【レビュー】Atmoko 電動歯ブラシ HP107|安いが高スペック

電動歯ブラシ

どうも。当サイト(libloom)スタッフの『ヒデ』です。

今回購入したものは電動歯ブラシです。

ですが、電動歯ブラシといえばフィリップスやブラウン、パナソニックが人気ですが、あえてコスパ最強の中華製を選択しました。

一口に中華製といっても膨大な数が販売されていますが、そんな中で僕が選んだのは「Atmoko 電動歯ブラシ HP107」です。

Atmoko 電動歯ブラシ HP107

類似商品が多い中、なぜ「Atmoko 電動歯ブラシ HP107」が最高だと思ったのか、その理由や実際の使い勝手のレビューもお伝えしますよ。

僕は最近好んで中華メーカーの商品を購入しています。

理由は価格がかなり安い!その反面、性能がかなり良いというのが決め手になっています。

数年前の安かろう悪かろうから、今や中華製の商品は機能性が優れ、さらには、サポートまで良くなっています。

今回購入したAtmoko 電動歯ブラシ HP107は実際どうだったんでしょうか。実際使ってみたレビューをご覧くださいね。

スポンサーリンク

Atmoko 電動歯ブラシ HP107を購入しようと思ったきっかけは?

僕は数年前に、フィリップスの電動歯ブラシを使っていたんですが、壊れてしまってからは普通に手で磨く歯ブラシを使っていました。

2年ぐらい手で磨いていたんですが、先日ふと歯を見たときに自分の歯に磨き残しが目立つようになってきました。

僕はたばこは吸わないんですが、コーヒーや紅茶、お茶は毎日飲みます。歯磨きも毎日丁寧にしているつもりですが、それでも歯の際に磨き残しを発見した時にはショックでしたね。w

やはり手磨きでは限界があると痛感。以前のように電動歯ブラシに変えようと考えました。

Atmoko 電動歯ブラシ HP107をどのようにして知りましたか?

電動歯ブラシを購入しようと思って、いろんなサイトを物色しました。ただ、多くのランキングサイトはライターさんがそれとなく紹介だけしているだけで、実際に使って、良かった結果を掲載していることは殆どないです。

フィリップスやPanasonicなどの有名メーカーの下位モデルも考えましたが、やはり価格的には1万前後の値段がします。

そこで、改めてAmazonで電動歯ブラシを検索すると、この分野でも中華製のものがかなりの数販売されていました。

やはり、中国セラー。いろんな分野に進出しています。w

中華製の凄いところはまず完璧な模倣から入るところですよね。

フィリップスやブラウンなどの売れ筋のモデルを完コピしたような商品がかなり安価に販売されています。

リテラシーの有無は置いておいて、実際、僕が購入した中華製の商品で粗悪なものに当たったことはないので、試しに中華製の電動歯ブラシを試してみたいと思いました。

電動歯ブラシを買う際に重要視したポイントとは?

私が電動歯ブラシを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の5つです。

1.コスパ

まずは何といってもコスパが良いことです。値段が安いものは多いですが、商品が悪いと安かろう悪かろうになります。なので、そのあたりの見極めが必要ですよね。

ざっと調べてみると、ケース付、替えブラシが4~6本、5モード切替、防水機能が付いていて、3,000円前後が相場の価格帯であると知りましたので、この辺で考えました。

2.機能

中華製の電動歯ブラシは殆どスペックが同等になっているので、機能的な大差はないんですが、最新のものは、

  • 振動数が毎分4万回
  • 電池容量が650mAh前後のリチウムバッテリー
  • 防水性能はIPX7防水

このあたりが平均的なスペックのようでした。

これを基準として物色しました。

3.充電スタンドの有無

充電スタンドの台座が付属されているものと、そうでない商品に分かれています。3000円だと付いていないものが殆どで、その中でAtmokoは唯一3000円以内の価格帯で付いていました。

↑電動歯ブラシを乗せておくだけで充電できる充電スタンド

これが決め手になったといってもいいです。

4.替えブラシ(互換性)

マメに歯を磨いていると、替えブラシは1~2ヶ月ぐらいで替えることになります。セット内容だけではなく、替えブラシだけで販売しているかは必須です。

または、他社と互換性があると安心できます。

ちなみに、Atmokoはフィリップスの替えブラシと同じ形状です。

↑本体の歯ブラシ装着部分

↑歯ブラシの裏面

なので、最悪Atmokoが撤退したとしても、フィリップスの替えブラシが使えるのもメリットです。

5.口コミ

やはり口コミは重要視します。依然Amazonのヤラセレビューは多いです。参考になる口コミを精査して選びます。

抽出の仕方として日本人なのか、他にもいろいろレビューしているか?そのレビューは辛口の評価もあるかどうかなど。

あとは、悪い口コミを重視して、返品対応してるかどうかで、サポートが充実している点なども見ます。

細かなところを見つつ、慎重に選びました。

購入に迷った電動歯ブラシは?

購入に迷った電動歯ブラシは以下の商品です。

Fairywill 電動歯ブラシ FW-507

Metene 電動歯ブラシ

TeLife 電動歯ブラシ 

選択肢に挙げた電動歯ブラシはどれもスペックは似たり寄ったりです。どれを選んでも今回僕が購入した「Atmoko HP107」とそん色はないと思うんですが、この中で、充電スタンドが付属されているものが、「Atmoko HP107」と「TeLife」だけでした。

やはり、置くだけで充電してくれる充電スタンドの有無は結構重要です。

しかし、「TeLife」の方は3590円と価格はAtmokoよりも1000円近く高く、見た目は「Atmoko HP107」の方が好みだったのもあったので、こちらを選びました。(現在はクーポン割引が適用されているので、「TeLife」の方が安かったりもします。確認してください。)

ただ、唯一残念なのは、「Atmoko HP107」には歯間ブラシが付属されていません。

歯間ブラシが付属されているAtmokoのシリーズだと、「Atmoko HP126」になります。

Atmoko 電動歯ブラシ HP126

ですが、「Atmoko HP126」には充電スタンドタイプではないです。自分的には充電スタンドタイプの方が魅力的だったので、最終的に「Atmoko HP107」を選択しました。

Atmoko 電動歯ブラシ HP107の特徴、性能

電動歯ブラシ本体* 1(ブラシヘッド含まれません)
ブラシヘッド*6
収納ケース* 1
充電ベース* 1
USBケーブル*1
取扱説明書*1(日本語の説明含む)

毎分約40000回の超高速微振動

以前の振動数よりもパワーアップされ、1分間に4万回の振動を可能jとしています。歯垢除去力が手磨きの150倍らしいです。

ブラシヘッド6本付き+収納ケース

曲線デザインで歯にフィットする形状。

3ヶ月ごとにブラシヘッドを変更しても、6本付属されているので、ざっと18か月分のストック分が確保されます。これは嬉しいお得セットです。w

収納ケースもしっかりした造りのものが付属されています。

本体と、替えブラシが二つセットできるようになっています。

替えブラシのところには、通気孔もあって、考えられています。

オマケ程度のようなケースではないです。

5つのブラッシンモード

クリーン(clean):標準モード。
ソフト(soft):標準より弱め。
ホワイト(white):ホワイトニング。
ケア(care): 歯のマッサージ。
ポリッシュ(polish): 歯垢を効果的に除去。

動画で実際に収録してみました。

音もそこまで大きくないですし、ある程度雰囲気がわかると思います。

オートタイマー

30秒間ごとに一時停止になり、2分で自動で電源がオフになります。磨く位置を変える目安となります。

充電スタンド

充電スタンドに置くと自動的に充電。

650mAhのリチウムバッテリーで15時間フル充電すると21日連続使用できます。

充電スタンドはぱっと立てておけるので便利。特に電動歯ブラシが濡れていたりすると、立てておくことで清潔に保てます。

防水性能

IPX7の防水仕様となっていて、お風呂に入りながらでも問題ないです。

説明書

中華製の説明書は相変わらず淡白です。とはいえ、見なくても直感的にわかりますが。

開封動画撮影しました

「Atmoko 電動歯ブラシ HP107」の開封動画を撮影しています。ユーチューバーではないので、何の編集もしてませんが、参考にどうぞ。

Atmoko 電動歯ブラシ HP107のメリット

1週間ほど使用しました。

もう、これは満足度がかなり高いです。なんといってもコスパの良さ。2,500円程度の価格から言えば、文句を言うところはないです。

買ったばかりなので、耐久性については語れないですが、それでも振動数、本体の重さ、見た目のスタイリッシュな形など、おおよそ高いレベルでまとまっていますし、僕が以前使っていたフィリップスの電動歯ブラシと比べても、Atmokoの方が段違いに良いです。

ま、以前使っていたフィリップスの電動歯ブラシは10年以上前のものなので、比較にもならないですが、それでもコスパの良さが際立ちますよ。

ただし、他の口コミにあるように、最近のフィリップスやPanasonic、ブラウンなどの機種を実際に使ってる人が、Atmokoを使った場合は、振動のパワーに多少の見劣り感が否めないようです。

PHILIPSのソニックケアとの比較になりますが、かなり振動が弱いです。

引用: さとう錦

ソニッケアーは初めて使って慣れるまではちょっと振動強すぎると感じた記憶があるんだけど、今はすっかり慣れてそれでちょうど良くて、その感覚からするとこちらはそれより若干弱いかなと。

引用:てず

普段使用しているソニッケアーフレックスケアーとの比較です。
ブラシの強さは、
Clean ソニッケアーの3段階の中程度
Soft ソニッケアーの弱より弱い
White 上2の間のSoft寄り
Massage 強弱
Polish whiteよりClean寄り
です。

引用: bT_T

とはいえ、比較するにも価格帯が全然違います。この機種で弱いと感じる人は数万円する有名メーカーのものを試せばいいと思います。

ただし、有名メーカーのエントリーモデルよりはパワーは強いという書き込みや、パワーが十分といった書き込みも散見されるので人によるんだと思います。

ドルツとオーラルBのエントリーモデルより明らかにパワーがあります。

引用:akikosensei

オムロン製品を愛用していましたが、比較して、振動は、本製品の方が強いと感じます。

引用: mac010

追記

数日、「Atmoko 電動歯ブラシ HP107」を使用しましたが、普通に当てているだけでもかなりパワーがあり、ずっと当てて置くと歯茎から出血して、今は逆にソフトモードで磨いています。

パワーについての感じ方はそれぞれですが、僕は十分過ぎるほどでした。

僕のように久しぶりに電動歯ブラシを使う人や、電動歯ブラシデビューをする人にとっては十分過ぎるほど感動すると思います。

改めて、手磨きとの比較ですが、磨いた後のスッキリ感は比較になりません。ものすごく爽快感がありますし、歯のザラザラ感がなくなります。

よく口コミで、電動によって歯磨きの泡が飛び散るなどのクレームがありますが、これはどの電動歯ブラシでも同じですので、慣れが必要ですね。

あくまでコスパから考えれば、このスペックで文句の言いようがないと感じますね。

機能的な面以外でも、歯ブラシと本体の装着感もしっかりしていて、グラつきもないですし、歯ブラシ部分の毛質の硬さも僕としてはちょうど良いです。

充電スタンドに立てかけると、しっかり充電してくれます。

本体の持った感じの質感も良いですし、表面は滑らないような仕上げになっています。

替えブラシは6本付属されていて、尚且つケースまで付いている。

これが2,500円ですよ。マジであり得ないコスパだと思いますね。

逆にこれで文句つけている書き込みは逆にないなーという印象になってます。例えるなら100均の商品買っているにもかかわらず、1万円のクオリティを求めているようなもので、さすがに違和感を感じます。

1週間ほど使っただけですが、この時点で満足度しかないです。

Atmoko 電動歯ブラシ HP107のデメリット

デメリットはまったくないです。

メリットのところでも書きましたが、2,500円程度の価格で買えるものに、それ以上のクレームをつける人も結構いますけど、それなら有名メーカーのものを5~7万で購入すればいいんじゃないのかと思ってしまいます。

とはいえ、やはり気になるのは耐久性ですね。多くの悪い評価をつけている口コミで一番多いのは、すぐ壊れたというようなところなので、ここだけは心配な点ですね。

いくら良いものでも、1ヶ月ももたないとなると、やはり意味がないですから、耐久性はこれから見ていくことになります。

よく中華製の商品は検品が甘いので当たりハズレが多いというのもありますから、ハズレでないのを祈ります。

あと、しいていうなら、ブラシのライナップですかね。1本ぐらいは歯間ブラシを入れておいてほしかったかなと思います。

また、本体セットが安いだけに、替えブラシセットだけを買うと割高に思えてしまいます。替えブラシセットを買うぐらいなら、本体セットを都度買った方がコスパが良いと思えるほど、本体セットのお得感が否めません。w

Atmoko 電動歯ブラシ 替えブラシセット

Atmoko 電動歯ブラシ HP107の総合評価

この時点で、総合評価は100点です。

あとはどれぐらいの期間壊れずに使えるかで点数が変わってきますが、2,500円という値段から考えると、1年程度使えれば、まずまず合格かなと思っています。

ですが、メーカー保証は、なんと24ヶ月ついていますので、それまでに故障などすれば、保証対象になるはずです。

ひと昔前なら、中華メーカーは売るだけに特化してる場合が多いので、故障した時のサポート対応は最悪という印象が強かったですが、最近は通販を主体としているために、口コミをかなり気にしている販売者が多いので、故障の際は無条件に交換品を送ってくるケースが多いようです。

このAtmokoであっても、評価として故障対応が良かった旨は口コミにも書いてありました。

購入して1ヶ月程で故障したので、出品者様にご連絡差上げた所、とても丁寧に対応して頂き、交換品もすぐに送って頂きました。ありがとう御座いました。慣れると電動歯ブラシ手放せないですね。

引用:Amazonレビュー

日本市場を視野に入れて、しっかりビジネスしようと考えてる中華メーカーは、口コミで悪く書かれるぐらいなら、商品を送ってしまう方が良いと考えているようです。

ちなみに、Google検索で、「Atmoko」と検索しても、候補キーワードが出てきます。

一般的に売り逃げ系のメーカーであれば、検索しても情報は出てこないです。候補キーワードが出るということは「Atmoko」と検索する人がかなり多いということがわかりますし、知名度がある証拠になります。

知名度があるということは、日本の販売に力を入れている中華メーカーと考えていいと思いますし、サポートにしても、疎かではないっぽいという一つの目安になりますね。

Atmoko 電動歯ブラシ HP107の口コミ・評判は?

Atmoko 電動歯ブラシ HP107のネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 他社の電動歯ブラシに比べてもそん色ない強さです。
  • 軽く押しあてるだけでしっかり磨けます。手磨きには戻れません。
  • 交換ブラシが6本も付いて、充電スタンドも付いて、本体はしっかり磨けるし、コスパ良すぎ。

悪い感想や要望などの口コミ

  • ブラシケースが付いていない。
  • 説明書が短い。
  • ソニックケアに比べて振動が弱い。

Twitterの評判

インスタの評判

この投稿をInstagramで見る

えりふ゜よ????(@suzukieri_)がシェアした投稿

電動歯ブラシの振動が好き。

この投稿をInstagramで見る

Atmoko(エッモコ)(@atmoko.jp)がシェアした投稿

ブラシヘッドも6本も付いているので家族皆で使うこともできそうです

Atmoko 電動歯ブラシ HP107の購入を考えている人へアドバイス

電動歯ブラシを試しに使ってみたい人や、とにかくコスパ重視の人はオススメです。間違いなく満足度が高い。

2,500円でここまでのスペック、フルセットはなかなかないです。有名メーカーであれば、価格は一桁変わります。ですが、一桁変わったところで、有名メーカーのものとどれだけ使用感の違いがあるのかといえば、そこまでの差異はないはずです。

ブランド志向の人であれば、無名の中華製なんてって思うかもしれませんけど、もはや安かろう悪かろうの時代でもなく、そういった有名メーカーの製造にしても中国に依頼していたりもするので、結局品質的には大差がなくなってきてるのも事実です。

中華製の肩を持つわけでもないんですが、もはやこの価格差のメリットはいかんともしがたいものがあるのも事実ですね。日本のメーカーを応援したい気持ちもありますが、コスパの良さはかなり魅力的です。

僕が最近買ったものはAmazonで販売されている中華製のものばかりになってきていますが・・・それほど中華製のイメージが変わってきています。

この電動歯ブラシもその一つ。かなり安く買いやすい価格帯になっているので、一度試してみてはいかがでしょうか。

  • ヒデ』(44歳/男性)のその他のレビューはこちら
ヒデ | LIBLOOM | LIBLOOM
「ヒデ」の記事一覧です。

電動歯ブラシの各種ランキング記事はこちら

▼電動歯ブラシおすすめランキング【2018年版】口コミで高評価☆

【2020年最新版】3大メーカーの電動歯ブラシおすすめ!SNSの口コミで高評価はコレ!
皆さんは、電動歯ブラシ使っていますか?普通の歯ブラシでは中々落とせない、歯垢や歯のステイン、黄ばみをしっかりと落としてくれる電動歯ブラシ。歯の健康を考える上では、欠かせないアイテムです。 とはいえ、電動歯ブラシの種類は多種多様。どれを...

▼安い5千円以下のおすすめ電動歯ブラシ!低価格&性能◎【2018年版】

安い5千円以下のおすすめ電動歯ブラシ!低価格&性能◎【2020年版】
高性能の電動歯ブラシも魅力的ですが、電動歯ブラシを試してみたいという初心者の方や、クリーンモードしか必要ないという方は低価格の電動歯ブラシがおすすめです。 今回は、安いながらも性能◎の人気5,000円以下の電動歯ブラシをランキング形式...

フィリップスの電動歯ブラシの全ライナップ解説はこちら

▼【2018最新版】フィリップスソニッケアー比較☆違いや性能まとめ

【2018最新版】フィリップス(philips)ソニッケアー比較☆違いや性能まとめ
電動歯ブラシの大手メーカーの1つ「フィリップス(philips)」。そのフィリップスが発売している電動歯ブラシシリーズが「ソニッケアー」になります。人気のソニッケアーですが、種類も多い上に、型番が複数あるので、いざ購入しようとするとどれが良...
電動歯ブラシ
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM