抱っこにできるので、とても便利です。
  • チェアベルトだけのものよりも、用途が広いのでコスパが良いです。
  • レストランへ行くまでは抱っこ紐として使い、着いたらチェアベルトに変身。完璧です。

悪い口コミ

  • チェアベルトとしては満点ですが、抱っこ紐として使う場合は身体の大きい男性ではサイズ的に使えませんでした。

1位:日本エイテックス キャリフリー チェアベルト

日本エイテックス キャリフリー チェアベルトは、先輩ママ達から圧倒的に支持されているチェアベルトです。

装着が簡単なので、パパっと取り付けることができます。また、コンパクトで軽いので、バッグに入れてもかさ張りません。

価格も1,000円代とお手頃なので、試しに使ってみたいという方にもおすすめです。

タイプ パンツタイプ
膝抱っこ
対応サイズ 胴回り:105cmまで
サポートベルト:130cmまで
対象年齢 腰がすわって~3歳くらい
素材 無地:ポリエステル
柄:綿
お手入れ方法 手洗い可

良い口コミ・悪い口コミ

 

View this post on Instagram

 

A post shared by katapi (@katapi66) on

これがあればベビーチェア要らず!

良い口コミ

  • 思っていた以上にしっかりとホールドしてくれます。
  • お手頃価格でコスパが良いです。
  • いつも鞄に入れて置けるコンパクトさが良いです。

悪い口コミ

  • サイズ的に3歳まで使うのは難しそうに感じます。

日本エイテックス キャリフリー チェアベルトの実際の使用感を取材しました♪

ベビーチェアベルト Amazon・楽天売れ筋ランキングはこちら

その他のベビーチェアベルト 売れ筋ランキングはこちら

ベビーチェアベルトを活用して外食を楽しもう♪

ベビーチェアベルトがあれば、ゆっくりと食事を楽しめるだけでなく、椅子からの落下なども防げるので赤ちゃんの安全も確保できます。

ぜひベビーチェアベルトを活用して、外食を楽しんでください♪

libloomスタッフ:misa
ベビーチェアベルトは手頃な価格で実用性が高く、保管場所もとらない。さらに他の方のプレゼントとも被りにくいので出産祝いの贈り物としても最適だと思います!
▼ベビーチェアベルトの詳しいレビューはこちらをチェック
チェアベルト
「チェアベルト」の記事一覧です。
チェアベルト
スポンサーリンク
■この記事の担当
misa

libloomスタッフのmisaです☆ 無頓着な夫と息子の3人暮らしなので、うちで使う家電や家具などの選定&購入は私が一手に担っています。

とにかくリサーチが大好きなので、気になる商品があるとトコトン調べ尽くします。類似商品との比較はもちろん、総合的なコスパやデザイン性など調べ始めると止まらなくなる性格なので、楽しみながらおすすめの商品を皆様に紹介していきたいと思います!

misaをフォローする
misaをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM